物販

ブラックフライデー・サイバーマンデーとは?いまさら聞けないイベントを徹底解説

アクシグ編集部
アクシグ編集部
アクシグ編集部です。期間限定で利益率9割、累計6億円を超える売上を得た具体的な方法をご紹介しています。(証拠アリ)

クリックして”利益率9割のビジネス”を見る

AmazonやAEON(イオン)などから始まり、今では日本でも浸透しつつあるセールイベント「ブラックフライデー」や「サイバーマンデー」をご存じの方も多いでしょう。

しかし、具体的な日付や、名前の由来を知っている人は少数派です。

そこで今回の記事ではこの2つのセールイベントについて詳しく取り上げていきたいと思います。

さらにECサイトでショップを経営している人がこのイベントを最大限活用するためのポイントも紹介していきます。

この機会にぜひ「ブラックフライデー」、「サイバーマンデー」を完全網羅していきましょう!

Contents

ブラックフライデーとは?

直訳すると「黒い金曜日」となる「ブラックフライデー」ですが、なぜこのような名前がついているのでしょうか。

まず、名前の由来と開催時期について解説していきます。

ブラックフライデーという名前の由来

「ブラックフライデー」は、もともとはアメリカが発祥のセール文化です。アメリカでは1年で最も重要なイベントである「Thanksgiving Day(感謝祭)」が11月の第4木曜日に祝われています。

その日は祝日となりますが、その翌日の金曜日も休暇にして家族で買い物を楽しむ人が多いために、アメリカではその金曜日が「1年で一番売り上げを見込める日」と考えられています。

しかし、買い物客で混雑することにより発生する交通渋滞を恐れる警察官にとっては気分が真っ暗=ブラックになる金曜日なので、ブラックフライデーと呼ばれ始めたといわれています。

ただ、その後はメディアを通じて店舗の売り上げが増えて黒字になる金曜日というイメージが広まり、今では黒字化する金曜日=ブラックフライデーと認識されるようになりました。

ブラックフライデーの開催時期

ブラックフライデーの日付はアメリカの感謝祭の次の日にあたる「11月の第4木曜日の次の金曜日」になります。

ここで注意したいのは、ブラックフライデーが必ずしも「11月の第4金曜日」ではないということです。

というのも、11月が金曜日から始まる場合には、第4金曜日が感謝祭の週とずれてしまうからです。

金曜日ではなく木曜日を基準として考えるように注意してください。

アメリカでは感謝祭の木曜日から日曜日まで4連休になるのが一般的です。

感謝祭の木曜日は家族や親族と過ごし、翌日から週末にかけて買い物に出かけるのが慣例となっています。

そのため、金曜日から日曜日にかけて大々的なブラックフライデーセールが開催されているのです。

ちなみに現在、期間限定で初期費用をかけずに、リスクなしで複数の収入源を得る方法を特別講義でお話しています。

アクシグ編集部
アクシグ編集部
あなたがもし"複業収入"を得たいのなら、下記より無料で受講してみてください。編集部が自信を持ってオススメします。

世の中の99%の人が知らない"収入を倍増させる方法"を無料公開中。


クリックして「6億円稼いだ男の特別講義」を受けてみる。

サイバーマンデーとは?

では次に「サイバーマンデー」の名前の由来や開催時期について解説していきます。

サイバーマンデーという名前の由来

2005年に行われた、全米小売教会(NRF)が主催する小売業とテクノロジーの融合に焦点を当てた展示会「Shop.org」(旧Retail’s Digital Summit)の中で、初めて「サイバーマンデー」という呼称が使われました。

なぜサイバーマンデーなのかというと、感謝祭の休暇をゆっくり過ごした人たちが職場や日常生活に戻った月曜日に、インターネット上での経済活動が活発になって売り上げが急増することに由来しています。

「サイバー」という言葉には「インターネットを利用した」という意味がありますので、インターネット上の商取引が多く利用される月曜日=サイバーマンデーというのが言葉の起源になります。

2006年には「Shop.org」が「CyberMonday.com」ポータルを立ち上げたことを発表し、アメリカだけでなくカナダ、イギリス、ポルトガル、ドイツ、チリなど世界中のオンラインショップによって使われる国際マーケティング用語になりました。

