物販

初心者必見!ヤフオクで出品する前に気をつける5つのこと

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • Pocket
  • LINEで送る

不用品を捨てる前にネットオークションに出品することは、今や珍しいことではありません。

特にヤフオク!(Yahoo!オークション)は利用者が多く、適正価格で売買しやすい環境となっています。

今回はヤフオク初心者の方に向けて、出品者としての基礎知識や注意するべきポイント、取引のマナーなどをご紹介します。

ネットオークションに興味があるけれど手を出せずにいた方も、ぜひ今後の参考にしてください。

無料動画|アクシグ流 物販ビジネス大全
資金ゼロでネット物販を成功させる全手法



物販ビジネスで稼ぎたいけど、どうやって始めたらいいかわからない、売上が思うように伸びないとなど悩んでいませんか?

本映像では実績をあげた成功者の経験をもとに、

  • 現在の収入にプラス5万円の副業収入を獲得した「不用品販売」
  • わずか25歳で年商2億円を稼いだ「eBay輸出」
  • 1日2時間弱の作業で月収70万円を突破した「Amazon輸出」
  • 本業の傍らたった半年で月100万円を達成した「中国輸出」
  • 知識ゼロから年収2000万円の仕組みを作り上げた「中古品輸入」
  • 利益率70%以上、OLが副業で月30万円を稼いだ「インスタグラム物販」
  • マレーシアに住みながら1つの商品で月商1000万円を売り上げた「中国輸入」
  • 大学生が資金・リサーチ・在庫なしで月収30万円を稼いだ「韓国輸出」
など、さまざまな物販ビジネスでの稼ぎ方を全3時間30分にわたって徹底的に解説しています。

あなたのビジネスを成功させるために、ぜひこの無料動画を活用して下さい。




ヤフオクに出品する前の準備

ヤフオクで商品を落札したことはあっても、出品はしたことがないという方は数多くいます。

オークションに出品するとなると、手続きなどのハードルが高いのではないかと思われるかもしれません。

しかし、実のところヤフオクのシステムは単純であり、メルカリなどのフリマアプリよりも高値で売れやすい傾向があります。

次の項目では、ヤフオク出品前の準備について具体的にご説明したいと思います。

Yahoo!プレミアムに登録する

2018年11月12日(月)以降、出品者としてヤフオクを利用するにあたり必須ではなくなりましたが、様々な特典が受けれる「Yahoo!プレミアム」に登録する事をおすすめします。

