メルカリの閲覧数が減ってる理由とは?その原因と対策を徹底解説!

メルカリで商品を売るために、閲覧数は非常に重要な要素です。閲覧数が多ければ、それだけ多くのユーザーが見ていることになり、購入してもらえる確率も、閲覧数に比例して高くなっていきます。

閲覧数が減っているのであれば、その原因は正確に把握しておきましょう。システム上の原因である場合もあれば、出品方法に問題がある場合もあるからです。

今回は、メルカリで閲覧数が減っている原因や、対策についてご紹介します。閲覧数の減少に悩んでいる方は、ぜひ目を通してください。

目次

閲覧数の確認方法

この項目では、閲覧数の確認方法をご紹介いたします。閲覧数の確認は、購入者と出品者、どちらにとっても役立ちます。

購入者視点であれば、購入を検討している商品の閲覧数を確認することで、商品の人気や評価、他のユーザーに買われるかどうかなどを判別できます。

出品者視点であれば、自分の商品がどれだけ多くのユーザーに認知されているかを、具体的な数値で確認可能です。

出品した商品の閲覧数を確認する方法

出品者が、自分で出品した商品の閲覧数を確認する方法は、以下の通りです。

  1. マイページから「出品した商品」をタップ
  2. 「出品中」の項目をタップ
  3. 商品ごとに閲覧数が表示される

購入者が商品の閲覧数を確認する方法

購入者の場合は、「いいね!」をすることで閲覧数の確認ができます。手順は以下の通りです。

  1. 商品にいいね!をつける
  2. マイページ内の「いいね!・閲覧履歴」をタップする
  3. 「いいね!一覧」をタップすることで、商品ごとに閲覧数が表示される

商品詳細から確認する方法

出品者は、商品詳細からも閲覧数を確認できます。手順は以下の通りです。

  1. マイページから「出品した商品」→「出品中」→「商品詳細」の順にタップする
  2. 画面中央部分に閲覧数が表示される

この方法では、昨日から閲覧数がどの程度増減したのかの推移を確認できます。また、商品の検索数も併せてチェック可能です。

閲覧数が激減する理由

「順調に増えていた閲覧数が急に減少した」という経験はありませんか。メルカリでは、閲覧数の増減は日常茶飯事ですが、急激に減少するのはメルカリの仕組みが原因の可能性が高いです。

閲覧数が減少する理由を把握しておけば、急な減少に焦ることもなくなり、閲覧数を減らす行動を取ってしまうケースも防げます。

この項目では、閲覧数が激減してしまう原因について解説いたします。基本的にはシステム上の理由がほとんどなので、閲覧数が激減したからといって焦る必要はありません。

出品開始から1ヵ月以上経過した

閲覧数とは、「直近1か月間で商品ページを閲覧したユーザーの合計数」です。閲覧から1ヵ月以上経過した件数に関しては、閲覧数にカウントされません。

そのため、1ヵ月以上の長期に渡って出品が続くと、最初に閲覧したユーザーがカウントされなくなり、何もしていなくても閲覧数が減っていきます

閲覧数が増えるのは、最初の出品したてのタイミングがピークです。最初に閲覧された部分がカウントされなくなることにより、閲覧数が急激に減少しがちです。

また、出品期間が長い商品は、それだけ検索上位には表示されづらいです。そういった理由もあり、長期間出品している商品は、1ヵ月を境に急激な閲覧数の低下が発生しやすい傾向にあります。

商品を再出品した

商品の再出品は、ユーザーから閲覧してもらう上で非常に重要なテクニックです。しかし、一度再出品をおこなうと、閲覧数がリセットされてしまう点には注意してください。

再出品をすると、以前のいいね!や閲覧数は引き継げず、0からカウントし直しになってしまいます。再出品後にいきなり閲覧数が減ってしまうのは、トラブルではなくメルカリの仕様です。

とはいえ、再出品すれば検索結果の上位に表示され、多くのユーザーの目に留まります。閲覧数はまたすぐに増えていくため、大きな問題はないでしょう。

閲覧数が見えなくなる原因

メルカリの閲覧数は、常に増減していきます。前述した要因で、一気に激減することもあるでしょう。

しかし、閲覧数の確認ができない場合、別の原因が考えられます。増減ではなく数自体が表示されないケースは、個別に対策を知っておくことが大切です。

この項目では、メルカリで閲覧数が見られなくなる原因を解説いたします。すぐに解決するケースもあれば、ある程度時間をおく必要がある場合もあるため、念頭に置いてください。

アプリではなくPC版で閲覧している

メルカリは、アプリとPC版のそれぞれで、閲覧や操作が可能です。パソコンからメルカリを使っている方は、PC版から閲覧する機会も多いでしょう。

PC版とアプリ版では表示内容こそ同じですが、PC版では閲覧数が表示されません。そのため、アプリを使った後にPCでメルカリをチェックすると、閲覧数が見られなくなると感じてしまいます。

