物販

日本の古着転売の仕入れ方法はコレ!

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • Pocket
  • LINEで送る

日本国内や海外から古着を仕入れて転売するコツを知りたくありませんか?いろいろな商品の転売をしている人はいても、古着の転売について詳しい人はあまり多くいません。

そこでこの記事では、古着を仕入れる方法や古着の仕入先を上手に見極めるコツについて詳しく紹介します。

古着を仕入れる方法とは

古着を仕入れる方法は大きく分けると二つあります。一つ目は日本国内から古着を仕入れる方法です。

そして、もう一つは海外から古着を仕入れる方法です。この方法では現地に旅行をして古着を仕入れることになります。

日本国内での仕入れ、海外での仕入れそれぞれにメリットとデメリットがあります。

海外からの仕入れは古着屋さんが多い

古着屋さんが海外から大量の古着を仕入れる場合は、輸入業者を使って仕入れを行っています。輸入業者を使えば大量に古着を仕入れることができるからです。

そうすれば、時間をかけずに多くの古着を一度に仕入れられます。そのため、ダンボール3箱で2万5000円などの定められた金額を払って仕入れを行います。

このようにまとめて海外から古着を仕入れるためには、ある程度の初期投資が必要になります。そのため、海外からの仕入れを古着屋さんが行っていることが非常に多いです。

他にもアメリカに直接足を運んで古着を仕入れる方法があります。実際にアメリカを旅行した際、ビンテージものの古着などを古着屋さんで探すことができます。

また、アメリカで開催されているヴィンテージオークションというものがあります。ビンテージものには値段が適正に付けられていないものがたくさんあります。よく探せば利益が出しやすい古着を仕入れることが可能です。

アメリカにはスリフトという場所があるのですが、そこには多くのリサイクル商品が販売されています。たくさんのTシャツなどの古着を見つけることができるため、そこからお目当ての商品を探すのも効率的な方法です。

アメリカでは基本的にはリサイクルをすることが基準として定められているので、スリストなどを利用すればかなりの数の商品から古着を仕入れることができます。

アメリカ以外の古着の仕入れでも非常に興味深いものがあります。例えば、インドでは古いスピーカーなどを安い価格で仕入れることができます。

また、外国に実際に行きながら古着の仕入れをするのであれば、現地の人が実際に持っている古着を仕入れることも可能です。

海外に住んでいる人は非常に友好的で、交渉したとしても不快に感じる人はほとんどいないため、その人が着ていたり持っている古着を交渉して売ってもらうこともできます。

本人は日本で売ることのできる古着の販売価格についての知識がないので、喜んで交渉に応じてくれる人がほとんどです。

仕入れた古着を日本国内で販売する方法

一生懸命仕入れた古着を国内で販売するためには転売が非常におすすめです。転売という言葉から、怪しい商売だというイメージを抱いてしまう人がいるのも事実です。

しかし、よく考えてみると普段から利用している古着屋さんや他の日用品を扱っているお店でも転売をしている場合がほとんどです。

お店に商品が陳列される前になるべく安い価格で商品を仕入れて、店頭では利益の出せる価格で商品を販売していることになります。

仕入れた古着を国内で販売するための転売にも、いくつかの方法があります。

非常に利便性が高いのはヤフオクで仕入れた古着を転売することです。ヤフオクには数え切れないほどの商品が出品されているため、利用している人も非常に多いことがわかります。

ヤフオクで売ることができそうなブランドがついている古着をなるべく安い価格で仕入れることができれば、仕入れた後にヤフオクに掲載されている価格で販売することができます。

買い手が決まりやすい非常に便利な転売の方法です。

日本の国内にあるフリーマーケットやリサイクルショップで破格の値段で仕入れた古着を、ヤフオクなどで売っている人もいます。

実際に自分のお店を構えながら転売をしている人がいるのも事実です。そのような人であったとしても、他の古着屋さんから仕入れて、自分の所有している古着屋さんで転売をしている人もいます。

古着の仕入れ方は数え切れない

ここまでで紹介したように日本国内や海外で古着を仕入れる方法は数え切れないほどあります。自分が思いついたアイデアを古着の仕入れに生かすことができます。

日本国内で古着を仕入れる手段はたくさんあるため、実際に海外に行ってビンテージものの古着を仕入れることができなかったとしてもがっかりしないでください。

日本国内での古着の仕入れで、利益を出している人はたくさんいます。

フリーマーケットってどんな仕入れができるの?

