AliExpressの追跡番号が違う?追跡できないときの対処法

AliExpress(アリエクスプレス)は、中国の大手企業「アリババグループ」が経営する通販サイトです。海外からの発送のため、配達の遅れやトラブルに巻き込まれることがあります。

注文した商品がなかなか届かないと、「追跡番号が間違っていた?」と心配になるのではないでしょうか。残念ながら実際に追跡番号が間違っていたり、追跡できなかったりすることがあります。

今回はAliExpressで追跡できないときの、追跡番号の誤りについて解説していきます。

目次

AliExpressで商品を追跡する方法

AliExpressで注文した商品を追跡する、基本的な方法から見ていきましょう。基本的な方法は追跡番号がある、または追跡番号が正しい場合のみです。まずは、注文した商品に追跡番号があるかどうかを確認してください。

「私の注文」をクリック

AliExpressのトップページ右上にある「アカウント」にカーソルをかざし、出てきたメニューの中ある「私の注文」をクリックしてください。

追跡したい注文を選択

過去に注文した商品の一覧が表示されるので、その中から追跡したい注文を選択し、「Track order」を押してください。

追跡情報の見かた

すると、荷物の発送や配送センターの出発などの詳細を確認することが可能です。

スクロールすることで配達の流れも見ることができます。

また、追跡番号も同じページに記載されています。

外部の追跡サイトを利用する

AliExpressでも追跡はできますが、外部サイトでも荷物の追跡はできます。今回は「Global Order Tracking」で見てみましょう。

AliExpressの追跡番号を入力欄にコピーし、「Track」をクリックします。

すると、現在の配達状況の詳細を確認することができます。

「Global Order Tracking」では、トラックのイラストで現在の状況が表示されます。

このように、AliExpress以外のサイトでも追跡ができるサイトもあります。外部サイトのほうが見やすいこともあるので、AliExpressの追跡で不明な点があれば他サイトで確認してみましょう。

外部の追跡サイトは「Global Order Tracking」以外にも「Parcel Monitor」や「17TRACK」などいくつかあるので、自分が使いやすいと感じたサイトを利用するのがおすすめです。郵便局関係の追跡なら、日本郵便を利用しましょう。