月額の利用料金は税込498円です。やや高く感じられますが様々な特典を駆使して、商品が売れればすぐに元をとれる金額です。

Yahoo!プレミアムはクーポンやコンビニ抽選などもあり、オークション以外でも得する場面が多くなっています。

さっそく、「プレミアム」のボタンを押して「Yahoo!プレミアム」に登録してみましょう。

ちなみに、「Yahoo!Japanカード」というクレジットカードを作ると、Yahoo!プレミアムが2ヶ月間無料となります。

無料期間中にヤフオクを試してみるのもおすすめです。

ヤフオクに出品者情報を登録する

ヤフオクのページを開いて、「オークション出品」ボタンをクリックします。

「商品の情報」のページをスクロールすると「出品者の情報の登録」ボタンがあるので、クリックします。

これらの情報を最初に登録し、「出品者情報を開示に同意する」に設定しておくと落札者に出品者の情報が開示されます。

取引相手の情報が分からないと買い手は不安になるものなので、初めに設定しておきましょう。

必要事項を登録後、「登録する」ボタンをクリックすれば完了です。

銀行口座を登録する

売り上げ金を受け取るために、銀行口座を登録します。

登録をする前でも出品は可能ですが、最初に済ませておけば取引中に慌てることがありません。

ゆうちょ銀行や全国の普通銀行のほか、楽天銀行・ジャパンネット銀行といったネット銀行も登録OKです。

ヤフオクでの出品方法

上記のステップを終えればヤフオクに出品できるようになります。

具体的な出品方法を確認していきましょう。

1.販売形式を設定する

販売スタイルは、「オークション出品(入札形式)」「フリマ出品(定額・即決価格)」の2種類です。

オークションでは思うように値段が吊り上がらないこともあるので、スタートは最低落札希望価格にしておくのがおすすめです。

過去の落札相場を知りたい時は、オークファンというサイトを参考にしましょう。

2.出品カテゴリを登録する
ヤフオクには商品をジャンルごとに分ける「カテゴリ」というものがあります。

難しく考える必要はないので、出品したいアイテムが当てはまるカテゴリ、もしくは近いカテゴリを選びましょう。

たとえば、図書カードならば「チケット、金券、宿泊予約」という大きなカテゴリを選択します。

そこから、「プリペイドカード」→「図書カード」と小カテゴリを選択します。当てはまるものがなければ「その他」でもOKです。

カテゴリの判断が難しい場合は、すでに出品されている類似商品をチェックしてみましょう。

カテゴリを決めたら、「このカテゴリに出品」ボタンをクリックします。

3.出品アイテム情報を入力する
出品する商品の情報はとても重要です。

買い手はタイトルから商品を検索するため、タイトルには商品に関するキーワードを必ず含めましょう。

タイトルの最初にメインキーワードを置き、商品名が英語の場合はカタカナ表記も加えるのがコツです。

ヤフオクを始める前の注意点・気をつけるべきこと

ヤフオク初心者はもちろん、慣れてからでも落札者とのトラブルは恐ろしいものです。

取引を円滑に進めるために、ヤフオク出品の注意点を把握しておきましょう。

出品ノウハウでもあるので、知識としてぜひ取り込んでおいてください。

出品用テンプレートを活用しよう

出品用テンプレートは、ヤフオク出品において大変便利なツールです。

テンプレートを使うことで、商品概要・発送方法・送料・支払い方法などを一覧表示できます。

利用は必須ではありませんが、「管理のしやすさ・情報の見やすさ」という点で導入するべきだと言えます。

おすすめのツールは「即売くん」です。

必要事項をチェックするだけでテンプレートを作成できるので、時短にもなりますよ。

注意事項は必ず記載しよう

トラブルを避ける上で重要なのは、「注意事項」を記載することです。

商品説明のみを記載するのは、初心者の方がやりがちなミスです。

注意事項の記載が甘かったがために、トラブルに発展するケースがたくさんあります。

◆落札者から連絡が来ない
◆発送方法を勝手に指定される
◆「タバコ臭いので返品したい」

などのクレームは、いずれも、注意事項をしっかりと記載しておけば防げるトラブルです。

注意事項として最低限記載するべきこと
◆中古品の状態・商品の使用感→「小さな擦り傷・汚れがあります」「美品ですが神経質な方は入札をご遠慮ください」等
◆落札後の連絡・入金期限→「落札後〇日以内にご連絡ください」「〇日以内にご入金をお願いします」等
◆発送予定日→「ご入金確認後、○日以内に発送いたします」等
◆返品不可の意思表示→「ノークレーム・ノーリターンでお願いいたします」等
◆発送時の補償について→「普通郵便は事故補償・追跡サービスがありません」等

その他、「自宅でペットを飼っている」「喫煙者がいる」など、買い手が気になるポイントも記載しておくと親切です。

特に入金関連のトラブルが多発しているので、「〇日以内に連絡や入金がない場合は落札をキャンセルする」といったルールを定めておきましょう。

送料は分かりやすく明記しよう

落札者にとって最も気になるポイントは「送料」です。

初心者の方であっても、発送方法や送料は必ず明記しておきましょう。

「北海道・沖縄などの離島は追加料金がかかる」など、注意事項も忘れてはいけません。

付属品の有無は漏れなく記載しよう

付属品の有無を記載しないことも、トラブルの原因となります。

「箱・充電器は付属していません」
「応募券は使用済みです」

上記のように、本体以外の情報もしっかりと記載しましょう。

商品情報以外から記載してトラブルを防ごう

初心者のうちは、商品のタイトルや概要に気を取られがちです。

しかし、実際にトラブルが起きやすいのは、注意事項・送料・発送日などの記載漏れです。

買い手の目線になって、「自分だったら気になるだろうな」という事項から記載するのが、トラブル防止のコツです。

出品前にはすべての情報を一度見直すことを心がけましょう。

アクシグ読者限定!確実に利益が出るノウハウを無料公開中

ところで、あなたは今の収入やノウハウに満足していますか?
アクシグは、物販専門のメディアとして日々ビジネスで結果出した方法を集めています。
中でも多くの利益を出した方法だけを、特別に限定公開しています。

