物販

ハンドメイドで人気の商品は?儲かるものと稼ぐコツを解説

ハンドメイド商品の販売は趣味と実益を兼ねたビジネスです。しかし普通の商品と比べると売れにくいため、他のビジネスより難易度は高いと言えます。

今回はハンドメイドで稼ぐコツと、売れ筋ハンドメイド商品を紹介します。

ハンドメイド販売の特徴

趣味でハンドメイド販売をするのと、ビジネスとして取り組むのとではやり方が全く異なります。

ビジネスとしてハンドメイド販売する上で、最低限押さえておくポイントを3つ紹介します。

ハンドメイド商品の販売は難しい

一般商品と比べて、ハンドメイド商品の販売が難しい理由は4つあります。

(1)生活必需品ではない

無くても困らないものを買ってもらうのは、なかなか難しいことです。

(2)趣味で販売している作者が多い

趣味でハンドメイド商品を作って販売している人は、利益をあまり考えていません。そのため、価格設定が安いことがあります。営利目的で出品する人は、価格面で不利な状況で勝負しなければなりません。

(3)市販商品の方が人気はある

手作りのアクセサリーや文房具など、いずれにしても市販商品の方がクオリティは安定しています。同じような商品だと、市販品の方に需要が流れがちです。

(4)値段が高い

ハンドメイド商品は1つずつ手作りしているので、大量生産している市販品と比べると値段が高くなりがちです。

何でも売って良いわけではない

オリジナルハンドメイド商品の販売に資格はいりません。しかし、手作りであれば何を売っても良いというわけではありません。

以下のハンドメイド商品は販売が禁止されていますので、注意してください。

・既成品のコピー
・キャラクターグッズ
・ブランドのロゴが入った商品
・ブランドのロゴを模倣した商品
・他のハンドメイド作家が作った商品のコピー

真似が基本

ハンドメイドの基本は真似です。完全なコピーはNGですが、系統や雰囲気は真似するものです。実際、人気商品は同じような系統の商品であることが多いです。

ハンドメイドで稼ぐには、まず売れ筋商品を見つけて真似をするのが一番の近道と言えます。日本だけでなく海外のハンドメイド市場にも目を向けて、売れ筋商品の特徴を掴みましょう。

儲かるハンドメイド商品

フリマサイトなどでよく売れているハンドメイド商品を7つ紹介します。

アクセサリー類

ピアスやヘアゴムなどのアクセサリーは製作も容易ですし、ハンドメイド商品の中でも比較的購入されやすい商品です。

ただし金属アレルギーの女性もいるので、樹脂材料を使うことをおすすめします。

大体500~1,000円が相場です。

小物

ティッシュカバーなどの小物類も比較的購入されやすい傾向があります。相場はどの市場も大体1,000円前後です。

子ども用巾着・バック

主婦の利用者数が多いメルカリでは、子供用品のハンドメイド作品も人気です。学校で使う巾着やシューズ入れは、制作も簡単でおすすめです。相場は1,000円前後です。

スマホケース

スマホケースは最も利益率の高いハンドメイド商品で、特にiPhoneケースの需要が安定しています。大体1,000~2,000円ほどで売れます。

トートバッグ

ハンドメイドのバッグは、実用性に優れた商品が売れる傾向にあります。おすすめは、少し小さめのトートバッグです。良いものだと5,000円近くで売れます。

ハーバリウム

ハーバリウムとは、ガラス製の小さな小瓶に花をオイルで漬けたファッション・インテリアで女性に人気です。大体1,000~2,000円程度で売れています。

オリジナルキャラクターグッズ

オリジナルキャラクターグッズは、ブランディングができれば最も大きく稼げるハンドメイド商品です。国内より東南アジアなどに向けて販売した方が稼ぎやすい傾向があります。

