物販

Amazonギフト券を交換する方法を徹底解説

Amazonのギフト券はネットでも購入できますが、コンビニや電気屋さんでもカードタイプのものが販売されています。その他に誰かからのプレゼントとして、メールでギフト券の番号を取得できます。では、このような時、ウェブマネーに変えたいと思った時はありませんか?

Amazonで使用できるギフト券としても便利ですが、なんでも使用できるウェブマネーだったらもっと便利です。今回は、Amazonギフトについてとウェブマネーなどに交換する方法についてご紹介します。

Amazonギフト券はウェブマネーに交換できる?

Amazonギフト券の番号を取得した時、他のウェブマネーに交換したいと思った時はありませんか?またはウェヴマネーをAmazonギフト券に交換したいと思った時はありませんか?

Amazonギフト券は何から交換して得ているのか調べると、そのほとんどはサイトの専用ポイントからAmazonギフト券へ交換するという方法です。一部では過去にウェブマネーからAmazonギフト券に交換したことがあるという情報がわずかにありましたが、ほとんどのサイトでは「ウェブマネーからAmazonギフト券の交換はできない」という結論に至っています。では、もう少し詳しくご紹介していきます。

ウェブマネーについて

ウェブマネーは、ネットショップやコンビニなどの一部店舗で使用でき、電子マネーで実在する硬貨や紙幣とは異なります。ネットショップやコンビニの他にはゲームの課金や音楽、電子書籍などをネット上で購入するときにも使用できます。

このウェブマネーの特徴を2つ紹介します。1つ目は、「使用期限がない」という点です。ウェブマネーを購入すれば、いつまでに使用しないといけないという使用期限はありません。その為ウェブマネーコードやQRコードさえ保存しておけば、いつでも使用することができます。

2つ目は、「誰でも購入できる」という点です。IDや交通系ICカードは取り扱い機関への個人情報登録が必須ですが、ウェブマネーに関しては身分証提示もなしでコンビニなどで誰でも購入できます。ウェブマネーとは少し異なりますが、セブンイレブンの「ナナコ」や交通系ICカードなどが挙げられます。

ウェブマネーの種類

ウェブマネーには大きく分けて2種類があります。まず1つ目のタイプは「使い切りタイプ」です。

コンビニではよくこのタイプが見かけられます。あらかじめ一定の金額があって、必要に応じてコードを入力して使用していきます。

2つ目のタイプが「プリペイドタイプ」です。

また最近では、この2つの他に「ウェブマネープリペイドカード」というものもあり、チャージして繰り返して利用できるというカードです。クレジットカードとは違うもので審査や年会費などが不要で、年齢関係なく誰でも使用できるのが特徴です。

「ウェブマネープリペイドカード」には無記名のものと本人限定のものがあり、本人限定のものは専用のアプリからチャージできるようになっていて本人確認が必要になります。無記名のものは、コンビニなどに設置されている機械で現金でチャージするのが主流です。このようなチャージできるタイプのウェブマネーは2019年3月にICチップが搭載されて、より進化したものが流通しています。

サイト専用ポイントとAmazonギフト券を交換する方法

ウェブマネーをAmazonギフト券に交換することについてご紹介する前に、サイトの貯まったポイントをAmazonギフト券に交換する方法をご紹介します。ポイントサイトは多くありますが、そのサイトの多くで、Amazonギフト券に交換することをオススメしています。そのようなポイントをAmazonギフト券に交換する方法をご紹介します。

1つ目の方法は、クレジットカードのポイントを利用してAmazonギフト券に交換する方法です。この方法は、クレジットカードのポイントがAmazonギフト券に交換できるサービスがあることが前提です。

自分が利用しているクレジットカードのサイトでポイントが、Amazonギフト券に交換できるサービスがあるか確認をしましょう。サイトに記載されている手順を確認して、Amazonギフト券の番号を発行しましょう。

2つ目の方法は、ポイントサイトを利用してAmazonギフト券を発行する方法です。お得なポイントサイトは色々あるので、Amazonギフト券に特化したサイトを探しましょう。利用するサイトによってポイントの貯まり方に違いがあるので、自分にあったポイントサイトを探しましょう。

