【ヤフオク初心者】入札から落札まで徹底解説!利用する際の注意点も合わせて紹介

「ヤフオクを使ってみたいけど、使い方がわからない」
「初めてのネットオークションに抵抗がある」
「購入した商品がちゃんと届くか不安」

ヤフオクで商品を買ってみたいけど、このような悩みをもっている方は多いのではないでしょうか。

ヤフオクは日本最大のオークションサイトです。
たいていの中古品はここで手に入ります。中には相場を大きく下回る値段で出品されている商品もあります。

そこで今回の記事では、以下の内容について解説していきます。

  • ヤフオクの使い方
  • ヤフオクを利用する際の注意点
  • 商品の入札から落札後の流れ

ヤフオク初心者の方は、本記事を参考に欲しい商品を購入してみましょう。

目次

ヤフオク利用登録手順

まず最初にヤフオクの利用手続きについて説明します。

ヤフオクへの登録手順

落札目的のみでヤフオクを利用する場合に必要なのは、

  • YahooIDの取得

だけです。

YahooIDはYahoo! JAPAN ID登録フォームから新規取得できます。

ヤフオク利用資格

ただし、ヤフオクは中学生を除く満15歳以上でないと利用できません

また、いたずら入札などを未然に防ぐ目的の、入札者認証制限が設定された商品に入札するには、以下のいずれかを満たしている必要があります。

1)Yahoo!プレミアム会員(月額508円/税込)

 ⇒参考:Yahoo!プレミアム

2)Yahoo! JAPAN IDのSMS認証

 ⇒参考:SMS認証について

3)SMS認証不要のYahoo! JAPAN IDを利用

⇒「Yahoo! BB」や「PayPayカード」など関連サービスを利用しているIDが対象。

4)ヤフオク!を、平成25年10月6日より前に利用した履歴のあるYahoo! JAPAN ID

ヤフオク初心者に知っておいてほしい6つの注意点

続いて、ヤフオク初心者が知っておくべき注意点を6つ説明します。

相場

1つ目は、相場です。これを知らないまま取引すると損をしてしまいます。

ヤフオクには他の市場とは異なる独自の相場があります。中には相場を上回る「ぼったくり価格」で出品されている商品もあります。ぼったくり価格で購入してしまわないよう、事前に相場を把握しておきましょう。

ヤフオクの相場は、オークファンというサイトで確認できます。オークファンで商品検索すると、その商品の過去の落札相場を確認できます。

参考:ヤフオクの過去落札相場を知りたいならオークファンを活用しよう

入札上限

2つ目は、入札上限を決めておかないと損をするということです。

ヤフオクではしばしば入札合戦が起こります。特に、入札者数が多いオークションでは、入札合戦が起こりがちです。

あらかじめ入札上限を決めておかないまま入札合戦に参加してしまうと、熱くなって相場を上回る価格で落札してしまい、結局損をする危険があります。

商品状態の定義

3つ目は、ヤフオクの「商品状態」の定義を正しく把握しておくことです。

ヤフオクの商品状態は以下の6つのいずれかで表記されます。

  • 未使用
  • 未使用に近い
  • 目立った傷や汚れなし
  • やや傷や汚れあり
  • 傷や汚れあり
  • 全体的に状態が悪い

「未使用」は文字通り未使用・未開封の新品です。購入から間もないことも条件の1つです。

「未使用に近い」は数回使用したものの、汚れや傷がなくきれいな状態だということです。

「目立った傷や汚れなし」は目立った傷や汚れはないものの、よく見ると細かい汚れや傷があるという意味です。

「やや傷や汚れあり」は普通の傷や汚れのある中古品です。

「傷や汚れあり」は大きな傷や汚れがある中古品です。

「全体的に状態が悪い」はジャンク品です。

新規利用者は入札を削除されることがある

4つ目は、新規利用者は入札を取り消されるケースがあることです。

ヤフオクではいたずら目的で入札をする悪質な利用者が一定数います。彼らのほとんどが新規アカウントを利用しているため、新規アカウントというだけで、出品者に入札を取り消されることがあります。

評価が0のうちは、「新規ですが入札させていただきます」と一言メッセージを送っておけば、入札を取り消されにくくなります。

ヤフオク!に出品するのは個人だけではない

5つ目は、ヤフオク!に出品するのは個人だけではないということです。Yahoo!JAPANが定める基準を満たした法人もしくは個人事業主で、ヤフオク!ストアと呼ばれる出品者もいます。

ヤフオク!ストアから購入する場合、消費税が課税されたり、お店によって取引き方法が変わりますので注意しましょう。

商品の発送方法について

6つ目は、発送方法は出品者が決めるということです。落札者が発送方法を決めることはできません。

大抵の商品は配送料がお得で便利なサービス「おてがる配送」で発送されます。おてがる配送はヤマト運輸もしくは日本郵便が対応しており、こちらも出品者が好きな方を選択します。

よく分からないなと心配な方は、安い商品でいいので購入してみましょう。実際に購入することで取引の流れを理解するための近道になります。

タイプ別ヤフオク商品検索方法

続いて、タイプ別のおすすめヤフオク商品検索方法を紹介します。

時間を節約したい人におすすめのヤフオク商品検索方法

まず「お金より時間を節約したい」という人は、検索結果を入札件数の多い順に並び替えましょう。

入札数が多い商品は、出品者の評価が高く、商品の状態も良いことが多いです。そのため、入札数順に並べ直し上位の出品者から購入するようにすれば、リサーチの手間が省けます。

