個人向けeBay出品の方法まとめ

この記事では、eBayへの出品方法・出品の際に気を付けるべきポイント・アカウント制限について解説していきます。

これからeBayで出品しようと考えておられる方は、ぜひ一度ご覧になってみてください。

目次

eBayで初めて出品する際の心得

まずは、eBayで取引を行うための基本的知識をご紹介していきます。

eBay(イーベイ)とは?

eBayとは、世界最大のオークションサイトです。アメリカをはじめとして世界約190ヶ国で運営されています。

eBayでは、メルカリのように事前に値段をつけて販売することも可能ですが、基本的にはオークション形式で売買されています。

現在のアクティブバイヤー数は1億8,700万人という、日本の人口を上回る人達がeBay上で取引をしています(2020年年間報告)。eBay自身は商品を売っているわけではなく、バイヤーに売り場となるプラットフォームを提供しています。

どのような商品が販売されているかは、Amazonをイメージしてもらうとわかりやすいかと思います。さまざまなジャンルを扱っており、日本では買えないお宝がザクザク見つかります。日本未上陸のブランドや、海外アーティストのDVD、コレクター品なんかは狙い目です。

海外オークションサイトなので取引相手は世界中にいます。また、日本の商品は海外でとても人気があるので売りやすくなっています。もちろん地域限定で販売することも可能です。

eBayでのリスクとは?

eBayに新規参入するにあたっての1番の障壁が、「出品リミット」です。新規登録したばかりのアカウントには出品数は10商品まで合計500ドル以下という制限がかけられます。信頼できるアカウントかどうかを見分けるために、このようなリミットが設けられています。

早い段階でこのリミットを上げることがeBayでの取引のコツです。そのため、利益よりも回転率重視、つまり売れる商品を素早く売ることを心掛けましょう

2番目の壁は、英語でしょう。しかし、最初は難しく感じても、流れさえ覚えてしまえば出品自体は割と簡単にできます。また、バイヤーと一言もメッセージを取り交わすことなく売買が成立するケースもあります。対面でのやり取りならいざ知らず、eBayでの取引はインターネット上で行われるので、わからない単語があってもその都度調べることができるので、それほど身構える必要はありません。

eBayでの出品準備

eBayでの出品用にeBayアカウントを取得するのとは別に準備しておかなければいけないことがあります。それが「Payoneer」の登録です。

Payoneerとは世界中で利用されているEコマース決済プラットフォームで、eBayで売り上げ金を受け取る際に必要になります。

Payoneerアカウントには「法人向け」「個人向け」の2種類があるので、個人事業主として登録する場合は法人向けを、個人利用の場合は個人向けを選択します。

開設にあたっては、クレジットカードもしくはデビットカードの登録が必要なだけでなく、本人確認も求められるため運転免許証等の身分証明書を準備しておいてください。

eBayのペイメントサービスであるManaged Paymentsに登録する際にPayoneerアカウントを持っていると設定がスムーズです。
また、Payoneerアカウントのプロファイルの詳細とeBayのプロファイルの詳細が一致している必要があるので注意してください。

eBayでの売上はPayoneerアカウントに直接米ドルで受け取ることが出来ます。受取った外貨は、出金時の為替レートで金額を確認してから、国内銀行口座へ日本円で出金が可能です。

次は、eBayのアカウントについて説明していきます。

2種類のeBayのアカウントの違いとは?

eBayのアカウントには、個人用とビジネス用の2種類があります。
どちらのアカウントであっても、eBayで取引することはできます。

eBay個人用アカウント

個人用アカウントとは、個人で利用できるアカウントです。個人的な取引しかしないという方や、大量取引の予定がない方のためのアカウントになります。

eBayビジネス用アカウント

ビジネス用アカウントは、大量取引用のアカウントです。

せどりや転売目的でeBayを利用しようと考えている方は、ビジネス用アカウントに登録しましょう。

ビジネス用アカウントのメリット

公式サイトにも記載がありますが、以下の人はビジネス用アカウントで登録することをお勧めします。

  • 自身で開発した商品を販売する方
  • 大量に商品を取引する予定がある方
  • 転売目的の方
  • ビジネス用の買い付けに利用したい方

また、ビジネス用アカウントは、セラーレベルを上げるのにも一役買います。セラーレベルとは、セラーの信用度を評価するシステムを指しますが、そのセラーレベルを標準以上にしたい場合、個人用アカウントでは太刀打ちできません。なかには個人用アカウントで標準を上回る評価を得ることができるジャンルもありますが、ビジネスアカウントでないと評価対象外になってしまうジャンルもあるため、せどりや転売をするならビジネスアカウントを開設しておきましょう。

