物販

Amazonのマーケットプレイスを悪用した詐欺に注意!個人情報を守れ!

Amazonは家庭用品から事務用品まで、とにかく様々な商品をまとめて購入できるショッピングサイトです。普段から利用されている人も多いのではないでしょうか。そして、Amazonの商品には、Amazon自体が販売・出荷を行っている商品と、Amazonではない一般の出品者が販売・出荷を行っている商品の2種類があります。

後者の方をマーケットプレイス商品と呼びますが、実はマーケットプレイスで販売されている商品で詐欺に遭ったり、個人情報が盗まれたりするケースが後を絶ちません。では、どのようにすれば私たちはAmazonで安全に買い物を楽しめるのでしょうか。

こちらの記事では、Amazonマーケットプレイスで起きている詐欺や個人情報の悪用について解説します。また、それらの被害に遭わないための予防策も併せてご紹介しますので参考にしてください。

Amazonで横行している詐欺の手口と目的

マーケットプレイスの詐欺は、具体的にどのような手口で何のために行われるのでしょうか。まずは、日本のAmazonで横行している詐欺の手口やその目的を解説いたします。

詐欺目的の人が出品しやすいマーケットプレイス

Amazonのマーケットプレイスは、Amazon自体が販売していないような新品の商品や中古品を安く購入できるので大変便利です。

このAmazonマーケットプレイスには、リアル店舗を運営している人はもちろんのこと、お店を持たない一般の人でも商品を出品できます。しかも、出品手続きは簡単です。この簡単さゆえに、詐欺師が忍び込んでしまうのです。

Amazon以外の出品者による発送に注意

Amazonで販売されている商品が、Amazon自体が出品している商品なのか、その他の出品者が出品している商品なのかを見分ける方法は簡単です。パソコン版でもスマホアプリ版でも良いのですが、「カートに入れる」のボタンの下を見るだけです。

この記載が「Amazonが販売・発送を行っています」であれば、Amazon自体が商品販売から発送まで行っているので、まず安心して良いでしょう。しかし、Amazon以外の出品者が販売・発送を行っている場合は注意が必要です。

商品を激安で販売しているのが詐欺の特徴

マーケットプレイスで一番多い詐欺の手口は、商品を激安で販売し、購入者からお金だけを受け取って商品を発送しないという極めて単純な方法です。しかし、定価よりもかなり安い金額で商品が売られていたら、多くの人は「やったー、安い!すぐに買おう!」という気持ちになってしまいます。

また、詐欺師はユーザーの心理をよく分かっているので、1点だけ激安で出品してユーザーに「残り1点だ!急がないと!」と焦らせる工夫をしています。そのため、出品者をよく確かめもしないで慌てて購入して詐欺に遭ってしまう人は少なくありません。

出品者アカウントの乗っ取り詐欺

また、他の出品者のアカウントを乗っ取って詐欺を行う手口も存在します。この手口を使う詐欺師は乗っ取ったアカウントを使って詐欺を行うため、本物のアカウント保持者も被害者となってしまいます。

「自分の出品者アカウントを乗っ取られたら、すぐ気づくだろ?」と思いますよね。しかし、Amazonでは出品者アカウントを持っているけれど何年も使っていないという元出品者がたくさんいます。そのような出品者のアカウントが狙われてしまうわけです。

では、どうして詐欺師は他人のアカウントで詐欺を働くのでしょうか。理由は簡単です。詐欺を働いた際に購入者がクレームを送っても、クレームは本物のアカウント所有者にいくだけで、詐欺者には何も面倒なことが起こらないからです。

購入者と本物のアカウント所有者、そしてAmazonのカスタマーサービスが「どういうことだ?詐欺なのか?大変だ!」とパニックになっている間に、詐欺を働いた本人はサッサとお金だけを回収して身を隠します。

詐欺に遭った時に起こり得る事態

では、私たちユーザーがAmazonで詐欺に遭った時、また、自分の出品者アカウントが乗っ取られて詐欺に使われた時、どのような事態が起こるのでしょうか。詐欺に遭った時に冷静に対処するためにも、起こりうる事態を把握しておきましょう。

