メルカリで利益を取るために送料を抑えるコツと注意点を徹底解説

配送方法によってどれだけ送料が違うのか、メルカリで送料を抑えるにはどうしたら良いのか、こんな疑問を解決していきます。

配送料はサイズによって異なります。ただし配送方法によって受けられないサービスがありますので注意が必要です。配送料を安く済ませるために、商品と不釣り合いな梱包をして破損につながった場合、補償サービスがついていないと全額自己負担になります。また配送方法によって追跡サービスが受けられず、配送状況を知ることができない場合があります。

この記事では配送方法ごとの送料の違いから、送料を抑える方法や注意点を徹底解説していきます。この内容を見て進めれば、安心してメルカリを利用することができます。

目次

メルカリで利用できる発送方法と送料について

メルカリは、ヤマト運輸日本郵便と提携した配送サービスを提供しています。配送方法によって送料の違いがあり、また匿名配送や配送の追跡サービスが利用できないケースがあります。配送の情報を知りたいならば、配送方法は注意して選ぶべきです。

らくらくメルカリ便

メルカリとヤマト運輸が提携して始めた配送サービスです。宛名匿名で配送することで、出品者・購入者は住所を明示することなく、安心して配送できます。また宛名書き不要・レジの会計不要で、手続きの簡単さが魅力です。

送料については下記通りとなります。

配送方法:ネコポス        

規格サイズ:A4サイズ・厚さ3cm以内/1kg以内        
送料:210円

配送方法:宅急便コンパクト

規格サイズ:専用ボックス/1kg以内 
送料:450円
※集荷の場合別途集荷料:100 円 / 専用箱は別途:70円 費用がかかります。

販売はヤマト運輸営業所もしくは一部コンビニで販売。ネット購入も可能です。

詳しくは下記リンクよりご確認ください。

引用元:ヤマト運輸公式サイト

配送方法:宅急便        

規格サイズ:3辺合計160cm以内        60サイズ(2kg以内)
送料:750円 

以下に規格サイズと送料を記載しています。

  • 80サイズ【5kg以内】850円
  • 100サイズ【10kg以内】1,050円
  • 120サイズ【15kg以内】1,200円
  • 140サイズ【20kg以内】1,450円
  • 160サイズ【25kg以内】1,700円

参考:宅急便コンパクトの専用箱販売先

ゆうゆうメルカリ便

メルカリと日本郵便が提携したサービスです。らくらくメルカリ便と同様に宛名不要サービスや、匿名配送サービスにも対応しています。それでは早速送料を見ていきましょう。

配送方法:ゆうパケット

規格サイズ:A4サイズ・厚さ3cm以内
おすすめ用途:アクセサリー、書籍、薄手の衣類など
3辺合計60cm以内 (長辺34cm/厚さ3cm以内/重さ1kg以内)
送料:230円(税込)

配送方法:ゆうパケットポスト

規格サイズ:専用箱/発送用シール使用で郵便ポストに投函可能なもの(重さ2kg以内)
送料:215円
※ゆうパケットポスト専用箱: 別途購入65円 (税込)
※発送用シール(10枚入) : 別途購入75円 (税込)
※発送用シール(20枚入) : 別途購入100円 (税込)
※郵便局、ローソンなどで購入可能です。

配送方法:ゆうパケットプラス

規格サイズ:厚さ7cm以内・重さ2kg以内
おすすめ用途:衣類、小型のおもちゃ、雑貨など
送料:455円
※専用箱は別途購入65円(税込)
※郵便局、ローソン、メルカリストアで購入可能です。 
※全国一律料金です。

配送方法:ゆうパック

規格サイズ:60サイズから100サイズ・重さ25kg以内
おすすめ用途:厚手の衣類、くつ、大量の食料品など
送料:
60サイズ:770円
80サイズ:870円
100サイズ:1,070円

定形郵便・定形外郵便

メルカリは定形郵便・定形外郵便の対応も可能で、安価です。ただし匿名配送や追跡機能はないため、配送状況などが気になる方は、ゆうゆうメルカリ便・らくらくメルカリ便を利用した方が良いでしょう。