お金を節約したい人におすすめのヤフオク商品検索方法

「時間をかけてもいいからお金を節約したい」という人は、検索結果を現在価格の安い順に並び替えましょう。

安い順に並び替えたら、上から順番に商品の状態や出品者情報を一つずつ確認して、良い商品を探しましょう。

時間はかかりますが、この方法が安くて良い商品を見つける最適な方法です。

抽象的なキーワードで検索した方が良い

1つ補足です。

検索する際は、商品名・型番よりも抽象的なキーワードで検索した方が商品がヒットしやすいです。なぜなら、出品者が商品名を忘れている・知らない場合が多いからです。

例えば、

ヨウジヤマモトのテーラードジャケット「Yohji Yamamoto POUR HOMME」を探したい場合、

商品名「Yohji Yamamoto POUR HOMME」で検索するより、「ヨウジヤマモトジャケット」で検索した方が商品がヒットしやすいです。

ヤフオク入札手順

続いて、ヤフオクで入札する手順について説明します。

入札の仕組み

ヤフオクでは「自動入札」というシステムを利用することができます。自動入札とは、最高入札額を設定して入札する仕組みです。

例えば、

現在の価格が500円の商品に、最高入札額1,000円で入札したとします。

もし他の誰からも入札されなかった場合、500円で落札できます。

もし他の人が最高入札額999円で入札した場合、1,000円で落札できます。

もし他の人が最高入札額1,001円で入札した場合、入札額をつり上げないと落札できません。

つまり、自動入札すると、現在価格~最高入札額の間の最低価格で落札できるというわけです。ただし、即決価格で入札した場合は、即落札となります。注意してください。

入札前に確認すべきこと

入札前に確認すべきことは以下の2つです。

  • 出品者の評価
  • 送料負担

まず1つ目は、出品者の評価です。

商品ページ右側に掲載されている「出品者情報」のうち、総合評価の数字をチェックしてください。

総合評価は0からスタートします。

良い評価をもらうとポイントがプラスされ、悪い評価をもらうとマイナスされます。

総合評価がマイナスの出品者は論外ですが、プラスであっても一桁か二桁にとどまっている出品者への入札は慎重に行いましょう。

2つ目は、送料負担です。

ヤフオクでは送料を落札者と出品者のどちらが負担するかを出品者側で決めることができます。

価格の下に「送料」が記載されているため、必ず確認してください。「詳細」をクリックすれば、配送方法も確認できます。

入札手順

それでは、入札手順を説明します。商品ページを開いて、「入札」ボタンをクリックしてください。

最高入札額の入力画面が表示されるので、価格を入力し、「確認する」をクリックすれば入札は完了です。

ヤフオク初心者が気になる落札後の流れ

最後に、落札した後の流れを説明します。

落札後の流れ

画像を使って落札後の流れを解説します。以前はメッセージのやり取りをする必要がありましたが、現在はボタンを押すだけで取引きを進めることができます。

まずは「取引をはじめる」を選択します。

表示された画面でお届け先住所・お届け方法・支払い方法の入力と、出品者情報の確認を行いましょう。

お届け先は登録済みの住所に変更がなければそのままで構いません。

お届け方法と支払い方法に関しては、出品者が指定した選択肢の中から選択します。

入力した内容に間違いがなければ「決定する」を選択しましょう。

Yahoo!かんたん決済

落札後は、出品者に連絡した上で商品代金の支払いをしましょう。現在のヤフオクの支払い方法は、Yahoo!かんたん決済のみとなっています。(ヤフオク!ストアの商品や特定カテゴリ商品を購入の場合は除く)

Yahoo!かんたん決済とは、落札者が先払いした商品代金をヤフオクが一時預かり、商品の到着を確認後、出品者に代金が支払われる仕組みのことです。

これにより、代金を払ったのに商品が発送されないという詐欺トラブルを避けることができます。

商品到着を待つ

代金支払い後は、商品到着を待ちましょう。良い出品者であれば、発送連絡や追跡番号をメッセージで教えてくれます。

商品到着後、受け取り連絡をする

取引ナビに「商品発送の連絡がありました」と表示されたら、出品者が発送をしたということです。

ごく稀に注文した商品とは違う商品が届くことがありますので、到着後に必ず中身を確認しましょう。もし違う商品が届いた場合は受け取り連絡をする前に出品者に問い合わせましょう。

問題がなければ、「商品を受け取りました」にチェックを入れ、「受け取り連絡」を選択する。

受け取り連絡をクリックすると、「すべての取引が完了しました!~」のメッセージが表示されたら完了です。

出品者を評価(任意)

無事商品が到着したら、出品者を評価しましょう。

評価は任意ですが、良い取引だった場合は評価をするのがマナーです。

「出品者を評価する」ボタンをクリックすると、評価入力画面に進みます。

ヤフオクの評価は5段階です。

評価の内容に従ってポイントが加算されるされる仕組みになっています。

+1:非常に良い

+1:良い

±0:どちらでもない

−1:悪い

−1:非常に悪い

ヤフオクは輸出品の仕入れにもおすすめ

ヤフオクには様々な商品が格安で出品されています。そのため、日本製品の海外輸出をする際の仕入れにも適しています。ぜひご利用ください。

よかったらシェアしてね!
  • URLをコピーしました!
  • URLをコピーしました!

この記事を書いた人

ビジネスのノウハウを実践ベースで徹底的に追求するのがアクシグ。
世界で最も専門的で網羅的なコンテンツを提供し、ノウハウを惜しげもなく提供していきます。

目次