圧倒的な利益を生み出す方法

>>> 爆発的な売上を生み出す方法をいますぐ確認する

ヤフオク出品で気をつけるべきポイント

出品情報の注意点だけでなく、売り手として注意すべきポイントも把握しておきましょう。

手元にない商品は出品しない

第一に、出品する商品は手元にあることが絶対条件です。

商品の写真をネットで拾うといった行為や、記憶に頼った商品説明は信頼度の低下につながります。

「売れてから品物を調達しよう」「どこに片付けたのかわからないけれど、とにかく出品しておこう」という考えも禁物です。

また、商品が手元にあれば、ユーザーから質問が来ても焦らずに回答できます。

傷や汚れは注意深く確認する

少しでも高く売りたいからといって、商品にある傷・汚れなどの欠点を隠すのは止めましょう。

写真や商品説明では分からない欠点がクレームや返金の原因になることはよくあることです。

悪意のない見落としもクレームの元となるので注意深く確認しましょう。

目立つ欠点・欠陥部分の写真を掲載するくらいの用心が必要です。

なるべく多様な発送方法を用意する

発送方法は、なるべく複数のサービスを用意しておきましょう。

商品代金に見合わない送料は払いたくないものです。また、できるだけ安価な発送方法を望むユーザーがほとんどです。

重さによって送料が決まる定形外郵便は買い手に人気がありますが、追跡や補償がないため高価な商品には不向きです。

高価なものや壊れやすいものには補償付きの配送サービスを提示するか、郵便事故の責任は負えない旨を注意事項に記載しておきましょう。

このように、商品や値段に応じた発送方法を複数用意し、注意事項も記載しておくのが良心的な出品者だと言えます。

【セミナー講師募集のお知らせ】

もしもあなたが教える側の立場になって、講師としても活躍したいならこちらをご確認ください。

セミナー講師になって活躍する!

>>> 講師募集要項を確認する

落札後の対応・やりとりについて

商品が落札されたあとは、落札者と直接やりとりをします。

基本的には出品者から連絡をしますが、落札者からメッセージが届くこともあります。

まずは落札者への感謝の気持ちを述べましょう。

それから、希望の発送方法・支払い方法など、落札者に指定してもらう項目を伝えましょう。

支払い期限や発送予定日もこの段階で通知しておきます。

迅速・丁寧な対応が信頼と安心感を生み、取引終了後の高評価にも繋がるのです。

Yahoo!かんたん決済で入金確認

ヤフオクでは、「Yahoo!かんたん決済」というサービスを利用できます。

クレジットカード・銀行振り込み・コンビニ払いなどのほか、Tポイント・Yahooマネー払いにも対応しているので落札者にとって大変便利です。

出品者にデメリットが発生することもないので、基本的には「Yahoo!かんたん決済」を活用するべきでしょう。

入金通知が来たら、迅速に発送手続きをします。

入金確認後から落札者に商品が届くまでの期間は、なるべく短くなるように努めましょう。

もし発送が遅くなる場合は、きちんと連絡をすることで落札者も安心できます。

Yahoo!かんたん決済のお得ポイント
売り上げの受け取り方法を「Yahoo!かんたん決済」の「Yahooマネーで受け取る」にすると、落札額の2%分が上乗せされるキャンペーンが実施中です。

商品を梱包・発送する

入金を確認したら迅速に商品を発送しましょう。

商品の梱包にはプチプチなどのクッションを使用したり、水濡れ対策をしたりして、相手が気持ちよく開封できるように気を遣ってください。

落札者へのお礼メッセージなどを添えると、より好感を持ってもらえるでしょう。

落札者を評価して取引終了

ヤフオクには、お互いに評価を付け合うシステムがあります。

取引時に問題がなければ、「非常に良い」をつけると良いでしょう。

評価を「悪い」以下にするのは、何か大きなトラブルがあり、スムーズに解決できなかった時くらいです。

個人間の取引において、多少のすれ違いやトラブルは仕方のないものです。

何か問題があっても真摯な対応を受けた場合は、相手の評価を「悪い」にするのは避けましょう。

【セミナー講師募集のお知らせ】

もしもあなたが教える側の立場になって、講師としても活躍したいならこちらをご確認ください。

セミナー講師になって活躍する!

>>> 講師募集要項を確認する

ブランド品をヤフオクで売る際の注意点

ヤフオクは、ブランド品を高く売るには最適のツールだと言えます。

しかし、「ブランド品」はトラブルに発展しやすいカテゴリの一つなので注意が必要です。

企業ではなく個人出品ならば、あまり神経質にならなくてもいいかもしれません。

とはいえ、高価な商品になればなるほど出品時は慎重になるべきです。

ヤフオクで起きた悪質なトラブルの例

ヤフオクの出品において、起こりやすいトラブル事例をご紹介します。

◆ブランド品ではなく偽物だった
ブランド品だと思って購入したものが偽物であり、さらにそれをオークションに出品したらどうなるでしょうか?

