物販

初心者向けebay出品の完全マニュアル

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • Pocket
  • LINEで送る

ebayはヤフオクや日本版Amazonとは異なり、手続きの全てを英語でこなさなければならないことから、ハードルが高いと感じている人が多いのではないでしょうか。
そこで、今回は初心者が安心してebayを始められるように、手順や操作方法を詳しくお伝えしていきたいと思います。

初心者が知っておくべき注意点

ebayを始める前に必ず知っておくべきこととして、「サスペンド(出品停止)」が挙げられます。

ebayは利用者にとって安全な取引市場を提供することを目指しているため、規約違反者はもちろん、悪質と思われる利用者や少しでも不審な点のある利用者のアカウントを一時的に停止することがあります。
ebay初心者や売買頻度が極端に少ない人、評価の低い人については特に厳しいチェックが入ることもあります。

一度サスペンドになってしまうと解除されるまで時間がかかったり、最悪の場合二度と出品できなくなってしまうため、登録して早々にサスペンドになってしまった、というようなことがないように十分注意してください。

サスペンドを防ぐための6つのポイント

サスペンドするか否かは運営側の判断によるため完全に防ぐことは不可能ですが、どんな項目がサスペンドになりやすいかがあらかじめ分かっていれば、サスペンドになる可能性を下げることはできます。

サスペンドを防ぐポイントは以下の6つです。

  1. PayPalの本人確認を完了する
  2. PayPalにクレジットカード情報又は銀行口座情報を登録する
  3. アカウントの評価数を10以上集める
  4. ebayとPayPalの連携を完了する
  5. ebayとPayPalに同じ住所を登録する
  6. 最初から高額の出品を行わない

上記6つのポイントに気を付ければ、いきなりサスペンドになる可能性は低くなるでしょう。

初心者に課されるリミット

ebayでは、初心者に対してひと月あたりの出品数及び売上金額にリミット(上限)がかけられています

ebayに登録した最初の1ヶ月は、出品数は10点まで、売上金額は$500までしか出品できません。

つまり、出品は最大10品まで、売上の合計は$500以下にする必要があります。
ここで、売上の上限が$500だからといって1点$400や$500の商品を出品してしまうと、高額出品になってしまい、サスペンドになる可能性が高くなるので、値段設定には十分注意しましょう。

また、2013年11月より上記のリミットに加え、クロスボーダーリミットが開始されました。
クロスボーダーリミットとは、「最初の商品販売から90日間経過」かつ「セラー評価が10以上集まる」までの期間
月の出品数10点及び合計売上金額$500の制限がかかるというものです。
つまり、最初の商品販売から3ヶ月間は無条件で制限がかかることになりました。

ここで注意してほしいのは、90日という期間は、「登録から」や「出品から」ではなく、「最初の商品販売から」ということです。
最初の商品販売が登録から1ヶ月後になってしまった場合、結果的に登録から4ヶ月(3ヶ月+1ヶ月)間制限がかかることになります。
以上をふまえ、登録したらなるべく早く、すぐ売れそうな商品を1点出品するようにしましょう。

リミットの確認方法

ebayから課されているリミットはマイページから確認することが可能です。

手順は次のようになります。

  • 「my eBay」の「Activity」をクリックします。
  • 「Sell」の「All Selling」をクリックします。
  • 「Monthly selling limits」という枠に現在のリミットまでの残高が表示されます。

一度も出品したことがない場合は、上記方法で確認できないので注意してください。

事前準備その1「PayPalへの登録」

ebayを始める前に必要な事前準備の1つに、PayPalの登録があります。

ebayで取引を行う場合必ず必要になりますので、PayPalアカウントは必ず取得しましょう。

paypalの特徴

PayPalは、簡単、そして安全に利用できるオンライン決済サービスで、世界中で幅広く利用されています。

2007年より日本語表示が可能になっただけでなく日本語でのカスタマーセンターへの問い合わせも可能になったことで、私たち日本人にとってより使いやすいサービスとなりました。

PayPalのアカウントを取得する際、クレジットカードの情報を登録する必要はありますが、一度登録してしまえば支払いごとにカード情報を入力する手間も省け、より簡単に買い物をすることができます。
また、商品を売った時も面倒な手続きは一切なく、PayPalにログインするだけで入金確認が可能です。