世界にある郵便追跡システムを利用する

郵便局の追跡システムは信頼性が高いので、荷物を追跡する際に利用しましょう。世界にある郵便追跡システムを紹介します。

1.日本郵政の郵便追跡システム

日本語で調べることができるため、1番利用する機会の多い追跡システムです。

参考:日本郵政の郵便追跡サービス

2.中国(CHINA POSTAL EXPRESS &LOGISTICS)の追跡システム

追跡番号の末尾がCNであれば、どんな荷物でも追跡可能です。ただしUから始まる追跡番号の荷物は、中国国内までの追跡となります。使い方は以下の通りです。

追跡番号を入力して赤丸印を選択する。

ボタンを押しながら右にスライドさせてパズルをはめると、追跡結果が表示されます。

参考:中国郵政(CHINA POSTAL EXPRESS &LOGISTICS)の追跡システム

3.台湾(iPost)の追跡システム

追跡番号の末尾がTWの場合は、台湾郵政(iPost)の追跡システムを利用しましょう。

追跡番号と数字を入力してから「GO」を選択します。

参考:台湾郵政(iPost)の追跡システム

4.香港(Hongkong Post)の追跡システム

追跡番号の末尾がHKの場合は、香港郵政(Hongkong Post)の追跡システムを利用しましょう。

追跡番号と認証コードを入力してから「Track」を選択すれば追跡結果が表示されます。

参考:香港郵政(Hongkong Post)の追跡システム

5.シンガポール(Singapore POST)の追跡システム

追跡番号の末尾がSGの場合、シンガポール郵政(Singapore POST)の追跡システムを利用しましょう。

トップページ内の「Track Items」を選択します。

追跡番号を入力後「Check Item Status」を選択しましょう。次の画面でロボットではない証明をすれば追跡結果が表示されます。

参考:シンガポール郵政(Singapore POST)の追跡システム

6.マレーシア(POS MALAYSIA)の追跡システム

追跡番号の末尾MYの場合、マレーシア郵政(POS MALAYSIA)の追跡システムを利用しましょう。

トップページの「Track」を選択します。

追跡番号を入力して「Next」を選択しましょう。

参考:マレーシア郵政(POS MALAYSIA)の追跡システム

○その他の国の追跡システム

AliExpressを利用する上ではあまり使う機会はありませんが、商品によっては利用する可能性がありますので、その他の国の追跡システムも紹介します。

7.韓国(KOREA POST)の追跡システム

追跡番号の末尾がKRの場合、韓国郵政(KOREA POST)の追跡システムを利用しましょう。

参考:韓国郵政(KOREA POST)の追跡システム

8.インドネシア(POS INDNESIA)の追跡システム

追跡番号の末尾がIDの場合、インドネシア郵政(POS INDNESIA)の追跡システムを利用しましょう。

参考:インドネシア郵政(POS INDNESIA)の追跡システム

9.オランダ(post nl)の追跡システム

追跡番号の末尾がNLの場合、オランダ郵政(post nl)の追跡システムを利用しましょう。

参考:オランダ郵政(post nl)の追跡システム

10.ノルウェー(posten)の追跡システム

追跡番号の末尾がNOの場合、ノルウェー郵政(posten)の追跡システムを利用しましょう。

参考:ノルウェー郵政(posten)の追跡システム

11.ベルギー(bpost)の追跡システム

追跡番号の末尾がBEの場合、ベルギー郵政(bpost)の追跡システムを利用しましょう。

参考:ベルギー郵政(bpost)の追跡システム

12.スウェーデン(postnord)の追跡システム

追跡番号の末尾がSEの場合、スウェーデン郵政(postnord)の追跡システムを利用しましょう。

参考:スウェーデン郵政(postnord)の追跡システム

13.トルコ(Turkish Post)の追跡システム

追跡番号の末尾がTRの場合、トルコ郵政(Turkish Post)の追跡システムを利用しましょう。

参考:トルコ郵政(Turkish Post)の追跡システム

14.キルギス(KEP)の追跡システム

追跡番号の末尾がKGの場合、キルギス郵政(KEP)の追跡システムを利用しましょう。

参考:キルギス郵政(KEP)の追跡システム

民間の物流会社の追跡システムを利用する

民間の物流会社で運ぶ荷物には国名コードがつかないため、日本郵政のサイトで追跡確認をすることができません。

sunyou、cainiaoなどは現地の民間物流会社が荷物を引き受けます。その後中国の郵便局に荷物を引き継ぎます。引継いだ荷物の番号の末尾に国名コードが記載されていれば、日本郵政のサイトで追跡確認をすることが可能です。

各会社ごとの配達方法によって追跡が可能かどうかが決まります。

それではAliExpressで買い物をする際に利用できる民間物流会社を紹介します。

1.sunyou(顺友)

SYから始まる追跡番号はsunyouで扱っている荷物です。追跡画面に「GMTC」と表示された場合も、sunyouで扱っている荷物ですので間違えないように注意しましょう。

参考:sunyou(顺友)の追跡システム

2.cainiao(菜鸟)

アリババなどを中心に複数の企業によって設立された民間物流会社です。LP+14桁の番号、もしくはS+14桁の番号だった場合、cainiaoで扱っている荷物です。

参考:cainiao(菜鸟)の追跡システム

3.yanwen(燕文)

追跡番号の末尾にYPがついていた場合、先頭にどんな文字が入っていてもyanwenで扱っている荷物です。

参考:yanwen(燕文)の追跡システム

4.Top You

TYから始まる追跡番号は、Top Youで扱っている荷物です。

参考:Top Youの追跡システム

AliExpressで追跡するときの注意点

AliExpressで追跡をするときは、いくつかの注意点があります。この項目では、大きく分けて5つの注意点について解説していきます。

  • 追跡情報が動かないときがある
  • 中国以外からも配送される
  • 誤った追跡番号をわざと伝えられるときがある
  • 追跡番号がないときもある
  • 情報には多少のズレや追跡漏れがある

追跡情報が動かないときがある

追跡情報が動いていないときは、商品がセラーから発送されていない可能性があります。船や飛行機での輸送に時間がかかっていることも考えられます。もし、注文から1週間以上経っても発送されない場合は、セラーに問い合わせてみてください。

中国以外からも配送される

AliExpressは中国の通販サイトですが、マレーシアやシンガポールなど、東南アジア諸国からも発送されることがあります。中国以外からの発送の場合は、商品の到着予定が少し長くなることを理解しておきましょう。

誤った追跡番号をわざと伝えられるときがある

あまりないケースですが、悪質なセラーがわざと間違った追跡番号を伝えることがあります。なぜかというと、商品の発送が遅くなるからです。

あえて間違った追跡番号を伝えておけば、顧客が戸惑っている間に発送の準備ができます。要するに時間稼ぎというわけです。もちろんこちらは荷物を追跡できないので、不審なセラーには注意しましょう。

