物販

【超初心者向け】サイト集客方法の全体像を解説!無料の手法も!

サイトを運営していれば、誰もが集客で成功したいと考えることでしょう。ECサイトなら、注文の量をもっと増やしたいと考えるはずです。また、何らかのサービスを提供する会社のウェブサイトであれば、より多くの問い合わせがほしいと考えるものです。

しかし、なかなか集客がうまくいかずに困っているという会社も多いのではないでしょうか。また集客の方法は多種多様です。検索エンジン対策や、ウェブサイトの工夫、コンテンツの拡充やソーシャルメディアの活用など、何から手を付けたら良いのか、悩んでいる人もいるはずです。

そこで今回は、サイトの集客方法の全体像をまとめてみました。無料でできることともあれば、有料でできることもあります。これを読んで、ぜひ自社にあった活用方法を選んでみて下さい。

サイトの集客方法を考える上での大事な原則とは?

集客はマーケティングの中でも大事な部分です。お客様が増えないことには事業も拡大しません。競争の激しい時代です。

適切なマーケティングを行うことによって集客を進めなければ、事業の存続にも関わってきます。そこでまずは、何のために集客を行うのか、何のためにマーケティングを行うのかという点から整理してみることにしましょう。

集客やマーケティングに取り組むべき理由

商売の目的は「素晴らしい商品を作ることだ」と考える人もいます。お客様が喜ぶような商品をつくれば、必ず売れるはずだという考えです。

たしかに大切なことです。お客様の役に立つような商品、使えば生活が便利になるようなサービスなら、多くの人を喜ばせることができるでしょう。

しかし素晴らしい商品やサービスを作るだけでは、一部の人にしか届けることはできません。「つくる」ことだけに注力し、「知らせる」ことをしなければ、モノは売れないからです。

もし多くの人に商品を提供したいなら、商品やサービスをつくることだけでなく、きちんと知らせてあげる必要があります。だからこそ、企業はしっかりと集客やマーケティングに取り組む必要があるのです。

「お客様のため」が「自社のため」につながる

「お客様に知らせる必要がある」といっても、それは単に注文を増やすだけが目的ではありません。より多くの人に買っていただくだけでなく、買っていただいた人に喜んでいただく必要があります。

集客やマーケティングに注力するというと、つい自分の会社のことだけを考えてしまいがちです。自分の会社の売上を上げることばかりに目線が行くと、その姿勢はいつかお客様にバレてしまいます。短期的に注文が増えても、中長期的にはお客様が離れてしまいかねません。

これからサイトの集客方法の全体像を解説していきますが、その基本原則だけは忘れないようにして下さい。「自社のため」も大事ですが「お客様のため」を優先するマインドを心がけましょう。「お客様のため」を徹底していけば、自然と業績へとつながっていくはずです。

サイト集客方法を考えるなら、まずはお客様のことを知ろう

集客やマーケティングを進めるには、まずは「お客様のため」という視点をもつことが大切だと説明しました。「お客様のため」を追求するためには、まずはお客様のことを知る必要があります。

「ターゲットとなる理想のお客様像」のことを、マーケティング用語で「ペルソナ」といいます。このペルソナをしっかり定義することが、集客やマーケティングを進めるための第一歩です。この点について解説していきましょう。

ペルソナを具体的に明確化しよう

ペルソナをしっかりと見定めることが大事な理由は、ターゲットによって集客やマーケティングに適した手法が変わってくるからです。たとえば男性に売るのと女性に売るのとでは、アプローチ方法は変わります。若い人に買ってほしいのか、お年を召した方に売りたいのか、といった点でも適した販売手法が異なってくるはずです。

あなたのお店は、どんな人に商品やサービスを提供したいのでしょうか。20代の男性でしょうか、40代の女性でしょうか、サラリーマンでしょうか、経営者でしょうか。このようにして、ターゲット層=ペルソナをできるだけ明確化していきましょう。

明確化すればするほど、ペルソナに合わせてどんな集客手法を取ればいいのか、より具体的に見えてきます。ターゲットを明確にして、ペルソナを「見える化」することが重要です。

