物販

【メルカリ】売れるまでの時間と閲覧数の関係は?閲覧数をアップする秘訣や売れる人と売れない人の違いも!

メルカリでよく売れる人には、共通の特徴があります。そして売れない人にも、似たような点がいくつかあります。

また、出品してから売れるまでの時間は、閲覧数とも密接に関係しています。

そこで今回は、メルカリで商品が売れるまでの時間と閲覧数の関係、また、売れる人と売れない人の違いについても詳しくご紹介します。

売れるまでの時間と閲覧数の関係

まずメルカリで出品した際の、売れるまでの時間と閲覧数の関係について解説しましょう。

閲覧数も「いいね」の数も売れ行きに比例する

メルカリで売れやすい商品ほど、閲覧数も「いいね」の数も多い傾向が強いです

閲覧数は商品ページを訪れたユーザーの人数ですから、多いということはそれだけ広く興味をもってもらえている証拠です。逆にユーザーの気を引かない不人気な商品は、閲覧数が伸びません。

あくまで目安ですが閲覧数が300を越えるようなら、売れるのは時間の問題といってよいでしょう。100以上でもかなりの確率で買い手がつきます。しかし99以下となると、売れるかどうかは微妙で、10以下はほぼ売れないと考えてください。

また、閲覧して気に入ったものの、買うかどうかを決めかねている場合は「いいね」が押されます。「いいね」が多いということは、それだけ先に買ってもらえる可能性が高いことを意味します。

ちなみに理屈からいうと、ページにアクセスした閲覧者の一部が「いいね」を押すわけですから、その数は同じか閲覧者の方が多いはずです。ところが、実際は「いいね」の数が上回っているケースが少なくありません。

これは、メルカリでは「閲覧数」が1ヶ月を経過したものから順に削除され、「いいね」の数はそのまま残るルールとなっているのが理由です。

そもそも出品後1ヶ月が過ぎても売れない商品は、その先もなかなか買い手がつかない可能性が高いです。長くとも2週間で売れなければ、何らかの対策を打つ必要があると考えてください。

メルカリで売れる人の特徴

メルカリでよく売れる人には、共通の特徴があります。これらを参考にして、ぜひ商品を早く売るための対策に役立ててください。

商品説明が詳しく丁寧

メルカリでよく売れる出品者は、とにかく商品説明が詳しくて丁寧な傾向にあります。

ユーザーは出品者に面と向かってダイレクトに質問することができないため、商品説明は非常に有力な情報源となります。

よく売れる人はそこを強く理解しているので、ユーザーが疑問に思ったり、ここは知りたいと望んだりするポイントを先回りして説明をしているのです。

そこには相手への優しい気遣いが見られますし、商品の一つひとつを大切にしている姿勢が現れているとも言えるでしょう。

多くのユーザーは商品説明に目を通すことで、目には見えないものの出品者の人柄を感覚的に捉えて、買うかどうかを決める材料としていることを認識してください。

商品画像のクオリティが高い

商品画像のクオリティが高い点も、よく売れる出品者の共通点です。

商品説明と並んで、商品画像もユーザーに対して強い訴求力をもちます。

画像が目に飛び込んできた瞬間には、買うことを検討するか、それともやめるかを決めてしまっていると言っても過言ではありません。メルカリに限らず、他のECサイトでショッピングをする際に、きっとあなたも似たような経験があるのではないでしょうか。

売れる人の画像は、商品が明るくて鮮明に映っていること、背景が美しいこと、さらに「最安値」「ほぼ新品」など言葉を使って分かりやすく訴えかけているなど、ひと目で印象に残るようにしっかりと工夫が凝らされています。

商品の選び方が上手

よく売れるということは、その時期に人気の商品をタイミングよく出品しているともいえます。

大ヒットした映画やアニメの関連グッズなら、上演期間や放映されている時期、またはその直後あたりに出品すれば、ファンを中心にとても需要が高いと期待できます。

それ以外にも、ひとりキャンプやテレワーク、eスポーツなど、流行やトレンドに合わせて上手くアイテムをチョイスすれば、たちまち注目度がアップします。そして一旦「この出品者の商品は価値がある」と思われると、リピーターになってもらえる確率も高まるのです。

親しみやすい

よく売れる出品者は、あまり厳格なルール設定をしていないという共通点も挙げられます。

例えば「値切り交渉お断り」「クレーム、返品受け付けません」といったコメントはご法度です。

これだけでユーザーからするとハードルがグンと上がり、スルーされてしまう可能性が高くなるからです。

それよりもよく売れる人は、「多くの中からご覧いただきありがとうございます」「いつでも値切り交渉承ります」「分からないことは何でも聞いてくださいね。お待ちしています」といった、フランクで親しみやすいと感じてもらえるアピールが非常に巧みです。