日本では2012年にAmazon.co.jpが日本記念日協会に「サイバーマンデー」を申請し、認定されています。

サイバーマンデーの開催時期

アメリカでは11月の感謝祭の翌週の月曜日、ブラックフライデーが終わった直後にサイバーマンデーが開催されます。

ちなみに日本におけるサイバーマンデーは日本記念日協会に「12月の第2月曜日」として認定されていますので、アメリカの日付とは違うことに気を付けてください。

これはなぜかというと、日本には感謝祭の連休がないため、ブラックフライデー明けにセールを開催しても目立った効果が見込めないからです。

しかし12月半ばであればボーナスの時期でもあり、年末に向けて買い物客が増えることも見込めるのでセールの効果が高くなります。

そのため、時期をずらしてあるのです。

世界的な傾向として、サイバーマンデーセールは1日だけではなく1週間ほど続く場合が多くなっています。

この期間を指して「サイバーウィーク」と呼ぶこともあります。

Amazonブラックフライデー・サイバーマンデーの楽しみ方

ここ数年、日本でもさまざまなECモールや店舗において「ブラックフライデー」と「サイバーマンデー」セールが開催されています。

今回はその中でもAmazonで行われるセールに注目して、そこでの買い物の楽しみ方を解説していきます。

ポイント1:セールに参加する準備を始める

お得にセールを楽しむためにはいくつか準備が必要です。

まずはAmazon Prime(アマゾンプライム)に登録しておきましょう。

会費は年間4,900円もしくは月額500円かかりますが、初めて利用するアカウントの場合には30日間無料で体験できるので、セール期間前にぜひ登録してみましょう。

配送料が無料になったり、会員以外の人よりも先に商品の購入ができるようになったりといった特別なサービスがついてきますので非常にお得です

またAmazonのショッピングアプリをスマートフォンに入れておくのもオススメです。

というのも、欲しい商品をウォッチリストに入れるとセール開始時に通知してくれるため、うっかり見逃してしまう心配がなくなるからです。

このような準備をしておくと、セールを余すところなく楽しむことができるでしょう。

ポイント2:特選タイムセールをチェック

最も大きな目玉となるのが、この「特選タイムセール」です。

トップブランドの商品や、商品の評価が「4つ星以上」の人気商品がさまざまなカテゴリーからお得に出品されます

セール期間中はいつでも購入可能ですが、在庫がなくなり次第終了となるため、競争率は非常に高くなります。

ポイント3:数量限定タイムセールをチェック

この「数量限定タイムセール」は特選タイムセールとは違い、最大8時間という制限時間があります

時間差で続々と人気商品が追加されていくので、欲しい商品のセールがいつ始まるかを必ずチェックしておきましょう。

ただし、特に記載がない限りは1人につき1点までしか購入できないので注意してください。

ポイント4:ポイントアップキャンペーンにエントリー

事前にポイントアップキャンペーンにエントリーし、Amazonが設定する条件をクリアすると普段よりも多くのAmazonポイントをゲットすることができます。

効率よくポイントをゲットして、さらにお得に商品を購入していきましょう。

ポイント5:Amazonギフト券キャンペーンを利用

これはブラックフライデーやサイバーマンデーセールの時だけに限りませんが、Amazonではキャンペーンにエントリーした上で「Amazonギフト券」を5,000円以上購入すると最大2.5%のAmazonポイントがチャージされるというお得な仕組みがあります。

Amazonギフト券の有効期限は10年間です。

これだけの期間があれば必ず使う機会が訪れるので、かなりの金額をチャージしても安心ですね。

またAmazonポイントの有効期限は、最終購入日もしくは最終ポイント獲得日から1年間なので、1年以内にAmazonを利用すれば事実上有効期限はありません。

1ポイント=1円として利用できるため、仮に100,000円のAmazonギフト券を購入すると、2,500円分のポイントがつくことになります。

買い物の前に必ずこのギフト券を購入しておくのがオススメです。

なお、Amazonギフト券にはEメール・印刷・チャージの3タイプがあります。個人で使う際にはチャージタイプが便利です。

チャージされるまでには時間がかかる場合があるので、買い物の前には十分に余裕をもってチャージしておきましょう。

ECショップとしてブラックフライデー・サイバーマンデーに備える

日本でも恒例イベントになりつつあるブラックフライデーとサイバーマンデーですが、ECサイト運営側としては最大限に売り上げを上げるためにどのような準備が必要なのでしょうか。

