X(旧:Twitter)永久凍結の原因10個と新規アカウント凍結時の対処法

X(旧:Twitter)のアカウントを作成した直後に凍結されることがあるのをご存知でしょうか。Xでは凍結を繰り返すと、永久凍結されてしまい、新アカウント(新規アカウント)の開設すらできなくなってしまうことがあるのです。

ここ数年、Xではスパムを送信したりXの規約に違反する行為をする人が増えています。X運営も取締りを強化しており、怪しいXアカウントを一斉凍結することも多くなっています。Xの利用規約に違反していなければ何も問題はありませんが、巻き添えを食らって健全なXアカウントまで凍結されるケースも多く報告されています。

そこで今回は、Xアカウントがロック・凍結される原因と解除方法を解説します。

目次

X(旧:Twitter)のロック・凍結とは何?

最初にXアカウントのロックと凍結の違いを説明します。

Xのアカウントロック

これは一時的なXの警告処分です。Xで本人認証をすれば解除できますし、Xをしばらく放置していれば勝手に解除されていることもあります。

Xでアカウントがロックされると、ホーム画面が次のような画面になります。

フォロー数の表示が0になり、ポスト(旧ツイート)・いいね・リポスト(旧リツイート)・フォローなどのXの主要機能の利用が制限されます。

Xのアカウント凍結

アカウント凍結、これはXの利用停止処分です。Xのアカウントが凍結されると、閲覧以外の機能が使えなくなります。本人確認で解除できる場合もあれば、Xに異議申し立てをしないと凍結が解除されない場合もあります。さらにXが永久凍結になってしまうと、新アカウント(新規アカウント)の作成やXの利用が永久的にできなくなってしまいます。

凍結されると以下のように表示され、フォロー数・フォロワー数ともに閲覧できなくなります。

X(旧:Twitter)アカウントがロック・永久凍結され新規アカウントも作れない原因

Xの利用規約に違反すると、アカウントがロック・凍結されます。また、最も重い対応である永久凍結をされると新アカウント(新規アカウント)を作ることもできなくなってしまいます。ここでは、Xにおける主な違反行為を10個紹介します。

あわせて読みたい
X(旧Twitter・ツイッター)新アカウント作成・名前など登録方法 「X(旧Twitter・ツイッター)でアカウント作成してみたいけど、名前やIDはどうやって登録したらいいのだろう」「X(旧Twitter・ツイッター)のアカウント作成後でも、...

Xが凍結され新アカウントも作れない原因:アカウントの大量作成

同じIPアドレス・端末でXの新アカウント(新規アカウント)を大量に作成すると、アカウントロック・凍結の原因になります。凍結されることを避けるためにも、Xに登録する新アカウント(新規アカウント)は、多くても3つまでにしましょう。

あわせて読みたい
Twitterアカウントを追加できない場合の対処法【android】 Twitterのアカウントは誰でも追加作成可能です。しかし、たまにアカウントが作成できないことがあります。登録しようとしたユーザー名やメールアドレス等に原因がある場...

Xが凍結され新規アカウントも作れない原因:誹謗中傷・脅迫

他のX利用者に対する誹謗中傷や脅迫は禁止されています。他のXユーザーから通報が相次ぐとアカウントが凍結されます。

Xが凍結され新規アカウントも作れない原因:個人情報の公開

X上で名前・住所・電話番号など他人の個人情報を許可なく公開すると、即アカウントが凍結されます。

著作権の侵害

X上で漫画を無断転載するなど、著作権を侵害するポスト(旧ツイート)をするとアカウントが凍結されます。

13歳未満

Xは13歳以上でないと新しいアカウント(新規アカウント)が作れず利用できません。13歳未満であることが露見するとアカウントがロック・凍結されます。生年月日を会社の設立日やアカウント開設日に設定している場合に起こりやすいので、新アカウント作成時は特に注意しましょう。

