物販

【2019年最新版】中国輸入リサーチの最短攻略法

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • Pocket
  • LINEで送る

この記事ではAmazonでの商品リサーチ方法を説明しています。
やり方はセラーによっても違いますが、初心者の方にとって参考となる方法や、基礎的な知識をまとめました。
慣れてきたら自分に合った方法を見つけていきましょう。

Contents

中国輸入リサーチの活用で最短で成功する方法を動画で見る

Amazonでの中国輸入ビジネス。そのリサーチ内容を知ろう

Amazon輸入ビジネスとは、輸入した商品をAmazonで販売するビジネスです。
中国輸入というのは、中国から商品を仕入れることを表します。
輸入ビジネスの販路はAmazonだけではなく販路も自由に選ぶことができます。輸入ビジネスの中で販路をAmazonにしていることをAmazon輸入ビジネスと呼び、多くの人に選ばれている形態です。
仕入れ先も豊富で割と簡単に稼げる為、資産運用の手段として選ばれるビジネス形態ですが、利益を出し続けるには知っておくべきこと事前に考えなければならないことがたくさんあります。
今回はAmazonで利益を出し続けていくための仕入れや物流・ツールについて学びましょう。

中国輸入リサーチの秘訣その1.仕入れについて

輸入ビジネスに参入している人も多い現状、差をつけるにはまず他セラーよりもいかに安く仕入れられるかが大切です。
たとえ安価で購入しても、他セラーも安く仕入れられるのならば意味がなくなってしまいます。
もし、他セラーがある商品で稼げていることが判明しても、仕入れることができなければ勝負にもならないのです。
初心者や慣れるまでは海外のAmazonやeBay等他の市場を利用し、慣れてきたら海外の代理店やメーカーとの交渉をして仕入れるようにするとよいでしょう。

中国輸入リサーチの秘訣その2.物流について

商品を購入した後は当然海外からの発送になります。運送会社を選ばなければなりません。
有名どころで言えばDHLやFedex等。直接契約ができれば一番ですが、最初は代行会社の利用をおすすめします。
もし、他セラーと同じ価格で仕入れているはずなのに販売価格に差がある場合、相手の利益がどうなっているのか、何が違うのか気になりますよね。
その理由は配送価格の違いです。ベテランのセラーの方が断然安い価格で配送して仕入れています。
しかし初めのうちは、他者と比べたり難しいことを意識したりしていると余計に混乱するので、単純に考えましょう。
取扱量が増えることで1kg当たりの送料を下げることができるので、利益にこだわりすぎず売上ベースで考えることをおすすめします。

中国輸入リサーチの秘訣その3.ツールについて

輸入ビジネスをする際、全ての作業を自分だけで行うのは無理があり、売上が増えればなおさらです。
無理が重なれば疲労も溜まり効率が悪くなることは想像がつくと思います。効率の悪さは売上にも影響してくるのです。
そのような状況を避けるため、ソフトウェアの導入外注で仕事を省いていきましょう。
初心者の内は、最低限リサーチツールの導入だけで問題なく、コストもほとんどが仕入れなど商品に関するものだけですが、売上が伸びれば人手が必要になり人件費やその他通信費・消耗品費などのランニングコストが発生します。しかしそれを削りすぎれば売上が伸びなくなってしまうので、それらのことも徐々に学んで行きましょう。
後は、作業にあてる時間をどこまで短縮させたいかにもよります。

中国輸入する前にAmazonリサーチをしよう


ただ闇雲に仕入れたり、自分の好みだけで仕入れても成功にはつながりません。
市場で需要があるものをリサーチする必要があります。その際にもAmazonを利用してリサーチができるのです。
以下の手順で行っていきます。

Amazonで仕入れ商品とその販売個数をリサーチ

中国サイトで仕入れ元をリサーチ

利益がどれくらい出るか計算

Amazonで仕入れ商品とその販売個数をリサーチ

まず、仕入れる商品の候補を決めるためのリサーチをします。
市場での需要を考えながら選ばなくてはいけない為、センスが問われる部分です。
初心者とノウハウを知っているベテラン勢とは国際送料等、経費のかけ方で差が出るので、小さくて軽い物の扱いから始めるのが賢明です。
仕入れ候補の商品を決めたら、該当商品あるいは類似商品の月間売上個数を把握しましょう。
売上個数は、仕入れを決定する際の判断や仕入れ個数を決める上で大事な数字になるので、必ずリサーチしてください。
リサーチの方法は後で説明します。