Amazonギフト券をウェブマネーへ交換する方法

Amazonをギフトカードをウェブマネーへ交換する事はできません。唯一の方法は、在庫があれば可能で、それをすることができるのが「電子マネーポイント交換所」という個人サイトです。

このサイトでは色々なポイントや電子マネーを交換できるようになっていて、他のポイントからAmazonギフトカードへの変換が可能です。トップ画面の左側に表示される「Amazonギフト券から、ウェブマネーへ変換」をクリックして、記入フォームにメールアドレスを入力します。画面に従って進んでいくと最終的にウェブマネーのプリペイド番号が送られてくるという仕組みになっています。

ポイントによって変換率に違いがあり、Amazonギフト券100円に対してウェブマネーでは400円になりますので、4000円分のウェブマネーを交換しても1000円分のAmazonギフト券との交換になります。この変換率の違いは、Amazonギフトカードは不正品かどうかを見極めるのが難しく、リスクのある変換になるのでリスク回避の為と公表されています。

実際に交換を申し込む時

「電子マネー交換所」というサイトで、実際に交換した時の状況をご紹介します。まずは、サイトへアクセスをしてトップページ左上にある「Amazonギフト券をウェブマネーに交換」をクリックします。

次に、ページ下部にある入力フォームにメールアドレスを入力して「確認」ボタンをクリックします。

その後、「入力されたメールアドレスにメールを自動送信しました」という内容のメールが届きます。その中にAmazonギフト券のプリペイド番号を入力するURLが表示されているので、指示に従って画面を開きます。

リンクをクリックすると、Amazonギフト券の番号を入力するフォームが出てくるので、手元にある番号をそのまま入力し、「送信」ボタンをクリックします。申し込み完了メールが届いたら手続き完了です。

画面の上部の変換比率の下に在庫数が表示されているので、その在庫がある場合は変換が可能です。

Amazonギフト券を現金化する事はできる?

Amazonは世界中のユーザーがいる大手ネットショップで、日本国内においても大きなシェアがあるネットショッピングサイトです。また、今回ご紹介している「Amazonギフト券」は、従来の銀行振込やクレジットカードなどの支払い方法とはまったく違った、新しい支払い方法として人気があります。

プレゼントとしても自分用としても人気のあるAmazonギフト券ですが、そのギフト券を現金化することは可能なのかを今回ご紹介します。Amazonギフト券を現金に交換する詳しい法方もご紹介しますので参考にしてください。

Amazonギフト券について

Amazonギフト券から現金に交換する方法をご紹介する前に、まずはAmazonギフト券について解説します。Amazonギフト券とはその名の通りAmazonで利用できるギフト券のことで、Amazonでの買い物をした時の支払いに使用できます。通常のクレジットカードや銀行振込とは違ってギフト券に記載されているプリペイド番号があり、購入時にこのコードを入力するかあらかじめ自分のアカウントに登録をしておくことで利用できます。

Amazonギフト券の需要

Amazonでは非常に多岐にわたる商品が取り扱われていて、多くのユーザーが利用しています。その為、ギフト券自体にも人気があり、現金化する方法もさまざまです。Amazonギフト券はポイントサイトでも人気のある変換先で、どのポイントサイトでもほとんど取り扱っています

Amazonギフト券の現金化

Amazonギフト券であればポイント交換で得たもの、プレゼント、自分で購入したもの、どれでも基本的に現金化ができます。 利用しやすい換金方法としては、以下の4つが挙げられます。

  • 金券ショップ
  • Amazonギフト専門買取業者
  • オークションサイト
  • ギフト券の転売サイト

この中で最も難しいのは金券ショップでの換金です。

Amazonギフト券は使用済みか未使用のものかをその場で判別するのが非常に難しいので、そのリスクを 回避するために買取を拒否している金券ショップがほとんどです。 一番確実で高額になりやすい方法は、「Amazonギフト券専門買取業者」です。