eBayの出品手順

2022年5月以降のeBay出品手順について解説いたします。

sellをクリック後、カタログに紐づける方法

トップページの「Sell」をクリックします。

ここでログイン画面が出てきた場合はログインします。

ログイン後このようなページになります。

今回はナイキのスニーカーを出品してみます。

「Tell us what you’re selling」の下にある入力欄に商品名を英語で入力して、右横の「Get started」をクリックします。すると、画像のようにeBay内にある同様の商品カタログが出てくるので出品するものと同じカタログがあれば「Select」をクリックします。

カタログがない場合は、ページ下部の「Continue without selecting a product」をクリックします。

sellをクリック後、カテゴリから選ぶ方法

商品名を入力してもカタログが出てこないこともあります。その場合は商品の販売カテゴリを選択する方法もあります。

まず、「Browse categories」をクリックします。

今回は男性用のナイキのスニーカーを出品するので「Clothing,Shoes & Accessories」という大カテゴリをクリックします。すると、右側に中カテゴリが表示されるので「Men」を選択。そうするとまた右側に小カテゴリが表示される、といったように商品によってはかなり細かくカテゴリ分けされているので当てはまるものを順に選択していきます。選択し終わると自動的に商品の詳細を入力するページに移動します。

タイトルを入力

カタログからセレクトすると既にタイトルが入っている状態ですが、最後が「US」となっている場合がありますので、日本からの出品と分かるように「JAPAN」に変更しておきましょう。

また、カテゴリから選択した場合は、タイトル欄が空欄になっているので80字以内で入力します。

なお、タイトルを付ける際の注意点ですが、「♪、①」等の特殊文字は使えません。タイトル名で迷ったときは出品商品を検索し、ほかの人がどのようなタイトルを付けているか確認してみましょう。

コンディション設定

次にコンディションですが、選択できるのは、新品(箱アリ)・新品(箱ナシ)・新品(傷などあり)・プレオウンド(中古)が選択できます。

今回は中古品なので、「pre-owned」を選択しました。

UPCの入力

UPCとは、日本ではJANコードとも呼ばれていて商品を分けるための電子コードのことを言います。UPCを入力しなくても出品することは可能ですが、商品の信用にも繋がるので入力するようにしましょう。

UPCITEMDB.comというサイトで商品名を入力して検索することも可能です。

また、UPC欄はJANコードでも入力可能なので、UPCコードを検索してもなかなか見つからない時はAmazonの「ASINコード」を利用してJANコードを探してみるといいでしょう。

このWebページを利用して、すぐに見つけられます。

参考:JANコード検索できる じゃんじゃん検索

Amazonの商品ページ下段にある「登録情報」の中にASINコードが表示されていて、そのままコピーして検索窓に貼り付けるだけでJANコードを検索することができます。

登録情報の場所がわからない場合は、アマゾンの商品ページのURLの「B」から始まる部分にも表示されています。

どうしても見つからないという場合は【Does not apply】と入力しましょう。

画像設定

今回はカタログから紐づけをしたので画像が入っています。しかし中古品の場合は、現物写真を撮影してアップすることをオススメします。

なぜなら、実物の写真がないと、本当に存在するものなのかどうか購入者が不安になるからです。写真1つで購入者に与える印象が変わってきますので商品の写真は撮るようにしましょう。

画像が用意できない場合は、このままで構いません。また、画像はサーバーにアップしておかないと突然表示されなくなってしまうことがあるのでご注意ください。また、商品によっては著作権侵害になる場合もあります。特にSEIKOなどの大手メーカーは敏感で、出品取り消しの依頼が来ることもあるので、著作権についても確認しておいてください。

