物販

Amazonのほしい物リストで住所はバレる?匿名での利用方法

日本でも多くの人が利用しているショッピングサイトのAmazon。

このAmazonには、欲しいと思った商品を登録しておくことができる「ほしい物リスト」という機能があります。

「ほしい物リスト」を公開することで、住所や名前などの個人情報を知らない相手からも送ってもらうことができるのです。
しかし、設定を誤ってしまうと送ってくれた相手に住所がバレることがあるのをご存知でしょうか?
この記事では、相手に住所がバレることなく「ほしい物リスト」を利用する方法を紹介していきます。

Amazonのほしい物リストについて

まずは、Amazonのほしい物リストについて説明します。ほしい物リストの基本的な機能は、自分のほしい物を保存しておくことです。

よく購入する商品や、前から欲しいと思っていたものを保存しておけば、いつでも購入することができます。

また、リスト内の商品が値下げされた時に通知してくれる機能もあるため、「安くなったら買おうかな」と思っている商品も保存しておくと良いでしょう。

匿名で商品を送る機能について

そして、ほしい物リストのもう一つの機能が、リストに公開している商品を相手に送ったり、逆にもらったりできる機能です。友達や家族同士でリストを公開しておけば、お互いにプレゼントを送ったりできます。

ただ、ほしい物リストの公開には注意が必要です。使い方を間違えてしまうと、自分の住所や名前がプレゼントを送った相手やプレゼントを送ってくれた相手にバレてしまう可能性があります。

そこで、次の章からは、名前や住所を公開せずにほしい物リストを公開する方法について紹介していきます。

ほしい物リストから個人情報が流出する可能性あり!

先程は、ほしいものリストを公開すると本名や住所がバレてしまうと説明しました。

ここからは、個人情報が流出する具体的な態様を紹介していきます。

ほしい物リストを公開すると名前がバレる

まず、ほしい物リストを公開すると、登録している名前がバレます。

基本的にAmazonは本名で利用します。ほしい物リストを公開すると、その本名を晒すことになるのです。友達同士であれば問題ありませんが、匿名でSNSやブログを行っている方にとっては迷惑な話です。

住所までバレてしまう

本名だけであればまだしも、ほしい物リストを公開すると住所までバレてしまいます。

今の時代、スマホアプリに住所を打ち込めば簡単にその場所が特定できてしまうので、これは特に注意が必要です。

プレゼントを送る側も住所がバレる

意外に思うかもしれませんが、ほしい物リストからプレゼントを送る側も住所がバレてしまいます。

「自分はプレゼントを送るだけだから」と油断していると、実は住所が流出してしまっていることもあるのです。

ほしい物リストで名前がバレるのを防ぐ方法

ここからは、Amazonのほしい物リストで名前や住所がバレないようにする方法を紹介します。

まずは、ほしい物リストを作る前に行うべき設定についてです。

Amazonでは、匿名でほしい物リストを使用していても、保存し直した時に本名に置き換わることがあります。そのため、Amazonに設定している名前自体を変えておく必要があります。

ログインとセキュリティの名前を変更

最初に、ご自身のAmazonアカウントでログインしてください。そして、左側のメニュー(左上にある「三」のようなマーク)からアカウントサービス→ログインとセキュリティ→名前と移動してください。

ちなみに、スマホの場合はアカウント→アカウントサービス→ログインとセキュリティから名前の変更を行うことができます。

ここでは、PC版のAmazonで説明していきます。

ログインとセキュリティに移動すると、このように登録情報の編集画面が出てきます。

この中の一番上にある名前を変更すれば、登録名を変えることができます。

知られても問題のない名前に変えて「変更を保存」を押せば名前の変更が完了します。

表示名の変更

アカウント名とは別にある、プロフィール名についても変更する必要があります。

まずは、前述した左上のメニューより、アカウントサービスを開いてください。アカウンのメニューの画面に移ったら、下の方にスクロールしていく、お買い物設定という枠があるので、その中のプロフィールを選択します。

アカウント登録が済んでいれば、公開プロフィールという画面に移動します。

上記画面の四角で囲った鉛筆のマークをクリック→丸い枠の入力欄に変更後の名前を記入→三角の枠の保存ボタンを入力、の順番で作業することで、プロフィールの表示名を変更できます。