追跡番号がないときもある

あまりに価格が安い商品には、追跡番号が付いていないことがあります。全ての商品に追跡番号が付いているわけではないのです。

いくら安い商品とはいえ、こちらが注文した商品です。不安ではありますが、しばらく待っても到着しない場合はセラーに問い合わせてください。

情報には多少のズレや追跡漏れがある

海外からの発送には、多少のズレや漏れがあります。運送会社や手続きによっては、情報が更新されないからです。

日本の追跡のように、随時更新されるわけではありません。AliExpressでの追跡は必ずしも正確でリアルタイム更新ではないということです。追跡情報が更新されないからといって、何度も更新してもすぐには変わりません。

AliExpressでは、商品の発送から到着まで長くて4週間かかります。余裕を持って注文し、気長に待ちましょう。

商品が届かないときの対処法について

次は、注文した商品が届かないときの対処法を解説していきます。AliExpressでは、商品の注文から到着まで時間がかかります。日本のように「即日発送」や「翌日配達」などのサービスはないと考えてください。

商品が届かないときの対処法は、主に以下の5つが挙げられます。

  • 追跡番号を入力して追跡してみる
  • セラーに問い合わせる
  • 保証期間を確認する
  • メッセージを何度も送信してみる
  • 紛争手続きをする

追跡番号を入力して追跡してみる

まずはAliExpressで追跡してみましょう。しかし、先述した通りAliExpressの追跡情報はリアルタイムではありません。荷物が日本国内に入ってくるまでは気長に待ちましょう。

荷物が日本に到着したら、日本の運送会社の追跡番号を調べて追跡します。まずはAliExpressの「私の注文」から商品を選択し、「Track order」から「Tracking number」をコピーします。

佐川急便やヤマト運輸など、日本の運送会社であれば、「Logistics company」に表示されます。日本郵政の場合は「ePacket」です。日本の運送会社であれば正確に表示されます。

セラーに問い合わせる

もし追跡ができない場合は、セラーに問い合わせてみましょう。セラーによっては、悪意がなくても追跡番号を間違って伝えてしまうこともあるからです。追跡ルートが明らかに不自然だったり、更新されなかったりしたらセラーに問い合わせることになります。

まずはAliExpressの「私の注文」から該当する商品を選び、「Track order」をクリックし、「Contact Seller」を選択します。チャット画面に移行したら「商品が届きません。追跡番号を教えてください。」といった意味合いの文章を英語で送信しましょう。もし英語が分からない場合でも「google 翻訳」などの翻訳サイトを利用すれば問題なくやり取りが可能です。

保証期間を確認する

AliExpressでは、保証期間内に申請すれば返金してもらえます。もし保証期間内では手続きが間に合わない場合は、保証期間の延長の申請ができます。

まず、トップページの「アカウント」から「私の注文(My Order)」を選択して、表示されたページの「Awaiting delivery」の商品を選択し、「Order details」をクリックしてください。

すると、まだ受け取っていない購入商品が表示されますので、その欄に「If you do not receive the order within」の記載に続いて「●●days」と書かれています。この数字が残りの保証期間となります。

もし保証期間が少なかったら、セラーに保証期間の延長を申請しましょう。セラーが了承しない限り延長はできないので、注意してください。保証期間を延長するにはまず、まだ受け取っていない購入商品の表示欄にある「order id」の後の「View Detail」をクリックします。

「Extend Processing Time」を選択してください。

「2. To extend the Buyer Protection for this order, please」と書かれている箇所にある「click here.」をクリックします。

すると「Submitting a Purchase Protection Extension Request」というウインドウが現れるので、入力欄に希望する延長期間を入力したら申請が完了します。

メッセージを何度も送信してみる

海外のセラーとのやり取りは、少々ゆっくりとした面があると理解しましょう。こちらが問い合わせのメッセージを送っても、すぐに返信してくれないことはよくあります。

日本のショップであれば翌日の返信は当たり前ですが、海外では当たり前ではありません。まずは、何度もメッセージを送ってみましょう

紛争手続きをする

紛争と聞くと裁判のような手続きに感じますが、AliExpressでの紛争は返金手続きのやり取りのことを指します。何度もメッセージを送っても返事がなかったら、「紛争」の言葉を出してみましょう。セラーは低評価を嫌うので、紛争と聞くと対応してくれることが多いです。

