メルカリでいきなり購入するとどうなる?起きるリスクと未然に防ぐ方法を解説

メルカリでいきなり購入をしていいの?、メルカリで即購入したらどうなるの?と疑問に思う人もいるでしょう。

当記事では、即購入してしまうとどうなるのか、即購入が可能な時とそうでない時の見極め方を解説しています。

即購入禁止となっているのに購入してしまったら、どうすれば良いのかと不安になるかもしれません。即購入禁止自体は、出品者の独自ルールであって、メルカリの規約違反ではありません。

とはいえ、出品者の意向に添わないと欲しい商品も手に入らないことがあります。

こちらについては、事前に送った方が良いコメントの事例を記載しています。活用することでスムーズに取引ができます。

最後まで記事を読んでいただくと、即購入のルールの背景を理解することができます。結果トラブルを回避して、メルカリを利用することができるようになるでしょう。

目次

メルカリの即購入・即購入禁止について解説

メルカリではプロフィールや商品説明欄に、即購入即購入禁止と記載されているケースがあります。そもそも即購入が当たり前と思うかもしれませんが、即購入を禁止するには理由があります。早速みていきましょう。

メルカリの即購入とは

まず即購入はどういう意味でしょう。

即購入とは、メルカリで出品者とのコメントのやり取りなしで、購入をすることです。

即購入可能と書いてあればすぐに購入して良いと言えます。

あえて記載している理由は、早く購入してほしい、購入までの購入者とのやり取りは極力省きたいと出品者が考えているからです。

購入者としては、欲しいと思ったタイミングで購入を進めることができます。

メルカリの即購入禁止とは

つづいて即購入禁止とは、購入者にすぐ商品を購入させないことです。

どういう購入者に販売するか自体も、出品者自身の評価に関わります。仮に購入者の評価が低かったり、過去の取引履歴で悪いコメントがあったりすると、出品者の評価が下がってしまうことがあります。

商品販売後に、トラブルにつながらないか、相手のプロフィールをみるきっかけにしているのです。

なぜ出品者は、購入者に購入前のコメントを求めるのか

先述したように、出品者が購入者のプロフィールを見極めることが理由の一つです。

これによって、どうしても取引したくなければ、出品者がブロックをすることもできます。

もう一つの理由として、他のオークションに同じ商品を出品している可能性があるからです。

例えば、同一商品をメルカリ以外のサイトに掲載しているとします。別のオークションサイトが先に売れた場合、メルカリに掲載していても、在庫がなくなってしまうため、販売することができなくなります。こうしたリスクを回避するために、即時購入禁止をしているのです。

仮に同時に進んでしまった場合は、コメントで、「現在当商品の販売は、終了してしまいました。」など連絡をすることができますので、発送ができなくなるなどトラブルにつながりにくくなります。

即購入禁止は、出品者独自のルールです。出品者によって、他にもマイルールを作っているケースがあります。他にどのようなものがあるかを、みていきましょう。

知っているだけでトラブルを未然に回避することができます。

即購入禁止以外の出品者の独自ルール

即購入禁止以外にも、メルカリの独自ルールがありますので、みていきましょう。

横取り禁止とは

横取り禁止とは、メルカリで出品者が購入者とコメントで購入に向けたやり取りをしている中、他の人は購入できないようにすることです。

例えば、出品者と購入者が値段の交渉中に他の購入者に買われてしまうと、トラブルにつながる可能性があります。

そのため「横取り禁止」と記載して、トラブルを未然に防いでいるのです。

ノークレームノーリターンとは

ノークレームノーリターンとは、商品購入後のクレームはいっさい受け付けませんというメッセージです。

※中にはNCNRと略して表記されているケースもあります。

このメッセージが記載されている場合は、購入した商品が不良だったとしても、購入者の自己責任となリます。

ですから、購入時点で傷や破損状況などの写真が見づらい部分がある場合は、リクエストして拡大写真を送ってもらいましょう。

出品者の独自ルールは必須事項なのか?