専門業者ではAmazonギフト券を買い取る為のノウハウがあるので、高額で買い取ってくれます。 業者によって買取金額に差はありますが、5000円のAmazonギフト券だと4000円程度で買い取ってくれるのが大まかな相場です。

Amazonギフト券専門業者で売る方法

Amazonギフト券を買い取ってもらう為の専門業者を探す時のポイントは、以下の3つです。

  • 換金率
  • 振込時間
  • 手数料

ここで2つの買取業者を紹介します。

1つ目は「買取ボブ」というギフト券買取業者です。買取ボブでは手数料が無料で、2020年1月末時点のAmazonギフト券の換金率は初回で86%と高い換金率なのも特徴です。

Amazonギフト券以外にもiTunesカードやウェブマネー、nanacoなどを換金できます。申請にかかる時間は最短10分程度で、振込までは1時間ぐらいで振込されます。

参考:買取ボブ

2つ目の買取業者は「ギフトグレース」という業者で、こちらも手数料は無料となっています。換金率は同じ86%で最短で3時間で振り込まれます。換金手続きのスピードが「特急(3時間)「通常(5時間)「翌日(24時間)」から選べて、2回目以降の場合は翌日手続きをした方が換金率が上がる仕組みになっています。

参考:ギフトグレース

amazonギフト券の個人売買

Amazonギフト券をオークションサイトや転売サイトで換金する方法もあります。ヤフオクamatenなどが挙げられますが、基本的に個人間での取引になるのでプラットフォームを介してでもトラブルになることが多いです。

ひどい場合は使用済みのコードを送るケースや、こちらからちゃんとしたものを送っても使えないのでお金は払わないというトラブルになることもあります。このような番号を使用するプリペイド式のギフトカードは、素人が売買するのは取り扱いが難しいのでできれば専門業者に売りましょう。また、Amazonは転売サイトを注意喚起しているので、ギフト券の転売はオススメしません。

Amazonギフト券の使い方

Amazonギフト券の購入方法や使い方などをご紹介します。

Amazonギフト券をチャージして使用する

Amazonギフト券は、アカウントに連結させてすべてチャージをしてから使用するという流れになります。

Amazonにログインしたのち「アカウントサービス」を開き、「Amazonギフト券」をクリックします。

「Amazonギフト券を登録する」をクリックします。

手持ちのギフトカードの番号を入力を行い、「アカウントに登録する」ボタンをクリックします。

カードの額面の文がアカウントにチャージされるので、この状態で買い物の支払いに使用できます。注意点は、チャージをしてからも、ギフト券の有効期限は引き継ぐので使用期限には注意しておきましょう

オンラインサイトで取引をする

Amazonギフト券はオンラインサイトでも売買が行えるので、取引の一つとして覚えておきましょう。売買ができるサイトはいくつかありますが、手数料や振込までの時間などさまざまです。その他に返金保証や販売量などはもサイトによって違いがあるので、自分にあった売買サイトを見つけましょう。

このような画面で購入ができます。

サイトによってはAmazonギフト以外にも色々なプリペイド式のギフトカードを取り扱っているので、不要なギフト券を売りたい時は検討してみましょう。

参考:Giftissue.com

他にAmazonギフト券を手に入れる方法

Amazonギフト券は直接的に購入する以外にも、ポイントサイトで貯めたポイントで購入することもできます。ポイントサイトは、会員登録や旅行サイト、アプリなど様々で、Amazonギフト券以外にも現金や電子マネーに交換できるサイトもあります。

たとえばこの「ポイントタウン」というサイトは、GMOグループのGMOメディアが運営していて、100円から換金できる手軽さで人気のあるポイントサイトです。このポイントタウンでは20ポイントを1円として溜めていて電子マネーや現金に交換することができます。

100円分の2000ポイントから手数料無料で交換ができます。主な交換先は以下のとおりです。

  • Amazonギフト券
  • 楽天ポイント
  • ウェブマネー
  • LINEギフト
  • auWallet
  • dポイント
  • Tポイント
  • Vプリカ