中国サイトで仕入れ元をリサーチ

月の販売個数が分かったら、その商品をどこから仕入れているのか突き止めます。
アリババタオバオ等の中国サイトを使用しリサーチします。
キーワードもしくは画像で検索できるので、自分のやりやすい方法を選ぶとよいでしょう。

中国輸入リサーチで利益がどれくらい出るか計算

利益計算に必要な項目とその計算式の一例を紹介します。

・売値(Amazonでの仕入れ商品や類似商品の金額を参考にしましょう)
・仕入原価(中国サイトに記載の商品代金)
・為替レート(代行業者によって為替レート+1円等定められている場合があります)
・代行手数料(こちらも代行業者によって違います)
・中国国内送料(仕入れ先ごとに違うので確認しましょう)
・国際送料(重量・容積など計算方法によって違いがあります)
・関税率(財務省貿易統計のサイトで調べましょう)
・日本国内送料(自分の手元からAmazon倉庫に送る場合にかかります)
・管理費(AmazonのFBAや倉庫を利用するとき等の費用です)
・販売手数料(出品する以上販売手数料が必要です)
・消費税(日本で販売した際の消費税も必要です)

利益計算方法【粗利益】

売値×(1-販売手数料/100)-{(仕入原価+中国国内送料)×(1+代行手数料/100)+国際送料)×為替レート×(1+関税率/100)×(1+消費税/100)+日本国内送料+管理費}

利益計算方法【粗利率】

粗利益÷{(仕入原価+中国国内送料)×(1+代行手数料/100)+国際送料)×為替レート×(1+関税率/100)×(1+消費税/100)+日本国内送料+管理費}×100

毎回計算するのは大変だという方は、自動計算ツールを使用すると手間が省けます。
あくまで一例としての紹介です。人によって計算方法が異なりますので、自分に合った方法を見つけるとよりスムーズです。
また、あらかじめ販売するかどうかの基準(粗利〇円以上、粗利率〇%以上など)を決めておくと、判断にも困らずに済みます。

Amazonでの中国商品の売れ行きリサーチ方法


仕入れる商品の候補が上がったら、その商品の売れ行きを把握しましょう。
仕入れ数が多すぎると在庫がなかなか捌けず赤字になります。かといって慎重になりすぎて少なくすると利益を生む機会を自分で潰してしまうことになるのです。
また、仕入れる際はロットになるので、少なければ少ないほど商品の単価は上がってしまいます。
そうならないために適切な個数で仕入れる必要があるのです。
適切な個数を割り出すためには、同じ商品もしくは類似商品の売れ行き(販売個数)を調べなくてはなりません。
その方法は主に3つで、ランキングレビュー数在庫数からおおよその個数を読み取ることが出来ます。

ランキングから割り出す方法

ランキング上位にあるもの=売れ筋の商品ではあるのですが、それだけでは販売数が明確になりません。
ランキングの仕組みは、商品が売れると順位が上がり、売れなければ下がるというもの。その推移からおおよその販売個数を調べることができるのです。
その為に、モノレートを使用します。

まず、気になる商品を決める

 ↓

モノレートで商品名かJANコードを入力する

商品が売れるとグラフも右上がりになるのでその推移から読み取る

というやり方ですが、おおよその個数しか分からないことと、グラフの線形によっては個数まで読み取ることが難しい場合があるので、参考程度にしましょう。

レビュー数を参考にする方法

Amazonの商品ページには購入者からのレビューが記載されていますよね。
レビュー数や評価の内容は、売れ行きの判断材料になります。
モノレートやプライスチェックでランキンクが読み取れていないものの場合、こちらを参考にするとよいでしょう。
しかし、購入したら必ずレビューを書くわけではないので明確な数字の確認はできないことと、セラーが自作自演をしている場合もあるので気をつけましょう。

在庫数を確認する方法

こまめに調べなくてはいけませんが、これが一番正確な数字が出る方法です。
出品者の在庫数を記録して行き、減った分だけ売れたと認識します。
在庫数の調べ方の手順は以下の通りです。

該当商品をカートに入れる

在庫が20個以下になれば個数が表示される

もしも在庫ありとだけ表示されている場合は、それ以上の在庫があるということ(一部のカテゴリーでは6点以上で表示される)

カートの編集で数量を手入力する際に999と入力する


出品者の取扱点数が〇点ですと表示される

※カートに入れたものはリサーチが終わったら削除しておきましょう。
もしも調べる個数が多いなど手間がかかってしまう場合は、ツールの利用や他のやり方と使い分けることをおすすめします。