画像設定欄の下にある「item specifics」とは、商品詳細のことです。今回はスニーカーなのでどんな用途なのかを選択していきます。「Required」は必須項目なので入力しましょう。「Recommended」から下の部分は分かる範囲で構わないので、とにかく入力しておけば検索される可能性も高まります。

項目が分からない場合は「Does not apply」を入力しましょう。

商品説明・価格設定

「Item description」には商品説明を入力します。ここはテンプレートをネットから拾ってきてもいいですし、タイトルと同じように、ほかの人の出品説明を参考にしても良いです。

次に「Format」(販売形式)と「Duration」(出品期間)を決めていきます。形式は固定価格の「Fixed Price」を選択します。もちろんオークション形式でも出品できますが、初めのうちは問い合わせが来にくい固定価格から始めるのがおすすめです。

出品期間については、固定価格で出品するなら、「Good Til Cancelled」(キャンセルするまで出品する)が自動選択されます。オークション形式の場合は、3日・5日・7日・10日の出品期間が選べます。

なお、なかなか売れない商品は、いったん出品を取り消して再出品すると売れることがあります。これは、新しい出品の方が検索結果のトップに表示されやすいことが原因です。

Price」はその名の通り値段のことです。ドルで付けて下さい。また、送料設定のところで詳しく説明しますが、送料無料を選んだ場合は送料を上乗せした値段をつけることがポイントです。また、オークション形式の出品の際に「Buy It Now price」の部分に価格を入れておけば即決価格を設定することも可能です。

その下の「Best Offer」は、値切りに応じるかどうかの意思表示をするための項目です。ここにチェックを入れておくとさらに売れやすくなります。なぜなら高額商品であっても「値切り交渉をやってみるか」と思ってもらえるからです。ですが、値切り交渉に自信がないかぎり、初心者のうちはチェックを外しておきましょう。

そして「Quantity」という項目は数量です。

次に下の「Private listing」こちらは購入者が匿名のままでいることを許可する項目です。

次に「Make a donation」こちらは販売のパーセンテージを慈善団体に寄付する項目です。チェックを入れると寄付先の選択と割合が選択できます。

次に「Payment options」こちらは支払いオプションです。eBayが管理する支払い方法で、「Require immediate payment with Buy It Now」とは「今すぐ購入で即時支払いが必要」その下の「Receive payment upon pickup」とは集荷時に支払いを受ける」いずれかの項目にチェックを入れます。

次に「Sales tax」こちらは消費税のことで、州または地域の消費税の設定ができますが、必須項目ではありません。

次に、「Retun options」こちらは返品オプションです。上が国内で下が海外の返品を受け付けるかの項目です。返品オプションを選択しない限り、返品は受け付けられません。

ここまで問題なく進んでこられましたか。あともう少しです。頑張っていきましょう。

送料設定・発送除外国設定

ここでは、ビジネスポリシー機能を使って設定します。「Payment policy」は支払方法について、「Shipping policy」は発送方法について、「Return policy」は返品方法について、自分なりにカスタマイズしておくことができます。

ビジネスポリシーは事前に設定しておくことも可能ですが、出品設定のページからでも作成することができます。

各ポリシーの右横にある「Create(作成)/Edit(編集)」をクリックすると、小窓で作成画面が出てきます。「Policy name」には、わかりやすいような名前を入力しておくといいでしょう。

今回は「Shipping policy」を設定してみます。

日本で出品していてもアメリカにいる気持ちで設定するのがポイントです。面倒な場合は「送料無料」にしておきましょう。なぜなら、検索上位に表示されやすくなるからです。送料分は商品価格に入れてしまえば問題ありません。

【PDF注意】国際郵便料金表

送料は上記の料金表から確認してください。

「Domestic Shipping」アメリカへの送料のことです。この項目は「Flat:same cost to all buyers」(全ての購入者への送料は同一にする)を選択してください。

