物販

ネットショップ開業の重要ポイント!商品の仕入れ

この記事では、ネットショップで販売する商品の仕入れについて解説しています。最近では、無料でネットショップを開設することができるBASESTORESといったサービスが充実していることもあって、新規にネットショップを始めてみたいと思う人が増えています。

しかし、ネットショップを開設するためには、そもそも売る商品がなければなりません。ネットショップをこれから開設したいと思っている人、ネットショップを開設して間がなく仕入先に困っている人など、商品の仕入れに関する悩みがある人は、この記事を是非参考にしてください。

商品の仕入先の探し方

商品の仕入れ先を探すためには、いくつかの方法がありますが、ここでは基本的な方法について解説します。もちろん、どんな商品でも仕入れれば良いというわけではありません。売れる商品、儲けが出せる商品を仕入れる必要があります。

売りたい商品を見つける

まずは売りたい商品を見つけることが先決です。売り手が、「良い商品だ」「この商品を多くの人に手にとって貰いたい」、そんな風に思って売っている商品は、その熱意がお客様にも伝わります。ネットショップの場合でも、それは同じです。自分が売りたいと思える商品を仕入れることが重要です。

そのためには、インターネットで商品を探したり、実店舗に足を運んでみたりして、「これだ」と思える商品を探してください。その際には、後に仕入先を探すための情報として、ブランド名や商品名などを控えておくことをオススメします。

また、商材ごとに商品の見本市も開かれています。下記のURLは、商品の国際見本市を主催している会社のものです。

見本市を利用することで、多くの商品や仕入先と接点を持つこともできます。こういったものに参加することを検討してみてもいいでしょう。

参考:リード エクジビション ジャパン株式会社

売りたい商品の販売状況も確認する

売りたい商品が見つかったとしても、それをすぐに仕入れるべきかは、別の問題です。その商品が、多くのショップで既に販売されていてライバルが多い場合は、商品が売れるかどうかは価格次第ということになります。

価格競争になってしまうと、「商品が売れない」あるいは「売れても利益が出ない」ということになりがちです。こういった場合は、仕入れを断念するという判断も必要になります。

ただ、多くのショップで販売されている商品であっても、売上が非常によく、品切れになっている店が多いといった場合は、むしろ商機になります。販売状況は時間と共に変わりますから、常に状況を注視して、仕入れの可否を判断するようにしましょう。

仕入が可能か調べる

仕入れたい商品が見つかり、販売状況的にも売れそうだとなったら、具体的な仕入先を探す作業に入ります。商品を見れば、多くの場合は製造元や販売元が記入されているはずなので、これらの情報を基に、仕入れが可能か探っていきましょう。個人で経営するネットショップの場合、個人相手には商品を出していない企業もありますから、必ず仕入れができるとは限りませんが、あたってみる価値はあります。

なお、ショップのメイン商材とは別に、品揃えをよく見せるための品数を揃えるための商品というものもあります。こういった商品に関しては、ネット経由でも仕入れができる卸問屋などを利用すると簡単に仕入れられます。こういったネットでも利用できる仕入先については、後でご紹介します。

売れる商品・儲けが出る商品を見つける視点

売れる商品、儲けが出る商品を見つけるためには、どんな点に気をつけて商品を探せばいいのか。商品を仕入れる際に必要になる視点について解説します。

ライバルが少ない商品を探す

ネットショップを始めて間もない時期は、仕入れやすい商品を仕入れてしまいがちですが、そういった商品は、他にも多くのショップが仕入れていて、価格の競争になります。定価10,000円の商品が3,000円で仕入れることができたとして、「これなら十分に儲けが出せる」と思っていると、他店で既に3,300円といった価格で販売されていた、そのようなこともよくあります。

仕入れが簡単な商品は、儲けが出しにくい場合が多いということは覚えておきましょう。逆に言えば、仕入れが難しい、ライバルが少ない商品には、儲けが出せるものがあるということになります。

仕入れにくい商品にはチャンスがある

インターネットで卸売りをやっている問屋には、会員登録をするだけで誰でも購入できるところもあります。こういったところで仕入れられる商品は、先ほど書いたようなライバルが多い商品になりがちです。

