物販

Amazonの配送業者ePacketって何?追跡方法や届かない時の対処法を詳しく解説!

Amazonで購入した商品が「ePacket」という配送業者から届くことがあります。ヤマト運輸や佐川急便などが多い中、ePacketと聞いてもピンと来ない方も多いでしょう。

ePacketは中国郵政・チャイナポストの国際配送サービスの一つで、中国のセラーが商品を送る際によく利用します。ところが、チャイナポストは届くのが遅い、という口コミが少なくありません。

そこで今回は、ePacketをはじめ中国郵政の国際配送サービスや追跡方法、荷物が届かない時の対処法についてまとめました。Amazonでのショッピングやせどりの際の参考にしてください。

チャイナポストと国際配送サービス

初めにチャイナポストと、その国際配送サービスについて解説しましょう。

チャイナポストとは

チャイナポストは「中国郵政」のことで、日本でいう日本郵政グループに似た国営企業です。郵便事業が主ですが、それ以外にも金融業や宅配業などを手がけています。年間に取り扱う郵便小包は500億個を超えて世界トップで、日本へは、Amazon以外にもAliExpressやタオバオなどで買い物をすると、チャイナポストから届くことがあります。

チャイナポストが手掛ける国際配送サービスについて、具体的に解説しましょう。

EMS

EMSは国際スピード郵便です。中国だけでなく日本でも広く利用されているので、馴染みのある方も多いかもしれません。

チャイナポストの国際輸送サービスの中では最も速く、日本には3〜5日くらいで到着します。また、追跡サービスが利用できるので安心です(下記ページから追跡可能)。

参考:EMS配達状況のご確認

普通航空小包

普通航空小包は、チャイナポストの国際運送サービスで、もっとも安いですが、その分時間がかかります。輸送時にEMSやePacketが優先される上、輸送可能な日本行きの飛行機が空くのを待つ必要があるからです。中には直行便ではなく、シンガポールなど他の国や地域を経由して到着するケースもあるため、早くて半月、長ければ1ヵ月を超えるケースも珍しくありません。これが中国からの輸送は時間がかかるといわれる大きな理由の一つです。

ePacket

ePacketは、2017年にチャイナポストが中国と香港でスタートした国際配送サービスです。日本への到着は7~10日くらいで、EMSより安いのが特徴です。配送できる国は38ヵ国で、ESMほど多くありません。

チャイナポストがePacketを導入した背景には、近年のEC市場の急拡大があります。EMSは速いですが割高なため、だれもが頻繁に利用するのは経済的に難しいです。しかし、普通航空小包では時間がかかり過ぎます。そこで両者の中間的な存在として、ほどよく速くて安いePacketを考案したのです。ePacket導入により、チャイナポストはEC需要を大きく取り込んで、シェア拡大にこぎつけました。このため、Amazonの中国セラーは、ePacketで商品を送ってくるケースが多いのです。

中国の大型連休について知っておこう

Amazonで注文した中国セラーの商品は、到着までにとても時間がかかる、とよく言われます。これは、前述した普通航空小包のような運送業者の事情以外にも、いくつか理由があります。その一つが、年に何度か訪れる中国ならではの大型連休です。

チャイナポストなどの配送業者は営業中でも、セラーが長期休みをとるケースがよくあるため、商品自体が発送されないのです。急ぎの商品は、大型連休を避けるなどの工夫が必要です。

そこで、中国の大型連休について、具体的な時期や日数をお伝えしましょう。とくにセラーでAmazonを頻繁に利用する方は、よく覚えておいてください。

「春」「初夏」「秋以降」と3つのシーズンに分けてご紹介します。春節と中秋節は、毎年、大まかな時期は同じですが、細かな日付は年によって違います。理由は太陽暦ではなく太陰暦で決められるからです(他は太陽暦のため、毎年ほぼ同じ日付です)。大型連休は、前年の12月10日前後に政府から正式発表されます。2週間~1ヵ月ほどずれる場合もあるので、必ずチェックしましょう。

春の大型連休

まず、年明けから春までの大型連休です。

「元旦」
日本と同じく、1月1日から3日間が祝日となります。ただし、年によっては元日の1日のみという場合もあります。

「春節」
春節が日本でいうお正月となり、中国の大型連休としてはもっとも賑わいます。早ければ1月下旬、遅ければ2月中旬前後から約1週間続きます。国内だけでなく、海外にも相当数の人たちが旅行に出かけるため、世界的にも有名です。

「清明節」
4月4日か5日からの3連休というのが、ほぼ毎年のパターンです。期間は短いですが、2,500年以上前から続く、先祖を供養する時期で、多くの中国人が最重要視しています。よって、この時期は完全に休暇となる業者が多いです。