フリーマーケットは人生の中で誰もが一度は耳にしたことがある言葉です。それでも、フリーマーケットから実際に古着を仕入れる方法が理解できれば、今後転売がしやすくなるはずです。

そもそも、フリーマーケットが開催されるのは大きな施設のあるところです。大きな公園や競技場などで開催されることもありますし、場合によっては駐車場のスペースを利用してフリーマーケットが行われることもあります。

フリーマーケットから古着などを仕入れた場合のメリットやデメリットについて詳しく紹介します。

フリーマーケットから仕入れるメリットとデメリット

フリーマーケットで古着を仕入れるメリットはとにかく安いことです。そもそもフリーマーケットで古着を販売している人達は、利益を出すことよりも商品を全て販売することを目的としている人が非常に多いです。

どういう意味かといますと、普段の生活で必要なくなったものを「捨てるよりはまし」という気持ちでフリーマーケットで販売している人が多いということです。

そのため、フリーマーケットで販売されている古着の設定価格も非常に安いため、利益が出せそうな商品を仕入れることができます。

また、フリーマーケットでは個人が販売しているため値段交渉に応じてくれます。古着を一つだけ買うだけでは安くならなかったとしても、まとめて五つの古着を仕入れることによって割引してもらえることもあります。

フリーマーケットから古着を仕入れるデメリットは、仕入れ量が安定しないことです。転売から毎月継続して安定した利益を得たいと考えているのであれば、フリーマーケットだけの仕入れでは限界があります。

フリーマーケットが開催されていない月には、他のルートから古着を仕入なければなりません。

また、利益が出せそうな古着を仕入れられることもありますが、一生懸命探したとしても見つからないことがあります。そうなってしまうと、時間だけが奪われてしまうので非常に効率が悪いです。

閉店間近な時間に仕入れる

日本国内のフリーマーケットにたくさんの古着を出店している人達は、販売している古着をなるべく、その日のうちに販売したいと思っています。

なぜなら、たくさんの古着を家に持ち帰るだけでも一苦労ですし、古着がその日に売れなかったら、重い荷物を運んで持ち帰らなければならないからです。

そんな気持ちになっているフリーマーケットの 古着を販売している人を探すためには、閉店間近の時間で仕入れをすることをおすすめします。

そうすれば、古着を家に持ち帰りたくないと考えている人たちが、古着の価格を大幅に下げてくれるからです。

人が少ないフリーマーケットを狙う

フリーマーケットに行くのであれば人がたくさん集まる場所に行きがちです。しかし、実際には人が集まっていないようなフリーマーケットに行くと安く古着を仕入れることができます。

なぜなら、フリーマーケットに出店しているお店側からすると、人気の人の多い場所で出店するためには高い出店料を払わなければなりません。逆に、人気のない場所で古着を販売するためには安い出店料で済みます。

出店料が安いお店の古着は価格も安く設定されています。出店料を利益でまかないやすいため、当然の価格設定といえます。

そのため、人がいなさそうなフリーマーケットを狙えば、転売で利益が出せそうな古着を入れることができるでしょう。

リサイクルショップで古着を仕入れるコツ

リサイクルショップは古着屋ではありません。つまり、洋服だけでなく他のあらゆるジャンルの商品を取り扱っているのがリサイクルショップだということです。

そんなリサイクルショップでは、ブランド品だけではなく、誰も知らないようなメーカーの古着も取り扱っているため、古着を仕入れる穴場となることもあります。

リサイクルショップで仕入れるメリットとデメリットとは

リサイクルショップで古着などを仕入れるメリットは、新品に近い掘り出し物の商品を見つけられることです。

リサイクルショップには洋服以外の商品も販売されているため、古着などに適正な価格がつけられていないこともあります。他のジャンルと古着の全ての買い取り価格を適切に判断することが非常に難しいからです。

そのため、かなり新しい洋服であったとしても、ボロボロの古着のような価格で販売されていることがあります。日本国内のリサイクルショップでそのような古着を見つけたら、利益を出すチャンスなので仕入れると良いでしょう。