現金への交換の際に振込先として利用できる銀行は以下のとおりです。

  • ゆうちょ
  • みずほ銀行
  • ジャパンネット銀行
  • 住信SBIネット銀行
  • りそな銀行
  • 三井住友銀行
  • 三菱東京UFJ銀行
  • イオン銀行
  • 楽天銀行

銀行によって交換可能ポイント数に違いがあり、楽天銀行のみ2000ポイントから交換ができて、その他の銀行は10000ポイントから交換が可能です。

その他にも色々な交換先があるのでAmazonギフト以外にも利用することができます。ポイントの貯め方についてはクーポン、オークション、モニターなどの方法があります。

ショップなどで使用するポイントも、ポイントタウンを経由するだけで、お店のポイントとは別に貯まる仕組みになっています。有名なものだと、楽天市場やニッセンなどのサイトでもポイントが貯まります。他にもコスメやファッション、家電など種類も豊富になるので、ポイントはすぐに貯まります。

参考:ポイントタウン

Amazonポイントについて

AmazonポイントとはAmazonで買い物をした時に付与されるポイントで、ポイント対象の商品を購入するだけでポイントが貯まります。このAmazonポイントは商品を購入することに使用できますが、Amazonギフト券やプリペイドカード等を購入することはできません。その為、Amazonポイントは買い物で使用するのが基本的な使用方法ですが、今回は他の方法で換金する方法をご紹介します。

Amazonポイントの付与率

Amazonポイントは、対象商品を購入する必要があるので、同じ商品でもポイントが付与されるものとされないものがあります。また、ポイントの付与率も販売元によって違いがあるので、商品詳細ページに記載されている付与率を確認しましょう。ポイントをたくさん貯めたい場合は、ポイント付与率を意識して効率よく貯めましょう。

換金率の良い商品の見つけ方

現金へ換金する場合一番大切なのは、「換金率」です。まずは換金率の良い商品を調べて、効率よくポイントを換金しましょう。

グーグルペイカード、iTunesカード、楽天スーパーポイントカード、DMMマネーカード、ニンテンドープリペイドカード、LINEプリペイドカード、WebMoneyカード、モバコインカード、プレイステーションストアカードは、この「アマプライム」というサイトでは90%での換金率となっています。サイトによって違いがあるので、換金したい金額や種類によって、どこがお得なのかを調べましょう。

Amazonポイントをもっと賢く活用するには?

Amazonポイントは、Amazonでの買い物をした時に付与されるポイントですが、貯まりにくく使いづらいというイメージがあります。けれども、最近ではポイントの付与率や対象商品も明確になっているので、Amazonポイントは以前よりも使いやすくなっています。次にAmazonポイントの貯め方、使い方について詳しくご紹介します。

Amazonギフト券をポイントでお得に購入できる

Amazonポイントをよりお得に貯めるには、先にAmazonギフト券を用意しておき、アカウントにそのギフト券を登録しておきましょう。Amazonギフト券を登録するだけで、最大2.5%で付与されるのでとてもお得です。

このポイント付与率はキャンペーン中など関係なく付与されるので、どのような時でもAmazonポイントを貯められるようになっています。Amazonギフト券を登録した時の付与率は、さまざまな条件によって内容が変わるので以下の表を確認してください。

注意点としては、「クレジットのポイントをもらえなくなる」という点です。Amazonギフト券を使用する時は現金や商品券と同様の扱いになるので、もちろんクレジットのポイントはたまらないので注意しましょう。最大のメリットはAmazonポイントが貯まる対象商品であれば、購入時にもAmazonポイントが貯まるという点です。

例えばAmazonギフト券を10万円分チャージすれば2.5%の2500円が加算され、更にその後に対象商品を購入すればその分のポイントも加算されます。クレジットカードを利用する場合もカード独自のポイントがありますが、還元率から考えて2.5%以上のポイント付与率はなかなかありません。

そのため、Amazonギフト券を利用する方がお得と言えるのです。2.5%分のAmazonポイントを獲得できるのは翌月中旬になるので、その時期にきちんと付与されているか確認しましょう。