これに対して、仕入れの際に様々な条件を付けて、中々仕入れをさせてくれないメーカー等もあります。このような場合は、ライバルが少なく、儲けが出せる価格で売れる可能性が高くなります。ただし、「他の商品との抱き合わせでなければ仕入れさせない」といった不当な条件を付けるところは、取引相手として信用できないので避けるようにしましょう。

インターネット以外の情報は貴重

インターネットを通じて多くの情報が手に入る時代です。こんな時代ですから、ネット上の情報は、多くの人が共有しています。情報社会になって、貴重な情報をネットで探すことは、むしろ難しくなってきているともいえるのです。

実際に自分の足で動き回って、いい商品や仕入先がないか探すこと、そうやって得た情報にこそ価値がある時代になっています。

より具体的な商品の仕入先の探し方

ここからは、商品をどんなところから仕入れるのか、更に具体的に見ていきます。仕入れが簡単か難しいか、個人でも利用できるか否かなど、実際には個別にあたってみなければ分からないことも多いのですが、仕入先を探す際の参考にしてください。

卸問屋や商社を個別にあたる

昔ながらの基本的な方法です。個人の場合などは、仕入れができない場合もありますが、ダメもとであたってみることをオススメします。

問屋や商社を使うことのメリットは、仕入れる商品が特定のメーカーのものに限られないことです。様々な商品を一緒に仕入れることができるため、取り扱う商品を一気に増やせます。また、商社の場合は、海外のメーカーと付き合いがあるところもあるので、国内メーカーの商品よりも低価格のものや、他のショップには置いていないものを仕入れることができる可能性もあります。

メーカーと直接交渉する

小売業者への直接の取引は行っていない場合もあるので、やはり「ダメもとで」ということにもなりやすいですが、メーカーと直接交渉して、商品を卸してもらうルートもあります。卸問屋などを介する場合よりも安く仕入れられる可能性がある点が魅力です。

ネット上で取引できるインターネット卸業者

インターネットを介して仕入れを行うのも、最近では普通になってきました。インターネット卸業者の場合、一般の卸業者の場合と違って、個人向けにも商品を卸してくれるところが多くなります

非常に仕入れがしやすいのですが、上でも書いたように、仕入れやすい仕入先からの商品は他のショップでも多く売られているので、他と差別化することが難しくなります。インターネット卸問屋からの仕入れには、このようなデメリットもあることを承知した上で利用してください。

商品を仕入れる方法は他にもある

上記以外の方法としては、委託販売を請け負うという方法ドロップシッピングといった方法もあります。ドロップシッピングというのは、ショップが注文を受けた商品を、メーカーや卸問屋から直接お客さまにお送りする方法です。

ショップ側には、在庫管理や配送管理の手間がかかないというメリットもあります。また、これは仕入れではありませんが、自分で作った商品を販売する方法もあります。

おすすめのインターネット卸問屋

この記事の最後は、インターネット卸問屋を数社ご紹介します。

最近では、ネットで卸を行うところも増えてきています。とても利用しやすいのですが、誰にでも仕入れがしやすいということは、商品構成によってショップの個性を出すことが難しくなるということも意味しています。使いどころを考えて、上手にインターネット卸問屋を利用してください。

国内最大級の仕入れ・問屋・卸の専門サイト「NETSEA」

NETSEAは、国内のインターネット卸では最大級のところの一つです。会員登録制ですが、個人事業主の登録も可能で、入会金や月会費などもかかりません。かなり利用しやすいサイトです。

幅広い商品を扱っていて、アパレルの他、雑貨、家具・インテリア、家電、事務用品、食品など多岐に渡ります。各種セールも行われているので、上手に利用すれば、ショップの目玉となる商品を仕入れることも可能です。

参考:NETSEA

在庫リスクを負わずに仕入れが可能「TopSeller」

TopSellerは、自分で在庫を抱えることなく、商品を販売できるサービスです。商品はメーカーからお客さまへ直接発送されるので、在庫を置くスペースも必要なく、在庫が滞留することによる損失も考慮する必要がありません。

ショップに注文がなされた際、受注データをTopSellerに送れば、後の処理はTopSellerが担当してくれます。なお、費用としては、5商品までは、無料の「おためしプラン」で利用可能です。以下、扱う商品の点数に応じて、細かくプランが設定されています。例えば、300点セレクトプランなら、月480円です。