日本国内のリサイクルショップのデメリットとしては、自分が古着の価値について理解していなければ損をしてしまう可能性があるということです。

古着を仕入れて転売したいのであれば、ある程度古着の相場について知っておかなければなりません。

「この古着かっこいいな」という安易な気持ちで古着を仕入れたとしても、販売する時にかなり高い金額で仕入れてしまったことに気づくこともあります。

古着の仕入れ候補のリサイクルショップはここ

古着を仕入れることのできるリサイクルショップはたくさんあります。しかし、その中でも非常におすすめのリサイクルショップについて紹介します。

キングファミリー、オフハウス、ハードオフ系ではいろいろな種類の古着が売られているだけでなく、割引も行われることが多いです。

キングファミリーでは、誕生日の月には割引がされたりすることもあるため、店舗の割引を利用しながら古着の仕入れをすることをお勧めします。

他にも、ドンドンタウンも元々の値付けは高めですが、セールからの値引きが非常に多いため、結局は他の古着屋さんよりも安く仕入れられる場合があります。

古着の仕入先を見極める方法

効率が悪いと思われるかもしれませんが、実際に古着を仕入れることのできる場所に行ってみて、価格帯を肌で感じることが非常に大切です。

実際に行ってみるとインターネット上では確認することのできなかった古着を見つけることもできるからです。

古着の仕入れにフリマアプリを利用する

フリマアプリとは何を意味しているのでしょうか?フリマアプリとは、フリーマーケットを利用することのできるアプリのことです。

つまり、そのアプリをスマートフォンやタブレットにダウンロードしておけば、いつでもアプリからフリーマーケットを利用できることになります。

非常に有名なフリマアプリの一つは「メルカリ」です。他にも「ラクマ」というフリマアプリがあるため一度利用してみることをおすすめします。

フリマアプリから古着を仕入れるメリットとデメリット

フリマアプリから古着を仕入れる大きなメリットの一つは、いつでも自由に仕入れを行えることです。実際のフリーマーケットであれば、フリーマーケットが開催されている期間しか仕入を行うことができません。

フリマアプリはオークションサイトのように、常にたくさんの古着が出品されています。当然のことながら日本人に向けた日本語のサイトのため、自分が望む時間帯で古着の仕入れを行うことができます。

しかし、フリマアプリのメリットの一つである利便性がデメリットになってしまうのも事実です。

出品者は自分の顔を見せたり情報を掲示することなく商品を出品することができるため、購入した商品を発送してくれない場合もあります。

もちろん、そのようなトラブルに巻き込まれるのはごく稀ですが、実際にフリマアプリを使うことによって仕入れのトラブルに巻き込まれた人もいます。

この場合は、フリマアプリを使うデメリットというよりは出品者の側に問題があることになります。

ほとんどの場合は、フリマアプリで仕入れたとしてもスムーズに古着の仕入れを行うことができるので安心しましょう。

フリマアプリの出品者には要注意

ほとんどの人がフリマアプリを適切に使用しているため、仕入れたい古着などを日本の出品者からスムーズに購入することができます。

しかし、中には悪質な出品者がいることにも注意しなければなりません。

具体的には、フリマアプリの商品ページでは機械などの動作がすでに確認されていることが保証されているにもかかわらず、実際に商品が届いてみると全く動かない機械であったことに気づくこともあります。

つまり、その出品者は機械の動作を確認していないにもかかわらず、動作確認保証を出品ページに記載していたことになります。

基本的にメルカリなどのフリマアプリで古着や他の商品の仕入れをしたのであれば、返品をすることが可能です。その点は保証されているので安心して利用することができます。

業者と交渉してお得に仕入れる

フリマアプリを利用して日本国内から古着などの商品を仕入れる時に、商品を販売している業者と交渉することができます。

そのため、商品の出品ページの価格で仕入ても利益が上がらないと感じていたとしても、交渉することによって利益が上がる価格になる場合もあります。

5000円で販売されていた古着を値下げ交渉によって4000円くらいの価格になったのであれば、利益を出しやすくなります。

積極的に交渉に応じてくれる業者をフリマアプリで探して、利益のあげやすい価格で古着を仕入れることができるようになりましょう。

古着を仕入れて転売で稼ぐコツとは?

転売で利益を出している知り合いや友達の人はたくさんいるはずです。実際に、テレビやインターネットでも非常に話題になっている稼ぎ方だからです。

しかし、古着の転売のコツは他の商品と違うということをご存知だったでしょうか?

古着を仕入れて転売で利益を上げるための独特のコツについてこれから解説します。

種類を限定して転売する

古着の転売を行おうと思ったならば、扱う商品を限定しなければなりません。

古着にもたくさんの種類があるため、子供服なのか紳士服なのか女性用の服なのか、といった種類を限定しなければ、調査をするだけで時間がかかってしまいます。

子供服だけと限定して一度決めたのであれば、子供服の仕入れと転売に専念することが大切です。

他の種類の洋服では売上で勝つことができなかったとしても、子供服の古着の転売で徐々に利益が上げやすくなります。なぜなら、ジャンルを広く扱っている人よりも専門的な分野で勝負をしているからです。

安い仕入れ先は要チェック

基本的にはネットオークションのヤフオクやフリマアプリであるメルカリなどを利用して、価格が安い仕入先を見つけることができます。

ヤフオクメルカリでは利用者が非常に多いため、出品されている商品も非常に多いです。転売で利益が出せそうな価格の古着を見つけることができたら、仕入先についても要チェックです。

