ヤフーオークションの評価例文!取引相手をお得意様にする評価の書き方

ヤフオクでは取引後に出品者と落札者がお互いを評価できます。評価はポイントだけでなく、コメントも書き込むことができるようになっています。評価コメントの書き方次第では、取引相手をお得意様にすることも可能で、そうなれば、他の利用者より有利に取引ができるようになるでしょう。

そこで今回は、ヤフオクの評価コメントで使える例文を紹介します。この記事で紹介する例文を使って取引相手と良好な関係を築いてください。

目次

ヤフオクの評価システムについて

最初にヤフオクの評価システムについて解説します。

ヤフオクの評価は5段階

ヤフオクの評価は5段階評価で、各評価ごとにポイントが加算されます。

非常に良い:+1
良い:+1
どちらでもない:0
悪い:-1
非常に悪い:-1

ポイントの合計が総合評価としてユーザー名の下に表示されます。

例えば、「非常に良い」評価を5回、「良い」評価を7回、「どちらでもない」評価を1回、「悪い」評価を2回、「非常に悪い」評価を2回もらった場合の総合評価は以下のように計算されます。

総合評価=+1×(5+7)-1×(2+2)=12-4=8

評価は変更可能

ヤフオクで間違った評価をしてしまった場合は、後から変更が可能です。ただし、変更できるのは評価した本人だけです。取引相手に不当な評価をされた場合などは、こちら側から評価を変更することはできません。相手に評価を変更するように依頼するか、ヤフオクのお問い合わせフォームで運営者に訴えましょう。ただし、ヤフオクは基本的に評価に関してノータッチです。よほど悪質なケースを除き、対応してくれません。

また、評価を変更しても履歴には残ります。一度した評価を削除することはできませんので、注意してください。

評価の加算は人数単位

評価は取引の度に行うことが可能なため、同じ人と再度取引を行うと評価も再度行うことができます。
しかし、総合評価は「評価件数」ではなく「評価人数」で計算され、その人から受けた最新の評価が反映されます。

例えば、既に「非常に良い(+1)」の評価を受けていたAさんから新規に「悪い(-1)」の評価を受けた場合、既にあった「非常に良い(+1)」が「悪い(-1)」に塗り替えられてしまうため、結果的にAさんからの評価値は2ポイント下がった”-1”となります。

良い評価を貰えていた相手から次の取引で悪い評価を受けてしまう可能性もありますし、一度悪い印象を与えてしまった相手とは再度の取引自体が困難になりますので高評価に修正して貰える可能性は大変低くなります。常に良い評価を貰えるような対応を心掛けることが大切です。

「評価は不要」と言われる理由

ヤフオクで長く取引していると「評価は不要です」と言ってくる人がたまにいます。特に出品者に多いです。

出品者が評価を断る理由として一番多いのは、既にたくさん良い評価をもらっていて総合評価が高いからです。そのような出品者にとって、新たな評価をもらうことにメリットはありません。あるのはリスクだけです。なぜなら、良い評価をもらっても総合評価にはほとんど影響がありませんが、悪い評価をもらった場合は総合評価が下がるからです。したがって、ヤフオク歴の長い出品者は「評価は不要です」と言う人が多いです。

次に多い理由が、仕入元に転売を知られたくないからです。評価されてしまうと、第三者が出品者の評価ページから落札された商品を確認できるようになります。ヤフオク内で仕入れてヤフオク内で転売している出品者は、仕入元に転売を知られるリスクが出てきます。そのため、転売屋は評価されることを嫌がります。

また、他の入札者に落札額を知られないようにするために評価を断る出品者もいます。評価されると、落札された商品だけでなく最終落札額も評価ページから確認できるようになります。他の入札者に落札額を見られると、入札額の目安にされてしまうため、入札額が高騰しにくくなります。

悪い評価はつけない方が良い

取引に不満を感じた場合は、悪い評価をつけることができます。

ただし、よほど酷い場合でもないかぎり、悪い評価はつけないほうが良いです。なぜなら、悪い評価をつけると相手も報復として悪い評価をつけてくることが多いからです。俗に言う報復評価です。

したがって、取引内容が良くなかった場合は、「評価しない」が一番無難です。特に取引数が少ないうちは、1つの悪い評価の影響力が大きいです。一時の感情に身を任せず、我慢することが大切です。

評価コメントで注意すべき点

ヤフオクでは評価時に5段階評価だけではなく、評価コメントを送ることができます。

評価コメントを送る際は、定型文を使わないようにしましょう。定型文を使ったコメントは上から目線の文章になりやすく、取引相手に悪い印象を与えることがあります。

実際に、定型文を多く使ったことで取引相手から悪い評価を受けた方もいます。ですので、評価コメントの書き方には注意が必要です。

また一方で、取引相手に良い印象を与えるコメントもあります。それは、感謝の気持ちが伝わるコメントです。

特に気になった点が無ければ、評価を「非常に良い」にします。そして、評価コメントで出品者なら落札してくれたことへの感謝を伝えます。落札者なら出品してくれたことへの感謝を伝えることが大切です。

評価時の例文

文章を書くのが得意な方がいる一方、文章を書くのが苦手な方もいると思います。

そういった方々のために、評価コメントで使える例文を紹介します。コメントの書き方が分からない方は、ぜひ参考にしてみてください。

例文はそのまま使ってもいいですが、自分の感情がより伝わるような工夫をするとさらに良い文章になります。

例えば、自分で考えた文章を一文入れるだけでもいいです。大切なのは、取引相手への感謝の気持ちを伝えることです。

さらに簡単なものでいうと、!などの感嘆符を使うのも良いでしょう。適度に文中で使うことで、より自分の感情が伝わる文章になります。

【落札者向け】出品者への評価コメント例文

続いて、落札者が出品者へ送る評価コメントの例文をケース別に紹介します。

出品者の対応が完璧だった場合

例文

・この度は大変お世話になりました。こんなに良い取引をしたのは初めてです。対応も迅速で商品が届くのも早かったです。梱包も丁寧だったため商品の状態も非常に良かったです。非常に良い出品者です。またぜひ取引させてください。

