物販

大型の撮影ボックスを自作する方法。面倒な人におすすめのキットも紹介

このページでは、「大型撮影ボックスの自作方法」の解説や、自作したくない人にオススメの撮影ボックスを紹介していきます。撮影ボックスを購入しようか、それとも自作してみようか迷っている方へ向けた記事です。

当記事をご覧いただくことで、自分が納得のいく撮影ボックスを手に入れることができます。また、ネットショップやオークションに掲載する商品画像をハイクオリティにすることが可能です。自作した撮影ボックスでも商品を綺麗に撮影することができますので、写真のクオリティを高めたい方は是非最後までご覧ください。

撮影ボックスで撮れる写真のクオリティ

まず、自作した撮影ボックスで撮った写真が、どの程度のクオリティになるのかを比較していきます。撮影機材はiPhone XSで、すべて標準のカメラアプリで同一の加工をおこなっています。

1.フローリングの床で撮影した写真

2.本棚の空きスペースで撮影した写真

3.自作の撮影ボックスで撮影した写真

自作撮影ボックスで撮れる被写体

自作した撮影ボックスで撮れる被写体は以下の通りです。

・アクセサリー
・時計
・高級品

このような商品を綺麗に撮影することができるため、少しでも高く売るために効果的です。

逆に、自作した撮影ボックスで取れない被写体は以下の通りです。

・ガンプラ
・ドール
・ピアス
・ネックレス
・料理
・食品
・ボトルキャップ
・スニーカー

自作撮影ボックスを作成する際に準備するもの

次に、撮影ボックスを自作する方法について解説していきます。撮影ボックスを自作するためには、まず必要なものを準備しなければいけません。必要なものは以下の通りです。

・450×840×厚さ5mmのカラーボード×3
・カッター
・透明の5cm幅くらいあるテープ
・白い布
・コンパスやカッター(穴をあける道具)

カラーボードは100均で購入すれば合計330円で済みます。

カラーボードを撮影ボックスの大きさに切る

準備が整ったら作業に取り掛かります。用意したカラーボードを全て半分に切っていきましょう。床が傷ついてしまわないよう下に粘土板など敷いて切ることをおすすめします。カラーボードを全て半分に切ると450×420の箱になります。

半分に切ったボードをつなげていく

次に、半分に切ったボードをテープでつなげていきます。サイコロを作るようなイメージです。テープでつなげていく際は、あとあとの収納のことも考慮して内側に閉じれる状態でテープをするようにしましょう。内側に閉じれる状態でテープをしておかないと、使用後に折りたたんで収納できずスペースを余分に取ってしまうからです。

画像の赤線の箇所は内側に閉じ、青線の箇所は裏側に閉じるようにします。若干隙間ができることもありますが、そこまで撮影に影響が出ることではないので問題ありません。

ボックスの形に組み立てる

続いてボードを組み立てていくと箱の形になりました。全面を開けて使用することがほとんどですが、時々全て閉めた状態で上から取りたい場合も出てくるでしょう。そういったときのために、その両方で対応できるよう作成する必要があります。

以下の画像は、前面のボードを内側に閉じている状態です。

上からレンズだけ覗ける穴を開ける

そして、上面ボードはレンズの大きさをはかって同じ程度のサイズに切りぬきます。上からレンズだけが覗けるようにするためです。100均に売っているコンパスカッターなどがあると楽に作業できます。

背景用に白い布をつける

最後に、綺麗な白バックにするために白い布を用意します。背景面ボードの上部から白い布を貼り付け、下面まで敷けるほどのサイズでカットしましょう。作業としてはこれで終了です。

この撮影ボックスは強度がそれほど強くないので、実際に使用する際はどうしてもグラついてしまいます。撮影中は上部と左右のボードを固定するようにテープでとめておくと安定します。

これで自作撮影ボックスの完成です。

撮影後にテープを取り外し、ボードを閉じればコンパクトに収納することができます。

自作撮影ボックスの主なメリットとは?

続いて、自作撮影ボックスの主なメリットについて紹介していきます。まず、最大のメリットとしては明るさや撮影する範囲をかなり細かく調整できる点です。

上記の画像は、全面が開いている状態で撮影したものです。

悪くはありませんが、前面の文字あたりが暗いのと上部に映り込みがあります。

前面のトレーシングペーパーを降ろし、あらかじめ作っておいた窓から撮影してみます。

すると、前面も明るくなり映り込みが少なくなりました。このように明るさや撮影範囲を手軽に細かく調整できるのが自作の利点です。

自由自在にライティングができる

他にも、自作撮影ボックスでは自由自在にライティングができます。

ボードを上下左右に4枚設置し、背面をトレーシングペーパーにします。後ろからライティングすると、フィギュアがシルエットのように影できます!

さらにストロボにカラーフィルターを重ねてみると以下の画像のようになります。

人物撮影のような商品撮影ライティングができる

プラ材2本で支柱を作り、上下と背景、右をプラ板にします。

次に左面をトレーシングペーパーで覆います。

この状態でストロボを使うと人物撮影のような商品撮影ライティングも可能です。

左面と背面の2面をトレペで撮影してみた

プラ材4本で支柱を作り、背面と左面をトレペにします。

ストロボが2灯あれば上記のようなライティングもできる便利な撮影ブースに早変わりです。

自作なので、縦位置で撮影したい時は上記のように囲ってあげることもできます。

さらに、真下に透明のプラ板を重ねることで反射させることもできます。

上記の写真は透明のプラ板なしの状態。見比べてみると違いがあるので、化粧品やジュエリーなどの洗練された写真を撮影したい時におすすめです。

撮影ボックス以外に必要な小道具

撮影ボックス以外に必要な道具としては、まずは「カメラ」です。

最近はスマートフォンのカメラ機能も上がって綺麗に撮ることはできますが、本格的な写真を撮りたいのならカメラは準備しておきましょう。

コンパクトデジタルカメラやミラーレス一眼カメラ、一眼レフカメラなどがおすすめです。小物の接写を撮りたい場合はマクロ機能があるカメラを準備すると良いでしょう。

アップで撮った写真が綺麗であれば、他の写真と差別化することができます。どうしても写真が暗くなってしまう場合は、ソフトで写真の明るさや彩度などを微調整することが可能です。