また、スマホからのアクセスであっても、アプリではなくPC版のサイトを開いていると、閲覧数は表示されません

これはメルカリ側の仕様なので、閲覧数を確認したい場合はアプリ版からチェックしてください

アプリのバージョンが古い

アプリのバージョンが古いと、閲覧数が表示されないなどの不具合が起こる可能性があります。ダウンロードページで「更新」と表示されている場合、現在利用しているアプリは前バージョンのものです。

アプリを最新版にアップデートすることで、この問題はすぐに解決可能です。 もしアプリ版を使っても閲覧数が表示されない場合は、アプリが最新版か確認してください。

メルカリからペナルティを受けている

アプリや閲覧環境に問題がない場合、メルカリ事務局からペナルティを受けている可能性があります。

メルカリでは、短期間に出品を繰り返した場合に、商品が一覧に表示されなくなるというペナルティが存在します。商品が検索結果に表示されなくなるため、いくら待っても閲覧数は0のままです。

検索結果に上位表示させたいがゆえに、短期間で何度も商品を出品すると、このペナルティを受けやすいです。連続出品する場合でも、ある程度間隔を空けて出品することが大切でしょう。

一度この状態になってしまうと、数時間空けた程度ではペナルティは終わりません。数日単位で時間を取り、再度出品を試してください。

閲覧数を増やすためのポイント

閲覧数は、出品直後をピークにどんどん減っていくのが一般的です。ある程度継続的に閲覧数を伸ばしたいのであれば、出品内容に工夫を加えることが重要となってきます。

とくに出品後すぐに売れなかった場合、閲覧数の減少に伴って売れる確率もどんどん下がっていきます。出品して放置し続けたままでは、閲覧数が0になる日も遠くありません。

この項目では、閲覧数を増やすためのポイントについてご紹介します。出品後なかなか購入されず悩んでいる方は、ぜひ参考にしてください。

閲覧数の基準

閲覧数に、明確な基準はありません。商品やユーザー、その時々の需要などによって、閲覧数は大きく変動するからです。

一般的に、閲覧数は評価数が多いほど、増えていきます。評価数が10前後の場合は、閲覧数が10以内というケースも珍しくありません。評価数が100件を超える頃には、閲覧数が安定して2~30を超えることが多いです。

とはいえ、この数字は商品や季節によっても大きく変動していきます。ある程度の参考にする分には問題ありませんが、あまり平均値に固執しないよう注意してください。

また、閲覧数が少なければ、売れないとも限りません。実績のあるユーザーが出品するリピート商品などであれば、少ない閲覧数でも確実に購入してくれる人がいるからです。

逆に、写真ばかりよくて商品説明や金額設定が雑だと、閲覧数ばかり増えてなかなか売れません。商品を売るためには、閲覧数ばかりに気を取られないことが肝要です。

多くの販売実績を重ね、売れるための取り組みをしていけば、閲覧数も自然と増えていきます。

写真を改善する

メルカリにおいて、出品時の写真は閲覧数を大きく左右します。特に、多くのユーザーの目に留まる1枚目の写真さえきれいに撮れていれば、閲覧数を増やすことはそこまで難しくありません。

良い写真を撮るためには、撮影環境を整えることが重要になります。背景に生活感を感じる商品に対して、購入を躊躇ってしまう人は少なくありません。

商品単体だけを撮影できるように、室内で撮影する場合は、簡易撮影ブースなどを活用しましょう。

背景色を白一色にして、明るい環境で撮影するだけでも、商品の見栄えは大きく変わります。逆にカメラの質はそこまでこだわらなくてもいいので、撮影環境さえ整っていれば、手持ちのスマホでの撮影でも十分です。

価格を見直す

商品価格も、閲覧数に大きな影響を与えます。金額を見た時点でなしだと思われれば、わざわざタップして商品を見ようとはしないからです。

価格を決める際は、相場価格から大きく外れないように価格設定をおこなうことが重要となります。同じ商品を出品している他ユーザーの価格を確認し、それに近い金額設定にすれば、少なくとも門前払いされる確率は減ります。

また、商品価格は需要と供給によって常に変動します。一度設定した金額で売れないと感じたら、再度市場を調査して価格を見直すことも、閲覧数を増やすためには大切なことです。

ハッシュタグを活用する

メルカリではキーワード検索の他に、ハッシュタグを使った商品検索も可能です。ハッシュタグを適切に設定することで、より多くのユーザーに閲覧してもらうことができます。

ハッシュタグには商品名の他、ブランド名サイズなどが利用できます。また、20代や男性など、商品を利用するであろう対象者の特徴なども、検索に表示されやすくなるのでおすすめです。

ただし、ハッシュタグを多用し過ぎると、ペナルティの対象となってしまいます。ハッシュタグは多くても5つ前後にとどめておきましょう。

あわせて読みたい
【メルカリ】売れるまでの時間と閲覧数の関係は?閲覧数をアップする方法も メルカリでよく売れる人には、共通の特徴があります。そして売れない人にも、似たような点がいくつかあります。 また、メルカリで出品してから売れるまでの時間は、閲覧...

