物販

並行輸入品とは?Amazon(アマゾン)で出品する方法と注意点、正規輸入品との違いなどを徹底解説!

Amazonのサイトを見ていると、「正規輸入品」と「並行輸入品」という言葉をよく見かけます。しかも「並行輸入品」は、必ず「正規輸入品」とは別のページに掲載されています。その理由をご存知でしょうか?

実は、同じ輸入品でも「正規輸入品」と「並行輸入品」では、大きく意味が異なります。そして、Amazonでも両者は完全に別扱いのうえ、厳しく線引きされています。

そこで今回は、「正規輸入品」と「並行輸入品」の違い、また、それぞれのメリットとデメリット、Amazonで出品登録する際の注意点などについて詳しく解説します。これからAmazonでせどりを行うなら絶対に知っておくべき大事なポイントなので、しっかりチェックしてください。

正規輸入品とは?

最初に「正規輸入品」について解説しましょう。

日本法人や正規代理店のみが扱う

海外から仕入れた商品は、すべて輸入品と言われます。しかし、そのルートをたどると、大きく二つに別れることがわかります。

もっともメジャーなものは、海外のメーカーが製造した商品をそのメーカーの日本法人か正規販売代理店が日本の消費者に販売するパターンで、これを「正規輸入品」といいます。

「正規」と名がつくだけあって、市場ではもっとも信頼のおける商品と考えて間違いありません。その証拠に正規輸入品は、メーカー指定の箱や紙袋で梱包され、日本語の説明書も付いています。

アフターフォローも万全

正規輸入品はメーカー本体がその品質を保証してくれます。破損するなどの使用上の問題が生じた場合に備えて、日本語対応のカスタマーセンターに問い合わせができる体制を整えています。保証期間であれば無料で修理してもらえたり、場合によっては返品交換にも対応してくれます。

保証体制がしっかりしていてこそ、メーカーに対するユーザーの信頼度が増します。一流メーカーほどこの点をよくわきまえているため、そのブランドのファンやヘビーユーザーのなかには、「絶対に正規輸入品しか買わない」という人が多いのです。

正規輸入品にはデメリットも存在する

正規輸入品はいい事ばかりのように思えるかもしれませんが、デメリットも存在します。それは価格が高いことです。

名の通ったハイブランドほど、正規輸入品のほうが価格が高く、しかも値引きしないという特徴があります。ブランド価値を決めるのは、第一に品質ですが、価格の高さも重要です。

そもそもどのようなブランド品であっても、いいものを作ろうと思えばそれなりのコストはかかります。よってそれを販売価格に反映させなければ商売として成り立ちません。また逆に、高価格帯を維持するために、メーカーも品質保持や接客、アフターケアに万全を尽くすので、ブランド価値が高まるといえるでしょう。よって、簡単に安売りすると高品質をうたうブランドの価値が崩れるリスクがあるので、正規輸入品はバーゲンでたたき売りされることはほぼありません。

さらに、高価格だからこそ自尊心や所有欲が満たされる面があるのも否めません。いつでも安売りされるようであれば、上客から見向きされなくなり、ブランドとしての存在感が薄まるのも事実なのです。

並行輸入品とは?

続いては、「並行輸入品」について解説しましょう。

第三者の手によって輸入される

並行輸入品は、正規輸入品のように日本法人や正規代理店を経由せず、いったん海外の小売店などから第三者が購入して輸入した商品のことを指します。そしてユーザーに販売される場所も、ブランドの看板が掲げてある百貨店や繁華街の目抜き通りにあるブランドショップではなく、ディスカウントショップや雑貨店などさまざまです。

アフターフォローは期待できない

並行輸入品は、いったんメーカーの手から離れるので、その時点でメーカー保証はなくなると考えて間違いありません。よって、正規輸入品のように万全なアフターフォローは期待できません。ものによっては販売点が保証してくれることもありますが、100%とは言いきれません。

並行輸入品は安い

アフターフォロー体制が万全でないのはデメリットですが、その代わり並行輸入品は正規輸入品に比べると価格が安いのが特徴です。もちろんすべてではありませんが、安いものなら正規輸入品の半額やそれ以下というケースも珍しくありません。

よって、「持てばどちらでも同じ」という感覚のユーザーであれば、必ずしも正規輸入品にこだわらず、安さ重視で並行輸入品を買い求めるケースも少なくありません。

国内未入荷品に出会えるチャンスも

並行輸入品には、正規代理店では販売されていない国内未入荷品が手に入るというメリットもあります。メーカーによって経営戦略はまちまちです。日本のマーケットを重視している場合は、日本限定品がプロデュースされることもあります。しかし、そこまで重視されていない場合は、逆に海外では販売されていても国内市場には流れてこない、というレア品もあるのです。

これを逆手にとって、あえて未入荷品を並行輸入する業者も存在します。

Amazonでありがちな並行輸入品をめぐるトラブル

並行輸入品のデメリットは、アフターケアが受けられないだけではありません。それ以外にも大きなデメリットがあり、そのせいでAmazonでもトラブルに発展するケースが後を絶ちません。