登録費用などは一切かからず、PayPalで支払いを受ける際に手数料が3~4%かかるだけなのも嬉しい特徴の一つです。

登録方法

ここでは、PayPalの登録方法をお伝えします。

  1. アカウントの種類の選択
    個人での使用のため、「パーソナルアカウント」を選択します。
  2. 国、氏名、メールアドレスを入力
    また、この画面でパスワードも設定します。
    氏名は後から変更できるので日本語入力、ローマ字入力のどちらでも大丈夫です。
  3. 国籍、住所、生年月日、電話番号を入力
    住所については、アカウント作成後にローマ字の住所が追加できます。ここまで入力できたら、「同意してアカウント開設」をクリックします。
  4. クレジットカード情報を入力
    ここでは入力を省き、後で登録することも可能ですが、ebayの利用には必ずカード情報の入力が必要になりますので、ここで入力することをお勧めします。
    カード情報を入力したら「カードを登録する」をクリックします。
  5. 「アカウントに進む」をクリックしてマイページを確認
  6. 登録したメールアドレス宛に届くメール内の「メルアドレスを確認」をクリック
  7. 再度パスワードを入力

これでPayPalの登録は完了です。

なお、ebayで出品するにはPayPalのステータスが「認証済み」になっている必要があるので、ステータスについても確認してください。
すでにお持ちのPaypalアカウントが認証済みかどうかは、こちらのページで確認できます。
引き出しに「限度額」が表示されていれば未認証です。

認証済みにならないときは

上記の手順で登録後、認証済みになっていない場合は以下の操作をしてください。

  1. マイページの「認証を実行する」をクリック
  2. クレジットカード情報を確認し、続行
    クレジットカード情報の登録が未完了の場合はここでカード情報を入力します。
  3. アカウントの認証完了後、この200円は払い戻されます。ここまで完了したら、クレジットカードの明細書で200円の引き落としを確認してください。
    200円が記載されている欄に4ケタの数字(ペイパルコード)が記載されているのでそのコードを確認しましょう。
  4. マイアカウントにログイン
  5. メニューバーの「入出金管理」の「カードを確認」をクリック
  6. ペイパルコードを入力し、「カードの確認」をクリック

これでアカウントの認証が完了します。

事前準備その2「ビジネスポリシーの設定」

PayPalの登録が終わったら、次はビジネスポリシーを設定します。

ビジネスポリシーとは、送料や返品、支払いに関するルールの設定で、これらの設定が完了していないと商品を販売したとしても支払いを受け取ることができないので必ず設定するようにしましょう。

支払方法の設定

まず、My ebay画面のAccountからBusiness policyへと進みます。

そして、「Create policy」の中の「Payment」を選択すると、Create payment policyというページに移動します。
ここで入力必須の項目は以下の3項目です。

  1. Policy name:
    Policy nameは「PayPal」とするのが無難です。また、ここで「Set as default payment policy」にチェックを入れると、出品の際にはデフォルトでこのポリシーが選択されるようになります。
  2. Electronic payment methods:
    もちろん「PayPal」をチェックします。
  3. Your PayPal account email address (to receive payments):
    ここには「Paypalに登録しているメールアドレス」を入力してください。

すべて入力し、最後に「Save」をクリックすれば支払方法の設定が完了します。

返品についての設定

次に、返品の設定を行います。

最初は支払方法の設定と同じ手順で進み、「Create policy」の選択まできたら「Return」を選択してください。

ここで入力必須の項目は以下の2項目です。

  1. Policy name:
    Policy nameは「Return Policy」とするのが無難です。
    また、Paymentと同様に、ここで「Set as default payment policy」にチェックを入れると、出品の際にはデフォルトでこのポリシーが選択されるようになります。
  2. Return Policy:
    Return Policyには複数の入力項目があります。

まず、返品受付の有無ですが、

  • 受け付ける場合は「Return Accepted」
  • 返品を受け付けない場合は「No return accepted」

を選択します。何か重大な理由がある場合を除き、「Return Accepted 」を選択するのが賢明です。

その他、以下の項目について自由に選択してください。

  • After receiving the item, your buyer should contact you within:返品を受け付ける期間
  • Refund will be given as:払い戻しの有無
  • Return shipping will be paid by:送料負担者
  • Do you want to charge a restocking fee?:手数料請求の有無

最後の「Additional return policy details」は備考欄なので特に購入者に伝えたい内容があれば記載しましょう。

以上をすべて入力し、最後に「Save」をクリックすれば返品についての設定が完了します。

送料についての設定

最後に送料についての設定を行います。

ebayは世界中で利用されているため、ほとんどの商品の発送先は海外になります。
海外への発送は送り先の国や商品の重量などによっても発送方法が異なってきますので、あらかじめパターンごとに設定し、保存しておくことで出品時の手間を省くことができます。