配送方法:定形郵便        定形封筒など        

規格サイズ:25g以内
送料:84円
規格サイズ:50g以内
送料:94円

配送方法:定形外郵便        

規格サイズ:縦34cm以内/横25cm以内/厚さ3cm以内
3辺合計90cm以内=規格外        

重さとその送料は以下の通りです。     

50g以内:120円~200円
100g以内:140円~220円
150g以内:210円~300円
250g以内:250円~350円
500g以内:390円~510円
1kg以内:580円~710円
2kg以内:1,040円
4kg以内:1,350円

クリックポスト・スマートレター

薄くて軽い発送なら、クリックポスト・スマートレターがオススメです。ただし匿名配送はしていません追跡サービスはクリックポストのみ対応しています。

配送方法:クリックポスト        

規格サイズ:A4サイズ・厚さ3cm以内/1kg以内     
送料:198円

配送方法:スマートレター        

規格サイズ:専用封筒A5サイズ・厚さ2cm以内/1kg以内      
送料:180円

レターパックライト・レターパックプラス

重さ4kg以内の荷物を配送することができます。追跡機能はどちらも対応していますが匿名配送は行っていません

配送方法:レターパックライト

規格サイズ:専用封筒A4サイズ・厚さ3cm以内/4kg以内
送料:370円

配送方法:レターパックプラス

規格サイズ:専用封筒A4サイズ・厚さ3cm以上も可/4kg以内
送料:520円

たのメル便

たのメル便は梱包から配送まで一貫して対応するサービスです。他にも下記3点のメリットがあります。

  1. 大型家具など80サイズ〜450サイズまで対応可能
    ※3辺合計をサイズで表示しています。
  2. たのメル便の送料は全国一律
  3. 配送補償つきで安心サービス

サイズと送料については下記内容を参照ください。

以下は、3辺合計(サイズ):送料、を記載しています。        

80サイズ:1,700円
120サイズ:2,400円
160サイズ:3,400円
200サイズ:5,000円
250サイズ:8,600円
300サイズ:12,000円
350サイズ:18,500円
400サイズ:25,400円
450サイズ:33,000円

メルカリで送料を抑えるコツとは

配送方法によって送料は異なります。商品をコンパクトにすることで、送料を抑えることが可能です。配送の補償をつけるか否かで送料の違いがありますので、商品によって使い分けすると良いでしょう。

商品をコンパクトにする

送料は3つの要素から決まります。梱包時に調整できる重量サイズ、そして配送場所です。配送先については変更ができない部分ですので、重量とサイズを抑えることが送料削減につながります。ただし梱包を小さくしすぎて、商品の破損につながらないように気をつけましょう。

商品の価格に合わせて補償の有無を選ぶ

先述しましたが、配送方法によって、商品の追跡や補償サービスが適用できる場合とそうでないケースがあります。

例えば補償サービスをつけた場合、料金が高くなります。ただし補償をつけないと配送中に商品のトラブルが起きても対処できません。どちらを選択するかは商品の内容に応じて選定すると良いでしょう。

メルカリで送料を安く抑える3つのコツ

衣類の場合、商品を圧縮してコンパクトにすることで配送料を抑えることができます。もちろん配送料を抑えることは大事ですが、購入者の手元に届いた時に、選んだ時の印象と同じ状態で届くことが重要です。料金を下げることだけに意識を向けすぎないようにしましょう。

書類は余白を作らず梱包

書類のサイズに合わせた梱包をすると良いでしょう。コンパクトにすれば送料は抑えられます。余白がある場合は緩衝材を詰めて、配送中に商品が揺れても破損しないようにすることが大事です。

水濡れを防止するためにポリエステルのビニールに入れておくと、雨の日でも濡れるリスクを回避することができます。

衣類は圧縮して薄い状態にして梱包

衣類は圧縮しておくと、梱包サイズがコンパクトになり、配送料を抑えることができます。ただし圧縮することで衣類などにシワが入ってしまい、商品のクレームにつながることがあります。圧縮することを購入者に事前に了承をもらうか、商品説明の際に「圧縮して配送をします」と一言加えておくと、受け取り後のトラブルを防ぐことができるでしょう。