評価がよい

商品説明が丁寧で、親しみやすく、商品のチョイスも秀逸なら、おのずとユーザーからの評価は高まります

前向きなコメントが目立つようになり、リピーターも増加するでしょう。そして、すべてのコメントは全ユーザーが閲覧できるため、それを見た新規の買い手がさらにアクセスしてくれる、という好循環も期待できます。このパターンにうまくはまれば、よく売れる出品者の仲間入りが果たせるのです。

出品するタイミングが絶妙

同じ商品でも、何曜日の何時頃に出品するかによって、売れるまでの時間がずいぶん変わってくるケースがあります。

メルカリは、出品した順に商品画像が上から表示される仕組みになっています。時間が経てば、新規出品された商品に押されるように、どんどん画面の下へ下げられ、やがてユーザーの目にはとまりにくくなってしまうのです。よってタイミングを逃すと、せっかくターゲットとするユーザーが閲覧しても気付いてもらえない、という残念な結果に終わることも珍しくありません。

例えば早朝に出品しても、主婦は忙しすぎてほぼ閲覧する暇はありません。仕事が一段落する正午から夕方にかけての方が、アクセスは圧倒的に多くなります。逆に出勤中の社会人なら、朝早くても電車の中での購入が期待できるでしょう。学生の場合は、学校が終わる夕方から深夜にかけての時間帯がおすすめです。

このように、よく売れる出品者はターゲットの生活背景を想像したうえで、出品のタイミングにも気を配っているのです。

価格設定が的を射ている

メルカリでユーザーがもっとも強く注目するポイントは、「何がいくらで売られているか」です。

たとえ欲しい商品でも高すぎると買ってもらえません。多くのユーザーは、メルカリだけでなく、ヤフオク!やラクマなど他のECサイトやフリマアプリとも比較をし、より安い方で購入します。よく売れる人は、価格帯についてのリサーチを入念に行い、「この値段なら買いたい」とか「もう一声安くならないか、値下げ交渉してみよう」と思わせる価格設定が絶妙に上手です。

また、売れにくいと察知すると、すみやかに価格変更する点も、よく売れる人のルーティンといってよいでしょう。

プロフィールが充実している

先程、商品説明の項でも述べましたが、ユーザーにとって「だれが売っているのか」は、非常に気になるところです。

プロフィールに、どんな立場で、どの様な生活を送っていて、メルカリ歴がどれくらいで、どんな考え方で出品しているのか、などがフランクで分かりやすく記載されていると、大きな安心材料となります。知りたいことがあればコメントを使って訊きやすくもなるでしょう。

よく売れる出品者はこのことを十分理解しているため、相手に精神的な距離を感じさせないコメントを、優しく手を差し伸べるように発信しているのです。

メルカリで売れない人の特徴

続いては、メルカリで売れない人の共通点をお伝えしましょう。

商品画像のセンスが悪い

メルカリで売れない人は、商品画像がパッとしないケースが多いです。これは、実店舗でいえば、看板が汚れ、ショーウィンドウも曇っていて、店内も暗いというのと同じと考えると分かりやすいかもしれません。そんな空気感では、せっかくの商品も見映えがせず、もちろんお客さんも買いたいとは思わないでしょう。

メルカリでは第一印象は非常に重要です。くれぐれも「暗い・怖い・汚い」といった3Kのイメージを持たれないように注意してください。

コメントが雑で不親切

メルカリで出品すると、様々なコメントが寄せられます。値切り交渉もあれば、商品についての詳しい問い合わせ、中には半分苦情のような上から目線のメッセージもあるかもしれません。

売れない出品者は、その様なメッセージに対しての返答が非常に雑です。例えば、同じ値切りを断るにしても、「大変申し訳ありませんが、これ以上の値下げは致しかねます」と丁寧語を使って返すと、納得してもらいやすいでしょう。

しかし、けんもほろろに断り、苦情に対しても「目には目を、歯には歯を」といった対抗意識丸出しのコメントでは、非常に印象が悪くなります。このやりとりは、他のユーザーも閲覧できるので、全体の評価も下がり、買い手が寄り付かなくなるので要注意です。

プロフィールに魅力がない

プロフィールにユーザーを惹きつける魅力がないのも、売れない出品者の特徴です。

プロフィールは、いわば掴みの部分ですから、ユーザーがそこから先に進もうと思えるかどうかを決める重要な役割を担っています

ろくな挨拶もなく、ただヨロシク、という程度のプロフィールでは、軽くスルーされて見向きもしてもらえない場合が少なくありません。もっと素敵なプロフィールが他にたくさんあるので、その質の低さが非常に目立ってしまうともいえるでしょう。

メルカリは、世界トップのフリマアプリです。ここまでくるには、メルカリ側の並々ならぬ努力と苦労はもちろんですが、ユーザー側の民度の高さも見逃せません。品位を汚す心無い出品者ばかりでは、ここまでのサービスに成長することはまず不可能だったでしょう。この点の空気が読めない残念なユーザーは、出品しても思うように買い手がつかないのです。