ここからはECショップ側の対策について説明していきます。

戦略を立てる

このセール期間に顧客が求めているのは、とにかく「通常よりも安い」ことです。

そこで、どの商品をどこまで割引して売るのかを十分に考えておく必要があります

またポイントなどの活用についても考慮しておく必要もあるでしょう。

売り上げが落ちてきた商品やトレンドから外れつつある商品についても、このセールの時期であれば十分に売れる可能性があります。

今後、長期在庫となり管理費がかかることが予想される商品であれば、かなりの割引をして販売しても、ショップ側にも十分にメリットがあります。

1年を通して常に準備しておく

ブラックフライデーとサイバーマンデーは年末にありますが、いつ準備を始めればいいのでしょうか。

その答えは、「1年を通して常に準備をしておく」ことです。

もちろん集中的に準備しなければいけないのは年末商戦前の数カ月ですが、その時期には他のECショップも準備しているに違いありません。

他店に差をつけ、さらに売り上げを上げるには常にブラックフライデーとサイバーマンデーを念頭に置いて少しずつ準備を進めておくことが重要です。

セール計画を立てる

あらかじめ人気になりそうなセール商材を選び、在庫数を確保しておきましょう

セール直前に仕入れようと思ってもサプライヤーが在庫を持っていないかもしれません。

また十分な数を仕入れることができなければ、セール中に売れ筋商品が在庫切れになってしまった・・・ということになりかねません。

事前に在庫を把握し、セール用商品を確保しておきたいものです。

発送体制を見直す

これを機に、商品の発送方法も見直しておきましょう。

セール時期には注文数が激増し、運送会社も混雑することが予想されるため、普段以上に増加が見込まれる商品の受注体制や配送の効率の良さを考慮した人員配置にしておくことが重要になってきます

少し費用はかかるかもしれませんが、自分の戦略に合わせてセール商戦用の発送体制を整えておくことは大切です。

セールを盛り上げる仕掛けを考える

ブラックフライデーやサイバーマンデーの時期には、どのECモールでもお得なセールが開催されています。

その時期には、顧客も普段利用しているECショップ以外のショップを訪問して、お得な商品を探すに違いありません。

あなたのショップでも普段と違ったセールの演出をしておけば、きっと多くの顧客の注目を集めることができるはずです。

ポイントは「普段よりもお得!」ということを前面に押し出すことです。

セール価格を設定するだけでも随分と印象が良くなります。

他にも、ポイント増量クーポンの利用といったキャンペーンも考えられます。

他のECサイトの施策をリサーチして、自分のサイトにも積極的に取り入れるようにしましょう。

ECサイトの商品ページをさらに良いものにする

ブラックフライデーとサイバーマンデーのセール時期は、1年の中でも1番訪問者数が上がる時期となることが予想されます。

昨年の同時期や他のセールの時期のデータを参考にしながら商品のページを見直し、売れ筋商品やセールの目玉商品がさらに注目を集められるようにしておきましょう。

この準備には時間がかかるので、商品ごとに優先順位を決めて効率よく行っていくことが大切です。

スマートフォン用のページにも力を入れる

現在は、パソコンよりもスマートフォンから商品を購入する人が多くなっています。

なので、あなたのECサイトがスマートフォンやタブレットからも商品を購入しやすいかどうかは、セールの売り上げに直結する重要な問題です

商品ページの見直しと一緒に、モバイル機器のためのサイト設計についても改善していきましょう。

効果的に広告を打つ

普段は商品の広告を迷惑に思う人が多いですが、セール期間中には多くの人がお得な情報を探しているため広告への関心が高くなる傾向があります

セールの時期には、普段よりも多くの広告を打つことは効果的だといえます。

メール広告も忘れない

SNSが発達している中、Eメールによる広告はもう効果が薄いのではないかと思われるかもしれません。

しかし、この方法は今でも十分にリターンを見込める有効な方法です。

2018年にアメリカでEメールマーケティングサービスを提供しているdotmailer(現在はdotdigital)が行った調査によると、メールマーケティングに1ドル費やすと平均32ドルのリターンを得られるという結果が出ています