配送方法には、「Economy」(エコノミー)、「Standard」(普通)、「Expedited」(急便)があります。

Costの欄に料金表で調べた金額を入力します。送料無料にする場合は「Free shipping」にチェックを入れると自動的に0が入力されます。

Handling time」は支払いから発送までにかかる日数のことです。

International Shipping」はアメリカ以外に送る際の送料のことです。ここも「Flat same cost to all buyers」を選択します。

国際発送の場合、発送可能な地域を選択することも可能です。

Additional ship to locations – buyers contact for costs」については、「購入者がお住まい国が出荷可能国以外の場合は送料についてお問い合わせください。」という意味です。

どこでも出荷OKの場合は「Will ship worldwide」を選択します。

Exclude shipping locations」で送付したくない配送先を除外できます。「Create exclusion list」をクリックすると下記のような画面が出てきます。

発送を除外したい国にチェックを入れて「Apply」を押すと、「Shipping policy」作成画面に戻るので、「Save and close」を押します。

先ほど作った「Shipping policy」が出品画面に反映されています。

支払い方法の設定

Payment policy」では支払方法の設定をします。

「Policy name」に任意の名前をつけます。

Buy It Nowで販売するとき、購入者に即入金をしてほしい場合は「Require immediate payment when buyer uses Buy It Now」にチェックを入れます。

設定が終了したら、「Save」をクリックします。

返品方法の設定

「Return policy」では、返品条件について設定します。

まずは「Policy name」を設定します。

返品の条件は以下の3項目を設定します。

  • 商品が届いてから何日以内に連絡が必要か(14~60日の範囲で選択)
  • 返送料の支払いについて(出品者負担か購入者負担か選択)
  • 交換は可能か(可能な場合はチェックを入れる)

以上の3項目をDomestic returns(アメリカ国内)とInternational returns(アメリカ以外の国)で設定し、「Save」をクリックして完了です。

完了ボタンを押す

最後は「List item」ボタンを押せば出品が完了します。後は売れるのを待つばかりです。

以上が出品の流れになります。意外と簡単ではなかったでしょうか。一度流れを覚えてしまえばよりスムーズに出品できるようになります。

eBayの出品制限について

eBayでは、100%の満足感をバイヤーに提供するために、安心安全なマーケットを目指しています。

そのため、eBayで出品する際は制限がされています。冒頭でも説明しましたが1か月10商品と、落札・入札価格の合計が500ドル以下という制限です。

この制限を設けることにより、不正目的の販売者と誠実な販売者を選別することができるのです。制限は真面目にやっていこうと考えてる人にとっては全く障害にならないものです。

しっかり実績を作って、バイヤーに信頼される販売者になりましょう。

出品制限は3種類

出品制限を詳しく説明していきます。出品制限には大きく分けては3種類あります。

  1. アカウントの制限
  2. カテゴリーの制限
  3. アイテム(商品)の制限

それぞれについてみていきましょう。

1.アカウントの制限

まず、アカウント制限についてですが、これはアカウント自体にかかっている制限のことです。先ほどもご案内しましたが、「1か月10商品以下の出品数と、落札入札価格の合計が500ドル以内」という制限です。これは、少しずつeBayに慣れてもらうことを目的とした制限とも言えます。この制限は新規セラー用です。

新規セラー用のリミットを解除するには、とにかく制限内で実績を積み上げていくしかありません。実績がない状態で制限以上の商品数や金額を出品してしまうと、アカウント凍結の可能性もあります。凍結解除には時間と手間がかかるので、最初はこの制限を守って出品してください。制限が来ると赤いアラートが表示されます。

では、いつから制限以上の商品数や金額を扱えるようになるのかというと、バイヤーからの良い評価を重ねていくうちに自動的に出品枠が増えていきます。

自動解除が待てない場合は、出品上限の引き上げリクエストが可能で、カスタマーセンターに直接連絡することになります。

2.カテゴリーの制限

これはeBayが指定した特定のカテゴリーにおける該当アカウントのみの制限です。内容は以下の通りです。

  • アカウント登録後90日以内
  • 新規販売
  • 1年以上販売していない
  • 買い手から返金保証制度を取引の3%以上の使用されたことが過去にある(クレームが総取引の3%以上)

