物販

PayPal・楽天Payなどのスマホ決済サービスについて詳しく解説

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • Pocket
  • LINEで送る

この記事では、スマホ決済サービスについて詳しく解説していきます。最近では日本でも浸透してきたスマホ決済サービスですが、中国や韓国に比べるとまだまだ深いところまでは知られていません。ようやく日本にもやってきたキャッシュレス時代に乗り遅れないよう、当記事の内容を是非参考にしてみてください。

キャッシュレス決済アプリには2つの種類がある

まず、スマホ決済サービスの種類について解説します。スマホ決済サービスには、大きく分けて2つの種類があります。

1.QRコード決済

スマホの画面上にQRコードやバーコードを表示させ、レジで読みとる方式のタイプです。スマホ決済サービスに対応しているスマホであれば、どの機種でも利用できることが最大のメリットです。

店舗側は、専用端末を準備しなくても導入できるため、コストを軽減できます。既に海外では主流になっていますが、日本でも東京オリンピックに向けて導入する店舗がさらに増えていくでしょう。

2.非接触型決済

店舗に設置されている専用端末にスマホをかざすことで決済できるタイプです。この方法で決済するためには、「FeliCa」を搭載したスマホが必要になります。

非接触型決済アプリはスマホによって対応しているものが異なります。Androidの場合は「おサイフケータイ」「Google Pay」です。iPhoneの場合は「Apple Pay」となります。

有名なスマホ決済サービス一覧

次に、有名なスマホ決済サービスの特徴や使い方を詳しく解説します。

1.LINE Pay

LINE Payは、加盟店での買い物や、LINEの友達同士での送金に利用することができます。友達同士で割り勘をするときに使える「割り勘機能」も搭載されています。コンビニ、もしくはアプリに銀行口座を紐づけることでチャージすることが可能です。

また、LINE Payは国際的なセキュリティ認証を受けているサービスでもあります。個人情報流出を心配することなく安心して利用できます。

2.メルペイ

フリマアプリの「メルカリ」と連携している決済アプリです。メルカリでの売上金がそのまま買い物に使えるので便利です。売上金がない場合は銀行口座から手数料なしでチャージできます。「コード払い」と「iD」に対応しているので、多くの店舗で利用できるのが魅力です。

3.PayPay

PayPayは、「PayPay株式会社」が運営するスマホ決済サービスです。リリースされて間もないサービスですが、スマホ決済の中で1番の知名度を誇ります。事前にアプリと銀行口座を紐づけ、その銀行口座から残高をチャージするプリペイド式で支払いができます。

また、個人間での送金に活用することも可能です。お互いのQRコードを使って送金に利用すれば、困ったときに助け合うことができます。

4. Apple Pay

Apple Payは、「Apple」が運営するスマホ決済サービスです。クレジットカードとアプリを紐づけて利用するため、スマホ決済での利用料はクレジットカード利用料と同時に請求されます。

Apple PayはICで決済するため、QRコードでは決済できない交通系や、iDの表示がある店舗でも利用できます。iPhoneに最初からインストールされている「Wallet」に情報を登録することで利用ができるようになります。

5.d払い

d払いは、買い物での支払いを月々のスマホ料金と合算して支払える決済サービスです。スマホ料金との合算はドコモユーザー限定ですが、「dアカウント」に登録することでd払いを利用することができます。

d払いはdポイントカードと同じように支払金額に応じてポイントを貯められます。ドコモを利用している方は一括でポイントを貯められますのでd払いがオススメです。

既にドコモに登録している支払い情報を使うため、口座情報やクレジットカードを登録する必要はありません。

6.Google Pay

Google Payは、Googleが提供しているスマホ決済サービスです。Androidユーザーがスマホ決済したい場合はこのGoogle Payがおすすめです。

Google PayはICタイプのスマホ決済サービスで、各種電子マネーに対応しています。クレジットカードに紐づけることで利用可能となり、オンライン上での決済にも対応しています。

7.PayPal

PayPalは、スマホひとつで買い物や送金ができるウォレットサービスです。クレジットカードや銀行口座を登録することで、オンラインショッピングができるようになります。他にも、友人や家族、ビジネスでの金銭取引ができることが特徴です。

8.Origami Pay

Origami Payは、2016年からサービスをスタートしたスマホ決済サービスです。セキュリティ面も万全なので安心して利用できます。セキュリティ面が不安でスマホ決済サービスの利用をためらっている人にはオススメのサービスです。