送料の設定も、最初は支払方法や返品の設定と全く同じ手順になります。
「Create policy」の選択まできたら「Shipping」を選択してください。
ここで入力必須の項目は以下の3項目です。

  1. Policy name:
    Policy nameにはどのパターンなのかすぐ分かるような名前を設定しましょう。
    例えば、重量1kgの商品をEMSで送る場合、「EMS_1kg」などのPolicy nameにしておくと分かりやすいです。
    また、PaymentやReturnと同様に、ここで「Set as default payment policy」にチェックを入れると、出品の際にはデフォルトでこのポリシーが選択されるようになります。
  2. Domestic shipping:
    ここで設定するのはアメリカに向けた設定となります。まず、「Flat:same cost to all buyers」を選択します。
    その他、以下の3項目を入力します。
    ・Services:EMS発送の場合は必ず「Standard shipping」を選択してください。
    ・Cost:日本郵便のEMS料金表を確認しながら入力します。
    アメリカは第二地帯のに該当し、1kgの場合2,900円なのでCostは$29と設定します。
    参考:料金表(EMS:取り扱い国すべて) – 日本郵便
    ・Handling time:自分が出荷にかかる日数を入力します。
    アメリカへの発送の場合、郵便局にバーコードがスキャンされた時点でカウントされるので、必ず自分が郵便局へ商品を持ち込むまでの日数を設定してください。
  3. International shipping:
    アメリカの設定が完了したら、次はアメリカ以外の国の設定です。
    発送先国(第一地帯から第四地帯)ごとに価格が異なりますので、それぞれに設定していきましょう。

以上で送料の設定は完了です。
EMSで何kgの場合、SALで何kgの場合、など自分がよく使うパターンを複数作成してみてください。

ここからが本番!ebayでの出品手順

ビジネスポリシーの設定が終われば、いよいよ商品の出品です。

出品ページへ飛ぶ

トップページで「Sell」をクリックします。

商品タイトルを決める

最初に、自分が出品する商品のタイトルを決めます。

自分が何かを購入する場合を考えてみてください。
まずは探している商品が出品されているか、キーワードで検索しますよね。
つまり、ここで入力するタイトルが商品の売れ行きを左右するとも言えます。
他の出品者がどんなタイトルをつけているかよく調べてみてください。
ただし、他の出品者と全く同じタイトルでは、数ある商品の中に埋もれてしまいます。

タイトルのつけ方の雰囲気を掴んだら、どうすれば他の商品との差別化を図れるか考えながらオリジナリティを加えていきましょう。

ここで1点注意したいのが、スペルミスです。
ebayの商品タイトルは全て英語表記なので、スペルミスにより誰の検索ワードにもヒットしなかった、なんてことにならないように注意してください。

商品カテゴリー及びコンディションの設定

タイトルが決まったら、商品のカテゴリー等を入力していきます。

入力必須項目は以下の4つになります。

  1. Title:自分で考えたオリジナリティのあるタイトルを入力しましょう。
  2. Category:基本はタイトルを入力すると自動でカテゴライズされるので、一番上にあるカテゴリーを選びましょう。
  3. UPC:商品コードを指します。UPCについては以下のサイトから検索できます。
    参考:商品コード(JAN/EAN/ISBN)と商品名を相互に検索該当コードがない場合は、「Does not apply」と入力します。ただし、UPCが入力されている商品の方が検索されやすいという傾向があります。
  4. Condition:NEW(新品)かUSED(中古)のどちらかを選びましょう。

商品情報の充実化で売上アップ

商品の基本情報の入力が完了したら、次は画像や商品説明を入力していきます。

商品写真を充実させる

画像は以下の手順でアップできます。

  1. 「Add/edit photos」をクリックします
  2. 「Select photos」で写真の保存先へ飛びます
  3. 写真を選択し、ローカルPCからアップロードします
  4. 円矢印のマークで画像の向きを変えることもできます。向きが決まったら「Apply」をクリックします。
  5. 「Finish」で画像のアップロードは完了です

商品画像は最大で12枚アップロードすることが可能です。
ここで、売上アップのために複数枚写真をアップしましょう。
1~2枚しか写真がない商品より、5枚以上写真がある商品の方が購入者も安心できます。
同じような写真を何枚もアップするのではなく、角度を変えてみたり、遠目からだけでなく細部も写っている写真を数枚入れたりなど工夫してみてください。
また、売上後のクレーム防止のため、中古品で傷がある商品についてはその部分もきちんとアップしましょう。