撮影台に合わせて高さを調整できる三脚

カメラ以外に必要なものは、高さ調整ができる三脚です。最近はスマホを固定できる三脚やコンパクトな三脚が多数販売されています。被写体や撮影ボックスに合った三脚を選ぶようにしましょう。安さやサイズだけで選んでしまうと、カメラによっては重量に耐えられない可能性があるので注意が必要です。

撮影ボックスで使用するライトはどうするべきか?

では、撮影ボックスで使用するライトはどうすれば良いのでしょうか?

アームライトがあれば便利

自宅で撮影を行う場合は、照明機材としてアームライトがあれば便利です。アームライトは、光源を最適な場所に移動することができます。

ライトにこだわる人は電球型蛍光灯がおすすめ

ライトにこだわる人は電球型蛍光灯がおすすめです。LED電球は演色性に乏しく、写真撮影には向いていないからです。高演色性のLED電球も発売されていますが、まだまだワット数が低すぎるという問題があります。なので、ライトに拘る人は、光量が充分あって使えそうな蛍光灯電球を試してみると良いでしょう。

自作したくない人におすすめの撮影ボックス3選

ここでは、撮影ボックスを自作したくない人に向けて市販の撮影ボックスを3つ紹介していきます。

1.FOSITAN 写真撮影キット(40x40x40cm)

低価格帯の撮影ボックスです。

40x40x40cm撮影ブース
4色背景布(黒・白・青・赤)
3つのカラーフィルター(ホワイト・オレンジ・ブルー)
リングLEDライトx2
三脚×3
スマホホルダー

上記の道具がセットになっていて、すぐにきれいな写真を撮ることができます。折り畳み式で簡単に組み立てることができ、持ち運びにも便利です。

参考:リングライト FOSITAN 48cm/18in 撮影用ライト 照明 撮影用 248個LEDリングライト 3200K-5500K 調光可能な自撮りライト 2m三脚付き youtube ライト/カメラ ライト/人気配信 ライト 生放送/化粧/美容/ビデオ撮影用

2.SAKARA 撮影ボックス(40x40x40cm)

こちらも上記と同じサイズの撮影ボックスです。

40x40x40cm撮影ブース
LEDライトx2
電源x1
背景布×6(白・黒・オレンジ・青・緑・赤)
柔光布x1(白)
収納ケースx1

上記の道具がセットになっています。大きな特徴としては、マジックテープでライトの位置を変えられる点です。必要なところだけに光を当てることができるようになっています。こちらも折りたたみ式なので収納と携帯に非常に便利です。

参考:SAKARA 撮影ボックス 40*40*40cm LEDライト 折りたたみ 収納ケース 簡易スタジオ 小物 模型撮影 AC110V

3.TYCKA フォトスタジオ(80x80x80cm)

こちらは大型の撮影ボックスです。

80x80x80cmフォトスタジオボックスx1
色背景スクリーンx3(黒、白、ベージュ)
LEDライトストリップx2
収納袋x1
柔らかい布(ディフューザー用)x2
電源アダプタx1(USプラグ、12V5A)
2WAY DC電源ケーブルx1

上記の道具がセットになっています。

ボックス内は反射素材を使用しているため、被写体に均一にライトを当てることができ、影や反射を防いでくれます。4タイプの撮影窓があるため、様々なアングルから撮影することもできます。

また、こちらも折りたたみ式なので収納と携帯に非常に便利です。大きめの商品写真をよく撮影する人にオススメの商品です。

参考:大型撮影ボックス TYCKA 80cm フォトスタジオボックス 210PCS/30W/5500K 折りたたみ式 簡易スタジオ ボックス 撮影セット 背景スクリーン3色&収納袋付 TK208US

まとめ

今回は、「大型撮影ボックスの自作方法」の解説や、自作したくない人におすすめの撮影ボックスを紹介してきました。撮影ボックスを自作してみたい人は、当記事で紹介した手順を参考にしてみてください。自作したくない人は、先ほど紹介した商品を検討してみてはいかがでしょうか?

無料講座|アクシグ式 最新情報
資金ゼロでネット物販を成功させる全手法


物販ビジネスで稼ぎたいけど、どうやって始めたらいいかわからない、売上が思うように伸びないなど悩んでいませんか?

本講座では世界最新の成功事例を実績をあげた成功者の経験をもとに、

  • 無在庫ネットショップ たった3ヶ月、1商品で 7214万9493円稼いだ方法
  • Amazonとネットショップで毎日39万円稼ぐ方法
  • 毎週19万3588円をInstagramから無料で集客して販売する方法
  • 無料でInstagramのインフルエンサーに商品を宣伝してもらう方法
  • 無在庫ストアで月商1億を超えた方法
  • 店舗せどりで1日1万円稼ぐ方法
  • アマゾンの在庫1パレットを僅か1000円で入手する方法
  • 無在庫ネットショップで儲かる商品を見つける海外の最新リサーチ法
など専門家が独自に入手した、日本ではまだ知られていない秘密の情報をお届けします。

あなたのビジネスを成功させるために、今すぐ限定情報を入手してください。