物販

中国輸入ビジネスの始め方を解説!これを読めば初心者でも中国輸入ができる!

今、中国輸入ビジネスが副業にピッタリのビジネスとして注目されています。そのせいか、中国輸入ビジネスを紹介するサイトや動画を多く見かけるようになりました。しかし、中国からの輸入と聞くと「難しそう……」という印象を持つ方が大半でしょう。

そこで今回は、初心者でもできる中国輸入ビジネスの始め方についてご紹介していきます。「興味はあるけど、実際にやるのはちょっと……」という初心者の方から、もう一度はじめから学び直したいというベテランの方まで、中国輸入ビジネスに興味のある方は是非参考になさってください。

中国輸入ビジネスを理解しよう

まずは、中国輸入ビジネスの概要と心構えをご紹介していきます。中国輸入ビジネスのイロハについて理解を深めておきましょう。

中国ビジネスとは?

中国輸入ビジネスとは、文字どおり、中国から輸入した商品を日本で販売するビジネスです。仕入れた商品はリアル店舗や、Amazon・メルカリといったECサイトなどを利用して販売していきます。比較的少額の資金から始められるため、会社員や主婦でも手軽にスタートできるビジネスです。

まずは成功者を真似ることから始める

中国輸入ビジネスは初心者でも取り組むことができるビジネスですが、簡単に利益が出るかと言えばそうでもありません。特に初心者のうちから直感だけで商品を仕入れたり、自分流を貫いたりしていては成功はおぼつきません。

そのため、まずは成功者を真似ることからスタートするのが大切です。

消費者目線に立つ

物販ビジネス一般に言えることですが、中国輸入ビジネスは商品を買ってくれるお客様がいて初めて成り立ちます。

そのため、洋服、雑貨、食品など、取り扱う商品は違っても、ターゲットとなる消費者の目線に立って事業を運営することが大切です。

中国輸入ビジネスのメリット

この項目では、中国輸入ビジネスのメリットについて解説していきます。

中国輸入ビジネスは利益率が高い

中国は物価が安いので、仕入れ値が安く上がるという点が中国輸入ビジネス最大のメリットと言えるでしょう。日本で商品を仕入れて国内で販売した場合の利益率は10~20%程度ですが、中国輸入の場合は30%以上になることも少なくありません。

商品の種類が豊富

商品の種類が圧倒的に多いのも、中国輸入ビジネスの魅力です。日本国内だけで仕入れを行っている場合、ライバルが多いジャンルだと初心者が利益を出すのは難しくなりがちですが、中国輸入であれば、豊富な商品ジャンルからライバルが取り扱っていない商品を見つけだして仕入れることができるのです。

コスパがいい

中国輸入ビジネスは、仕入原価が安いだけでなく、コスパがいいのもメリットです。少し前までは、中国製品と言えば粗悪品の代表のように言われていましたが、最近は商品の質が向上しており、かつてのように品質で悩まされることは少なくなっています。

手軽に取り組める

今はインターネットが発達したおかげで、日本に居ながら中国から商品を仕入れられるようになりました。しかも、輸入代行業者を利用すれば面倒な手続きをおまかせできるので、「やることは商品を選ぶことだけ」というスタイルでビジネスを行うことも可能です。輸入のハードルが下がったおかげで一昔前よりも手軽に輸入できるようになったという点も中国輸入ビジネスのメリットと言えるでしょう。

中国輸入ビジネスのデメリットとは?

メリットの多い中国輸入ビジネスですが、デメリットもあります。デメリットに目をつむったまま輸入ビジネスを始めると、思わぬところで失敗してしまうおそれがあります。そのため、ここでデメリットについてもしっかりと理解しておきましょう。

コストの計算が大変

ビジネスで利益を出すには、コストの計算が必要不可欠です。その点、中国輸入ビジネスは関税や国際送料が絡むため、コストの計算が複雑になりがちです。計算をテキトーに済ませてしまうと赤字になってしまうので、手を抜くこともできません。

国内だけで完結させる場合と比べて事務の量が増えるのが、中国輸入ビジネスのデメリットです。

リサーチし続ける必要がある

初心者は先人のやり方を真似たほうが良いと先述しましたが、いつまでも他人のマネをしていては成功は望めません。なぜなら、ライバルたちも先人の真似をすることが多く、みんなが同じ商品を扱う事態がよく起こるからです。そうなると、価格競争が勃発します。