可もなく不可もない取引だった場合

例文

・お世話になりました。またお願いします。

・ありがとうございました。満足しました。

・無事商品が到着しました。ありがとうございました。

出品者の対応が迅速だった場合

例文1

・入金確認からの発送が非常に早かったです。すぐに商品が必要だったので非常に助かりました。ありがとうございます。

例文2

・質問への返信も早くてスムーズに取引できました。非常に良い出品者です。ぜひまた取引したいです。

梱包が非常に丁寧だった場合

例文1

・非常に丁寧な梱包をしていただきありがとうございました。商品も無事受け取れました。また機会がありましたら、よろしくお願いいたします。

例文2

・割れ物だったので心配していましたが、梱包が丁寧だったためヒビ1つ入っていませんでした。大変満足しています。

商品の状態が良かった場合

例文1

・商品の状態が非常に良かったです。写真で見たより綺麗で大変満足しています。ぜひまた取引したいです。

例文2

・中古品ということで少し不安がありましたが、新品とほぼ変わらない見た目で驚きました。動作も問題ありません。ありがとうございました。

出品者がまだ自分に評価をしてくれていない場合

ヤフオクの評価は、出品者は商品発送後、落札者は商品到着後にすることが多いです。商品到着時点でまだ出品者からの評価がない場合は、「当方への評価もしていただけると幸いです。」と最後に一言付け加えておきましょう。

【出品者向け】落札者への評価コメント例文

続いて、出品者が落札者へ送る評価コメントの例文をケース別に紹介します。

可もなく不可もない取引だった場合(発送連絡時)

例文1

・本日商品を発送いたしました。到着予定日時は○月○日です。追跡番号は△△です。よろしくお願いいたします。

例文2

・本日商品を発送いたしました。○月○日にはお届けできる予定です。もうしばらくお待ち下さい。

落札者が迅速に入金してくれた場合(発送連絡時)

例文1

・迅速な入金ありがとうございます。確認が取れましたので、本日商品を発送いたしました。到着予定日時は○月○日です。追跡番号は△△です。よろしくお願いいたします。

例文2

・早速のお支払いありがとうございます。本日商品を発送いたしました。○月○日到着予定です。よろしくお願いいたします。

自分への評価を促したい場合(発送連絡時)

例文1

・本日商品を発送いたしました。到着予定日時は○月○日です。追跡番号は△△です。商品が無事到着しましたら評価にてお知らせください。よろしくお願いいたします。

例文2

・本日商品を発送いたしました。非常に良い落札者でストレス無く取引できました。ありがとうございます。商品到着後、私の評価もしていただけると幸いです。

可もなく不可もない取引だった場合(商品到着後)

例文1

・今回はお世話になりました。無事商品が到着したようで安心しました。またよろしくお願いします。

例文2

・商品が無事届いたようで安心しました。今回はありがとうございました。

落札者が迅速に入金してくれた場合(商品到着後)

例文

・無事商品が到着したようで安心しました。今回は□□様の迅速な入金のおかげでスムーズに取引できました。ぜひまたよろしくお願いいたします。

先に相手から良い評価をもらった場合(商品到着後)

例文

・商品を気に入っていただけたようで大変嬉しく思います。この度はありがとうございました。また機会がありましたら、何卒よろしくお願いいたします。

リピーターにしたいほど良い落札者だった場合

例文1

・この度は大変お世話になりました。連絡・入金すべての対応が迅速で非常にスムーズに取引できました。ありがとうございます。今回落札していただいた商品以外にも、□□様に気に入っていただけるような商品を多数出品しています。再び取引させていただけたら幸いです。

例文2

・今回は□□様の迅速な対応のおかげでスムーズに取引できました。非常に良い落札者様です。ありがとうございました。当方はこれからも□□様に喜んでいただけるような商品を出品していく予定です。ご希望の商品がある場合は、お気軽にご連絡ください。

落札者に連絡を促したい場合

落札者に連絡しても返事が来ない場合、評価を利用して連絡を促すことができます。

評価は「どちらでもない」にし、評価コメントを以下のような文章で送ります。

「既に期限は過ぎていますが、未だにご連絡を頂いておりません。今後もご連絡がなければ評価を下げさせていただき、当方の都合によりキャンセルなさったと見なします。早急にご連絡してくださった場合は、評価は戻させて頂きます。ご連絡お待ちしております。」

このように、落札者の連絡次第で評価を変えるといったコメントを送ることで、悪い印象を与えることなく連絡を促すことができます。

先に良い評価をつければ良い評価が返ってくる

ヤフオクの評価は義務ではありません。評価をしなくても特にペナルティはありません。もし取引内容に不満がある場合は、評価しないという選択もアリです。

しかし、取引内容に満足したのであれば良い評価を返すのがマナーです。また、評価コメントの書き方によっては、取引相手をお得意様にすることも不可能ではありません。今までヤフオクの評価コメントを適当に書いていた方は、ぜひこの機会にコメントの書き方について考えてみてください。

よかったらシェアしてね!
  • URLをコピーしました!
  • URLをコピーしました!

この記事を書いた人

ビジネスのノウハウを実践ベースで徹底的に追求するのがアクシグ。
世界で最も専門的で網羅的なコンテンツを提供し、ノウハウを惜しげもなく提供していきます。

目次