もし、在庫管理の失敗事例を具体的に知りたい方は、下記の記事を参考にしてください。

参考:中国輸入の失敗例!事例を学んでリスクを減らそう

中国輸入ではAmazonセラーリサーチも忘れずに行うこと


セラーリサーチとは、Amazonで輸入品を出品しているセラーから商品のリサーチを行うことをいいます。
中国輸入品を見つけることができたら、そのセラーの他の出品商品を見てみましょう。中国輸入品を扱っているセラーは出品商品のほとんどが中国輸入品です。
そしてその商品の仕入れは高確率でタオバオアリババ等、中国サイトを利用しています。

セラーリサーチが大切な理由

セラーの出品商品からリサーチすれば、需要があり利益につながるものや仕入れが可能な中国輸入品を効率よく判断することができるのです。
特に初心者の方は、利用できるものは利用しましょう。経験を重ねれば売れるであろうものを察知することもできるでしょうが、最初のうちはリスクを抑えるためにも真似できることはしてコツを掴むべきです。
セラーを1人見つけ、その商品に相乗りしているセラーを見てみると、また別の売れそうな商品を取り扱っていることがあります。相乗りセラーからもどんどんリサーチをすれば、あなたの仕入れ候補が広がり利益を高く出す可能性も広がっていくというわけです。
そのためには、最初のセラーを見つけなければなりませんので、その方法を説明します。

中国輸入セラーリサーチの手順

慣れている人であればダイレクトに商品名を検索できるのですが、初心者の方であれば【中国輸入品】などキーワードを入力するとよいでしょう。その際“ノーブランド”とだけ入力してしまうと、中国輸入でないものも引っかかったり、セラーが何かブランド名を登録している場合は表示されなくなってしまうので、必ず【中国】というキーワードを入れてください。

商品が見つかり相乗りセラーがいる場合は、「こちらからも購入できます」といったメッセージや出品数が出てきます。

“新品”のリンクを押すとその商品の相乗りセラーの一覧が表示されるのです。

その中から、高評価かつ発送元が日本になっているセラー(日本国内のセラー)を選びましょう。また、出品数が多いセラーだとなおよいです。
※気をつけなければならないのが無在庫販売です。出品数が1000件以上など多すぎたり、中国セラーだと無在庫販売の場合があります。これらは参考にできないので除外してください。

セラーを選んだら、セラー名をクリックしてセラーページに飛びます。

メッセージや店舗情報、レビューが表示されているのですが、一番下にそのセラーが出品しているものが表示されています。そこから一覧を確認し後は順番に画像でリサーチをかけていくだけです。

セラーリサーチでは相乗りができるオリジナル商品も見つかります。ブランド名がついていても、商標登録されていないものなら相乗り可能です。
商標登録がされているかは、特許情報プラットフォームのサイトでブランド名を検索すればすぐに判断できます。

セラーリサーチは1人のセラーから相乗りセラーをたどるだけなので、利益が出そうな商品を見つけるのも難しくないのです。

中国輸入セラーリサーチを行う際の注意点


セラーリサーチを行う際には注意しなければならないことがあります。
商品が絞れたら、その商品を何人のセラーがいくらで販売しているかも把握しなければなりません。
リサーチを行ったセラーの商品一覧から該当商品のページを開くと、そのセラー専用の商品ページとなります。
そのページからは他セラーの情報(販売価格や出品者数など)を確認することができないのです。
他セラーの情報を得るためには、ASIN(Amazon専用の商品管理番号で殆どの商品に割り振られる物)をコピーし、Amazon全体で検索をかけてください。

Amazon中国輸入ビジネスに重要!リサーチツール「アマテラス」の凄さとは?

輸入ビジネスをする上での肝となるのがリサーチです。
リサーチは輸入ビジネスを成功させるか否かの分け目でもあり、重要な作業になります。

せっかく輸入ビジネスを始めても、売れる商品が仕入れられていない・利益が出ていないのでは赤字になるだけなのですが、そんな現状に陥っている人は大勢います。
しかしそれほどリサーチは難しく重要であるということで、手間や時間をかけるのが当たり前。それができなければ諦めるしかないという認識が根付いてしまいました。
でも、そんな認識を払拭し、これまで多くの人を悩ませていた問題を解決してくれる魔法のようなツールがあるのです。それが【アマテラス】という仕入れリサーチツールになります。
仕入れ商品の候補を見つけ、仕入れ先までリサーチしてくれるので、費やしていた時間の大幅な削減だけでなく、今より利益が高い商品を仕入れられるのです。
アマテラスの機能はたくさんあるため、ここでは従来の手順→アマテラスを利用した際の手順を比較しながら、5つのstepで説明していきます。

