物販

【仕入れで人気のネッシー】本当の評判はどうなの?その他仕入れサイト10選と徹底比較!

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • Pocket
  • LINEで送る

ネットショップ開業Amazon出品を考えている人にとって、非常に重要となる「仕入れ先」。これ次第で、成功するかどうかが大きく変わってきます。仕入れは実店舗などでも出来ますが、仕入れサイトなどで上手に仕入れる人が多いです。今回はその中でも人気の「NETSEA(ネッシー)」について、本当の評判を探ってみました。

審査が厳しいわけでもなく、法人でなくても個人事業主でも仕入れることが可能なネッシー。メリットがあるのなら、是非登録しておきたいですよね。

Contents

NETSEA(ネッシー)について

「ネットで仕入れ」という言葉からきているサイト名で、個人事業主でも、問屋や卸売店から仕入れることが可能で会員登録も無料です。アパレル・ファッション雑貨・雑貨・美容・健康・家具・インテリア・店舗用品・事務用品・家電・AV・PC・食品・飲料など幅広く扱っているため、自分が探している商品を見つけやすいのもポイントですね。

他の仕入れサイトと比較して、どんなところがメリットなのか調査しました。

参考:NETSEA(ネッシー)

NETSEA(ネッシー)の特徴について

個人事業主がネットで仕入れなんて聞くと、最近始まったサービスのように思いがちですが、NETSEA(ネッシー)は2006年に株式会社DeNAがサービスを開始しています。結構運営は長い方で、その分信頼性があるサイトと考えることが出来ます。もともとは個人でも購入することが出来たようですが、今では個人事業主や法人など、ビジネスを目的としたユーザーのみが登録可能となっています。

そのこともあって、肝心の価格の詳細などは登録しなければ閲覧できません。

①生産をコントロールしているメーカーからの直接仕入れだから安心
②スーパーゲリラセールや24時間クーポンなど販促企画がある
③国内で検品・出荷をしている国内メーカーのみだから安心

中国仕入れなどでは得られない安心感がメリットです。

NETSEA(ネッシー)でいう「サプライヤー」と「バイヤー」

NETSEA(ネッシー)に登録する際は2つの会員種類から選択する必要があります。

①商品を供給する「サプライヤー
②商品を仕入れる「バイヤー

サプライヤーは卸売り業者で、バイヤーは個人事業主などの買い手ですね。NETSEA(ネッシー)では、気になる価格はバイヤーのみにしか表示されない仕組みになっています。

サプライヤーとして登録し、商品を販売しても、同じ商品を他のサプライヤーが安く出品している場合もあります。サプライヤーでもバイヤー登録をしておいて、価格が分かるようにしておきたいところです。ちなみに登録料は無料ですから、迷わず登録することをおすすめします。

ネットショップや出品には仕入れ先が必ず必要なのか

ネットショップ経営出品ビジネスなど、ネット副業(あるいは本業)が多くなってきていますが、仕入れ先が必ず必要かと言うと必ずしも必要だとは限りません。

在庫を持たずに販売出来る「ドロップシッピング」をいう販売手法も話題です。受注したら、該当メーカーに発送依頼をするだけで、梱包・出荷などはメーカーが直接行います。個人事業主のような小さい規模で経営してるネットショップでは、受注から出荷までの工程で仕事の効率の良いドロップシッピングはとてもおすすめです。

仕事量を気にせず商品数を増やしていけるので、ショップを充実させることが出来る魅力があります。

NETSEA(ネッシー)は仕入れサイトとして評価できるのか

ネット販売などで重要になってくる「仕入れ」。ビジネスを成功させるかどうかの運命がかかっている部分と言っても過言ではありませんよね。さてそこで、NETSEA(ネッシー)は仕入れサイトとして実際どのような評価なのかを考えていきたいと思います。