変更内容が更新されるまでに時間を要することもあるので、しばらく時間を置いてから公開することをおすすめします。

「ほしい物リスト」の作成方法

ここからは、ほしい物リストを作成する方法を紹介していきます。

本名や住所を晒すことなく利用するための設定方法をしっかりチェックしてください。

作成手順(1)ほしい物リストに移動

まずは、Amazonアカウントを開き、画面上部の「〇〇さんアカウント&リスト」という部分にカーソルを合わせます。

すると、プルダウンメニューが現れるので、アカウントサービスという項目内にある「ほしい物リスト」をクリックしてください。

作成手順(2)「リストを作成する」に移動

ほしい物リストのページに移動できたら、ページの中央に「リストを作成する」というボタンがあるのでクリックしてください。

リスト作成手順(3)リストの情報を設定

リストの作成」を押すと、以下のような画面に移動します。

それぞれの入力内容や注意点について説明します。

まず、リストの名前は自分のほしい物リストの名前のことです。この名前はネット上に公開されることになります。自分や知人が見てわかりやすいものであれば、どのような名前でも構いません。

「ほしい物リスト」の設定を行う

ほしい物リストの設定はまだ終わっていません。

先程のほしい物リストのページの右側にある「その他」から「リストの設定」に移動してください。

設定方法(1)管理リストの編集

リストの設定」を押すと「管理リスト」が現れるので、ここで一つ一つ設定していきます。

リスト名:ネット上に公開されるほしいものリストの名前を設定
公開/非公開の設定:公開を選択
リストの用途:自分を選択
受取人:ハンドルネームを入力
Eメールアドレス:自分のメールアドレスを入力
誕生日:自分の誕生日を入力(任意)
内容:ほしい物リストの説明を記入(任意)
お届け先住所:お届け先の住所を入力(次章で詳しく説明)

「リスト名」については、先程リストを作成する際に設定したので、ここで変更する必要はありません。「公開/非公開の設定」については、今回はリストを他の人に公開するのが前提なので、「公開」に設定してください。また、「リストの用途」「Eメールアドレス」に関しても初期設定のままで問題ありません。「受取人」については、バレても問題のない名前にしておきましょう。

最後のチェックリストにある「購入済みの商品をリストに保持します」は、購入した商品をリストに残しておくための機能です。購入済みの商品をほしい物リスト内に残しておきたい場合は、チェックを入れておいてください。

設定方法(2)お届け先住所の設定

「お届け先住所」をクリックすると「登録しない」と「新規作成する」が出てきます。ここでは「新規作成する」を選択して新しく住所を入力してください。

注意点は、氏名にハンドルネームを使うことと、住所に受け取り人名を入力することです。氏名として本名を入力してしまうと、名前がバレてしまう可能性があります。また、住所に受け取り人名を入力しておかなければ、商品を受け取れなくなってしまいます。

もう少し詳しく説明します。

(1)氏名の入力
ここに本名を入力してしまうと、本名を晒すことになります。

また、この氏名は何でもいいわけではなく、ラベルに表示されて宅配業者には見られるので、いいかげんな名前は入力しないようにしましょう。

(2)住所の入力
住所として以下の項目をそれぞれ設定してください。

国/地域
郵便番号
都道府県
住所

(3)住所に本名を記入
ここで、ようやく本名を入力します。氏名でハンドルネームを使っているので、どこかに本名を書かなければ受け取ることができません。

そこで「住所」の2行目に「名前+様方」と入力してください。(例:佐藤太郎→佐藤太郎様方)

2段目まで住所を書いてしまった方は、その後ろに「名前+様方」を書いてください。

設定方法(3)「第三者の出品の商品の発送同意書」にチェック

住所まで入力すれば完了となるはずですが、ここでとても大切な注意点があります。

それは、住所入力欄の下にある「この住所に配送する」の下の「第三者の出品の商品の発送同意書」のチェックを外しておくことです。

このチェックを外し忘れてしまうと、商品を送ってくれた人に住所や名前がバレてしまう可能性があります。

ここでいう第三者とは、Amazon以外の出品者のことです。その第三者は、注文を発送した際に商品を発送したことをメールでお知らせしてくれることがあります。とても便利なようですが、この時に住所や名前がバレてしまうのです。

このチェックを外すと第三者の商品を購入できなくなりますが、名前などの個人情報を公にするわけにはいかないので、必ずチェックを外しておきましょう。

第三者の商品も買いたいときは、別のほしい物リストを作成すれば問題ありません。

注意点!追跡番号で市町村がバレる

上で紹介した方法を実践すれば、基本的に住所がバレることはありません。ただ、それでも1つ注意しなければならないことがあります。それはお問い合わせ番号に関してです。

Amazonには「お問い合わせ番号」というものがあり、送り主はこれを確認することで配達がきちんと行われているかをチェックすることができます。

ただ、このお問い合わせ番号には、配達に使用される最寄りの郵便局が記載されてしまいます。つまり、市区町村まではバレてしまうということです。

これはどうしても防ぐことができません。そのため、市区町村も知られたくないという方は、ほしい物リストから商品をもらうのは諦めるしかありません。

ほしい物リストに商品を登録する

上記の設定が完了し、住所等がバレることがなくなったらほしい物リストへの商品登録をしましょう。

上図の四角で囲った「リストに追加」を開いて先程つくった「ほしい物リスト」を選択すれば完了です。

前述したとおり「第三者の出品の商品の発送同意書」のチェックを外した場合、Amazonが出品、販売者となる商品のみの登録にしましょう。上図の緑の枠の部分が両方ともAmazonとなっているものが該当します。