お金を支払っても商品が届かない

まず、詐欺者の商品を購入してしまうと、商品代金を支払ったにもかかわらず商品が届かないことが大半です。また、商品が届いたとしても、商品写真や商品説明文とは異なるお粗末な商品が届くことも度々です。

個人情報が抜き取られる

ユーザーが商品を注文すると、ユーザーの氏名・住所・電話番号の個人情報が出品者に公開されます。つまり、出品者が詐欺者だった場合、お金を取られるだけでなく、個人情報まで抜き取られてしまうのです。

そして、抜き取られた個人情報は次に詐欺を行うために利用されることもあります。知らない間に自分の住所・氏名を使われてアカウントを作成され、最悪の場合、加害者にされてしまう恐れもあるということです。

突然、大量のクレームが届く

ユーザーが持っている出品者アカウントが乗っ取られた場合も大変なことになります。特に休眠中のアカウントが勝手に乗っ取られた場合、本物の出品者は突然自身のメールアドレス宛に身に覚えのないクレームが大量に届くことになります。

また、出品者情報に電話番号や住所を記載していた場合は、直接クレームの電話をかけられたり、住所にやって来られたりします。身に覚えのないことでクレームをぶつけられたりするのは、かなり怖いですよね。

詐欺に遭ったらすべきこと

万が一、Amazonで詐欺やアカウントの乗っ取りに遭ってしまった場合に、あなたがすべきことを解説します。焦らず、冷静に対処すれば大丈夫なので、やるべきことを確認しておきましょう。

発送予定日や到着予定日を確認し、それから出品者に連絡する

代金を支払ったにもかかわらず商品が届かなかった場合は、まず商品の発送予定日、または到着予定日を確認しましょう。購入後すぐに届くと思い込んでいただけで、実は発送が2週間後だったということもよくあります。特に海外から商品を発送する場合は、注文から1ヶ月ほどかかることもあります。

到着予定日を過ぎても商品が届かなかった時は、出品者に連絡してみましょう。

Amazonのカスタマーサービスに連絡する

出品者にメッセージを送っても何の返信もない場合や、返金に応じてくれない時は、Amazonのカスタマーサービスに連絡しましょう。Amazon側が出品者に連絡するなど、何らかの対応を行ってくれます。それでも問題が解決しない場合は、マーケットプレイス保証をすすめられます。

マーケットプレイス保証に申請する

マーケットプレイス保証とは、商品が届かなかった場合や届いた商品が不良品だった場合に返金してもらえる制度のことです。出品者に連絡したにもかかわらず、返信がなく何の対応もしてもらえない時に申請できます。

ただし、この保証制度は商品のお届け予定日から90日以上経過してしまった場合は利用できません。実は、詐欺者も「お届け予定日から90日(3ヶ月)経過後は保証申請できない」ということを知っているので、いろんな策を立てて90日待たせようとします。

例えば、「商品の通関手続きに時間がかかっているので数日待ってください」などと言われたら要注意です。出品者に言われるがままに放置するのではなく、90日経つ前に保証申請しましょう。

電子メールを悪用した詐欺

Amazonを利用した詐欺は、商品を発送しない詐欺や出品者アカウントの乗っ取り以外にも存在します。それは、「Amazon」という名称を悪用した電子メールによる詐欺です。それでは、電子メールを利用した詐欺について見ていきましょう。

電子メールを利用してログイン情報・個人情報が盗まれる

Amazonを利用していれば、「注文した商品が本日到着予定です」といったメールを受け取ることがありますよね。差出人の名前が「Amazon」なら、何も疑わずにメールを開く方もいらっしゃるでしょう。

しかし、安易にAmazonからのメールを開いてしまうのは危険です。なぜなら、本物のAmazonのメールに似せた詐欺メールが多く出回っているからです。

偽物のAmazonメールを受け取ったユーザーがそのメールに記載されたURLをクリックすると、偽物のAmazonのホームページに誘導されます。

そして、「AmazonのログインIDとパスワードを入力してください」という指示に従ってログインIDとパスワードを入力してしまうと、これらのログイン情報が盗まれてしまいます。その後、詐欺師がユーザーのアカウントに勝手にアクセスし、その氏名や住所・電話番号などの個人情報を盗み出すのです。