そこで続いては、並行輸入品のデメリットとトラブルの内容、およびその回避法について紹介しましょう。

偽物やコピー商品がある

残念ながら並行輸入品には偽物やコピー商品が紛れていることが珍しくありません。とくにAmazonなどのECサイトの場合、実際に商品を手に取ることができず、画像と商品説明だけが判断材料となるため、偽物をつかまされるリスクがあるのです。とりわけ中国経由のブランド品は疑ってかかるに越したことはないでしょう。

たとえ日本のセラーであっても偽物と知らずに輸入している場合もあるので、安いからといって安易に飛びつくのは危険です。どうしても本物が欲しい場合は、正規輸入品を購入すべきです。

Amazonには90日保証がある

並行輸入品が偽物かどうかを画像と商品説明だけで判断するのは至難の業です。それよりも有効な判断基準はセラーを見ることです。信頼できる優れたセラーは、まず納期が完璧です。

しかし、不誠実なセラーに当たってしまうと、いつまでたっても「発送準備中」というステータスが変わらず、問い合わせても納得のいく回答が得られないこともあります。

このような場合はAmazonの90日保証の活用を視野に入れましょう。これは、セラーに対して遅延等に関する問い合わせをしていることを前提に、それでも解決しない場合に、Amazonが仲介のうえ、返金処理等をしてくれるサービスです。「お届け予定日の最終日から90日以内」なら申請可能です。

個人情報を盗まれることも

Amazonでは、個人情報の取得目的で偽物の並行輸入品を販売するセラーもいます。Amazonで購入する場合、どうしても名前や住所などの個人情報を伝えることになります。しかし、悪徳業者の中には商品を販売することではなく、個人情報を盗み取ることが本当の目的というケースもあるので要注意です。

この手の業者を見抜くのも難しいですが、対策としては、セラーの評判やレビューを事前にチェックするのがおすすめです。ブランド品を購入する場合だと被害が大きくなる可能性がありますので、少しでも否定的な内容が記載されているときは手を出さない方が無難でしょう。

偽物の見分け方は?

並行輸入品が偽物かどうかを見分けるには「出品者を見る」と良いと述べましたが、それに加えてヤフオク!やeBayなどでその出品者を探してみるのもおすすめです。そこにマイナス評価があるようなら要注意です。しかも「偽物」や「詐欺」といったワードが一つでも見つかったら、その出品者からは絶対に買わないことです。

Amazonで並行輸入品を出品する際の注意点

Amazonのせどりで並行輸入品を出品する場合は、いくつかの注意点があります。

並行輸入品と正規輸入品は出品ページが異なる

Amazonでは、並行輸入品と正規輸入品は完全に別物として扱わます。この線引きは非常に厳しく、もちろん正規輸入品の方が上級の扱いです。後述しますが、並行輸入品は正規輸入品とは別の商品詳細ページ(ASIN)に[並行輸入品]と明示のうえ掲載されますし、そのための登録方法も正規輸入品とは異なります。

もし並行輸入品を仕入れたら?

せどらーとしては、並行輸入品と気付かずに仕入れてしまうこともあるかもしれません。並行輸入品といっても、必ずしも偽物とは限りませんし、販売することが違法なわけでもありません。しかし、偽物を売ってしまった場合は話が別です。Amazonからのペナルティが大きいので、できれば避けたいところです。

一つの対処法としては、並行輸入品かどうかが明確でない商品は別のプラットフォームで販売するという手があります。具体的には、メルカリやラクマといったフリマアプリやYahoo!ショッピングなどです。Amazonと比べて手数料が安い点もメリットです。ただし、この方法が絶対にトラブルを生まないとは言いきれませんので注意が必要です。

並行輸入品のなかにはAmazonで販売できない商品もある

Amazonでは、正規輸入品なら出品できても並行輸入品だと販売できないカテゴリーやブランドがあるので注意しましょう。ビューティーやファッション小物、時計など、せどりで扱う可能性が高いものが多く含まれているので、以下のページの「一部カテゴリーにおける並行輸入品の出品制限」の項目をよくチェックしてください。

参考:並行輸入品 – Amazonセラーセントラル

もし並行輸入品を「正規輸入品」として出品した場合

もしAmazonで並行輸入品を正規輸入品として出品した場合は、厳しい処置がくだされる可能性があります。この場合、まずAmazonの真贋調査の対象となり、本物であることを証明するよう要求されます。

そしてこの出品行為が故意だと判断されれれば、商品の削除はもちろんAmazonアカウントの停止に追い込まれることもあります。

Amazonでは数あるペナルティの中でもユーザーへの裏切り行為に対するものが最も厳しくなっているので、少々の言い訳ではまず相手にされません。くれぐれも気をつけましょう。

並行輸入品の出品登録法

Amazonで並行輸入品を出品するには、専用の登録方法があります。規定通りの登録をすると、専用の商品詳細ページ(ASIN)に[並行輸入品]と明示のうえ出品されます。