Amazonが出品、販売者となる商品を探すのが難しいという方は、簡単に探す方法がありますので紹介しておきます。

まず、目的のキーワードで検索してください。

検索した後、下の方にスクロールしていくと、画面左側に上図のような画面があります。出品者の欄の「Amazon.co.jp」にのみチェックを入れることで、検索の際に出品者がAmazonの商品だけを表示することができます。

最後に、リストに登録した商品のコメントと数量、優先度を設定します。

上図の赤枠をクリックします。

上図の緑の枠のコメントに欲しい理由など、優先度に他商品との競合具合、希望に必要数量を記入して、赤枠の保存をクリックすることで完了します。

ほしい物リストの共有とリンクの貼り方を紹介

ほしい物リストを登録しただけでは、誰の目にも入ることはありません。誰かに買ってもらうには、リストの共有が必要です。どうやってリストの共有すればいいかをご紹介します。

知り合いにお願いする

こちらは、知り合いのほしい物リストを共有してもらう方法です。知り合いにメッセージを送って、シェアしてもらう方法です。

ほしい物リストのページにある上図の赤枠にある友達タグをクリックすると、この画面が開けます。右下の緑枠から、メッセージをコピーするかEメールを送信をクリックし、知り合いのメールアドレスに送って共有させてもらいましょう。

ただ、メールアドレスを知っている知り合いがほしい物リストをつくっている必要があるので、あまり利用することはないかもしれません。

SNSなどにリンクを貼る

こちらは、自分のほしい物リストを共有する方法です。リンクをSNSなどに貼り付けることで、SNSを確認してくれている人へ共有しましょう。

ほしい物リストのページの上図赤枠にある「招待」ボタンをクリックしましょう。

上図の「表示のみ」をクリックするとこのような画面になります。ここでリンクのコピーをすることで、ほしい物リストのURLをコピーできるので、自身のSNSなどに貼り付けて完了です。

名前・住所非公開で商品を送る方法を紹介

ここからは、送り主の立場から名前や住所を明かさないで相手のほしい物リストに入っている商品をプレゼントする方法を紹介します。

方法(1)商品発送専用の住所を作成する

まずは、Amazonにログインしてください。右上の「○○さんアカウント&リスト」にカーソルを合わせると表示されるプルダウンメニューから「アカウントサービス」をクリックしてください。

アカウントサービスのページに移動したら、次は「アドレス帳」と書かれているところをクリックしてください。

すると、以下のように現在登録している住所が表示されます。そこで「新しい住所を追加」を押して、商品発送専用の住所を追加します。

ここに本当の住所や名前を書いてしまうと、それが相手にバレてしまう可能性があります。そのため、ここではテキトーな住所とハンドルネームを登録しておきます。

テキトーな住所が嫌な方は○丁目や町名までにする、途中まで記入するという方法でも良いでしょう。住所を書き終えたら「住所を追加」をクリックして、その住所を保存してください。

方法(2)実際にほしい物リストから商品を送る

次は、先ほど作成した住所を使って、実際にほしい物リストから商品を発送してみましょう。

まずは、自分が商品を送ってあげたい相手の「ほしい物リスト」を開いてください。すると、その人の欲しい商品が一覧で表示されます。

その中から自分が発送したいものを選んで「カートに入れる」をクリックしてください。商品を選び終わったら「レジに進む」を押してください。

すると、いくつか住所が出てきます。その中に、送りたい相手の住所が掲載されていますので、そこにある「この住所に届ける」を押してください。

そうすると、ギフト包装に関するページに移動します。

まず、一番上にある「納品書に金額を表示しない」にチェックを入れておきましょう。贈り物の値段がわかってしまうのはバツが悪いので、チェックしておくことをおすすめします。

次はギフトメッセージです。ここにはギフトカードに書くメッセージを入力します。任意なので、いらない場合はチェックを外しておきましょう。また、最初のところでAmazonアカウントの名前を本名から変更していないと、ここに本名が記載されてしまうので注意が必要です。