スパム行為

他人のなりすましや、フィッシングサイトへの誘導リンクをポスト(旧ツイート)すると、アカウントがロック・凍結されます。

アカウントが乗っ取られると勝手にスパムポストを拡散される恐れがあります。

また、セキュリティが脆弱な連携アプリからアカウントが乗っ取られるケースが数多く報告されています。不要な連携アプリは削除しましょう。

フォローの大幅な増減

Xでは1日に可能なフォロー数が決められており、最大400アカウント、認証済みアカウントであれば最大1,000アカウントまでフォローすることができますが、フォローした数が上限を超えた場合、アカウントが凍結されますので注意しましょう。

またフォローしたアカウントをすぐに解除する、という行為もアカウント永久凍結の対象となりますので、特に新アカウント運用開始時やフォロー整理の際は気をつけましょう。

フォロー上限については、こちらのヘルプに詳しく記載されています。

参考:xのフォローについて

政治に関する誤った情報

選挙や政治家に対する誤った情報をポスト(旧ツイート)することで、アカウントが凍結されることがあります。

個人でXを運用する場合、政治に関する誤った情報をポストして凍結されないように気をつけましょう。

新型コロナウイルスに関する誤った情報

新型コロナウイルスに関する誤った情報をポスト(旧ツイート)した場合も、アカウントを凍結されますので注意しましょう。

根拠のない陰謀説や、事実に基づかない統計情報など、健康被害をもたらす可能性のある情報をポストすることはアカウント凍結のリスクがあるので避けましょう。

乗っ取りなどの被害に遭っているアカウントを保護するため

乗っ取りなどの被害に遭っているXアカウントを保護する目的で、アカウントが一時的に凍結されることがあります。

意味不明な文字が並んでいるポスト(旧ツイート)をしたり、普段とは異なる内容が続けてポストされていると、Xアカウントが凍結されることがありますので気をつけましょう。

X(旧:Twitter)アカウントの凍結・ロックを解除する方法

アカウントがロックされた場合は、ログインすると認証手続き画面が表示されます。

登録してある電話番号に認証コードを送信して、コードを入力してください。認証が終わるとパスワード再設定画面になります。再設定が完了すればロックは解除されます。

しかし、短期間に続けてアカウントがロックされた場合は、認証手続きができないことがあります。その場合はXヘルプセンターからお問い合わせください。

参考:Xヘルプセンター

凍結されたXアカウントの解除方法

凍結されたXアカウントの解除方法は、凍結のレベルによって違います。ログインして電話番号やメールアドレスの入力を求められた場合は、認証手続きで凍結が解除できます。

そうでない場合は、Xに異議申し立てをする必要があります。

Xアカウント凍結の理由はメールで教えてもらえる

以下にあるように、アカウント凍結の理由はメールで教えてもらえます。メールに添付されているリンクからX社に対して異議申し立てをすることも可能です。

X(旧:Twitter)アカウント停止の段階について解説

Xのルールに反した際のペナルティは、どのルールに反しているかや、どれだけ重大な影響を与えるかなどによって段階があります。そのため該当するポスト(旧ツイート)だけが非表示になったり、リポスト(旧リツイート)できなくなったりと、与えられるペナルティは人それぞれです。

Xのルールに反した場合に設けられている制限のレベルについて、さらに詳しく見ていきましょう。

レベル1.Xのメディアやプロフィールの変更要請

Xアカウントのメディアやプロフィールが、Xポリシーに違反した際に運営側から要請があります。違反している部分についての説明もあり、該当するアカウントは、プロフィールやメディアが一時的に非公開となります。

レベル2.Xが「読み取り専用モード」にされる

「読み取り専用モード」とは、ポスト・リポスト・いいねなどが出来ないモードをいいます。ただし、フォロワーへのダイレクトメッセージや、他アカウントからの閲覧や会話は可能です。

X規約に対しての違反歴がない状態で、突然に攻撃的なポストをした場合、強制的に変更されます。期間は12時間から7日間で、違反内容によって異なります。

レベル3.Xアカウント所有権の認証を求められる

他アカウントに対する攻撃目的で、複数の新アカウント(新規アカウント)を作成する悪質なユーザーへの対策が主な目的のペナルティです。

新規アカウント所有権の認証が済むまでは、フォロワー数やリポスト、いいねのカウントが停止します。期間は、アカウントの電話番号やメールアドレスによる所有権の認証が済むまでです。