Eメールは今でも非常に有効な方法であるといえるのです。

SNSで顧客の期待を高めていく

SNSはマーケティングのツールとして非常に有効です。

ただセールを開催するという情報を何度も流すのではなく、目玉商品を複数回に分けて投稿すれば、顧客の期待をさらに高めることができきるほか、顧客によって情報がさらに拡散されていくことも期待できます。

こうしたマーケティングも戦略をよく練って行っていけば、セールに向けてさらに弾みをつけることができます。

サイバー犯罪に備えてセキュリティ対策を強化しておく

近年、ECサイトの新たな脅威としてサイバー犯罪組織が注目を集めています。

こうした犯罪組織は、ブラックフライデーやサイバーマンデーのようなセール時期を狙ってECショップのサイトを改ざんし、顧客のクレジットカード情報を盗もうとします。

最終的な被害者は自分のECサイトの顧客になりますが、顧客に被害を与えてしまうことによって信頼を失ったり、社会的な罰則を受けたりするなどショップ側にも損失が生じてしまいます。

このような被害に遭わないためには、ECサイトの脆弱性や設定ミスなどをなくす対策をすることやソフトウェアを常に最新のものに更新しておくこと、修正パッチを適用しておくことなどが有効です。

常にECサイトの健全性を保っておくことも、ショップの利益を守ることにつながる重要な準備といえます。

Amazonセラーとしてブラックフライデーとサイバーマンデーに備えるためには?

Amazonではブラックフライデーとサイバーマンデーの時期に、毎年気合が入ったイベントを開催しています。

ここからは、特にAmazonセラーとしてのセール商戦対策について解説していきます。

事前の対策が欠かせない

Amazonはブラックフライデーとサイバーマンデーに向けて積極的にプロモーションを行っています。

テレビや雑誌などさまざまなメディアで、キャンペーンについての告知や目玉商品の公開などを行っていきますので、セール期間にはあなたのAmazonショップにも通常以上の数の顧客が訪れる可能性があります。

しかし、事前によく対策をしておかなければセール時期に在庫が不足してしまったり、注文が殺到して発送の対応が遅れてしまったり、さらには他のショップのセール施策に押されて売り上げの機会を逃したりしてしまうかもしれません

このセール期間を十分に活用するには、特別な準備が必要になります。

セール感を前面に押し出す

このお得な時期に、集中して買い物をする人は多くいます。

通常の期間より「お得に」買い物ができるからです。

またセールで値引きされているからこそ買ってみよう、と思う商品もあるに違いありません。

こうした機運に乗じるためにも、Amazonのセールとコラボレーションしてユーザーが買い物を楽しめる準備しておきましょう。

Amazonで利用できるプロモーションとしては「購入割引」や「1点購入でもう1点プレゼント」、また「クーポンプログラム」などがあります。

売り上げをアップさせるターニングポイントとしてセールを活用する

ブラックフライデーとサイバーマンデーの期間に多くの集客ができ、売り上げがアップするとセール終了後にも良い影響が残る場合があります。

売り上げ実績やショップの評価が上がることによって、セール以外の時期にも来客数が増えたり注文数が増加したりする可能性があるのです

セールの時期を1つのターニングポイントと位置づけ、売り上げ全体を増加させる循環を作るイメージでサイト運営をするように心がけてみてください。

まとめ

この記事では「ブラックフライデー」と「サイバーマンデー」について紹介してきました。

この2つのセールは買い物客としても、またECセラーとしても非常に大きなイベントです。

今から十分に対策をして、今年のブラックフライデーとサイバーマンデーも楽しんでくださいね!