ラッピングに関しては、必要であれば好きなものを選んでください。

設定が全て完了したら「ギフトの設定を保存」をクリックしてください。

続いて「配送オプション」の設定です。ここでは、配送する日時や配送方法について選択します。選択が終わったら「次に進む」を押してください。

次に、支払い方法を選択してください。今回はクレジットカードで支払う場合を紹介しますが、Amazonポイントやギフト券を使えばさらに手続きが簡単になります。

選択が終わったら「次に進む」をクリックしてください。

ここからが非常に大切です。

まず「お支払方法に紐づいた住所」と書かれているところを見てください。ここは普段Amazonを利用している時に使っている住所になっていると思います。もし、このまま発送してしまうとこの住所がバレてしまいます。

そこで「お支払方法に紐づいた住所」の横にある「変更」をクリックしてください。

すると、先ほど作成した住所が表示されるので、その住所を選択してください。そうすると、先程の請求先住所が変更されます。

後は、このまま「注文を確定する」を押して注文してください。これで住所も名前もバレずに発送することができます。

リストにない商品を送る方法

相手のほしい物リストの中から商品をプレゼントできると言っても、「そのリスト内に金銭的に買えるものがない!」という場合は少なくありません。また、「リストにないものを相手にぜひ贈りたい」という場合もあるでしょう。

ここでは、そのような方に向けて、自分の送りたいものを送る方法について紹介します。

まずは、自分の送りたい商品をAmazonで探して自分のカートに入れてください。

次に、商品を送りたい相手のほしい物リストに移動してください。相手のほしい物一覧の中から適当なものを一つ選んでカートに入れ、そのままレジに進みましょう。

すると、以下のように、自分が送りたい商品とほしい物リストから選んだ商品の2つが選択されている状態になります。

次はその下にある「数量・削除」をクリックしてください。

そして、相手のほしい物リスト内にあった商品を削除してください。そうすると、自分が送りたかった商品だけが残ります。

後は、先程の手順通りに発送手続きを行えば、自分の送りたい商品だけを送ることができます。

ほしい物リストは個人情報を守って利用する

Amazonのほしい物リストを名前と住所を非公開にして利用する方法はご理解いただけたでしょうか?

少し面倒な作業もあったと思います。ただ、自分の個人情報を守る上ではほしい物リストの名前等を非公開にしておくのはとても大切なことです。忘れないで設定しておきましょう。

ところで、ビジネスで成功するためには独学よりも体系化された教材やサービスを活用して学ぶ方が結果が早く出ます。

ここではアクシグ編集部が予め登録した上で責任者に直接取材をし、有用性を確認した教材やサービスのみを厳選してご紹介します。無料ですのでお気軽にご登録またはご相談ください。

【限定公開】成功者続出の秘密のノウハウ

日本未上陸のノウハウで先行者利益が得られる大チャンス到来!

  • 月間利益195万円を突破した本人による最新成功事例の紹介
  • 世界トップ3位の日本人が誰も知らない革命的販売手法とは
  • アカウント停止リスクの無い安全なビジネスモデル
  • 無在庫でも販売できる最新の方法
  • Amazonの5倍成長しているマル秘プラットフォームとは
  • 利益率80%超えの超マル秘仕入れ手法

など、日本ではまだ知られていない秘密の情報をお届けします。

あなたのビジネスを成功させるために、今すぐ限定情報を入手してください。

【漫画で分かる】無在庫輸入物販ビジネス

アメリカやヨーロッパの商品を日本の「Amazon」などで 受注をしてから仕入れる無在庫方式の販売方法を解説しています。

  • まとまった資金がなくてもスタート可能!
  • 取り寄せ式なので大量の在庫を抱えなくて良い!
  • ネットで完結なので自宅でできる!

1つの商品の販売で1万円以上の利益を得ることもでき、 効率良く手元の資金が増やすことができます。

あなたもぜひ無在庫欧米輸入ビジネスで、 堅実な収入の柱を一緒に作りませんか?

【無料相談】Biz English

ビジネス英語は3ヶ月でマスターできます!

インターネットの買い物に慣れてくると、アメリカのアマゾンやeBayで購入したり出品したりしたくなるでしょう。英語ができなくてもGoogle翻訳やDeepLなどのツールを使えば始めるのは簡単です。

ところがクレームや返金などが発生すると機械翻訳では上手く交渉できません。金額が大きくなりビジネスレベルになるとなおさらリスクが高くなります。

ビズイングリッシュはビジネス英語専門の英会話スクールです。受講生は全くのゼロから英語でアカウントを復活させたり、海外の展示会で交渉に成功したりと幅広く活躍をしています!

今すぐビジネスレベルの英語力を身につけましょう!