特に中国輸入ビジネスはこの傾向が顕著で、みんなが同じような商品を輸入するので、国内での価格がすぐに下落してしまいます。このような環境にあって利益を出し続けるには、ライバルが手を出していない商品のうち、日本で需要が見込めるものを探し続けなければなりません

少ない手間で多くの利益を望む人にとっては、このような事情はデメリットとなることでしょう。

日本では考えられないようなトラブルが起こる

中国製品の品質が向上しているとはいえ、他の国から輸入する場合と比べると、まだまだ不良品が多いのは事実です。また、同じ店舗から仕入れているにもかかわらず、色やサイズが微妙に違ったりもします。加えて、梱包の不手際でキズや破損が発生することも珍しくありません。このように、日本では考えられないようなトラブルが起こりがちなのも中国輸入特有のデメリットと言えるでしょう。

中国輸入ビジネスを始めるために必要なもの

この項目では、中国輸入ビジネスを始めるにあたって準備しておくべきものについてご紹介していきます。

インターネット接続環境とPC

現代の中国輸入ビジネスにインターネットは欠かせません。仕入先と交渉するにしても、商品を注文するにしても、インターネットがなければ話になりません。そのため、中国輸入を始めるのであれば、まずはインターネット接続環境を整えておきましょう。

また、PCの性能が低く、タスクの処理に時間がかかってしまうようでは販売の機会を逃してしまいます。そのため、中国輸入を始めると決意した時は、ある程度性能が高いPCも用意しておきましょう。

中国国内の業者とやり取りすることになれば、さまざまなメールを受け取ることになるでしょう。そのときに備えて、事前に専用のメールアドレスを準備しておくのも大事なことです。そうしておけば、個人のメールとビジネスメールとの混在を予防できます。

クレジットカード

現地のリアル店舗から商品を仕入れる場合は必要ないかもしれませんが、中国系のECサイト(Aliexpressやタオバオ等)から仕入れるのであれば、クレジットカードがあるほうが便利なので、自分名義のクレジットカードを事前に用意しておきましょう。

銀行口座

中国輸入ビジネスを始めるとなると、売上金を管理する必要が生じます。その際は銀行口座があったほうが便利なので、銀行口座も用意しておきましょう。どの銀行の口座でも問題ありませんが、資金の移動・利用が簡便になることから、ネット銀行の口座を開設しておくのがオススメです。

輸入した商品は、まずはAmazonで販売してみよう

当然のことですが、中国輸入ビジネスは、商品を中国から輸入して終わりではありません。輸入した商品を販売して利益を上げる必要があります。しかし、自力でネットショップを開設するのは、初心者にはハードルが高いことでしょう。そこでオススメしたいのがAmazonの利用です。Amazonなら各種の便利なツールも利用できるうえ、FBAという出品が楽になる仕組みも用意されています。

この項目では、Amazonで商品を販売するために必要なアカウントの作成方法についてご紹介していきます。

Amazonでアカウントを作成

Amazonには大口出品と小口出品という2つの出品形態を選択することができますが、ここでは中国輸入ビジネス向きな大口出品用のアカウントの作成方法を説明していきます。

まずは、Amazonのトップ画面にアクセスしてください。

トップ画面が表示されたら、画面を下までスクロールしましょう。そうすると各種メニューが表示されている箇所にたどり着きますので、「Amazonでビジネス」というカテゴリ内にある「Amazonで売る」をクリックしてください。

移動先の画面右上、または中央左側に表示されている「さっそく始める」をクリックします。

ログイン画面が表示されるので、画面下にある「Amazonアカウントを作成」をクリックしてください。

「アカウントを作成」という画面に遷移しますので、名前、Eメールアドレス、パスワードを入力した上で「次へ」をクリックしましょう。

設定したEメールアドレス宛にメールが送られてきますので、そのEメールに貼付されている確認コードを入力した上で「アカウントの作成」をクリックしてください。

Amazonでの販売に必要となる各種情報を入力する画面が表示されますので、それぞれ入力してください。

まず、事業所の所在地をプルダウンメニューから選択します。

事業所の所在地を選択すると、「業種」の項目が表示されるので、プルダウンメニューから該当する業種を選択しましょう。

「国有企業(法人)」「上場企業(法人)」「非上場企業(法人)」「チャリティ(法人)」のいずれかを選択した場合は、法人名(英語表記)か法人名(日本語表記)を入力します。