閲覧数がアップする秘訣

ここからは、どの様にすれば閲覧者数が増えるのか、その秘訣をご紹介しましょう。

値下げしてみる

閲覧者数をアップする手っ取り早い方法は、「値下げ」です。多くのユーザーがメルカリに期待するのは、何といっても価格が安いことです。

その思いに応えるには、現在の価格よりも安くするのが、もっとも成果が出やすい対策といえるでしょう。

再出品してみる

メルカリでは、出品したタイミングによって、売れ方にも違いが出ます。タイミングが良かったかどうかは、閲覧数の伸びを見れば、ある程度察しがつくでしょう。

閲覧数がパッとしないようなら、再出品してみるのもおすすめです。一旦、商品を取り下げて、再度タイミングを見計らって出品するのです。すると初めて出品したときのように、画面の上位に表示されるので、ユーザーの目につきやすくなります。このとき、先ほど述べた値下げも一緒に行うと、より効果が得られやすいでしょう。

商品説明の内容を見直してみる

よく売れている出品者の説明文を真似て、商品説明の内容を練り直すのも有効です。

商品名や品番を正確に記載し、梱包や発送方法について明記するのもおすすめです。他に食品関連なら、成分や賞味期限についても触れておくと安心材料となるでしょう。さらに掲載する画像を変更したり、「ほぼ新品」「最安値」といったメッセージを入れたりしても目を引くのでよいでしょう。

ハッシュタグを増やしてみる

閲覧数を伸ばすにはハッシュタグ「#」を増やすのもおすすめです。

#○○(商品名)
#□□(ブランド・メーカー名)
#レディース
#かわいい
#人気

といった風に検索で使われやすいワードを#の後に入れて商品説明の最後に添えておくと、それらの単語を使った検索のすべてにヒットします。これにより、格段に閲覧数を増やすことが可能となります。

まとめ

メルカリで閲覧数を伸ばすことは、そのまま売れやすさに直結するため、非常に重要です。

そのためには、プロフィール商品説明商品画像などを充実させて、自分の商品ページを客観的に見直すのがおすすめです。最初は、売れている出品者のページを真似て、少し厳しい目で作り直すくらいが、よいかもしれません。

慣れてきたら自分なりの工夫を織り交ぜながら、さらにグレードアップできるとよいでしょう。閲覧数や「いいね」の数を確実に増やして、ぜひ充実した素敵なメルカリライフを楽しんでください。

ところで、ビジネスで成功するためには独学よりも体系化された教材やサービスを活用して学ぶ方が結果が早く出ます。

ここではアクシグ編集部が予め登録した上で責任者に直接取材をし、有用性を確認した教材やサービスのみを厳選してご紹介します。無料ですのでお気軽にご登録またはご相談ください。

【限定公開】成功者続出の秘密のノウハウ

日本未上陸のノウハウで先行者利益が得られる大チャンス到来!

  • 月間利益195万円を突破した本人による最新成功事例の紹介
  • 世界トップ3位の日本人が誰も知らない革命的販売手法とは
  • アカウント停止リスクの無い安全なビジネスモデル
  • 無在庫でも販売できる最新の方法
  • Amazonの5倍成長しているマル秘プラットフォームとは
  • 利益率80%超えの超マル秘仕入れ手法

など、日本ではまだ知られていない秘密の情報をお届けします。

あなたのビジネスを成功させるために、今すぐ限定情報を入手してください。

【漫画で分かる】無在庫輸入物販ビジネス

アメリカやヨーロッパの商品を日本の「Amazon」などで 受注をしてから仕入れる無在庫方式の販売方法を解説しています。

  • まとまった資金がなくてもスタート可能!
  • 取り寄せ式なので大量の在庫を抱えなくて良い!
  • ネットで完結なので自宅でできる!

1つの商品の販売で1万円以上の利益を得ることもでき、 効率良く手元の資金が増やすことができます。

あなたもぜひ無在庫欧米輸入ビジネスで、 堅実な収入の柱を一緒に作りませんか?

【無料相談】Biz English

ビジネス英語は3ヶ月でマスターできます!

インターネットの買い物に慣れてくると、アメリカのアマゾンやeBayで購入したり出品したりしたくなるでしょう。英語ができなくてもGoogle翻訳やDeepLなどのツールを使えば始めるのは簡単です。

ところがクレームや返金などが発生すると機械翻訳では上手く交渉できません。金額が大きくなりビジネスレベルになるとなおさらリスクが高くなります。

ビズイングリッシュはビジネス英語専門の英会話スクールです。受講生は全くのゼロから英語でアカウントを復活させたり、海外の展示会で交渉に成功したりと幅広く活躍をしています!

今すぐビジネスレベルの英語力を身につけましょう!