偽物であることが判明した場合、確実にクレームにつながります。

購入者としては詐欺にあったも同然であり、出品者側も「知らなかった」では済まされなくなってしまいます。

また、正規店で購入したことを証明したにもかかわらず、言いがかりをつけられることもあります。

「返品を求めても品物が返ってこない」「偽物が返品された」といった悪質なケースもあります。

ヤフオクでのトラブルは、裁判に発展することもあります。

出品経験の浅いうちは自身で対処することが難しいため、安易にブランド品を出品しないようにするか、細心の注意を払うようにしましょう。

◆注意事項にない傷や汚れが付いていた
注意事項にない傷や汚れは、一番のトラブルの原因です。

返金や返品で解決できれば、御の字です。

しかし、偽物の例と同様に、品物をすり替えられる、故意に傷がつけられているといったケースもあります。

また、「説明にはない傷があったが、返品は面倒なので値引きしてほしい」といった交渉もありえます。

このような要求が真実に基づいているのか悪意のある行為なのか、判断するのは非常に難しいでしょう。

実際に起こった事例を把握しておくことで、いざという時に対処できるようにしておきましょう。

ヤフオクでのトラブルを未然に防ぐ方法

上記のようなトラブルを完全に防ぐ方法はありませんが、予防線を張っておくことは大切です。

◆商品の説明文は詳細に書く
明らかな傷や汚れはもちろん、欠点についてはなるべく細かく記載してください。

後から指摘されても「説明文に記載してあります」と反論できれば、トラブルを未然に防げるでしょう。購入者は説明文の全てに目を通すべきであり、購入した時点で同意したことになるからです。

◆欠点部分の写真を掲載する
商品の欠点は、説明文では伝えきれないこともあります。

欠点部分の写真を掲載しておけば、買い手を納得させることができます。

商品の全体像がわかる写真以外は、欠点を写した写真にしても構いません。

掲載枚数をオーバーしそうな時は、1枚を2~4分割にするといった工夫も必要です。

ブランド品の出品はハイリスク

トラブルが起きやすいアイテムの中でも、「ブランド品」は飛び抜けてハイリスクです。

目先の売り上げに飛びついて痛い目を見ることもあります。

トラブルを解決するために時間やお金を無駄にするのも馬鹿馬鹿しいですよね。

これらの理由から、ヤフオクにブランド品を出品することはおすすめできません。

出品に慣れても誠実な対応を心がけよう

ヤフオクをはじめ、ネット上で商品を売る時は緊張するものです。

経験を積むうちにトラブルの対処にも慣れていきますが、慣れから来る油断は禁物です。

入札や落札をしてくれた方への対応がおざなりになってはいけません。

相手の顔が見えなくても常に誠実な対応を心がけ、オークション生活を楽しみましょう。

無料動画|アクシグ流 物販ビジネス大全
資金ゼロでネット物販を成功させる全手法



物販ビジネスで稼ぎたいけど、どうやって始めたらいいかわからない、売上が思うように伸びないとなど悩んでいませんか?

本映像では実績をあげた成功者の経験をもとに、

  • 現在の収入にプラス5万円の副業収入を獲得した「不用品販売」
  • わずか25歳で年商2億円を稼いだ「eBay輸出」
  • 1日2時間弱の作業で月収70万円を突破した「Amazon輸出」
  • 本業の傍らたった半年で月100万円を達成した「中国輸出」
  • 知識ゼロから年収2000万円の仕組みを作り上げた「中古品輸入」
  • 利益率70%以上、OLが副業で月30万円を稼いだ「インスタグラム物販」
  • マレーシアに住みながら1つの商品で月商1000万円を売り上げた「中国輸入」
  • 大学生が資金・リサーチ・在庫なしで月収30万円を稼いだ「韓国輸出」
など、さまざまな物販ビジネスでの稼ぎ方を全3時間30分にわたって徹底的に解説しています。




  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • Pocket
  • LINEで送る
【無料】アクシグ流 物販ビジネス大全
資金ゼロでネット物販を成功させる全手法
【無料】物販ビジネス大全
ネット物販を成功させる全手法