初夏の大型連休

次は、初夏の大型連休です。

「労働節」
日本でいうメーデーの時期です。5月1日が労働節で、ここから5連休が基本です。労働者の権利を意識する週間ですが、最近は短くなる傾向が強いです。

「端午節」
毎年6月に3連休となります。太陽暦と太陰暦の両方の考え方を取り入れるため、年によって決め方がバラバラです。日本の端午の節句は中国から伝わったものですが、中国の端午節は、日本のように子どもにスポットを当てた祝日ではありません。中国発祥のドラゴンボートレースが華々しく開催され、ちまきを食べて無病息災を願う意味合いが強いです。

秋以降の大型連休

最後は、秋から冬にかけての大型連休です。

「中秋節」
中秋の名月で、旧暦の8月15日から3日間が連休です。太陽暦では9月の末~10月の初旬あたりになります。家族団らんを楽しむのが主な目的のため、仕事を休みにするセラーもたくさんいます。

「国慶節」
中国の建国記念日で10月1日です。通常この日から7日間の連休ですが、暦によって中秋節と重なることもあります。長期連休となるので、海外へ旅行に行く人も大勢います。

中国からの荷物が遅れる理由

中国からの荷物が遅くなる理由を、さらに掘り下げてお伝えしましょう。

ある程度荷物が貯まらないと送らない

チャイナポストでは、速達など急ぎの荷物でない限り、ある程度荷物が貯まらなければ配送されません。理由は、頻繁に送ることで人件費や輸送費がかさむのを避けるためです。とくに春節などの大型連休が重なると、荷物が十分貯まったとしても一気に全て送るのは難しいため、さらに時間がかかることもあります。

国際交換局での通関に時間がかかる

Amazonで注文した商品は、チャイナポストがセラーから受け取って、各地の国際交換局に運びます。国際交換局とは、すべての国際郵便を集めて通関手続きをする、大規模な郵便局です。

中国は国土が広く、セラーの拠点によっては国際交換局まで運ぶのに時間がかかります(国際交換局がある北京や深圳からであれば比較的速いです)。また、通関手続きでスムーズに許可が下りなければ、さらに時間を要します。もちろん、日本でも同様に国際交換局が存在し、通関業務を行います。これらを経てから届け先へ個別配送されるため、なかなか荷物が到着しないことがあるのです。

チャイナポストの追跡方法

EMSやePacketを使った荷物は、追跡サービスが利用できます。普通航空小包も追跡できますが、中国国内限定です。

具体的には、
・AfterShip
・17TRACK
・日本郵便

がおすすめです。

一つずつ順を追って解説しましょう。

AfterShip

AfterShipは、チャイナポストをはじめ、ヤマト運輸やDHLなど世界の470の運送業者と提携している、世界トップクラスの追跡サービスです。日本語を含む30言語に対応しているので、使いやすい点がおすすめです。

AfterShipは、無料で1ヵ月に100件まで追跡登録可能です。メール登録しておけば定期的に配送状況を通知してくれるので、わざわざ追跡検索する必要がありません。

参考:AfterShip

17TRACK

17TRACKも、AfterShipに引けを取らないメジャーな追跡システムです。世界220ヵ国で使用され、30言語に対応しています。もちろん日本語も使えます。eコマースの発展を支えるべく、2010年に中国で設立されました。追跡ナンバーを専用サイトで入力するだけのため、とても簡単に使えます。

参考:17TRACK

日本郵便

日本郵便にも追跡ツールがあります。とても使いやすいサービスですが、チャイナポストの荷物情報が反映されるまで、かなりのタイムラグが生じることがあります。まずは17TRACKなど海外の追跡サービスを使う方が無難でしょう。

参考:個別番号検索|郵便局

追跡番号の読み方

追跡番号は、全13桁からなります。英数字がたくさん羅列してあると、とてもややこしく感じるかもしれませんが、その意味はさほど難しくありません。

まず、最初の2文字のアルファベットは、サービス内容を意味しています。
EE…EMS(国際スピード郵便)
RI…国際書留郵便
CP…国際小包
LN or LM…国際特定記録便(ePacketはこれにあたります)

つぎの9桁の数字は、荷物に付与された番号です。

最後の2文字のアルファベットは、発送元の国を表します。
CN…中国
SG…シンガポール
US…アメリカ
KR…韓国
など
です。

届かない時の対処法

中国からの荷物は、届くのに時間がかかることが珍しくありません。そのため、紛失したのか詐欺かなど、良くないことを想像してしまうこともあるでしょう。しかしその前に、届かない理由や荷物の状況を確認するための対処法がいくつかあるので、ご紹介します。荷物がなかなか届かない場合は、落ち着いて、まずできるところから手を打ってみてください。