ペルソナの「悩み」や「課題」を想像しよう

ペルソナが明確になったら、今度は彼らの「悩み」を想像してみましょう。その人たちは、日々どんな課題をもっているのでしょうか。

何に困っていて、何を求めているのでしょうか。そしてその課題を解決するのは、何が必要なのでしょうか。

たとえば、商品を買ってほしいと考えたとしても「この商品を買ってください!」とお願いするだけでは、押し売り感があるため簡単に逃げられてしまいます。しかし、もし課題がわかっていれば、「●●で悩んでいますよね。この商品を使えば、そんな悩みも解決しますよ。見て下さい」といったアプローチもできるようになります。

ペルソナを明確にするということは、「ターゲット層を明確にする」だけでなく、そのターゲットが「どんな課題をもっているか」までを推し量るということです。明確にすればするほど、より説得力あるアプローチができるようになるでしょう。

集客だけでなく、買っていただくことまで考えよう

よりよい集客やマーケティングを行うには、ペルソナを見定めること、そして彼らの課題に真摯に向き合うことが大切です。しかしそれだけでは商売は成立しません。大事なのは、「最終的には注文していただく」というところまで、きちんと目配せをするということです。

「買って下さい」と押し売りをすれば逃げられます。しかし、生活上の課題を解決してくれるような商品やサービスであれば、きっと興味をもって見てくれるようになるはずです。興味を感じてもらい、きちんと納得した上で買っていただくということです。

最後にある「買っていただく」というところまでを、しっかりと意識して取り組んでいきましょう。それが、本当の意味で「お客様に喜んでいただく」ということにつながってくるのです。

サイトの集客方法、何から取り組む?

それでは具体的にウェブサイトの集客方法について解説していくことにしましょう。無料でできる施策もあれば、有料でなければできない施策もあります。時間のかかる施策もあれば、短時間でできることもあります。

いろいろな施策がありますが、いっぺんに全てに取り組もうとせず、できるところから一歩一歩進めていくことが大切です。まずはネット集客で最も基礎になる「検索エンジン対策」から説明します。

検索エンジン対策「SEO」とは?

多くの人たちがネットで検索するようになりました。自社のウェブサイトが検索結果で上位にあがるようにする施策のことを「サーチエンジン最適化」(SEO)といいます。

検索結果の上位に表示されるようになるだけで、アクセス数は増えていきます。そのため自社サイトを作る時だけでなく、ページを増やしていく時にも、SEOを意識することは非常に重要です。

SEOに取り組むための施策には様々なものがありますが、最も大事なのは「ユーザーにとって役に立つ情報をわかりやすくまとめる」ということです。Googleは、質が高いと判断できるサイトを上位にもっていくようプログラムを組んでいます。

SEOはネット集客の基本であり、ネットマーケティングの土台となるべきものです。詳しいことは追って調べていくとして、「まずはSEOを意識していくべき」ということを覚えておきましょう。

サイトの集客方法なら、まずはSEO!

SEOの施策について、もう少し具体的に解説していきましょう。SEO施策の中で重視しておくべきことは「コンテンツの質と更新頻度」「リンクの充実」という2点です。順に説明していきます。

コンテンツの質と更新頻度を意識しよう!

1つ目は「コンテンツの質と更新頻度」です。先ほどSEOの解説の中で「Googleは、質が高いと判断できるサイトを上位にもっていくようプログラムを組んでいる」と説明しました。

Googleは様々なウェブサイトを巡回する中で、質が高いサイトかどうか、ユーザーが求める情報が網羅されているかどうかをチェックしています。そして、リアルタイムで掲載順位を調整しています。

そのため、少しでもユーザーに役に立つ情報を、よりわかりやすい構成で作成していく必要があります。まめに更新することによって、常にアクティブなウェブサイトにすることも大切です。ぜひ心がけておきましょう。

リンクの充実を意識しよう!

2つ目は「リンクの充実」です。質の高い別サイトからリンクされている(外部リンク)ことや、自社サイトの中で適切なリンクが行われてページ間がわかりやすくつながっている(内部リンク)ことが重視されます。

学術論文の世界では、多くの論文から引用されているということが、その論文の価値の指標になると言われます。それだけ大事な事実が書かれており、信頼すべき重要な記述があると考えられるためです。「リンクの充実」も、これと同じ考え方です。

リンクを充実させるためには、自社サイトに「リンクを貼りたいコンテンツ」がなければいけません。つまりは有益なコンテンツを充実させることです。この点もぜひ意識しておきましょう。

サイトの集客方法なら、ソーシャルメディアの活用を!