Amazon等で使われている写真を使用することも可能ですが、SEIKOやタミヤなど商品によっては著作権侵害にあたる場合がありますので、なるべく自分が撮影した写真を使用するようにしてください。

なお、サーバーに保存されていないAmazon等の写真を使用する場合は、画像が突然表示されなくなる可能性があるので一度パソコン(サーバー)に保存してからアップロードするようにしましょう。

写真サイズは500px~1600px(現在のスマートフォンで撮影する場合、500px以上の条件は問題ありません。)、形式は

  • JPEG
  • PNG
  • TIFF
  • BMP
  • GIF

が対応しています。
写真サイズについては、上記基準内であれば、細かくサイズを指定しなくてもその写真を見る人のデバイスに応じて自動的にリサイズされます。

商品の詳細を登録する

商品詳細の登録手順は以下のとおりです。

  1. デフォルトの詳細情報を設定します
    こちらは、選択したカテゴリーによって選択肢が異なります。
  2. 情報を追加したい場合は「Add your own item specific」をクリックすると、任意の詳細情報を作成できます
  3. 2で作成した詳細が表示されます

任意の備考欄を記入する

その他、特別に購入者に伝えたい情報がある場合には、備考欄に入力しましょう。

備考欄は以下の手順で入力できます。

  1. 「Standard」か「HTML」を選択します
    知識のある人はHTMLの方がオリジナリティ溢れる商品説明が可能ですが、初心者の場合はまずは「Standard」で問題ありません。
    「Standard」だと文字の色や太さ、フォントなどは上部のアイコンで簡単に操作可能なのでワードのような感覚で作成することができます。
  2. 自由欄に詳細情報を記入

発送方法の設定

商品の詳細情報の入力が完了したら、最後に発送方法の詳細を設定していきます。

送料の設定方法

ビジネスポリシーの設定が完了している場合は、上記の画面でポリシーを設定してください。

発送除外国を設定する場合

送料を設定後、更に下の方へ進むと「Exclude shipping locations(発送除外国)」を設定できるようになっています。
設定する際は、「Edit exclusion list」をクリックしてください。

発送除外国を選択し、「Apply」をクリックすれば設定は完了します(発送除外国は複数選択可能です)。

最後にリストをして出品完了

すべての情報を入力後、最後に「List item」をクリックすれば出品作業は完了となります。

まとめ

以上がebay開始前の事前準備から出品までの手順になります。

確かにヤフオクやAmazonなどのオークションサイトより複雑な部分はありますが、今までお伝えした手順どおりに進めていけば、初心者でも問題なく出品することができます。

一度出品の流れを掴んでしまえば、ebayで利益を出すことも難しくありません。

最初のハードルを乗り越え、ebay市場に参入してみましょう。

【期間限定公開インタビュー】ライバル皆無の韓国輸出で稼ぐ方法



どんなビジネスにおいても、稼ぎたい場合は「既に稼いでいる人がいる市場に参入する」か「ライバルが不在の市場を見つけて参入する」のどちらかを選ぶことになります。

前者のように既に稼いでいる人がいる市場では当然ライバルが多いため、稼ぎ続けるためには、質や効率などを突き詰めてライバル達に差をつける必要があります。

しかし、後者のライバルが不在の市場であれば、難しいことをしなくても簡単に稼ぐことができます。とは言っても、そもそもそんな市場を探すのは難しく、見つかったとしても本当にその市場で稼げるのかどうかは未知数です。

そんな中、ただ商品を出品するだけで稼げてしまう市場がまだ存在しました。それが「韓国輸出」です。今回はそんなライバルが皆無の韓国輸出で稼ぎ続けている河野さんという方にインタビューをしました。

  • 無在庫販売
  • 元手資金不要
  • リサーチ不要
  • 利益率40%
  • 出品するだけで売れる
  • ライバル皆無
これらのあり得ない条件が揃っている、まだ日本人が誰も知らないプラットフォームで稼ぐ方法の秘密を期間限定で公開します。

【2019年1月6日までの限定公開】
>>> 河野さんの韓国輸出インタビュー記事を読む


おすすめコンテンツ


資金ゼロでネット物販を成功させる全手法を無料で公開します!


最高級のステータス持つアメックスの極秘情報を無料公開します!


  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • Pocket
  • LINEで送る

【無料】アクシグ流 物販ビジネス大全
資金ゼロでネット物販を成功させる全手法
【無料】物販ビジネス大全
ネット物販を成功させる全手法