メールアドレスをチェックすると本物と見分けられる

しかし、偽物のAmazonメールを見破る方法はあります。一番簡単な方法は、発信元のメールアドレスを確認することです。本物のAmazonのメールアドレスはEメールの「差出人」欄を見ると、下記に記載されているドメインのいずれかが含まれています。

  • amazon.co.jp
  • amazon.jp 
  • amazon.com
  • amazonbusiness.jp
  • email.amazon.com
  • marketplace.amazon.co.jp
  • m.marketplace.amazon.co.jp 
  • gc.email.amazon.co.jp
  • gc.amazon.co.jp
  • payments.amazon.co.jp

上記以外のドメインの場合は、フィッシングメールやなりすましメールである可能性があります。

URLをチェックすると本物と見分けられる

メール内に記載されているURLもメールアドレスと同様にチェックできます。本物のAmazonのURLは、「https://××.amazon.co.jp/」または「amazon.co.jp/」で始まりますので、これら以外のURLが記載されている場合はクリックしてはいけません。

詐欺に遭わないための予防策

Amazonを利用した詐欺に遭うと、お金がとられるだけでなく大切な個人情報も盗まれてしまいます。詐欺に遭わないためには、あらかじめ用心しておくことが重要です。そこで、ここからは、Amazonで詐欺に遭わないための予防策を解説いたします。

異常に安い商品は購入しない

価格が他の出品者と比べて異常に安い商品は、詐欺商品の可能性が高いです。例えば、定価が2万円以上するゲーム機が9,800円という破格の値段で出品されていた場合、飛びついてしまう人は多いかもしれませんが、詐欺の可能性もあるため注意しなければなりません。

もしも「詐欺かな?ただ安いだけかな?」と疑問を感じた場合は、出品者の評価を参考にしてみましょう。出品者の最近の評価が高く、商品レビューも悪くない場合は購入しても問題ない場合が多いです。

しかし、過去には良い評価を得ているものの、間近の評価が悪い場合や無い場合には、アカウントが乗っ取られている可能性があるので、購入は控えた方がよいでしょう。

新しいアカウントで大量出品している場合は注意する

評価が1つもない比較的新しいアカウントで、大量の商品を格安で出品している出品者にも注意してください。詐欺を働くためにアカウントを新しく開設している可能性があります。

ただ、新規開設したアカウントで外注さんを使って大量に商品を出品しているだけの場合もあります。商品の価格が適正価格であれば問題ありませんが、異常に安い場合は警戒してください。

「最近の評価・レビューがない」あるいは「評価の悪い」出品者からは購入しないのが一番です。商品の購入を急いでいる場合でも、必ず出品者情報をチェックしてから購入するようにしましょう。

Amazon以外が発送している商品に注意する

先ほどもお話しましたが、商品の詳細ページでは、誰が商品を販売して発送を行っているかが記載されています。商品の出品者または発送者がAmazonであれば、Amazonが責任をもって商品管理を行い発送しているので、安心して購入できます。

詐欺に遭うリスクを減らしたいなら、Amazonが発送する商品のみを購入するのがおすすめです。新品の商品であれば、Amazonの発送商品だけで大抵は揃えられます。

中古本や中古ゲームを買いたい場合はマーケットプレイスで購入することが多くなりますが、その際は必ず出品者の評価に目を通してから購入しましょう。

なお、中古品の場合、「商品状態が美品と書かれていたのに、届いた商品は傷だらけだった」というトラブルはよくあります。詐欺かどうかの判断は難しいですが、中古品を購入する場合は思っていた状態と異なるコンディションの商品が届くケースはよくあるので、そのリスクを踏まえて購入しましょう。

詐欺を把握し、安心してAmazonで買い物しよう

Amazonでは色々な商品がまとめて購入できるので、普段から利用していると生活が楽になりますよね。しかし、Amazonのマーケットプレイスには、商品を送らなかったり、個人情報を盗んだりする詐欺が存在します。

詐欺に巻き込まれないように、今回ご紹介した内容を頭の片隅に置いておいてください。