過剰サイズのダンボールを使わず梱包

ダンボールのサイズは商品に合わせて調節してください。ダンボールを購入したままのサイズが適正であれば問題ないですが、ダンボールサイズで送料が変わりますので、大きすぎるダンボールの梱包は避けましょう。カットして商品に合わせるなどちょっとした工夫で配送費を抑えることが可能です。

送料を安く抑える時の注意点と配送方法別サービス適用一覧

送料を抑えるうえで注意するべき点があります。ここでは大事なポイントをお伝えしますので、内容を踏まえてメルカリを利用しましょう。

追跡サービス

追跡サービスは、配送状況をリアルタイムで知ることができる機能です。

注意点は配送料を抑えることで、追跡機能がつかないケースがあります。出品者と購入者が共に必要ないと、双方認識の上であれば良いですが、購入者の不安につながらないようにしましょう。

トラブル補償

商品の破損などトラブルが起こった際に、ケースによって全額補償してくれるサービスです。仮につけなかった場合の負担は、商品代・配送料含めて全額自己負担です。

商品によってはメルカリ便を利用して、補償つきのサービスを使うことを検討するべきでしょう。

宛名書き不要・匿名配送

購入者が匿名希望にしてほしい場合、送料を抑えることで匿名サービスを受けられない場合があります。

またメルカリ便を使うことで宛名書きが不要になるため、配送先の書き間違いなどは起こりませんが、こちらもサービスによって、適用されない配送方法があります。

万が一書き間違いがあった場合は、希望日に届かないリスクが発生しますので、注意しましょう。

発送方法別のサービス有無一覧

ここでは発送別の追跡機能・補償サービスの有無をまとめています。発送前に、購入者との認識に相違が起こらないように確認しておきましょう

らくらくメルカリ便

配送方法:ネコポス

追跡機能:あり
補償サービス:あり
宛名書:不要
匿名配送:あり

配送方法:宅急便コンパクト

追跡機能:あり
補償サービス:あり
宛名書:不要
匿名配送:あり

配送方法:宅急便

追跡機能:あり
補償サービス:あり
宛名書:不要
匿名配送:あり

ゆうゆうメルカリ便

配送方法:ゆうパケット

追跡機能:あり
補償サービス:あり
宛名書:不要
匿名配送:あり

配送方法:ゆうパケットポスト

追跡機能:あり
補償サービス:あり
宛名書:不要
匿名配送:あり

配送方法:ゆうパケットプラス

追跡機能:あり
補償サービス:あり
宛名書:不要
匿名配送:あり

配送方法:ゆうパック

追跡機能:あり
補償サービス:あり
宛名書:不要
匿名配送:あり

そのほかの発送方法

配送方法:定形郵便

追跡機能:なし
補償サービス:なし
宛名書:要
匿名配送:なし

配送方法:定形外郵便(規格内)

追跡機能:なし
補償サービス:なし
宛名書:要
匿名配送:なし

配送方法:クリックポスト

追跡機能:あり
補償サービス:なし
宛名書:不要
匿名配送:なし

配送方法:レターパックライト

追跡機能:あり
補償サービス:なし
宛名書:要
匿名配送:なし

配送方法:レターパックプラス

追跡機能:あり
補償サービス:なし
宛名書:要
匿名配送:なし

まとめ

メルカリで送料を抑えることは、配送方法次第で可能です。

商品に対して梱包が大きすぎる場合、梱包材をカットして調整したり、衣類を送る場合は圧縮してコンパクトにしたりすることで、適用サイズが小さくなり配送料を抑えることができます。

ただしあまりコスト削減に重点を置きすぎると、追跡機能や補償サービスなどが受けられない点もありますので、注意が必要です。

発送前に注意点を確認した上で進めると、購入者にも喜ばれ出品者も安心して商品の提供ができるでしょう。

よかったらシェアしてね!
  • URLをコピーしました!
  • URLをコピーしました!

この記事を書いた人

目次