SEOについて説明してきましたが、ここ数年で急激に存在感を高めているネットサービスが「ソーシャルメディア」です。twitterやfacebookなど、日常の中でも欠かせないツールになりつつあります。

ソーシャルメディアの日本国内での利用者数は、2018年末で7,523万人となっています。ユーザー数も利用時間も右肩上がりです。ネットで集客をしたいなら、ソーシャルメディアの利用は不可欠だと言って良いでしょう。

参考:2018年度 SNS利用動向に関する調査(ICT総研)

ソーシャルメディアの可能性は無限大!

ソーシャルメディアは投稿型のメディアです。魅力的なコンテンツを投稿すれば、多くの人から「いいね」をつけてくれます。自社のソーシャルメディアに登録してくれたお客様に対して定期的に情報を届けることができるため、ファンを創出しやすいという特徴がああります。

投稿は無料なので、ぜひとも活用したい集客手段だと言えるでしょう。また魅力的なコンテンツなら、読者が他のユーザーに「シェア」してくれることもあります。まさに、お客様やファンが無料で宣伝活動をしてくれるわけです。

ソーシャルメディアをしっかりと活用するだけでも、サイトへの集客は増えていきます。また時間をかけてファンにしていくことで、購買率を上げていくこともできます。宣伝効果もあるため、ぜひとも注力したい集客手段です。

サイトの集客方法、有料ならどんな方法が?

ここまでは、無料でできるウェブ集客の手法として、SEOとソーシャルメディアを取り上げました。もちろん他にも手法はたくさんありますが、「無料でできることもあるんだな」と理解してください。

さらにウェブ集客の全体像を理解してもらうため、今度は有料でできることについて紹介しましょう。「純広告」「リスティング広告」「アフィリエイト広告」の3つです。

純広告とは?

1つ目は「純広告」です。純広告は、通常の新聞広告や雑誌広告のように、ウェブサイトの中の特定のの場所に掲載する広告のことをいいます。

ウェブ上の掲載場所なら、新聞社や雑誌社のサイト、あるいはヤフー等のポータルサイトが有名です。掲載期間だけでなく、表示回数を保証するかたちでも出稿が可能です。しかし値段が高く、効果を上げるにもコツが必要なため、ウェブを立ち上げたばかりの中小企業には向かない手段です。

リスティング広告とは?

2つ目は「リスティング広告」です。リスティング広告はGoogle等の検索エンジンの上位に表示する広告です。

ユーザーが検索をするということは、「その検索ワードに関する情報を今すぐ求めている」ということを意味します。「漠然とサイトを眺めているユーザー」ではなく、興味関心が非常に高いユーザーだと言えるでしょう。

そういう人に対して目立つ場所に掲載できるため、効果の高い手法として知られています。またクリックされなければ料金が発生しないことも特徴です。活用にはコツも必要ですが、中小企業ならぜひ取り組みたいウェブ広告が、このリスティング広告です。

アフィリエイト広告とは?

3つ目は「アフィリエイト広告」です。アフィリエイト広告は成果報酬型広告とも呼ばれます。クリックされた回数や、その広告経由で実際に発生した成果(売上額や登録数など)に応じて課金されるのが特徴です。

成果に応じた料金しか発生しないため、予算の限られた中小企業や、立ち上げたばかりのウェブサイトなら、とても魅力的な手段だと言えるでしょう。積極的に取り組んでほしい広告手法です。

サイト集客方法の選び方、その基準は?

無料の手法や有料の手法など、いくつかをご紹介しました。もちろん他にも様々な手法があります。ネットでの集客を考える際、どの手法を使ったら良いか迷ってしまう人も多いはずです。

大事なことは、全てを実行するのではなく、自社にあった手法を少しずつ試していくことです。どの手法を選択すべきか、優先順位付けのヒントを紹介します。

自社のウェブサイトや商品・サービスに即した手法を

まずは、自社のウェブサイトや商品・サービスに即した手法を選択するということです。たとえば若い女性を狙いたいなら、「インスタグラム」を活用するのが良いでしょう。もし非常にニッチなサービスを提供しているなら、検索ワードを指定した出稿ができる「リスティング広告」を使うといった方法です。