まずはセラーと交渉をして、セラーからの同意が得られたら返金してもらえます。しかしセラーが応じない場合は、AliExpressが間に入って進めていくことになります。万が一のために、注文日時や注文履歴の画像は保存しておきましょう。

配達完了と表示されたのに届かない場合

AliExpressの追跡トラブルは、「配達完了」と表示されているのに届いていないことがあります。セラーに悪意があるわけではなく、以下の2つのような状況の場合、追跡がうまく表示されないことがあります。

  • 最寄りの郵便局に配達済み
  • 配達完了の地域が間違っている

最寄りの郵便局に配達済み

追跡を確認してみると、最寄りの郵便局まで届いている可能性があります。行き違いなどで郵便局が配達を完了していることがあるため、ポストや不在票を確認してみましょう。

どちらも確認できなかったのに「配達完了」となっていたら、郵便局に保管されている可能性があります。もし表示がおかしいと感じたら、最寄りの郵便局に問い合わせてみてください。

郵便局に保管されていた場合は、すでに何日も保管されていたことになります。1週間以上経つとセラーに返却されてしまうため、早めに引き取りに行きましょう。運転免許証や保険証などの身分証明書と、印鑑が必要です。印鑑が無い場合は、サインでもOKです。

電話で問い合わせることもできますが、詳しい内容が分からないと電話口の方も対応しきれないので、直接問い合わせた方が確実です。

配達完了の地域が間違っている

なぜか全く違う地域に配達されている場合は、以下の3つの原因が考えられます。

  • 間違った追跡番号を伝えられた
  • セラーが他の顧客と間違えて送った
  • 住所の入力情報が間違っていた

間違った追跡番号は、さまざまな理由があります。もしこちらが追跡なしの配達方法を選んだ場合、他の人の追跡番号を伝えたことが考えられます。

また、自分が在住している地域と全く別の都道府県に配達されていた場合は、完全にセラー側のミスなので、セラーに問い合わせて確認してもらってください。

AliExpressで購入した商品に追跡番号をつける方法

AliExpressで購入した商品に追跡番号を付ける方法を紹介します。

購入時にTracking Available(追跡可能)を選択する

AliExpressで買い物をする場合、購入前に追跡可能かどうかを確認することができます。

商品購入画面の「Shipping」を選択します。

下図のように「Tracking Available」と記載された配送方法を選択すれば、追跡が可能になります。

「Tracking Unavailable」と記載されている配送方法は、追跡ができませんので注意しましょう。

早く配達してほしいなら、金額の高い配送方法を選択する

商品が少しでも早く届いてほしい!と考える人は、金額の高い配送方法を選択しましょう。

下図の商品はいずれの配送方法を選択しても追跡は可能ですが、1番金額の高い配送方法の方が早く商品が到着します。

金額の高い配送方法を選択することで、早く確実に商品を購入することが可能です。

AliExpressの偽番号はよくあること?

偽番号とは、セラーから伝えられた追跡番号が、自分の荷物の追跡番号でないもののことです。先述したように、日本に到着してからは郵便局経由で届けられます。しかし、郵便局名や配達先の地域がまったく違っていた場合、偽番号を教えられたことになります。

なぜ偽の追跡番号を教えられたのかは気になるところですが、まずはセラーに連絡をしてください。そして、保証期間の確認、延長をしましょう。

偽番号で損をすることがある

偽番号を伝えられた際に注意したいのが、もし「配達完了」となった場合に保証期間が10日に短縮される点です。もし偽番号だと気付いても待ち続けていたら、取引が終了されて返金手続きができなくなってしまいます。

紛争もできないので、もし無事に届いたとしても不良品だったら泣き寝入りしなければなりません。偽番号だと気づいたら、保証期間を延長し、もしセラーが対応しない場合は、早めに紛争の手続きを開始しましょう。

まとめ

AliExpressは、海外から安く商品を購入することができます。しかし、誠実でないセラーに当たったり、輸送トラブルが起こることがあります。

もしトラブルが起こったら、積極的にセラーとやり取りをしましょう。英語でのメッセージは、翻訳機能を使えば問題ありません。

また、AliExpressは誠実な通販サイトであり、紛争や保証期間など、購入者を守るための制度が備わっています。万が一トラブルがあったら、冷静に一つずつ対応していきましょう。

よかったらシェアしてね!
  • URLをコピーしました!
  • URLをコピーしました!

この記事を書いた人

ビジネスのノウハウを実践ベースで徹底的に追求するのがアクシグ。
世界で最も専門的で網羅的なコンテンツを提供し、ノウハウを惜しげもなく提供していきます。

目次