ハンドメイド販売で稼ぐコツ

ハンドメイド販売だけで生活できるくらい稼ぎたい人は、以下10個のコツを実践してください。

売れるものだけ作る

趣味がハンドメイドの人がやりがちな失敗として、自分が作りたいものを作った結果、売れなくて赤字になるというケースがあります。

ビジネスの基本は需要のあるものを制作・販売することです。ハンドメイド販売も例外ではありません。きちんと需要を把握した上で、仕入れ・制作に取り掛かりましょう。

相場を調べる

価格設定のコツは相場を知ることです。

相場は出店先によって異なります。出品前に、出店先のECモールで類似商品の販売価格を調べておきましょう。

最適な売り方を模索する

ハンドメイド商品の販売方法には、大きく分けて4つあります。あなたの商品に合った方法を選択してください。

(1)ECモールに出店

MinneやCreema、メルカリなど、ハンドメイド商品と相性の良いECモールに出品して販売するのが最も簡単です。

写真と商品説明を用意するだけで手軽に販売できますし、初期費用もかかりません。ECモールの集客力を利用でき、自分で集客する必要もありません。

欠点は販売手数料がかかることと、ブランディングが難しい点です。また、オリジナルキャラクターグッズの販売には向きません。

(2)自社ECサイトを作成して販売

自社ECサイトを作成して販売する方法は、サイト制作だけでも手間がかかりますが、何より自分で集客しなければいけないことが難点です。

しかし一度集客システムを構築してしまえば、後はあまり手をかけなくても稼げるようになりますし、ブランディングも容易です。

(3)ハンドメイドイベントに参加して出店

ハンドメイドイベントの例として、東京ビックサイトで行われるハンドメイドジャパンフェス・デザインフェスタがあります。このイベントでは、数万人の来場者に向けて販売できます。

他にも、地域のフリマイベントに出店する手もあります。イベント参加のメリットは、実際に手にとってもらえることと、同業者の知り合いができることです。デメリットは接客が必要なことと、値札・POP広告など必要なものを全て自費で用意しなければいけないことです。

(4)委託販売

雑貨店に卸して販売してもらう方法です。販売業務をプロに任せられるメリットはありますが、その分手数料がかかります。

魅力的な写真を用意する

写真に写る商品に汚れがあれば売れるわけがありません。写真を撮る前に、商品をクリーニングしておきましょう。

また背景に商品と関係のない物が写っていると、商品価値が低く見えてしまいます。背景に下記のものが写り込んでいないか確認しましょう。

・カーテン
・壁
・家具
・家電
・ゴミ

商品は白い背景の前で撮影するようにしてください。白には清潔感があり、商品の魅力を引き立ててくれるからです。ただし、商品自体の色が白い時は、黒やグレーなどの背景がおすすめです。

自宅の壁や床が白くなくても、環境は簡単に作れます。撮影用の背景紙が販売されていますので、床に敷くか壁に垂らすと撮影環境を作ることができます。

背景にシワがあると商品を綺麗に撮影するのが難しいので、真っ白で滑らかな背景紙を使いましょう。

背景が散らかった状態で写真を撮影してしまった場合は、白抜きをして背景をすっきりさせましょう。白抜きとは、PCのソフトやスマホアプリを使って写真の背景だけを消すことを言います。

また、商品の撮影は単に商品の現物を画像にするだけではなく、使用状況がわかる画像も撮影してください。そのほうが商品の魅力が伝わりやすくなります。

魅力的なタイトルを付ける

タイトル作成のコツは、ターゲットが明確になるよう具体的にすることです。

例えば、猫のデザインのピアスを「猫のピアス」というタイトルで出品してもなかなか売れません。誰に向けて作ったのかを明確にした上で、以下のように具体的なタイトルをつけましょう。

「働く女性におすすめ!フォーマル&かわいい猫ピアス」

仕入れ値を抑える

当然のことながら、値段は安い方が売れます。しかし、安すぎると利益が出ません。

利益を大きくするには、仕入れ値を抑えるしかありません。材料を卸売価格で仕入れるようにしましょう。

広告を出す

自ら制作したECサイトで販売する場合は、ある程度資金に余裕ができてから広告を出して集客しましょう。

何も考えずに広告を出してしまうと、広告費で赤字になります。広告費は利益の10%程度にしましょう。

カタログ・箱などを作る

正規品のように箱やケースを作ると、固定ファンがつきやすくなります。

SEO対策する

自社ECサイトで販売する場合は、キーワード選定などのSEO対策をしていきましょう。ハンドメイド業界でSEO集客をしている企業はあまりないので、個人サイトでも十分な集客が見込めます。

ハンドメイド商品の販売は難しいが稼げる

ハンドメイド商品の販売は、他の商品と比べるとかなり難易度が高いと言えます。その分ライバルが少ないため、きちんと戦略を立てて販売すれば大きく稼ぐことができます。

ハンドメイドが趣味の人はぜひ販売してみてください。