なぜなら、一つの商品を安い価格で出品している人は、別の商品も安い価格で出品している可能性が高いからです。

仕入れ価格が安い仕入先をチェックすることができたら、効率よく古着を仕入れるためのルートを確保することができます。

シーズン終わりで仕入れるべき

古着などを日本国内から仕入れて転売で利益をあげようとしている人達の中には、洋服のシーズンが来る前に仕入れをしている人がいます。

仕入れた古着を買いたい人がこれから増えてくると予想しているため、シーズン前の洋服を仕入れているわけです。

しかし、古着の転売で目指したいのは、売れることではなくて利益を出す転売を行うことです。

つまり、売れやすいモデルの古着を仕入れることができたとしても、利益がなかったら何の意味もないことになります。

実は古着が一番安くなりやすいのはシーズン終わりです。冬物の古着を仕入れたいのであれば冬が終わる時に仕入れるべきだということです。

シーズン終わりで仕入れて破格の値段で古着を購入すれば、安い販売価格でも利益を上げることができるようになります。

仕入れと良くない古着商品とは

転売で利益を出すことを念頭においているのであれば、売れにくい古着は仕入れない方が良いです。当然のことかもしれませんが、価値が高いと自分が感じたとしても、周りの人が誰も買ってくれなかったら利益を出すことはできません。

他にも、本物なのかどうか見極めるのが難しい古着を仕入れるのも非常にリスクが高いです。

たとえ本物だったとしても、オークションサイトやフリマアプリに出品した時に、写真から本物かどうかを確認できない場合もあります。

オリジナルブランドはしっかり見極める

セレクトショップが発行しているオリジナルブランドの古着も入れることができますが、古着としての質が低い場合もあります。

オリジナルブランドの中には単価をなるべく低くするために、安い素材で作られている洋服があります。

新品だったら違いがわからなかったとしても、古着になってしまうと素材の悪さが目に見えてわかるため仕入れることはあまりおすすめしません。

低価格ブランドの仕入れは効率が悪い

洋服ブランドの中には、ユニクロやH&Mのようなデザインと低価格によって売上を伸ばしているブランドがあります。

古着屋さんに行くとそのようなブランドの古着をたくさん見つけることができます。

しかし、新品であったとしても安く売られているブランドの古着の場合、高い金額で売ることはできません。

利益が出たとしても数百円ということが多いので、時間だけが取られてしまって非常に効率が悪いです。

アメカジは仕入れが難しい

アメカジのようなターゲットが限定された古着を仕入れるのは非常に難しいです。

基本的に今の若い世代でアメカジを好んでいる人は非常に少ないですし、好んでいる人がいたとしても全体的な人数が少ないからです。

そのため、すでに紹介されたように日本国内から仕入れる古着の種類を限定して仕入れるのは良いことですが、自分が転売する商品を買いたいと思っている人がいなければ利益に結びつきません。

まとめ

この記事を通して日本国内や海外から古着を仕入れる具体的な方法やコツについて紹介させていただきました。

特に最近ではヤフオクメルカリから便利に古着を仕入れたり価格を調査することができるため、効率の良い転売ができる環境が整っています。

しかし、効率の良い調査をインターネットを通して行うのと同時に、直接足を運んで古着屋さんで価格を調査するのも非常に大切なことです。

少しずつ日本の古着屋さんの特徴を理解しながら上手に仕入れをして、転売で多くの利益を上げていきましょう。

無料動画|アクシグ流 物販ビジネス大全
資金ゼロでネット物販を成功させる全手法


物販ビジネスで稼ぎたいけど、どうやって始めたらいいかわからない、売上が思うように伸びないとなど悩んでいませんか?

本映像では実績をあげた成功者の経験をもとに、

  • 現在の収入にプラス5万円の副業収入を獲得した「不用品販売」
  • わずか25歳で年商2億円を稼いだ「eBay輸出」
  • 1日2時間弱の作業で月収70万円を突破した「Amazon輸出」
  • 本業の傍らたった半年で月100万円を達成した「中国輸出」
  • 知識ゼロから年収2000万円の仕組みを作り上げた「中古品輸入」
  • 利益率70%以上、OLが副業で月30万円を稼いだ「インスタグラム物販」
  • マレーシアに住みながら1つの商品で月商1000万円を売り上げた「中国輸入」
  • 大学生が資金・リサーチ・在庫なしで月収30万円を稼いだ「韓国輸出」
など、さまざまな物販ビジネスでの稼ぎ方を全3時間30分にわたって徹底的に解説しています。




おすすめコンテンツ


資金ゼロでネット物販を成功させる全手法を無料で公開します!


  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • Pocket
  • LINEで送る

【無料】アクシグ流 物販ビジネス大全
資金ゼロでネット物販を成功させる全手法
【無料】物販ビジネス大全
ネット物販を成功させる全手法