参考:TopSeller

商品点数1点からのバラ発注可能「卸の達人」

卸の達人では、1個からの卸売りを行っているので、規模の小さなネットショップでも仕入れがしやすくなっています。登録料や月会費がかからないのも魅力です。100円ごとに1ポイントのポイント制度もあります。

また、お客さまへの直接発送も行っているので、在庫リスクなく商品を販売することもできます。注意点としては、卸の達人は、会員規約で取引登録できるものを実店舗かネットショップを所有する法人に限っています。ただ、姉妹サイトである「卸MAX」では、個人事業主の登録も可能となっているので、個人の方は、こちらで登録してください。

参考:卸の達人

参考:卸MAX

スイーツを中心とした食品専門「SWEETS MARKET」

SWEETS MARKETは、食品専門の会員制卸売りサイトです。名前の通り、洋菓子や和菓子などのスイーツが扱っている商品の中心ですが、一部、おつまみや麺類、スープなども扱っています。

訳ありの低価格商品、業務用の大容量商品などが売れ筋となっています。1個からでも出荷可能な商品が多く、商品紹介に使えるプロが作成した商品写真や商品紹介ページも利用できる等の特徴があるので、商品販売のノウハウがない人でもショップでスイーツが販売できます。

参考:SWEETS MARKET

アクセサリーやファッション雑貨の仕入れサイト「Cmall」

Cmallで扱っているのは、アクセサリーやファッション雑貨が主ですが、アパレルやスマホケースなどもあります。これらの商品は中国製で、中国製の安い商品を、多くの場合1点から注文することができるのが、Cmallの大きな特徴です。もともと安い中国製品がメーカー直販で手に入るので、ショップでも販売価格を安く抑えることができるのが魅力となります。

参考:Cmall

商品数・出展企業数が豊富だが、入会審査あり「SUPER DELIVERY」

この記事では、比較的利用しやすいインターネット卸問屋を中心にご紹介していますが、SUPER DELIVERYは、多少敷居が高くなっています。会員制ですが、入会にあたっては審査があります。ネットショップの場合、オープン前の審査は不可となっており、審査時には、ショップのURLの提出が必要です。

月会費も2,000円が発生します。ただし、入会月とその翌月は月会費無料です。他のサイトより多少ハードルが高くなっていますが、掲載商品数や出展企業数は多く、仕入先として魅力的なので、ショップを開設して実績を積んだら、利用を検討してみてください。

参考:SUPER DELIVERY

まとめ

ネットショップの商品の仕入れについて解説してきました。誰でもネットショップを気軽に開設できる時代になりましたが、実際にネットショップで利益を出し続けていくためには、商品の仕入れがとても重要になります。

売れる商品、利益が出る商品が見つかったとしても、商品には流行というものもあります。同じ商品を仕入れ続けていれば、ずっと儲かるというものではないので、良い仕入先を探す努力は継続していく必要があります。この記事の内容を踏まえて、良い仕入先を見つけ、あなたのネットショップを成功させてください。

無料講座|アクシグ式 最新情報
資金ゼロでネット物販を成功させる全手法


物販ビジネスで稼ぎたいけど、どうやって始めたらいいかわからない、売上が思うように伸びないなど悩んでいませんか?

本講座では世界最新の成功事例を実績をあげた成功者の経験をもとに、

  • 無在庫ネットショップ たった3ヶ月、1商品で 7214万9493円稼いだ方法
  • Amazonとネットショップで毎日39万円稼ぐ方法
  • 毎週19万3588円をInstagramから無料で集客して販売する方法
  • 無料でInstagramのインフルエンサーに商品を宣伝してもらう方法
  • 無在庫ストアで月商1億を超えた方法
  • 店舗せどりで1日1万円稼ぐ方法
  • アマゾンの在庫1パレットを僅か1000円で入手する方法
  • 無在庫ネットショップで儲かる商品を見つける海外の最新リサーチ法
など専門家が独自に入手した、日本ではまだ知られていない秘密の情報をお届けします。

あなたのビジネスを成功させるために、今すぐ限定情報を入手してください。