物販

海外Amazonで「日本へ発送できない商品」を購入する方法を徹底解説!

この記事では、海外Amazonの商品を日本円で購入する方法や、「日本へ発送できない商品」を購入する方法について解説します。海外Amazonから商品を取り寄せようと思っても、本当に日本へ発送してくれるかどうかは分かりません。海外Amazonでは「日本へ発送できない商品」があるため、初めて個人輸入する方は不安になるでしょう。

しかし、当記事を読めば、そのような人でも海外Amazonで問題なく買い物ができるようになります。快適に海外Amazonを利用したい方は、是非最後までご覧ください。

海外Amazonから個人輸入するメリットとは?

現在、AmazonUSAでは世界各国のユーザーが利用しています。中でも、インド、イギリス、カナダ、中国などでは特に利用者数が多いです。

これらの国々にはもちろん現地のAmazonがあります。それにも関わらず、世界各国のユーザーがAmazonUSAを利用している理由は何なのでしょうか?主な理由は3つあります。

Amazonが多くの海外ユーザーに支持されている3つの理由

1つ目の理由は、安く国際配送してくれる商品が多いからです。AmazonUSAでは、3000万アイテムもの商品を低価格で配送してくれます。

2つ目の理由は、AmazonUSAのサイトが使いやすいからです。世界各国のAmazonサイトと似たような作りのため、英語が苦手な人でも簡単に利用することができます。

3つ目の理由は、商品の販売価格が他の国よりも安いからです。アメリカブランドの商品からノーブランドの商品まで、現地のAmazonで購入するよりも安く購入できます。

上記の3つの理由のうち、世界のユーザーにとって最も重要なポイントは、やはり「国際配送料金が安い点」です。Amazonの徹底された発送システムによって、海外ユーザーが多く利用しているのです。

AmazonUSAが取り扱う4500万点以上の商品を輸入できる

AmazonUSAでは、4500万点以上の商品を簡単に輸入することができます

「海外の商品が欲しくても購入方法が分からない…」といった人でも、日本のAmazonを利用している感覚で商品を取り寄せられるのです。

また、この手軽さを利用してビジネスを行っている人たちもいます。

海外Amazonで個人輸入した商品をフリマアプリなどで販売すれば、稼いでいくことも可能です。海外Amazonでしか売っていない商品は日本で高値で売れることも多いため、輸入販売を行っている人も多くいます。

「発送できない」と表記されている商品も購入可能

海外Amazonの商品ページで「発送できない」と表記されていると、心配になってしまう人もいるでしょう。しかし、購入完了までエラーになることなく進んでいけば、問題なく購入することができます。

海外Amazonの商品を日本円で購入する方法とは?

次に、海外Amazonの商品を日本円で購入する方法について解説します。Amazonのアプリを利用することで、AmazonUSAの商品を日本円で購入することができます。使い方は非常にシンプルなので、初めての人でも買い物しやすいです。

Amazonアプリを設定

まずは、Amazonショッピングアプリをインストールします。インストール後はアプリを起動し、「左上にある三本線のメニュー」⇒「設定」⇒「国と言語」と進んでいきます。

次に、自分が利用したい言語を選びます。どの言語を選択してもよいですが、日本人には馴染みの深い「English」を選んでおくのがベストでしょう。

AmazonUSAのアカウントで商品を購入する

日本のAmazonアカウントでは買い物できないため、AmazonUSAのアカウントが必要になります。AmazonUSAのアカウントを作成し、無事ログインできたらあとは普通に買い物するだけです。

AmazonUSAでは他の国のAmazonに比べて、格安で販売されている商品が多いです。欲しい商品が見つかったらカートに入れて手続きを進めていきましょう。

送料と税込みの価格は日本円で表示されているため、輸入をする際にとても助かります。また、画面右下にはレートも表示されているので、初めて買い物をする方でも安心です。

発送は「Amazon Global配送」というものになります。その中で「Standard」「Expedited」「Priority」の3つから選ぶことが可能です。「Standard」は2~3週間程度、「Expedited」が1~2週間程度、「Priority」が日付指定で5~6日程度で到着します。

この画像の場合は、8.77ドル~21.62ドルぐらいの間で表示されていますが、アメリカからの発送で21.62ドルであればリーズナブルと言えるでしょう。

今回紹介した画像はAmazonショッピングアプリのものですが、PC版(ブラウザ)でも同じように日本円表示できます。

オプションで日本発送対応商品を絞り込み

選んだ商品が、日本配送対応なのかどうかは「This item ship to ***** Japan」という文章を確認します。ページにこのフレーズが表記されていれば、日本配送に対応しているということです。

検索結果の左上にある「deliver to Japan」にチェック入れることで、日本配送に対応している商品だけが表示されるようになります。

海外Amazonで「日本へ発送できない商品」を購入する方法とは?