NETSEA(ネッシー)は在庫リスクを無くしてくれるのか

仕入れ資金や梱包・出荷などの手間を省いて楽にビジネスをしたいと考える人が増えています。それならおすすめしたいのはNETSEA(ネッシー)よりも「トップセラー」です。ドロップシッピングサイトですが、ドロップシッピングはそもそも「在庫無し」で、受注してからメーカーに出荷依頼をするシステムです。在庫リスクを考えている人はこちらを検討してみましょう。

NETSEA(ネッシー)で仕入れをしようとしているのに「メーカーから顧客へ直送できるか」などを質問してくるユーザーが増えているようですが、そもそもこのようなシステムを希望しておいてNETSEA(ネッシー)を選ぶのはあまり賢明とは言えませんね。

参考:トップセラー

NETSEA(ネッシー)は仕入れ目的だけの利用ではない

NETSEA(ネッシー)はサプライヤーから卸してバイヤーが仕入れをするものですが、登録者はバイヤーばかりではありません。良い商品を卸値で購入できるというメリットがあるので、企業や病院などが「備品」として購入することも珍しくないのです。大量に安い値段のものが買えるので、普通のネットショップよりは断然お得な場合が多いのですね。

NETSEA(ネッシー)の登録者の実態

通常、仕入れが目的でNETSEA(ネッシー)に登録するならバイヤー登録ですが、ここで敢えてサプライヤーとして登録してみるユーザーもいます。そのメリットは次のとおりです。

・取引できる卸売業者を見つける→取引できる小売店をみつけるという逆転の発想
・「卸値」として安売りが可能→自分は小売しなくて済む

サプライヤーとしての立場になることで、ライバルたちが仕入れにどんな工夫をしているのか、どんなものが求められているのかなども勉強になるはずです。バイヤー登録だけではなくサプライヤー登録も検討してみて下さい。

NETSEA(ネッシー)は仕入れサイトとして実際どうなの?

儲かる仕入れと儲からない仕入れがあり、それは仕入れサイトを比較しても顕著に現れます。そこで知りたいのは儲かる仕入れはどんなものなのかということですね。

【誰にでも仕入れられるサイトは儲からない】
「印鑑証明や住民票の提出」「審査が厳しい」「法人が必須条件」「保証金あり」など、登録条件が厳しくなればなるほど、ライバルは当然減ります。ネットビジネスが流行している現代で、誰でも登録が出来る仕入れサイトがあっても、良い商品は大多数が仕入れているはずです。ただでさえライバルが多いこの世界なのに、自らライバルの多いところへ介入しているようでは成功は程遠いのです。

誰でも仕入れられるなら、ただの格安ネットショッピングなだけですね。もともとが安く手に入るのに、転売なんかしてもほぼ意味がありません。NETSEA(ネッシー)は誰でも簡単に登録できるサイトなので、このあたりは最大のネックでもあります。

NETSEA(ネッシー)にはトラブルがある?トラブル例5つとは

NETSEA(ネッシー)のサプライヤーはその多くが中国業者でもあります。中国は仕入れが安くすむので、やはり仕入れサイトでも外せない存在です。中国業者との取引で気になるのが「品質」「対応の悪さ」です。

・画像のイメージとは程遠い、粗悪品だった
・納期を過ぎても届かない

このようなことが珍しくありません。NETSEA(ネッシー)で実際にあったトラブルを見ていきましょう。

①無在庫なのに「在庫あり」と回答する

日本では考えられないのですが、在庫確認をしたところで「在庫はあります」と適当に返事をしておいて、実際在庫はなかったなんて例もあります。日本人ほどサービスの質にこだわることなく、ただ安い商品をたくさん売れば良いという意識がまだ根強く残っているのです。

実際商品が届くまで安心できないのが中国業者とのやり取りでの現実です。欠品などがあると、送料にも影響するので、海外仕入れをする身としてはかなり辛いのですが、それをまるで分かってくれません。

②欠品を伝えると勝手にキャンセル扱いで処理

日本の業者だったなら、まず謝罪から始まり、そしてその後キャンセルなのか取引継続なのかを確認してくるでしょう。その後取引継続なら、慎重に対応してくるはずです。それが中国業者相手となると、欠品を連絡したら、そのままキャンセル扱いで勝手に処理されてしまうことが考えられます。