ところで、ビジネスで成功するためには独学よりも体系化された教材やサービスを活用して学ぶ方が結果が早く出ます。

インターネットを活用してビジネスを始めること自体は簡単です。そのためインターネット上にはあらゆるレベルの教材やサービスが存在しています。最新の情報にアップデートされているものから、途中で放置されているものまで本当にいろいろです。

そして、どんな教材やサービスを選ぶかによって、成功の度合いも大きく異なってきます。

評判も良いものから悪いものまでさまざまです。このように評価が安定しないのは、各々の教材のサービスの質が一定していないことが原因です。

ここではアクシグ編集部が予め登録した上で責任者に直接取材をし、有用性を確認した教材やサービスのみを厳選してご紹介します。無料ですのでお気軽にご登録またはご相談ください。

【期間限定公開】複業の教科書

複数の収入源を持ち、人に感謝されながら利益を倍増させる唯一の方法

  • 個人でも売上6億円、利益率90%以上の驚異的ビジネスの成功事例
  • 物販の利益を○○○○に活用してレバレッジを掛ける秘密の方法
  • 毎月100万円以上、安定した複数の収入源を持つ具体的な手順
  • 資金ゼロでも始められる、驚きの新手法法
  • 物販を低リスクかつ高収益体質に変えるアドバイスは

など、アクシグ編集部が総力をあげて作り上げたコンテンツをお届けいたします。。

あなたのビジネスを成功させるために、今すぐ限定情報を入手してください。

【無料レポート】中国輸入ビジネス成功の秘訣

安定して稼げる物販、副業として話題の中国輸入ビジネス。 「中国の卸サイト」で仕入れて、「アマゾン」「メルカリ」「ヤフオク」で売る、誰でもできる分かりやすい物販ビジネスです。

数万円の仕入れからスタートできる! 完全在宅でもOKだから、自分のペースでできる! 中国語不要、安く仕入れて検品・納品までしてくれる仕組みも紹介!

  • 数万円の仕入れからスタートできる!
  • 完全在宅でもOKだから、自分のペースでできる!
  • 中国語不要、安く仕入れて検品・納品までしてくれる仕組みも紹介!

行動力とやる気があればOK! サラリーマン、派遣社員、公務員、シングルマザー、自営業、フリーターなどあらゆる環境の方がどんどん成功しています。

この無料メール講座執筆者も、元は時給800円フリーターでしたが、 1年後には年収1,000万円、2年後には年収2,040万円を実現しました。

あなたも、中国輸入ビジネスで年収1,000万円を達成してみませんか?

【漫画で分かる】無在庫輸入物販ビジネス

アメリカやヨーロッパの商品を日本の「Amazon」などで 受注をしてから仕入れる無在庫方式の販売方法を解説しています。

  • まとまった資金がなくてもスタート可能!
  • 取り寄せ式なので大量の在庫を抱えなくて良い!
  • ネットで完結なので自宅でできる!

1つの商品の販売で1万円以上の利益を得ることもでき、 効率良く手元の資金が増やすことができます。

あなたもぜひ無在庫欧米輸入ビジネスで、 堅実な収入の柱を一緒に作りませんか?

【無料相談】Biz English

ビジネス英語は3ヶ月でマスターできます!

インターネットの買い物に慣れてくると、アメリカのアマゾンやeBayで購入したり出品したりしたくなるでしょう。英語ができなくてもGoogle翻訳やDeepLなどのツールを使えば始めるのは簡単です。

ところがクレームや返金などが発生すると機械翻訳では上手く交渉できません。金額が大きくなりビジネスレベルになるとなおさらリスクが高くなります。

ビズイングリッシュはビジネス英語専門の英会話スクールです。受講生は全くのゼロから英語でアカウントを復活させたり、海外の展示会で交渉に成功したりと幅広く活躍をしています!

今すぐビジネスレベルの英語力を身につけましょう!

【無料レポート】けいすけ式、eBay輸出大百科

4130分以上の有料級動画コンテンツを無料プレゼントします!

この大百科を見てeBay輸出を実践していただければ、全くの初心者でも完全在宅で月収30万円を達成できる内容になっています。

その方法に興味がございましたら、ぜひ無料で394本のこの動画を受け取ってください。