一方、「個人・個人事業主」を選択した場合は、「名」「ミドルネーム」「姓」をローマ字で入力します。

今回は「個人・個人事業主」を選択した場合で話を進めていきます。それぞれの入力が完了したら、「同意して続行する」をクリックしてください。

次は、個人情報の登録です。表示されている各項目を選択・入力していきましょう。

電話番号は国籍電話番号登録となるので、国番号の「+81」の後に電話番号のうち最初の0を除いた番号を入力する必要があります(例えば、電話番号が「09012345678」の場合は、「+819012345678」となります)。

ワンタイムパスワード取得方法として「SMS」か「電話」のどちらかを選択します。SMSを選んだ場合は「SMSを送信する」をクリックしましょう。認証が完了したら、「次へ」をクリックしてください。

すると今度は請求先情報を入力する画面に移動しますので、月間の登録料や販売手数料を支払う際に利用するクレジットカードを登録しましょう。

必要事項を入力したら「次へ」をクリックしてください。

ストア情報を入力する画面に移動します。

この画面でストア名の入力と設問への回答を入力し「次へ」をクリックしてください。

本人確認用の書類をアップロードする画面に移るので指定された書類を全てアップロードし、「送信」をクリックしてください。

以上の入力手続きが終わると、審査段階に移行します。その後、3営業日ほどで登録したメール宛に合否が通知される運びとなります。

審査の基準は不明

審査の内容は公開されていないため、どのような基準に従って審査されるのかは不明です。

ただ、特に問題がなければ、10分程度で終わります。

銀行口座情報・出品者情報の設定

無事審査を通過したら、今度はAmazon seller centralから初期設定を行いましょう。

ここでは、銀行口座・出品者情報・プライバシーポリシーの設定について説明していきます。

まずは、Amazon seller central画面の右側上にある「設定」をクリックすると表示されるプルダウンメニューから「出品用アカウント情報」をクリックしてください。

画面中央上にある支払情報の「銀行口座情報」をクリックします。

銀行口座情報の画面に移動したら、画面右側にある「登録」をクリックしましょう。

Amazon.co.jp銀行口座情報画面にて必要な情報を入力し、「送信」をクリックします。

次は、出品者情報とポリシーの設定です。

Amazon seller central画面の右上にある「設定」のプルダウンメニューから「情報・ポリシー」をクリックします。

「出品者情報」をクリックしましょう。

そうすると、出品者に関する情報とポリシー画面に移動するので、

  • 店舗運営責任者名
  • 会社名
  • 会社住所
  • 電話番号

を入力し、「保存」をクリックしてください。

以上で初期設定は完了です。

中国輸入ビジネスで儲けるためのコツ

中国輸入ビジネスで売上をアップさせるにはあるコツがあります。この項目では、そのコツについて解説していきます。

先人のやり方を学ぶ

これは先述したことですが、初心者のうちは先人のやり方を学ぶのが得策です。Amazonを販売先として利用する場合は、商品を多く販売しており、かつ、レビュー数が200件ほどあるセラーの販売手法を参考にするのがオススメです。

多くの人は同じカテゴリ内の商品にフォーカスして販売していますし、また、「タイトル名」「商品画像」「商品説明文」に関するフォーマットも統一しています。

このような先輩セラーの特徴を観察し、簡単に取り入れられる部分はどんどん真似してみましょう。

商品のリサーチに時間をかける

中国輸入ビジネスを成功させるには、自分の扱いたいものや好きなものを仕入れているだけではうまくいきません。中国国内で安く販売されていて、なおかつ日本の消費者が求めているものを探し出さなければなりません。

その際に利用したいのが大手のECサイト、すなわちAmazonや楽天、Yahoo!ショッピングなどです。中国のサイトで販売されている商品と同じものが右のECサイトでも販売されているか、また、販売されているとしてその相場はどうなっているか、レビュー数は多いか、などといった事項を調査していけば、自然と何を仕入れるべきかが見えてきます。

また、Amazonなどが公開している売り上げランキングを参考にするのもオススメです。

オリジナル商品を作る

デメリットの項目でも述べたように、中国輸入ビジネスは価格競争が起きやすいのが難点です。みんなが同じ商品を輸入するのがその理由です。

そこで、中国輸入にある程度慣れてきたら、オリジナル商品の開発・販売に着手してみましょう。オリジナル商品であれば競合する相手が居ないので、価格競争に巻き込まれる心配がありません。