この制限については、出品者がポリシーに準じて出品しているかをeBayが評価し問題が無いと判断すれば制限を解除してくれるので、こちら側から何か連絡を取る必要はありません。

3.アイテム(商品)の制限

偽造品、偽物、レプリカ、不正コピーなどが多いカテゴリーにおいては、販売実績を元に出品制限が課されます。

これは安全な取引を実現するための制限です。これも、良い販売実績を積み上げていくことで解除されます。

なお、以上3つの制限は「My eBay」にログインし「Selling」→「Seller Hub」→「Overview」の順に見ていけば確認することができます。

初心者がアカウント凍結を避けるための4つの方法

「早くeBayで稼ぎたい!」と思っても、闇雲に出品するのは避けるべきです。

規約に触れる出品を理由にアカウントの凍結をされてしまった……となっては、稼ぐどころの騒ぎではありません。アカウント凍結だけは絶対に避けなければなりません。実績がない状態でアカウントが凍結されてしまうと、いくら交渉しても永遠に凍結されたままという可能性もあります。

ここからは、アカウントを凍結されないようにするための4つの出品方法を紹介していきます。

高額商品の出品を避ける

ブランドバッグなどの高額商品のカテゴリーでは、偽物が売られていることがよくあります。そのため、eBayでは、実績のない初心者が高級ブランド品を出品するのを認めていません。知らずに出品してしまうと、アカウントが凍結されてしまいます。

あくまでもスモールスタートが基本なので、最初は50ドル以下の商品を出品しましょう。そして実績を積み上げた後、リミットを上げてもらって自分が売りたい商品を売るという流れが稼ぐための最短ルートです。

無在庫販売の出品を避ける

無在庫販売ももちろん可能ですが、実績がないうちはやめておいた方が無難です。

また、実際には無在庫販売ではなくてもAmazonの画像等を使用している場合は無在庫販売とみなされてしまうことがあるので、商品画像は必ず自分が撮影したものを載せましょう。他にもハンドリングタイム(発送までの期間)を10日以上に設定している場合は、無在庫販売を疑われる場合があります。

どうしても発送に日数がかかってしまう場合は、商品詳細の部分で、なぜそれだけかかるのかを説明するのが無難です。

別IPから同時にeBayアカウントにログインするのは避ける

これはアカウントの乗っ取りに対するeBay側の対策です。日本からのログインと同時に海外からもログインされていたりすると、アカウントが凍結される可能性が高くなります。

eBayでの取引に慣れてきて、商品をアップする作業を外注しようと考えている方は特に気を付けて下さい。

禁止製品の出品を避ける

eBayでは絶対に出品してはいけない商品があります。公式サイトに詳しく掲載されているので一度は目を通しておいてください。

参考:eBayにおける出品禁止リスト

アダルト製品からクレジットカードまで多岐にわたります。中古の服や化粧品もNGです。かなり詳しく掲載されていますので、チェックしても出品禁止対象に含まれているのかよくわからない場合は、出品しないほうが無難です。

どうしても出品したい場合は、eBayのカスタマーセンターに直接連絡して確認を取ってから出品するようにすれば、アカウントの凍結は回避することができます。

おわりに

いかがでしたでしょうか。eBayへの出品は、一度手続きの流れを覚えてしまえば簡単にできることが分かりました。その際のアカウント制限についても確認できたのではないでしょうか。

最終的には相場を意識した価格設定をすることがeBay出品で成功する秘訣ですが、まずは実績を積み上げることを考えましょう。取引回数を増やしつつ良い評価がもらえるような出品を意識していれば、必ず稼げるようになります。アカウントを育てるという感覚でゆっくり進めていきましょう。

よかったらシェアしてね!
  • URLをコピーしました!
  • URLをコピーしました!

この記事を書いた人

ビジネスのノウハウを実践ベースで徹底的に追求するのがアクシグ。
世界で最も専門的で網羅的なコンテンツを提供し、ノウハウを惜しげもなく提供していきます。

目次