楽天Payについて詳しく解説

次に、先ほどは紹介しなかった楽天Payのついて詳しく解説していきます。楽天Payも利用者が拡大している便利なスマホ決済サービスです。

楽天Payを利用するには、まずクレジットカードを登録する必要があります。既に楽天の会員情報に複数のクレジットカードを登録している場合は、楽天Payで利用するカードを選べます。

楽天Payでは、楽天ポイントでの支払いも可能です。期間限定ポイントも対象なので、小口の限定ポイントを無駄にすることなく消化できます。

楽天Payで利用可能なポイント数は、最大5,000ポイントです。

楽天Payを店舗で利用する場合は、「QRペイ」もしくは「セルフペイ」を選択して支払います。QRペイは、お店の端末に表示されるQRコードを、自分のスマホで読み込むことで支払います。

一方で、セルフペイは以下の流れで支払います。

支払うお店を選択

→金額を入力

→決済画面でスライド

→支払後に店員に完了画面を見せる

楽天Payでは、常時一定の楽天ポイントを支払える「楽天カード ポイントPay」というサービスもあります。「楽天e-NAVI」で事前設定が済んでおり、会計の際に楽天カードを使用した場合が対象です。

なお、楽天Payでクレジットカード払いをした場合、楽天ポイントの上乗せはありません

楽天Payが使える店

楽天Payが使える店は以下のリンク先よりご確認ください。

参考:スマホ決済が使えるお店 – 楽天ペイアプリ

現在は楽天Payのアプリだけで楽天ポイントも提示することができます。アプリを切り替えずに支払いと共通ポイント獲得が可能となりました。アプリ右上の「ポイントカード」をタップすれば、楽天ポイントカードのバーコードが発行されます。

これによって楽天Payでの支払い、楽天ポイントカード提示の流れがスムーズになりました。

楽天Payのメリット

次に、楽天Payのメリットを解説していきます。楽天Payのメリットとしては以下の通りです。

【クレジットカードのポイントとは別に0.5%の楽天ポイントが付与される】

楽天Payを利用すると、クレカのポイント等とは別に0.5%の楽天ポイントが得られます。利用したから2~3日程度で付与されます。

また、楽天ポイントカード加盟店では、楽天ポイントを使って買い物もできます。加盟店では期間限定ポイントを消化できるので利用価値が高いです。

【楽天ポイントで投資信託を買うことができる】

貯めた楽天ポイントで投資信託を購入することも可能です。2018年10月27日からサービスが開始されました。ポイントの使い道が分からないという方は、投資信託を買ってみると良いでしょう。

【ローソン・ファミリーマートで期間限定ポイントを消化できる】

ローソンやファミリーマートでは期間限定ポイントを消化できます。

店舗数が多いローソンやファミマで、少額のポイントを手軽に使えるのは絶大なメリットがあります。コード表示で 「すべてのポイント/キャッシュを使う」にチェックを入れて決済すると、全てのポイントを利用できます。

「設定」→「一部使う」を選択するとポイント数を入力できます。期間限定ポイントのみ利用したい場合は「一部使う」を選びましょう。

【煩わしい小銭・紙幣の管理が不要】

楽天Payを利用すれば、小銭・紙幣の管理が不要になります。現金で支払いをしているとわざわざ小銭を取り出さないといけませんし、定期的にATMまで行って出金しなければいけません。しかし、楽天Payではそういった手間を省けるというメリットがあります。

【スマホの紛失・盗難・故障・機種変更時の手続きが簡単にできる】

スマホが盗難・紛失した場合、楽天会員IDのパスワードを変更するだけで楽天Payの利用を停止できます。機種変更した場合は、新しいスマホへ楽天Payをインストールし、楽天会員IDでログインすればOKです。どちらにしても面倒な手続きが不要な仕組みになっています。

楽天Payのデメリット

次に、楽天Payのデメリットを解説していきます。楽天Payのデメリットとしては以下の通りです。

【通信料金が発生する】

楽天Payを利用する場合は、ネットにアクセスできる通信圏内にないといけません。そのため、通信量に応じたパケット通信料金が発生してしまいます。

【セルフペイで店や金額を間違えると面倒】

セルフペイで店や金額を間違えるとやや面倒です。

お店を間違えた場合、楽天Payのカスタマーデスクまで連絡する必要があります。連絡する際の通信料は自己負担です。選ぶ店を間違わないように注意しましょう。

支払い金額を間違えた場合、改めて金額を入力し直さないといけません。また、既に支払いが完了している場合は、店員に楽天Payでの支払いを取り消すように伝える必要があります。店員に迷惑をかけるので、間違わないようにしましょう。