Xを利用するうえでのマナーとして、攻撃的なポストは控えましょう。

レベル4.Xアカウントの永久凍結

永久凍結はXの措置として、最も厳しい内容です。永久凍結された場合、閲覧対象から外されて利用できなくなる他、新アカウントの作成もできません。

永久凍結の対象となるのは、攻撃的な行為による違反者です。どのポリシーに、どのコンテンツが違反したのかを通知された上で、永久凍結が実行されます。

違反行為の通達に関しては、Xプラットフォームのインターフェースから永久凍結に対する異議の申し立てが可能です。永久凍結に関して身に覚えがないのであれば、永久凍結が不服であると異議を申し立てましょう。

簡単にX(旧:Twitter)アカウント凍結・ロックを解除できるケース

以下のケースでは、電話番号やメールアドレスによる本人確認だけでロック・凍結を解除できます。

セキュリティ上の理由によるロック

不審なポストなど、アカウントの乗っ取りが疑われた場合のアカウントロックは、パスワードの再設定だけでロックが解除されます。

Xアカウント乗っ取りの疑いをかけられた場合

セキュリティ上の理由によるロックが続いたり、他のユーザーから乗っ取りの通報を受けた場合も、電話番号やメールアドレスで認証手続きをすればすぐにロックが解除できます。

Xルールに違反するポスト

一部のポストがXルールに違反していることを理由にアカウントがロックされた場合は、認証手続きに加えて該当ポストを削除すれば、アカウントが復活します。

自動ツール利用の疑いによるロック

短期間にフォローし過ぎると、自動化ツールの利用を疑われてアカウントがロックされます。1度目は認証手続きだけで解除されますが、何度も繰り返すと凍結されて解除できなくなります。

一部の機能制限

他のユーザーの通報などにより、Xの機能が一部制限されることがあります。これも認証手続きだけで解除できることが多いです。

簡単に解除できないX(旧:Twitter)アカウントの凍結

アカウントロック・凍結を繰り返したり、重大な違反行為をするとアカウントが「本凍結」されます。

あわせて読みたい
Twitterアカウント作成時に「問題が発生しました」と表示される原因 「Twitterアカウントが作れない。なぜ?」「Twitterアカウントが作れないときには、どう対処したらいいの?」「Twitterアカウント作成時ユーザーIDのところでいつもエラ...

本凍結はすぐに解除されない

本凍結は解除まで2週間程度かかります。最悪の場合、解除されないこともあります。

X(旧:Twitter)で永久凍結されると同じIPアドレスから新アカウントは作れない

IPアドレスとは、スマホやパソコンに振り分けられる識別番号です。X(旧:Twitter)は、ユーザーがアカウントを作成する際にこのIPアドレスを保存し、不正防止やセキュリティ面の強化のためにトラッキングしています。

ゆえに、永久凍結されたX(旧:Twitter)アカウントのIPアドレスと同じアドレスを使って新規アカウントを作ろうとしても検知で引っかかり、作成できません。IPアドレスを変える方法もありますが、X(旧:Twitter)の規約違反にならないよう注意が必要です。

異議申し立てを行う

アカウントが本凍結されると、凍結理由が記載されたメールが送られてきます。メールに貼られたリンクからXに異議申し立てをしてください。

異議申し立てフォーム

凍結通知メールが確認できない場合は、凍結されたアカウントにログインした状態で、以下のフォームから異議申し立てをしてください。

参考:アカウントの凍結またはロックに異議申し立てをする

自動返信メールに返信する

Xで凍結に対する異議申し立てをすると、自動返信メールが届きます。自動返信メールには凍結・ロックの基本的な解除法が記載されており、文末に「解決しない場合はこのメッセージに返信してください」と記載されています。

本凍結はメールに記載された方法では解除されませんので、この自動返信メールに「メールに記載された手順を踏みましたが凍結を解除できません。今後は違反行為がないよう最善を尽くします。アカウント凍結の解除をよろしくお願いいたします。」などと記載して返信してください。

早ければ2~3日、遅くても2週間ほどで凍結が解除されます。

異議申し立てに返信がない時の対処法は?