こちらの意思確認は当然あるものだというのは、もはや日本独特の文化だと思っておいた方が良いのかも知れませんね。

③追加発送したところで、追跡番号の連絡など基本的な対応が全くない

日本業者なら、クレーム対応ではより慎重になるものです。発送通知メールとともに追跡番号などの基本的な対応があるのが当然です。「欠品?はいはい追加で送りますね~。だからそれで良いでしょう?」といったノリでしょうか…。

本当に届くのか不安ですし、今回の発送では本当に粗相がないのかなど、不安がつきません。

④NETSEA(ネッシー)は事業者同士のやり取りで解決する

例えば個人と個人の取引であるメルカリですら、トラブルは事務局が間に入ったりします。NETSEA(ネッシー)は基本的に事業者同士で取引を完結する方針のため、トラブルがあっても運営事務局が間にはいることはほぼありません。個人事業主のような、力が弱いとされる事業者であれば、トラブルは泣き寝入りなんてこともありえるのです。

⑤中国業者はやはり信頼できるかどうかが問題

法人であろうが個人事業主であろうが、仕事は信頼があるかないかが重要ポイントです。ビジネスをするにあたって、信頼出来ない取引先では良い仕事が出来ません。中国業者は「平気で嘘をつくことがある」くらいに思っておきましょう。もちろんすべての中国業者というわけではないのですが、このくらい覚悟して取引をするくらいでないと足元をすくわれてしまいます。

参考:中国輸入の失敗例!事例を学んでリスクを減らそう

NETSEA(ネッシー)以外に本当に使える仕入れサイト10選!

NETSEA(ネッシー)にはメリットもデメリットもありました。捨てがたいサイトではありますが、ここでNETSEA(ネッシー)よりも使える良い仕入れサイトがないか調査してみることにしました。どこで仕入れようか検討中の人は必見ですので、よく考慮して選んでいきましょう。

①スーパーデリバリー(SUPER DELIVERY)

アパレル系や雑貨を得意とし、メーカーや企業から仕入れが出来る人気仕入れサイトです。74万点を超える掲載商品の多さで、他で仕入れることが出来ないような商品に出会える確率も高いです。1点など小ロットから取引できるところもあるので、個人事業主としては嬉しい限りです。

月額利用料 2,100円と良心的な価格
画像もそのままネットショップで掲載できる

審査はありますし、月額利用料も必要ですが、かえってこれがライバル数を減らす要因となるのです。トライアル登録も出来ますので、ホームページを覗いてみましょう!

参考:スーパーデリバリー(SUPER DELIVERY)

②トップセラー

在庫リスクなし、梱包・出荷などの手間なしで人気のドロップシッピングサイトです。25万点以上の商品の中から選択するのですが、5商品までなら無料プランというものも用意されています。

・ドロップシッピングサイトとは、受注後、自分が商品を発送などをするのではなく、ドロップシッピングASPを運営している会社が保有している在庫を購入者に送るシステムのサイト
・セレクトコースや全商品コースなど様々なプランがあり、全商品コースの基本プランなら月額利用料1,980円
・自由な価格設定が可能

仕入れや在庫管理などはなく、梱包・出荷などの手間も一切なく、販売に集中して仕事が出来るのが魅力です。

参考:トップセラー

③イチオク(Web現金問屋)

・20代~30代女性のアパレルに特化
月額利用料無料
・1点仕入れ可能店や初回送料無料店が多数ある
新規5000ポイントプレゼントあり

アパレル系で考えている人は必須のサイトです。

参考:イチオク(Web現金問屋)

④R-DIRECT

月額利用料無料
・キッチンブランド・キッチン用品・生活家電・日用品・生活雑貨など雑貨に強い
1個から発送可能で在庫リスクなし

海外で開発したオリジナル商品やメーカー独占契約の商品も存在するので、このサイトでしか手に入らないものがあるのはとても魅力的です。

参考:R-DIRECT

⑤商材王.com

日本最大級の家具の卸売サイト
・ベッド・ソファ・ダイニング家具・キッチン収納・リビング家具・本棚・テーブル台など
・ページも画像もそろっていて簡単に商品登録が可能
・CSVがあるので、アップするだけですぐに販売可能
月額利用料は無料
無在庫販売可能