Amazonポイントをよりお得に貯める方法

さきほどの表を見ると還元率を最大にする場合、1度のチャージ額を9万円以上にすることが条件となっています。9万円と聞くと高額に聞こえますが、財務省による家計消費状況調査の表には、ネットショッピングでの購入額は1年で平均14万円以上となっています。他のネットショッピングも合計した金額にはなりますが、もし頻繁にAmazonを利用しているのであれば9万円以上を使用するのにはそこまで日数はかからない場合が多いです。

Amazonにはプライム会員という便利な会員制度もありプライム会員のチャージ還元率は2%ですので、4万円以上のギフト券チャージで800円分相当のポイントが貯まります。ポイントをお得に貯めるためには、とても便利な会員制度となっています。コンビニ決済でできる最大のチャージ金額は390万円なので、管理がしっかりとできるのであれば高額のチャージでポイントをしっかりと貯めておくのがオススメです。

ポイントを貯める方法と注意点

先程ご紹介したようにプライム会員がチャージすれば最大2.5%分のポイントが付与されて、翌月の中旬頃にはそのポイントが反映されます。この際の注意点はプリペイドではなくチャージタイプを選択することです。ここではその時の注意点とその手順をご紹介します。

まずAmazonギフト券のページには6つのタイプに別れていますが「チャージタイプ」を選択し、「Eメールタイプ」や「印刷タイプ」を選ばないように注意しましょう。

チャージ金額を選択するか、1円単位で自由に金額を設定してチャージすることができます。

ここでの注意点はポイントを最大にするためにはクレジット払いではなく、現金か振込、コンビニ払い、ネットバンクでの支払いにする必要があります。

注文を確定する前にはこの支払い方法を必ず確認して、該当の支払い方法にしておきましょう。

手続きを進めていくとAmazonに登録しているメールアドレスに「注文確認・支払い番号のお知らせ」が届くので、記載されているURLをうリックして内容を確認しましょう。

ここまでの処理をスムーズに済ませたい場合は、事前にネットバンキングを用意しておき、パソコンかスマホで振込をできるように設定しておきましょう。この注意点を押さえておけば問題ありません。

また、以前までは電子マネーでのチャージでもポイントが付与されていましたが、2020年現在ではポイント付与のルールが改正されて対象外となっています。

Amazonポイントを他の方法で貯める

先程ご紹介した方法以外にもお得にポイントを貯める方法をご紹介します。

まず1つ目の方法は、「ポイントキャンペーンの活用」をして、対象商品を購入することです。期間限定でポイントキャンペーンを開催している時があるので、その時に欲しい商品を購入することで15%のポイントが付与されます。

2つ目の方法は、Amazonマスターカードを作ってポイントを貯める方法です。

カードの種類は「ゴールド」と「クラシック」があり、年会費が無料になるルールやポイント付与のルールなどに違いがあります。カードを1年に1回以上使用するのであれば「クラシック」がオススメです。ゴールドはリボ払い登録をすると年会費が無料になる仕組みになっているので、リボ払いを利用する人はゴールドにしましょう。

Amazonでの買い物の場合プライム会員で2%、通常会員で1.5%のポイントが付与されます。Amazon以外の買い物でも1%のポイントが貯まるので、カードを頻繁に使用する人にオススメです。

3つ目の方法は、アプリやポイントサイトでギフト券をもらうという方法です。例えば、「アルコイン」というアプリでは歩くとコインが貯まる仕組みになっていて、コインが貯まるとAmazonギフト券が当たる抽選に応募することができます。

Amazonギフト券の他のメリットについて

ポイントが貯まるというメリットの他には、クレジットカードを利用しなくても、振込や代引きの手数料を節約してスピーディに決済できるという点です。購入の度に振込をしたりコンビニへ支払いをしたりするのは意外と手間がかかるので、空いた時間にチャージしておけば便利に決済ができます。

まとめ

Amazonギフト券は見逃しがちですが、賢く使えばとても便利でお得なものです。今回ご紹介した方法で今よりももっとお得にAmazonギフト券を活用してください。

最初は手間に感じるかもしれませんが、慣れれば通常通りのスピードで処理ができるようになります。ぜひAmazonギフト券、Amazonポイントを活用してください。