1.Amazon内でカテゴリやキーワードから商品を絞る
  →アマテラスでカテゴリやキーワードから商品を絞る
2.ランキングの推移等から売れているか確認
→アマテラスの画面上だけで商品が売れているか確認できる

3.売れていれば中国サイトに行き同じ商品があるか検索する
→速ければたったのワンクリックで中国サイトにあるか探すことができる

4.経費などから、仕入れた時の利益計算をする(ややこしく手間がかかる)
→商品代金の入力だけで面倒な利益計算を一発で割り出すことが出来る

5.代行業者へ伝達する商品情報やURLをコピペ等手入力で保存
→簡単な操作でそれらの情報を保存することが可能
並べただけでも違いが分かりますが、step1~4までをより詳しく解説していきます。

step1~2.商品の絞り込みと売れているかの確認

step1.カテゴリやキーワードからの絞り込み

従来のやり方:Amazonのサイト上で検索をかけ、1点ずつ確認していく。

アマテラスで改善される点:Amazonのサイトを開かずにリサーチすることができます。また、価格からも条件を絞れるるため、中国輸入における狙い目の価格からピンポイントで検索することが可能です。複数の条件から組み合わせることもでき、効率よく利益が出やすい商品のリサーチが行えるようになります。

step2.商品が売れているかの確認

従来のやり方:モノレート等ツールを使ってランキングの推移から割り出したり、レビューや在庫数で確認。

アマテラスで改善される点:検索すると瞬時に売れているか否かが分かり、ワンクリックでモノレートのグラフも確認できます。

step3.売れている商品が中国サイトにあるか探す

従来のやり方:Googleの画像検索から同じものを探す。または、Amazonでの商品タイトルを中国語に変換しタオバオやアリババでキーワード検索をかける。

アマテラスで改善される点:画像検索の場合は画像検索ボタンをクリックし表示された中から見たいサイトのボタンを選ぶと同じ商品のページが表示されます。
キーワード検索の場合は、アリババかタオバオのボタンをクリックすると、商品タイトルの中国語変換を自動で行ってくれて同時に検索結果が表示されるのです。

step4.利益の計算を自動化

従来のやり方:全て自分で計算をするか計算ツールを利用しても、基本的な情報は調べなくてはいけないため時間がかかりました。
以下の数字を割り出すにも、項目が多く計算が苦手な人であれば余計に苦痛になる部分です。

・為替レートを調べ業者にも確認
・商品代金を日本円にして計算
・商品の重量からかかる送料を計算
・代行業者への手数料の計算
・関税を調べて計算
・FBAシミュレーターで販売手数料・FBA手数料を割り出す

利益の計算を自力でするには、経費の項目・計算も多くミスすることもあります。なにより手間がかかる方法だったのです。

アマテラスで改善される点:商品代金を入力すると一瞬で計算し、利益を算出してくれます。また、経費の初期設定を行うと、いつでもすぐに利益計算を行うことができるのです。

ライバル(他セラー)を意識して差別化を図る


ライバルになるのは基本的に同じ出品方法を取っているセラーになります。
たとえば、FBA出品であればFBAセラー、無在庫出品であれば無在庫セラーとFBAセラーがライバルです。
しかしその中でも、ライバルとカウントしなくてもいい場合があるので、その見極め方を解説していきます。

カート価格が他の出品者より10%以上高いセラー


これはそのセラーが適切な価格を設定していない為、ライバルになりません。
購入する人もあまりに高い金額では購入しないので、出品者としてカウントしなくて良いのです。

中古品を取り扱うセラー


基本的に中古品を扱うセラーも、ライバルとしてのカウントはしません。
例外として、あなたが扱う商品がゲームなど外観より中身に価値があるものであれば、中古品セラーもライバルと考え価格設定など参考にしましょう。

無在庫でビジネスするセラー


あなたがFBA出品をするなら、無在庫セラーの価格を意識する必要はないのです。
FBA出品の場合は仕入れ数を以下のように算出します。

月の販売数÷(ライバルセラー+1)=仕入れ数

ただライバルセラーの人数が変わった時や、新しいものや人気があるものなど競争が激しくなる商品に関しては、在庫が余ってしまうことが考えられるのです。
そしてライバルセラーの在庫が多い場合も、算出した数字が無意味になります。
仕入数をしっかり特定するには、販売実績のデータを基に算出しなくてはいけません。そのため競争が激しくなることが予想できる商品を扱う際は、少なめに仕入れて様子を見ましょう。

中国輸入でリサーチをして相乗り販売をする前に絶対に確認すべきこと


商品のリサーチを行い、相乗り販売を決めたらすぐに取りかかれるわけではありません。
最後に、相乗り販売をする際の非常に重要な確認事項をお伝えします。
以下の注意点をしっかり確認しないと、アカウントの停止トラブルが起こることも考えらるので忘れずに行いましょう。
候補に上がった商品のページを開いて、これから挙げる点を確認し問題がないか判断していきます。

商品のタイトルと画像が一致していますか?