家具のような大型のものほど無在庫でないと困りますよね。家具でも簡単にショップが持てる!それを実現できるサイトです。

参考:商材王.com

⑥家具卸.com

月額利用料無料
無在庫販売可能
・楽天に10分で一括商品登録が可能
・ドロップシッピング対応仕入れサイト
・家具を1点から直送の卸売

こちらも商材王.comには負けていません。楽天形式のCSVデータで楽天でのショップ開業が超簡単です。

参考:家具卸.com

⑦未来問屋

月額利用料無料
・市場調査や新商品などに力を入れて商材の質にこだわる
・価格厳守や推奨価格提案により過剰な競争を防止している
・欠品案内や在庫パトロールで商品管理を徹底

トレンドの商品を仕入れ、売れない商品はすぐ排除し、売れる可能性の高い商材については告知してくれます。商品リサーチに慣れていない初心者ほど心強いパートナーとなってくれそうです。

参考:未来問屋

⑧ザッカネット

月額利用料無料
・旅行グッズや開運雑貨、食器、水着、モバイル用品にウェディングなど幅広い取り扱い
・お問い合わせからサプライヤーに商談も出来る

文具やアウトドア、ペット用品など多数ありますので、今まで欲しい商品がなかなか見つからなかった人には一度のぞいてほしいサイトになります。

参考:ザッカネット

⑨Pro Beauty

月額利用料無料
・理美容室など向け、プロフェッショナル専用の材料・仕入れサイト
・一般会員に販売できる商品は、ヘアケア用品・スタイリング剤など
・ポーラや資生堂やメロディアンなど大手メーカー商品もあり

サイト名のとおり、美理容室やヘアサロンのプロ向けのサイトです。しかし一般でも、限られた商品の扱いになりますが、会員登録は可能です。ヘアコスメ系で探している方は必見です。

参考:Pro Beauty

⑩阿里巴巴(中国)

中国の仕入れサイトでは、タオバオなども格安で人気がありますが、ここでは敢えて阿里巴巴(アリババ)を紹介したいと思います。

・タオバオや天猫に負けないほど格安商品が多い
・工場直営店が多く、商品のオリジナル化OEMも考慮できる

中国サイトを敬遠する人も多いですが、粗悪品や対応の悪いショップに当たることもあり得る代わり、良い商品を丁寧な対応で提供してくれるショップももちろんあります。中国サイトはやはり仕入れ値の安さが魅力ですから、上手く開拓したいところですね。

参考:阿里巴巴

誰でも登録できる仕入れサイトは評価できない

さあ、ネットショップ経営を始めよう!そう思い立った初心者は要注意です。まだ実績がなく、法人登録もしていない状態で仕入れサイトを探しても、結局簡単に登録できるところで落ち着いてしまうことが多いのです。早く開業したい!その気持ちだけで審査が緩いところを選んでしまうのですね。

しかし誰でも登録できる仕入れサイトは、デメリットが多いのです。その辺を理解しておきましょう。

【結論①】誰でも仕入れられるサイトの商品は価格競争に巻き込まれやすい

誰でも登録できる仕入れサイトは一見魅力的ですが、逆に言うと、それだけ取り扱っているショップが多くなります。もうすでにネットショップに多く出回っている商品で初心者が勝負するのは至難の業ですね。

これは仕入れる前に一度ネットでどのくらいの価格で販売されているのかAmazon・楽天・オークション・メルカリなどを覗いてみましょう。そうするだけで自分が勝負できる商品ではないことがすぐ理解できるでしょう。

それでも挑戦するなら、価格を下げて勝負するしかありません。このような調子で多数のショップが値下げをはじめ、価格競争に巻き込まれて失敗するケースが後を絶たないのです。価格競争になると売れても利益が出せませんので、価格競争に巻き込まれないような工夫が必要になってきます。