どんなターゲットにアプローチがしたいのか、そのターゲット層はどんなネットサービスを使っているのか、そしてどんな課題をもっているのか。こうした点をできるだけ具体的に詰めていきましょう。そうした中から「適した手法」が自然と見えてくるようになるはずです。

集客のための予算が限られている場合

また、もし集客のための予算が用意できないという段階なら、まずは無料でできる施策に集中することをおすすめします。ここではSEOやソーシャルメディアを紹介しました。

SEOは非常に重要な施策です。検索の上位に表示されるようになれば、それだけでも一定のアクセス流入が期待できるようになります。欠点は、上位に表示されるようになるまで時間がかかることです。

もし短期的に成果を出したいなら、ソーシャルメディアを活用しましょう。魅力的なコンテンツが投稿できれば、どんどん拡散されていきます。無料でできることは、どんどんチャレンジしていくべきです。

集客のための予算が用意できる場合

逆に、もし予算が確保できるなら、無料でできることに加えて有料でできることにも手を付けていきましょう。といっても、いきなり大きな予算を投下すると失敗しがちです。

オススメなのは、リスティング広告やアフィリエイト広告のように、少額予算で可能なものからチャレンジすることです。実際に進めていく中で「こういう手法をやればいいのか」とか「こういうキーワードや広告文にすると反応が上がるようだ」といったノウハウが蓄積されていきます。

経験を重ねながら、少しずつチャレンジの幅を広げていきましょう。予算の余裕があるなら、集客の勉強会やセミナーに参加したり、コンサルティングを依頼するというのも一つの方法です。

社内の人的リソースが活用できる場合

また、集客のために人的リソースが活用できる場合には、無料でできることをきわめることをオススメします。今回紹介した中で言うと、SEOとソーシャルメディアです。

SEOのポイントは、優れたコンテンツをしっかりと用意することでした。Googleに選ばれるためには、ユーザーに役立つ情報をきちんと整備することが大切です。

文章や写真、動画などを駆使しながら、コンテンツの整備に時間を使っていきましょう。時間はかかりますが、確実に検索結果につながっていきます。また魅力的なコンテンツが増えてくれば、常連客だけでなく新規のお客様もだんだんとファンになってくれることでしょう。

ソーシャルメディアも同様です。優れたコンテンツを高い頻度で発信することができれば、どんどんファンができます。そして拡散されることで、新たなお客様を連れてきてくれます。人的リソースに余裕があれば、SEOとソーシャルメディアには積極的に取り組んでいきましょう。

サイトの集客方法の種類はたくさん!積極的にチャレンジを

サイトの集客方法について、基礎的なところから全体像を解説してきました。サイトを運営していれば、より多くの人に見てもらいたいはずです。たくさんの人にアクセスしてもらうためには、オンライン上の集客に真剣に取り組む必要があります。

有料でできることだけでなく、無料でできることも解説しました。また、SEO対策やコンテンツの強化、ソーシャルメディアの積極的な活用など、いくつかの手法もまとめました。

大事なことは、小さなところから始めてみること、そして経験やノウハウを蓄積していくことです。経験やノウハウが蓄積されてくれば、自然とより大きなことにチャレンジしていけるはずです。これを読んで、ぜひ積極的にネット集客に取り組んで下さい。

無料講座|アクシグ式 最新情報
資金ゼロでネット物販を成功させる全手法


物販ビジネスで稼ぎたいけど、どうやって始めたらいいかわからない、売上が思うように伸びないなど悩んでいませんか?

本講座では世界最新の成功事例を実績をあげた成功者の経験をもとに、

  • 無在庫ネットショップ たった3ヶ月、1商品で 7214万9493円稼いだ方法
  • Amazonとネットショップで毎日39万円稼ぐ方法
  • 毎週19万3588円をInstagramから無料で集客して販売する方法
  • 無料でInstagramのインフルエンサーに商品を宣伝してもらう方法
  • 無在庫ストアで月商1億を超えた方法
  • 店舗せどりで1日1万円稼ぐ方法
  • アマゾンの在庫1パレットを僅か1000円で入手する方法
  • 無在庫ネットショップで儲かる商品を見つける海外の最新リサーチ法
などアクシグ代表の吉田が、日本ではまだ知られていない秘密の情報をお届けします。

あなたのビジネスを成功させるために、今すぐ限定情報を入手してください。