ちなみに、すでに同じアイテムで並行輸入品の商品詳細ページ(ASIN)が存在する場合は、そこに登録すればOKです。

並行輸入品登録法

並行輸入品を出品する際には、Amazonセラーセントラルから登録することになりますが、具体的には「カテゴリー別在庫ファイル」を使う場合と「商品登録画面」を使う方法があります。

カテゴリー別在庫ファイルの場合は、「distribution_designation」に、「JP Parallel Import」と商品のJAN/UPCコードを入力します。ただし、バリエーション商品がある場合は、親商品・子商品の両方に入力してください。

商品登録画面を使う場合は、重要情報タブか詳細タブにある「販売形態(並行輸入品)」に「JP Parallel Import」と商品のJAN/UPCコードを入力します。もし詳細タブが表示されなければ、詳細表示をクリックしてください。

これで商品名には自動的に[並行輸入品]と明示のうえ、通常の商品とは別の商品詳細ページ(ASIN)が作成されます。

商品の仕様・説明

さらに並行輸入品登録の際、さらに商品説明欄には、商品そのものに関する事柄のみを記入します。セラー独自で行う保証などについては、コンディション説明に記載してください。

また並行輸入品の出品に際しても、家庭用品品質表示法や電気用品安全法などすべての法令を遵守する必要があります。

なお、並行輸入品を、正規(通常)品の価格を参考までに表示して販売する行為は禁止です。ただし、ファッションカテゴリー(服&ファッション、ジュエリー&バッグなど)は、例外で認められるケースもありますので、以下の「Amazonセラーセントラル」のリンクを参照してください。

参考:家庭用品品質表示法 – 消費者庁

参考:電気用品安全法 – 経済産業省

参考:在庫ファイル、商品登録規約、ブラウズツリーガイド – Amazonセラーセントラル

まとめ

並行輸入品と正規輸入品の違いや、Amazonで出品する際の注意事項について詳しく解説しました。

せどり初心者だと、並行輸入品と正規輸入品の何が違うのか知らなかった、という方が多いかもしれません。しかし、Amazonで出品する際は、きちんと使い分けないと大変なペナルティーにつながる恐れがあります。並行輸入品は安いのが魅力ですが、偽造品も多く出回っています。知らずに仕入れて販売した場合でも犯罪となるので注意が必要です。

ただ、並行輸入品だからこそ通常なら入手できないようなレアな商品が買えることもあります。そのため、記事内で紹介した注意事項を十分に理解したうえで上手く活用してください。

ところで、ビジネスで成功するためには独学よりも体系化された教材やサービスを活用して学ぶ方が結果が早く出ます。

ここではアクシグ編集部が予め登録した上で責任者に直接取材をし、有用性を確認した教材やサービスのみを厳選してご紹介します。無料ですのでお気軽にご登録またはご相談ください。

【無料レポート】中国輸入ビジネス成功の秘訣

安定して稼げる物販、副業として話題の中国輸入ビジネス。 「中国の卸サイト」で仕入れて、「アマゾン」「メルカリ」「ヤフオク」で売る、誰でもできる分かりやすい物販ビジネスです。

数万円の仕入れからスタートできる! 完全在宅でもOKだから、自分のペースでできる! 中国語不要、安く仕入れて検品・納品までしてくれる仕組みも紹介!

  • 数万円の仕入れからスタートできる!
  • 完全在宅でもOKだから、自分のペースでできる!
  • 中国語不要、安く仕入れて検品・納品までしてくれる仕組みも紹介!

行動力とやる気があればOK! サラリーマン、派遣社員、公務員、シングルマザー、自営業、フリーターなどあらゆる環境の方がどんどん成功しています。

この無料メール講座執筆者も、元は時給800円フリーターでしたが、 1年後には年収1,000万円、2年後には年収2,040万円を実現しました。

あなたも、中国輸入ビジネスで年収1,000万円を達成してみませんか?

【漫画で分かる】無在庫輸入物販ビジネス

アメリカやヨーロッパの商品を日本の「Amazon」などで 受注をしてから仕入れる無在庫方式の販売方法を解説しています。

  • まとまった資金がなくてもスタート可能!
  • 取り寄せ式なので大量の在庫を抱えなくて良い!
  • ネットで完結なので自宅でできる!

1つの商品の販売で1万円以上の利益を得ることもでき、 効率良く手元の資金が増やすことができます。

あなたもぜひ無在庫欧米輸入ビジネスで、 堅実な収入の柱を一緒に作りませんか?

【無料相談】Biz English

ビジネス英語は3ヶ月でマスターできます!

インターネットの買い物に慣れてくると、アメリカのアマゾンやeBayで購入したり出品したりしたくなるでしょう。英語ができなくてもGoogle翻訳やDeepLなどのツールを使えば始めるのは簡単です。

ところがクレームや返金などが発生すると機械翻訳では上手く交渉できません。金額が大きくなりビジネスレベルになるとなおさらリスクが高くなります。

ビズイングリッシュはビジネス英語専門の英会話スクールです。受講生は全くのゼロから英語でアカウントを復活させたり、海外の展示会で交渉に成功したりと幅広く活躍をしています!

今すぐビジネスレベルの英語力を身につけましょう!