閲覧数に関するよくある質問集

この項目では、閲覧数に関するよくある質問をまとめました。多くの人が疑問に思っていることなので、自分の疑問を解消する際にも役に立つ確率が高いです。

閲覧数について気になる点があれば、まずはこちらの内容を確認してください。疑問を即座に解決できる可能性があります。

閲覧数のカウントは一人何回まで?

メルカリの閲覧数は、一人のユーザーにつき1回までです。同じユーザーであれば、どれだけ期間を空けて閲覧したとしても、1以上はカウントされません。

何度も閲覧することで、意図的に閲覧数を増やすことはできません。そのため、メルカリで表示されている閲覧数は、それだけの人数から見られていることの証明と言えます。

自分で自分のページを見た場合は閲覧数にカウントされる?

自分で自分の商品ページにアクセスしても、当然ながら閲覧数は増えません。カウントされるのは、自分以外のアカウントから閲覧された場合のみです。

メルカリでは、1人が複数のアカウントを持つことを禁止しているので、実質的に自分で閲覧数を増やすことは不可能です。どうしても自力で閲覧数を水増ししたいのであれば、家族や友人などを頼るとよいでしょう。

閲覧したユーザーを特定することは可能?

メルカリでは、閲覧したユーザーを特定する機能はありません。足跡機能などもないため、閲覧者が購入のためにアクションを起こさない限り、特定はできないのが現状です。

閲覧者が特定できると、商品の売り込みに便利な一方で、押し売りなどのトラブルが発生するリスクもあります。

そのため、今後も閲覧者を特定する機能は追加されない可能性が高いです。不特定多数に対して効果的なPR方法を考えましょう。

まとめ

閲覧数は、様々な理由で減少します。売上には直接影響がないケースも多いため、減少の原因を正確に把握して、対応することが大切です。

また、閲覧数はあくまで指標の一つであり、これだけ極めれば売れるというわけでもありません。写真や商品説明など、ほかの部分も工夫していくことで、売上や閲覧数はおのずと増えていきます。

閲覧者を増やせば、それだけ売れる確率も高まっていきます。今回ご紹介した内容を参考に、今より閲覧数を伸ばせるような販売方法を確立させましょう。

ところで、ビジネスで成功するためには独学よりも体系化された教材やサービスを活用して学ぶ方が結果が早く出ます。

ここではアクシグ編集部が予め登録した上で責任者に直接取材をし、有用性を確認した教材やサービスのみを厳選してご紹介します。無料ですのでお気軽にご登録またはご相談ください。

【限定公開】成功者続出の秘密のノウハウ

日本未上陸のノウハウで先行者利益が得られる大チャンス到来!

  • 月間利益195万円を突破した本人による最新成功事例の紹介
  • 世界トップ3位の日本人が誰も知らない革命的販売手法とは
  • アカウント停止リスクの無い安全なビジネスモデル
  • 無在庫でも販売できる最新の方法
  • Amazonの5倍成長しているマル秘プラットフォームとは
  • 利益率80%超えの超マル秘仕入れ手法

など、日本ではまだ知られていない秘密の情報をお届けします。

あなたのビジネスを成功させるために、今すぐ限定情報を入手してください。

【無料相談】Biz English

ビジネス英語は3ヶ月でマスターできます!

インターネットの買い物に慣れてくると、アメリカのアマゾンやeBayで購入したり出品したりしたくなるでしょう。英語ができなくてもGoogle翻訳やDeepLなどのツールを使えば始めるのは簡単です。

ところがクレームや返金などが発生すると機械翻訳では上手く交渉できません。金額が大きくなりビジネスレベルになるとなおさらリスクが高くなります。

ビズイングリッシュはビジネス英語専門の英会話スクールです。受講生は全くのゼロから英語でアカウントを復活させたり、海外の展示会で交渉に成功したりと幅広く活躍をしています!

今すぐビジネスレベルの英語力を身につけましょう!

よかったらシェアしてね!
  • URLをコピーしました!
  • URLをコピーしました!

この記事を監修した人

ビジネスのノウハウを実践ベースで徹底的に追求するのがアクシグ。
世界で最も専門的で網羅的なコンテンツを提供し、ノウハウを惜しげもなく提供していきます。

目次