【結論②】誰でも仕入れられるサイトの商品は結局お得感がゼロ

誰でも登録できる仕入れサイトで商品を仕入れても、先ほどの価格競争の影響も強いのか、卸価格そのもので普通に販売しているショップも多く、利益につながりません。仕入れサイトは大量に買って「まとめ割引」として安くなることが多いのが現状です。商品が安く手に入ったのは卸価格だからではなく大量買いだからです。本当の卸価格に利益を乗せようものなら、高価格になって売れにくいのです。

さらに表示されている卸価格が本当のものだとは限りません。卸業者が「5万円の商品を卸価格2,000円で販売」と謳うと、かなり利益があるように聞こえますが、実際多数ネットショップで売られている価格を確認すると「1,980円で売られていた」なんてこともありえるのです。

卸価格をそのまま鵜呑みにするのではなく、まず市場ではどの価格で売られている商品なのかを必ず調査するようにしてください。

【結論③】卸売業者がライバルになるから苦しい戦いになる

卸業者は卸売だけをしていると思っているのは甘い考えです。仕入れサイトに卸しているかと思えば、Amazonや楽天などの大手ネットサイトで消費者向けのネットショップを運営していることも珍しくありません。

卸売業者は単なる仕入先ではなく、手ごわいライバルであることもあるのです。これはかなり苦しい戦いを強いられてしまいそうです。

【結論④】結局はオリジナリティーを大事にするべき

ただ安いものを仕入れて売るだけでは、このネットショップビジネスが幅広く注目されている現代では成功しにくいのが本音です。大手のメーカーに対抗して、小さな個人事業主のネットショップが出来ることといえば「オリジナリティーをつくる」ということです。

オリジナリティーがないショップだと、商品検索をした際、同じ商品を扱っているショップがたくさんあったとき、消費者の心を惹きつけることは難しいですね。もっと多くの商品を扱っているショップへ、またより安く手に入るネットショップへと流れてしまうのです。

オリジナリティーがあれば、他店との差別化を図れ、勝負することが出来るのです。

【結論⑤】仕入れサイトで大量買いの失敗が多い

ネットショップ経営などを始めたい初心者が陥る失敗に「大量買い」があります。きっと売れるはず!と意気込んで大量に仕入れたものの、なかなか売れずに不良在庫を抱えてしまっているという人が後を絶ちません。

多く買うほど安く手に入るのですが、売れなければ意味がありませんね。大量に仕入れたりするのは、実績を積んで慣れてきたころまで封印しておくことをおすすめします。

【結論⑥】リスクは最小限にするが、多少は覚悟するべき

仕入れなどの大量買いは在庫リスクなどが怖いです。ビジネスにリスクはつきものですが、リスクを最小限にしたいのは誰でも同じです。これも初心者に多いのですが、商品を1点に絞って運命をかけて失敗するケースがあります。逆にリスクが少ないことを売りにしているサイトも多いですが、これはこれでライバルも多くなるので飛びつくのはやめましょう。

リスクは最小限にとどめるように努力することは必要ですが、多少のリスクは覚悟しながら試行錯誤していくことで、売りたい商品や良い取引先を見つけることが出来るでしょう。

NETSEA(ネッシー)は商品リサーチに良い!とりあえず登録だけでもしよう

NETSEA(ネッシー)にはデメリットもありますが、無料登録な上に、商品数も最大級です。とりあえず登録しておいて、商品リサーチの参考にしてみましょう。NETSEA(ネッシー)以外でも使える仕入れサイトを10選ご紹介しましたが、気になるサイトはありましたか?

ドロップシッピングサイトや家具専門サイト、美容専門サイトなどサイトに特色もありました。どんなものが売れるのか、どんなものが売りたいのか、NETSEA(ネッシー)で調査しながら確立させ、自分に合う仕入れサイトを見つけていきましょう。





  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • Pocket
  • LINEで送る