異議申し立てをしたにも関わらず返信が来ない原因は2つ考えられます。見落とされている場合と、優先度が低いと判断された場合です。いずれにしても、数日おいてから再度異議申し立てを行いましょう。

ただし、簡素な申し立て文だと、返信がもらえない場合もあります。返信をもらいやすくするためには「アカウントの状態」と「抱えている問題の詳細」を丁寧に記載するのがポイントです。

それぞれを具体的に書き出し、Xサポートチームに読んでもらいやすい工夫が必要です。

Xアカウント永久凍結について

アカウントの本凍結を解除した後に、また本凍結を繰り返すとアカウントが永久凍結され新アカウントも作成できなくなります。永久凍結が解除されたケースはまだ報告されていません。

X(旧:Twitter)の永久凍結は新アカウント以外も凍結される可能性がある

最初からアカウントを複数保有していた場合、一つのアカウントが永久凍結されるとそのアカウントと関連性があると判断された他のアカウントも連動して凍結される可能性があります。

また、既存アカウントを再利用して凍結されたアカウントを模倣しようとする行為は、ポリシー違反となり、見つかると一発で永久凍結になってしまうので注意しましょう。複数持っているアカウントで運用できるのは、あくまでも凍結されたアカウントと全く関連性がないと判断されたものだけです。

X(旧:Twitter)アカウントを凍結させないためのポイント


Xの凍結を解消する方法はありますが、永久凍結の解除は現時点ではないため、凍結するような事態を招かないようにするのが大切です。なぜなら、凍結されると自分の好きなタイミングで情報を発信できずに、周囲からの信頼をも損ねるリスクがあるためです。

Xのアカウントを凍結・永久凍結させないためのポイントをチェックして、より快適にXで情報を発信しましょう。

Xのルールはしっかり守る

Xのアカウントを凍結させないために必要な最大のポイントです。Xの規約をもう一度見直して、確実に守るようにしましょう。

例えば、ゲームのイベントに合わせた「このアカウントはいただいた」という投稿。ゲームイベントとの関連性が伝わらなければ、ただの恐怖でしかありません。通報されてもやむを得ないでしょう。

自分にとっては何気ない投稿でも、相手に通報する必要性を感じさせないか、チェックするのが大切です。

大量ポスト・DMはできるだけ避ける

Xで同じ内容の大量ポストやDM、短時間でアカウントフォローと解除を繰り返すと、スパム行為と見なされる場合があります。

特に注意が必要なのがキャンペーンで大量のDMを送る場合。ユーザーの不安を煽らないように、あらかじめ公式アカウントからDMが届くのを伝えておいたり、DMを複数回に分けて送信する必要があります。

手間はかかりますが、Xアカウント凍結防止のために対策しておきましょう。

出所不明アプリとの連携はしない

出所不明アプリとの連携は、セキュリティリスクにつながるため、アカウントが凍結される恐れがあります。不用意なアプリ連携はやめておきましょう。

X(旧:Twitter)で永久凍結を新規アカウント作成直後にされないようにルールをよく読もう

Xルールの違反によるアカウント凍結を繰り返すと、永久凍結され、新アカウント等も作成できなくなり、永久的にXを利用できなくなります。しかしXの永久凍結は、ルールを見直して適切に利用していれば避けられるリスクです。Xで新しいアカウント(新規アカウント)を作った際は、Xのルールとマナーを守って楽しく利用しましょう。

参考:Xルール

よかったらシェアしてね!
  • URLをコピーしました!
  • URLをコピーしました!

この記事を監修した人

ビジネスのノウハウを実践ベースで徹底的に追求するのがアクシグ。
世界で最も専門的で網羅的なコンテンツを提供し、ノウハウを惜しげもなく提供していきます。

目次