続いて、海外Amazonで「日本へ発送できない商品」を購入する方法を解説します。

日本へ発送できない商品には「This item does not ship to Japan.」の表記

冒頭でも触れましたが、海外Amazonには「日本へ発送できない商品」が存在します。


上記の画像では「This item does not ship to Japan.」(日本には発送できません)と表示されています。英語圏のAmazonでは、このメッセージが書かれていますね。

Amazon.es(スペインのAmazon)で購入しようとしても同様でした。

「Este producto no puede ser enviado a Japón.」
と書かれており、結局日本には発送できません。

しかし、ここで諦める必要はありません。なぜなら、通常通り購入手続きをすることで輸入できるからです。なので、まずは商品をカートに入れます。

Amazonの倉庫から発送される商品を選ぶ

「日本に発送できない」と書かれている商品の中で、実際に日本へ発送可能な商品は「Amazonの倉庫から発送される商品」です。

出品者の会社から直接発送される商品については、日本へ発送できません。発送元がAmazonなのかどうかを確認しておきましょう。

なお、一部の国のAmazonでは、Amazonの倉庫から発送される商品でも、日本へ直送できない商品があります。その場合は、住所を選択する段階で警告が表示されるのでチェックしておきましょう。

購入したい商品をすべてカートに入れ終えたら、購入手続きに進みます。

配送先住所を選択する

最初に配送先住所を選択します。他の国のAmazonアカウントで購入したことがある場合、その時の住所が選択肢が提示されます。その住所を選択すればOKです。

今回新しく住所を登録する場合は、英語で登録していきます。住所の記入例は以下の通りです。

・住所:(215-0021)神奈川県川崎市麻生区上麻生1-3-14

・登録住所:1-3-14 Kamiasao, Aso-ku, Kawasaki City, Kanagawa,JAPAN

イメージとしては以下のようになります。

配送方法を選択する

配送方法は、「Standard」と「Express」の2種類に分かれています。国によっては、上記に加えて「Priority」も選べます。

「Standard」は遅くなるように記載されていますが、意外と早めに到着することが多いです。

都合の良い配送方法を選んでいきましょう。

クレジットカード情報を選択する

続いて、支払い方法を選択します。海外Amazonでは、基本的にクレジットカードで決済します。

クレジットカードで使えるブランドは「VISA」「MasterCard」「AmericanExpress」などです。JCBでも支払い可能になりました。

注文を確認して確定する

最後に注文確認画面が表示されますので、確認しておきます。

ここで注意したいのが、円建てで支払うか外貨(ドルやユーロ)建てで支払うかを選ぶことです。ショップの日本円のレートは高いことが多いのです。なので、まずは外貨建てで支払い、その後クレジットカードのレートを使うのがお得な方法です。

商品価格の下にはレートが書表示されているので、気になる方は確認してみると良いでしょう。最後に「Pay in EUR」をクリックすれば、購入手続きは完了です。

海外Amazonの商品を日本へ発送できるか確認する方法

繰り返しになりますが、海外Amazonの商品はすべて日本へ発送できるわけではありません。中には発送できない商品もあるので、購入する際は確認が必要です。

ここでは、海外Amazonの商品を日本へ発送できるか確認する方法を詳しく解説します。

まずは「国設定」を確認する

まずは、画面右側の「Ship to:」が「Japan」になっているかを確認します。

もし「Japan」以外になっている場合は、表示されている国名をクリックした後「Choose your location」から「Japan」を選択しましょう。

すべての出品者をチェック

海外Amazonの商品は、1つの販売店だけが出品しているわけではありません。数多くの販売店が同じ商品を販売しています。もちろん、Amazon自体も販売しています。

また、海外発送の可否や送料についても販売店によって変わってきます。まずは、色んな販売店をチェックし、日本への送料が安い販売店を選ぶようにしましょう。

商品説明の下にリンクが表示されているので、そちらをクリックします。新品・中古を含め、合計34社がこの商品を販売していることが確認できます。

この時点では新品と中古が同時に表示されているので、左側の「Condition」欄にある「New(新品)」にチェックを入れましょう。

すると新品だけが表示されるようになります。この中から日本へ発送してくれる業者を探してみてください。

「Delivery」欄を確認する

次に「Delivery」欄を確認していきます。2段目の販売業者には色々と書いてあります。特に注目するべきは「AmazonGlobal Priority Shipping(アマゾン国際優先配送)」です。この表記がある場合、Amazonが低価格で発送してくれます。

選んだ業者から購入したい場合は、「Add to cart(カートに追加)」と書かれたボタンをクリックしましょう。

次に、「Proceed to checkout」をクリックすれば注文内容の確認の画面になります。

なお、購入する商品によっては以下のような追加保証プランも表示されます。必要ない場合は「No Thanks(不要です)」をクリックすれば問題ありません。

海外Amazonの商品が日本へ発送されるまでの期間

海外Amazonから商品を取り寄せる場合、到着するまでに時間がかかると思っている人は多いでしょう。しかし、配送方法によっては国内よりも早く到着することがあるのです。ここでは、海外Amazonの商品が日本へ発送されるまでの期間を解説します。

3つの発送プランから選ぶ

海外Amazonでは、3種類の発送プランが用意されています。

最も安いプランは1000円前後で利用できますが、その分到着までに3週間程度かかります。一方で、料金の高いプランはコストがかかりますが、その分最短で到着します。プランによって料金や到着までの日数が変わるということです。

また、海外Amazonの送料は商品によっても大きく変わります。商品の重量が重くなればなるほど送料も高くなるのが一般的です。

「日本に発送できない商品」が日本に到着するまでの期間

「日本に発送できない商品」が日本に到着するまでの期間を紹介します。

以下の図は、とあるユーザーがAmazon.es(スペインのAmazon)でHUAWEI P30 liteを購入したときにExpress Shippingを利用した際の到着に至るまでの流れです。

「日本に発送できない商品」を購入する場合は、上記の期間を参考にしてください。

まとめ

今回は、海外Amazonの商品を日本円で購入する方法や、「日本へ発送できない商品」を購入する方法について解説してきました。海外Amazonでは、日本よりもお得に購入できる商品が多いので、上手く利用していきましょう。

ただ、海外Amazonでは日本へ発送できない商品があったり、配送期間やプランなども異なります。利用する上で躓いたときは、当記事の内容を参考にしてみてください。