中国企業の中には、オリジナル商品の製造を請け負ってくれるところもあるので、機会があれば積極的に依頼してみましょう。

中国輸入代行サービスを利用する

中国輸入で最も難しいのが、トラブルへの対処です。現地の業者とのやり取りは基本的に英語で行うことになるので、英語の素養があればなんとか個人でも対処することは可能です。ただ、現地の中国人が英語に堪能でないとミスコミュニケーションを誘発することになりますし、日本と中国の文化の違いから交渉がスムーズに運ばないことも珍しくありません。

そこで利用したいのが「輸入代行サービス」です。この手のサービスを利用すれば、トラブルへの対処はもちろん、現地の業者との価格交渉や発送手続きまで代行してもらえる場合があるので、中国輸入が格段に簡単になります。

輸入代行業者を選ぶ際に注意したいポイントは以下の3つです。

レスポンスのスピード

業者のレスポンスのスピードは重要です。問い合わせに対する回答に何日もかかるようでは、代行業者失格です。

料金

利益に直結するため、代行利用料は必ずチェックする必要があります。また、その額だけでなく、支払に見合ったサービスとなっているかも併せて確認しておきましょう。

日本語対応の有無

日本語対応が可能な業者であれば、相談もしやすくなりますし、万一のトラブルの際も安心です。

中国輸入ビジネスはそこまで難しくない!

今回の記事では中国輸入ビジネスについてご紹介してきました。

ここまで読んでみて「中国輸入は難しくないかも」と思っていただけたのではないでしょうか。

今はネットが普及したおかげで、日本にいながら簡単に中国輸入ができるようになりました。

中国輸入ビジネスに少しでも興味がある、または興味が湧いてきたという方は、こちらの記事を参考にしつつ輸入ビジネスを始めてみてください。

ところで、ビジネスで成功するためには独学よりも体系化された教材やサービスを活用して学ぶ方が結果が早く出ます。

ここではアクシグ編集部が予め登録した上で責任者に直接取材をし、有用性を確認した教材やサービスのみを厳選してご紹介します。無料ですのでお気軽にご登録またはご相談ください。

【無料レポート】中国輸入ビジネス成功の秘訣

安定して稼げる物販、副業として話題の中国輸入ビジネス。 「中国の卸サイト」で仕入れて、「アマゾン」「メルカリ」「ヤフオク」で売る、誰でもできる分かりやすい物販ビジネスです。

数万円の仕入れからスタートできる! 完全在宅でもOKだから、自分のペースでできる! 中国語不要、安く仕入れて検品・納品までしてくれる仕組みも紹介!

  • 数万円の仕入れからスタートできる!
  • 完全在宅でもOKだから、自分のペースでできる!
  • 中国語不要、安く仕入れて検品・納品までしてくれる仕組みも紹介!

行動力とやる気があればOK! サラリーマン、派遣社員、公務員、シングルマザー、自営業、フリーターなどあらゆる環境の方がどんどん成功しています。

この無料メール講座執筆者も、元は時給800円フリーターでしたが、 1年後には年収1,000万円、2年後には年収2,040万円を実現しました。

あなたも、中国輸入ビジネスで年収1,000万円を達成してみませんか?

【漫画で分かる】無在庫輸入物販ビジネス

アメリカやヨーロッパの商品を日本の「Amazon」などで 受注をしてから仕入れる無在庫方式の販売方法を解説しています。

  • まとまった資金がなくてもスタート可能!
  • 取り寄せ式なので大量の在庫を抱えなくて良い!
  • ネットで完結なので自宅でできる!

1つの商品の販売で1万円以上の利益を得ることもでき、 効率良く手元の資金が増やすことができます。

あなたもぜひ無在庫欧米輸入ビジネスで、 堅実な収入の柱を一緒に作りませんか?

【無料相談】Biz English

ビジネス英語は3ヶ月でマスターできます!

インターネットの買い物に慣れてくると、アメリカのアマゾンやeBayで購入したり出品したりしたくなるでしょう。英語ができなくてもGoogle翻訳やDeepLなどのツールを使えば始めるのは簡単です。

ところがクレームや返金などが発生すると機械翻訳では上手く交渉できません。金額が大きくなりビジネスレベルになるとなおさらリスクが高くなります。

ビズイングリッシュはビジネス英語専門の英会話スクールです。受講生は全くのゼロから英語でアカウントを復活させたり、海外の展示会で交渉に成功したりと幅広く活躍をしています!

今すぐビジネスレベルの英語力を身につけましょう!