出品者の独自ルールは、必ず守らなければならないのか。気になると思います。

それでは早速見ていきましょう。

独自ルールはメルカリの規約ではない

独自ルールは、仮に従わなかったとしてもルール違反ではありません。

メルカリの規約ではないからです。

メルカリの事務局としては、独自ルールも禁止しているわけではないため、暗黙に容認している状況です。

ですので、仮に即購入をした場合も、メルカリのルール上、特に問題はありません

メルカリでは独自ルールを推奨していない

しかし、独自ルールは推奨されているものではありません。あくまでも出品者が、商品の在庫管理や、購入者選定をするために行っているのです。

例えば、ノークレームノーリターンに関して、届いたときに明らかに商品として問題があると判断した場合は、メッセージを送ったり、事務局に相談したりすることもできます。

どうしても伝えるべきことがある場合は、メッセージを送ることができます。

独自ルールを、メルカリの規約と混同しないようにしましょう。

メルカリでメッセージをせず購入しても良いのか

先述の通り、即購入についての記載は独自ルールになります。

基本即購入して大丈夫ですが、もし即購入禁止の記載がある商品の購入を進めたいのであれば、出品者の意向に沿う方がスムーズに購入できます。

即購入OKと記載されている場合

即購入OKと記載があれば、文字通り購入を進めても問題ありません

出品者としても、早く購入をしてほしいことからこそ記載しているのです。

ですのでメッセージなしで購入を進めてください。

ただし最後に取引完了後のメッセージは、早めに入れるようにしましょう。

即購入禁止と記載されている場合

即購入禁止と記載がある場合は、購入前に出品者へコメントを入れてから、進めるようにしましょう。

即購入禁止の記載があるにも関わらず進めると、トラブルの元になるからです。

出品者は、「記載しているのに、読んでいないのか?」と購入者への不信につながってしまいます。

即購入をしてしまうと、出品者によっては、取引をキャンセルされることもあります。

トラブルなく進めるには、コメントを送ってから進めると良いでしょう。

購入前のコメント事例

ここでは、購入する前のコメントを事例を交えて解説していきます。

先述していますが出品者からすると、コメントを入れてもらうことで商品の在庫状況の管理、相手のプロフィール(評価、過去の取引状況)を確認しています。

この部分を踏まえて、コメントを送ると出品者も安心して商品を提供してくれるでしょう。それではみていきましょう。

ある程度取引経験をしている人の場合

出品者へメッセージを送る際は、下記メッセージ例を参考にすると良いでしょう。

商品の在庫状況もありますので、そこを考慮した文面が良いです。

例えば、

商品をこのまま購入しても良いでしょうか

こちらの商品を購入したいのですが、大丈夫でしょうか

このようなメッセージを送ると良いでしょう。

取引経験が少なく、評価が少ない人の場合

評価が少ない人については、出品者としては支払いをしっかり行ってくれるのか、受け取りをしっかり行ってくれるのかなどを気にしています。

言葉遣いも丁寧に行うことで、信用をあげるようにしましょう。

例えば、

・支払いは本日中にコンビニで考えていますが、購入を進めても良いでしょうか

・クレジットで決済で進める予定です、このまま購入して良いでしょうか

・本日支払います。午前中は在宅していますので、受け取りは可能です。購入しても良いでしょうか

このように書くだけで、支払いの意識の高い人と認識され購入しやすくなります。心掛けましょう。

購入前のコメントを送ることで、評価が少ない人も印象を変えるきっかけになります。

では万が一、即購入禁止と記載があるにも関わらず、コメントを送らずに購入を進めてしまうと、出品者からどういった対応があるのかをみていきましょう。

メルカリで即購入禁止の記載があるにも関わらず、コメントしなかった場合のリスク

メルカリで即購入禁止の記載があるにも関わらず、メルカリで即購入をしてしまうとリスクがあります。

・出品者側より取引をキャンセルされる

・事務局に通報され、最悪アカウントが停止されることもある

それぞれ詳しくみていきましょう。

取引をキャンセルされる

出品者より一方的に、取引をキャンセルされてしまうことがあります。

出品者としては、購入者の過去の取引をみて商品を販売するか見極めるために、即購入を禁止して、コメントを入れてもらうようにしています。

即購入をした時点で、取引前に商品説明を見ない人、約束を守らない人のレッテルを貼られてしまい、取引してもトラブルにつながる可能性があると判断されてしまいます。

購入後はキャンセル処理しかできないため、出品者よりキャンセルされます。

事務局に通報され、アカウント停止の可能性も

出品者によっては、事務局に通報されてしまうこともあります。

事務局としては、独自ルール自体がメルカリの規約ではないため、厳しく取り締まることができません。

ただし、事務局より出品者の報告次第でいたずら購入と判断されて、購入者の行為が悪質と判断されてしまうと、アカウント停止につながることもあります。

それでは最後に、購入者も今後出品する機会もあるでしょう。即購入、即購入禁止をどのように判断して記載すれば良いのかをみていきましょう。

出品者として即購入、即購入禁止はどう区別すれば良いのか

ここでは出品者として、今後メルカリを活用していくこともあると思います。即購入については、どのように区分けして活用していけば良いのかを解説していきます。

商品の売れ行き重視なら即購入OK

当然商品の売れ行きを促進させたいのであれば、即購入はOKにした方が良いです。

商品を購入するにもコメントのやり取りなどはなるべく省きたいからです。

その上で、出品する際には下記内容を記載すると良いでしょう。

・即購入OKです

・値下げの交渉は行いません

・商品の取り置きについて行いません

※商品の取り置き自体はメルカリの規約で禁止されています。

この点を記載しておくと、コメントのやり取りは少なく商品を販売できるでしょう。

その代わり購入者の選別はできませんので、その部分は押さえて取引しましょう。

トラブル回避を重視するなら即購入禁止

トラブルを避けたいならば、即購入禁止を記入した方が良いでしょう。

先述しましたが、仮に即購入OKとした場合、出品者は購入者を選ぶことができません。結果支払いの遅延、受け取りされない、取引後のクレームなどにつながる可能性もあります。

コメントを入れてもらうようにすることで、相手のプロフィールを確認して、過去の取引の評価や、コメントを見て販売するかの判断をすると良いでしょう。

また商品を別サイトで販売してしまったことによる在庫不足のトラブルを防ぐこともできます。

まとめ

メルカリでは、まずプロフィールや商品説明を、必ず確認してから購入をするようにしましょう。即購入OK、即購入禁止と記載があるだけでも、購入者として進める手順も全く変わってきます。

即購入禁止については、出品者の独自ルールのため、メルカリの規約違反ではありません。ただ出品者からすると、どういう人に販売するかの選定を行っている部分があります。

スムーズに購入手続きを進めたいならば、ルールに従う方が良いでしょう。

あなたがメルカリを初めてまもない状況でしたら、評価も少なく出品側からすると信用が低い状態になります。その場合は先述しましたが、丁寧なコメントのやり取りや、出品者が心配するだろう部分を押さえて連絡することで、安心感を与えることができます。

購入前には、まず出品者のプロフィール。商品説明を見た上で取引を進めるようにしましょう。

よかったらシェアしてね!
  • URLをコピーしました!
  • URLをコピーしました!

この記事を書いた人

ビジネスのノウハウを実践ベースで徹底的に追求するのがアクシグ。
世界で最も専門的で網羅的なコンテンツを提供し、ノウハウを惜しげもなく提供していきます。

目次