まず追跡しよう

荷物が届かない場合は、まず追跡サービスを使いましょう。前述のAfterShipや17TRCKなど、海外のサービスがおすすめです。日本郵便のサービスも良いのですが、ステータスが反映されるのに時間がかかることが多いので、参考程度にしてください。

届くのを待とう

追跡サービスで確認して、確かに日本に向けて発送されていると分かればひと安心です。中には、あるステータスから一向に変化しない場合もあります。しかし、トラッキングできるということは、届くのはほぼ確実ですから心配いりません。

ネットの口コミでは、中国からの荷物への苦情が散見されます。なかでも遅延についてが非常に多いですが、ほとんどの場合、無事到着したという結論に至っているので、信じて待つ姿勢も大切です。

本当に届いていないか確認しよう

意外と多いのが、実は荷物がすでに届いていたというケースです。知らないうちに家族や会社のスタッフが受け取っていたり、思わぬ場所に置き配されているのに気づかなかったりすることもあります。今一度、思い込みを捨てて、確認してみましょう。

セラーに問い合わせよう

Amazonの場合、まずは注文履歴から商品ページを開き、「販売元」の「ショップ名」をクリックします。

ショップの評価や返品ポリシーなどに関するページが開かれるので、そのページの右側にある、「質問する」をクリックします。

「出品者メッセージアシスタント」というページが開かれ、チャットで質問することができます。問い合わせ内容に沿って、操作を進めていってください。

もしそれでも解決しなければ、Amazonのカスタマーサービスに直接相談してください。

参考:Amazonカスタマーサービス

日本郵便に調査依頼しよう

Amazonに問い合わせても解決しない場合は、最後の手段として日本郵便に調査請求をする方法があります。チャイナポストでの配送であれば、日本郵便で状況把握が可能です。下記ページから専用の請求書をダウンロードの上、郵便局にお持ちください。

参考:調査請求書のダウンロード

まとめ

中国郵政・チャイナポストのサービスと、荷物が届かない場合の対処法についてお伝えしました。

中国では、荷物が遅延しかねない様々な要因があります。つい日本の常識で考えがちですが、大型連休やチャイナポスト特有の慣習について知っておくと、余分なストレスを抱えずに済むでしょう。

また、大切な商品や急ぎのアイテムについては、あえて中国のセラーから買わない、という方法もあります。もちろん安くてお得な商品も数多くあるので、うまく工夫してAmazonショッピングを楽しみましょう。

ところで、ビジネスで成功するためには独学よりも体系化された教材やサービスを活用して学ぶ方が結果が早く出ます。

ここではアクシグ編集部が予め登録した上で責任者に直接取材をし、有用性を確認した教材やサービスのみを厳選してご紹介します。無料ですのでお気軽にご登録またはご相談ください。

【期間限定公開】物販の教科書

初心者から上級者まで成功事例を完全網羅!物販を仕組み化で安定して稼ぐ方法を実例を交えて解説します。

  • 物販の各ジャンル別の実践マニュアル
  • 売上伸び悩みを解消する高収益型ビジネス
  • 物販を自動化して自由な時間を得る秘訣
  • 安定資産で複数の収益源を生み出し構築する方法

その他、タメになる情報が盛りだくさん!

あなたのビジネスを成功させるために、今すぐ限定情報を入手してください。

【漫画で分かる】無在庫輸入物販ビジネス

アメリカやヨーロッパの商品を日本の「Amazon」などで 受注をしてから仕入れる無在庫方式の販売方法を解説しています。

  • まとまった資金がなくてもスタート可能!
  • 取り寄せ式なので大量の在庫を抱えなくて良い!
  • ネットで完結なので自宅でできる!

1つの商品の販売で1万円以上の利益を得ることもでき、 効率良く手元の資金が増やすことができます。

あなたもぜひ無在庫欧米輸入ビジネスで、 堅実な収入の柱を一緒に作りませんか?

【無料相談】Biz English

ビジネス英語は3ヶ月でマスターできます!

インターネットの買い物に慣れてくると、アメリカのアマゾンやeBayで購入したり出品したりしたくなるでしょう。英語ができなくてもGoogle翻訳やDeepLなどのツールを使えば始めるのは簡単です。

ところがクレームや返金などが発生すると機械翻訳では上手く交渉できません。金額が大きくなりビジネスレベルになるとなおさらリスクが高くなります。

ビズイングリッシュはビジネス英語専門の英会話スクールです。受講生は全くのゼロから英語でアカウントを復活させたり、海外の展示会で交渉に成功したりと幅広く活躍をしています!

今すぐビジネスレベルの英語力を身につけましょう!