【利用金額に上限がある】

楽天Payの上限金額は10万円です。よって、それ以上高い金額の商品は購入できません。高価な商品を購入する場合は、他の決済方法を選びましょう。

【加盟店が少ない】

楽天Payは現時点で加盟店が少ない状況です。加盟店が利用可能であることを分かりやすく提示してくれていれば助かりますが、そうではない場合は都度対応店舗を把握する必要があります。

サークルKサンクス、大丸・松坂屋、出光など、楽天ポイントカード加盟店で楽天ペイも使えるという店舗は分かりやすいでしょう。

なお、コンビニの場合は1日あたりの利用金額の上限は20,000円なので注意が必要です。

【ポイント払いでキャンセルした場合、返還に時間がかかる】

楽天ポイントで支払った後にキャンセルした場合、ポイントは自分の口座に変換されます。取引当日にキャンセルした場合は当日に返還されますが、翌日以降にキャンセルした場合は、変換に時間がかかります。

店舗側はどのスマホ決済を導入するべきなのか?

続いて、店舗側がスマホ決済サービスを導入する場合にどれがオススメなのか?ということについて解説します。

決済手数料が気なる場合

決済手数料が気なる方にオススメなのは、PayPayかLINE Payです。LINE Payでは3年間決済手数料が無料だからです。

PayPayも同様に3年間の決済手数料は0円です。ただし、それぞれに無料の条件がありますので注意が必要です。

中国人観光客にアピールしたい場合

「中国人観光客に対応したい」という方にオススメなのは、Origami PayかPayPayです。中国で良く利用されているAlipayに対応しているためです。

今後もキャッシュレス導入の動きはさらに進んでいくので、今のうちに導入しておいた方が良いでしょう。また、中国人向けに特化したい場合は「StarPay」のようにAlipayだけでなく、WeChat Payにまとめて対応できる決済サービスを選ぶのも1つの手です。

共通ポイントで集客したい場合

共通ポイントで集客したい方にオススメなのは楽天Payです。楽天Payに楽天カードを登録しておくと、還元率が1%になるからです。楽天ポイントを貯めているお客様に、「楽天ポイントが貯まる・使える店」としてアピールできます。

クーポンなどで集客したい場合

クーポンなどで集客したい方におすすめなのはOrigami Payです。Origami Payはクーポンの配信が豊富ですし、頻繁にキャンペーンが行われているからです。

例えば、期間限定で10%OFFになるクーポンや、特定の店舗で常時2%OFFになるキャンペーンがあります。こうしたキャンペーンはお客さんが自身の店を選ぶ理由になりますので、リピーターを獲得したい場合は特にオススメです。

複数のサービスを利用しても良い

スマホ決済サービスは様々ありますが、1つだけしか導入できないわけではありません。例えば、LINE PayとOrigami Payを両方導入することもできます。そうすれば、様々なユーザー層に対応できるようになり、利便性向上につながります。

「まとめて導入」と「1つずつ加盟店契約」の違い

QRコード決済を1種類だけ自分の店においている場合、実際はあまり利用されることはありません。PayPayを設置していたとしても、お客様がLINE Payユーザーなら利用できないからです。

一方で、沢山のQRコード決済サービスに対応した場合は、お客様にとって利便性が高まります。お客様がどのQRコード決済を利用していようと、専用機で読み取るだけで決済が完了するからです。今後もますますキャッシュレス決済は広がっていくので、できるならまとめて導入しておいた方が便利です。

まとめ

今回は、スマホ決済サービスについて詳しく解説してきました。今後スマホ決済サービスを導入したい方、自分が買い物をするときに利用したい方は、是非今回の内容を参考にしてみてください。

無料講座|アクシグ式 最新情報
資金ゼロでネット物販を成功させる全手法


物販ビジネスで稼ぎたいけど、どうやって始めたらいいかわからない、売上が思うように伸びないなど悩んでいませんか?

本講座では世界最新の成功事例を実績をあげた成功者の経験をもとに、

  • 無在庫ネットショップ たった3ヶ月、1商品で 7214万9493円稼いだ方法
  • Amazonとネットショップで毎日39万円稼ぐ方法
  • 毎週19万3588円をInstagramから無料で集客して販売する方法
  • 無料でInstagramのインフルエンサーに商品を宣伝してもらう方法
  • 無在庫ストアで月商1億を超えた方法
  • 店舗せどりで1日1万円稼ぐ方法
  • アマゾンの在庫1パレットを僅か1000円で入手する方法
  • 無在庫ネットショップで儲かる商品を見つける海外の最新リサーチ法
などアクシグ代表の吉田が、日本ではまだ知られていない秘密の情報をお届けします。

あなたのビジネスを成功させるために、今すぐ限定情報を入手してください。




  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • Pocket
  • LINEで送る