商品のタイトルに入力されたキーワードと、画像が合わない商品が販売されていることがあります。
誤解を生む書き方なだけだったとしても、購入者にとって想像と違うものが届けばクレームにつながります。
返品・返金の対応で納得してもらえれば大事にはなりませんが、レビューにその旨を書かれてしまったりAmazonにクレームとして報告されたりすると、大事を招く恐れもあります。
特に宝飾品や工具などぱっと見ただけではわからない細かい違いがある物は、厳重な注意が必要です。
もしあなたが一致していない商品を発見した場合は、購入者を装ってページを作成した人に正確な情報を確認しましょう。あるいはAmazonに直接報告すれば、運営から出品者へ修正するよう連絡が行きます。

商標権が侵害されている物ではありませんか?

ノーブランドとなっていてオリジナル商品と主張されている物でも、他社のロゴ等を使用している場合は違反になります。
仮にその商品に相乗りしている人がいても商標違反に違いはなく、知的財産権の侵害としてアカウント停止の措置が取られ、最悪の場合は措置が解除されないのです。
ノーブランド商品と書いてあってもロゴが付いていたり、商品名やメーカー名がある場合は相乗りセラーの有無にかかわらず自分で調べてください。

もし、商品登録の仕組みを詳しく知りたい方は、下記の記事を参考にしてください。

参考:Amazonで新規に出品する際の商品登録の仕方について

著作権・意匠権の侵害、あるいはその恐れはありませんか?

これらは商標権よりもさらに判断が難しく、人によって意見が分かれるものでもあります。
だからこそ気を付ける必要があるのです。
もしグレーゾーンな物だとしても、Amazonがリスクを考え出品停止の判断を下す可能性や、権利者から違反だと指摘されることもあり得ます。
そうなれば商標権と同じく知的財産権の侵害とみなされ、停止措置が取られる可能性も十分にあるのです。
似ているというのは曖昧で判断に困る部分ですが、自己責任での出品を選ぶか危ないと思ったら避けるかはあなたの判断次第になります。しかし、後者の方がより安全であるということは確かです。

中国輸入でリサーチする手順のまとめ


中国輸入ビジネスの為のAmazonリサーチは、センスや個性が光るところがあります。
また、自分で行っていくうちに合った方法が確立されるものです。
注意すべきことはしっかり念頭に置いて守っていれば、それ以外のことは自分でやるも良し、ツールや外注で対応するも良しでしょう。
ただし、いかなる場合においても最終的に責任はあなたにあり、大事な所で手を抜いてしまえば利益が出なかったり様々な問題が起きてくるのです。
そのことを忘れずに、自分にとって一番の方法で利益を出せば輸入ビジネスを楽しめますよ。

【期間限定公開】物販ビジネスと相性の良い最強のクレジットカードとは?



物販ビジネスではクレジットカードは必須です。あなたも何かしら使用していますよね。

ただ、あなたが使っているそのクレカ…実はものすごく損をしています。

多くの人はクレジットカードなんてどれも同じと思いがちですが、使うクレカが変われば利益率の向上、支払サイクルの長期化、最初から限度額が大きいなど、ビジネスに大きく影響を与えます。

そんな数あるクレジットカードの中でも、物販ビジネスと最も相性の良い最強のカードをあなただけに特別にお教えします。

広告やCMなどは一切やっていない極秘のクレジットカードなので、お見逃しのないようにしてくださいね!

【11月30日までの限定公開】
>>> 最強のクレジットカード情報を無料で入手する


おすすめコンテンツ


資金ゼロでネット物販を成功させる全手法を無料で公開します!


最高級のステータス持つアメックスの極秘情報を無料公開します!


  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • Pocket
  • LINEで送る

【無料】アクシグ流 物販ビジネス大全
資金ゼロでネット物販を成功させる全手法
【無料】物販ビジネス大全
ネット物販を成功させる全手法