メルカリ古着転売で稼ぐコツと注意点 古物商許可申請も解説

古着は身近な商品であり、ネット上ではよく売れています。メルカリでも古着の回転率はよく、ブランド物からノーブランド物まで幅広く売れています。

古着の転売はブランド物でなくても売れるという特徴があり、商品の幅が広いのでライバルが少ないという利点もあります。ここではメルカリで古着を転売するにあたってのメリットデメリットや、古着を仕入れるコツについてまとめました。

また、古着の転売に必要な古物商許可申請についても解説します。

目次

メルカリ古着転売のメリットとは?

メルカリで古着を転売する上でのメリットとはなんでしょうか?どのようなメリットがあるのかを解説します。

メルカリは古着で利益が出やすい

メルカリはヤフオクと比べ、ネットリテラシー(インターネットの知識)が低い人が多いです。その理由は、メルカリがスマホアプリで完結しており、敷居が低いことにあります。たとえばブランド物のシャツが安い値段で出品されていたりと、メルカリではそのようなことが起きやすいです。

メルカリで古着を転売するメリットは、そのようなユーザに古着を売ることで利益を得やすい傾向にあることです。とくに古着は需要も高く、ブランド物はもちろんのこと、ノーブランド物であってもトレンドをしっかり掴めれば売れやすいです。

メルカリのフォロー機能でリピーターに期待できる

メルカリには、フォロー機能があります。たとえば出品者をフォローすると、出品者の会員情報を確認できたり、出品時に通知が届いたりします。

出品を繰り返していくうちにフォロワーが増えれば、必然的にリピーターが増えることになるので、より商品が売れやすくなるメリットがあります。とくに古着であれば、特定のブランド物を取り扱っていれば同じブランド目当てのフォロワーが増え、商品の回転率が良くなるのも利点です。

古着は送料が安く済む

メルカリでは送料を出品者が負担するのが基本です。送料の負担は積み重ねると大きくなりますが、古着の場合は送料が安く済みます。

梱包しやすく軽いため、送料が安くなるためです。送料負担が減らせるのは、大きなメリットです。

古着はライバルが少ない

中古商品は意外とライバルが少ないです。中古品はある程度目利きが必要なためです。

また、商品リサーチを自動でするツールがありますが、目利きが必要な中古商品までは対象にしておりません。その為、比較的中古を取り扱っている方がライバルは少ないです。

メルカリ古着転売のデメリットとは?

メルカリで古着を転売する際にもデメリットはあります。どのようなデメリットがあるでしょうか?

出品者の送料負担が当たり前

メルカリでは、送料負担を出品者か購入者のどちらが負担にするか選ぶことができます。しかし、メルカリでは購入者負担にすると商品は売れにくくなります。

そのため、出品者が送料を負担するのが一般的です。メルカリで利益を算出する際は、送料込みでしっかり計算しましょう。

値下げ交渉が多く、対応に時間がかかる

古着に限った話ではありませんが、メルカリには値下げ交渉を行う風潮があります。説明文に値下げ交渉を受けつけないという一言を添えても、値下げの交渉が出てくるほどです。

値下げ交渉はトラブルの原因にもなりかねず、慎重に対応しなければならないので対応に時間がかかります。1件、2件であれば対応しきれますが、何件も重なってくると対応に時間を取られて回転率低下へとつながってしまいます。これは防ぐ手が現状ないため、なんとか対応し続けるしかありません。

苦情が来やすくトラブル頻度が多い傾向にある

メルカリ利用者は、出品者、利用者共にネットリテラシーが低い方が多いです。説明文にないコンディションに関する指摘は仕方ありませんが、中にはデザインが想像と違ったとか、そういった理由で返品するユーザもいます。

ひどい場合は低評価を一方的につけられてしまうこともあります。メルカリはこのようなトラブルがとくに多いので、トラブル対応に時間が取られることが多いです。

メルカリ古着転売で不正利用になることとは?

メルカリで古着を転売する際に、やってはいけないことが5つあります。知らなかったからといって許されることはありません。予め押さえておきましょう。

古物商の許可を得ずに転売する

中古品の転売を営業目的で行う場合は古物商の許可を得なければなりません。

古物商は、自宅から最寄りの警察署で取得申請することができます。古着転売をスタートする前に最優先で対応しましょう。

一方で不用品や無料で取得した品を出品する場合は、古物商の取得は必要ありません。

無在庫転売をする

無在庫転売とは、在庫を抱えずに販売する方法です。
手元に商品がない状態で出品し、購入されてから商品を仕入れ発送します。

メルカリは、この無在庫転売を禁止しています。

なぜなら、商品への質問に回答できないこと、仕入れ状況によっては配送が遅延してしまうこと、また結果的に商品を仕入れられずに取引がキャンセルされてしまうことなど、商品が手元にないことで発生するトラブルを避けたいからです。

出品する際は、自分が手に入れたものだけを出品しましょう。

外部サービスに誘導する

他のフリマアプリやSNSなどの外部サービスへ誘導する行為も、メルカリの規約違反です。

例えば次のような文言です。

・ラクマの方が安く出品しています。そちらで購入してください。
・直接取引したいです。手渡しでも良いですか?
・購入前のTwitterフォローで1割引です。

SNSへの誘導が規約違反なのは厳しい印象を受けますが、トラブルが発生する可能性を排除するために禁止されています。

メルカリでの取引は必ずメルカリ内で完結するようにしましょう。

メルカリアカウントを誰かと共有する

メルカリは、他人のアカウントを利用することを禁止しています。

複数の端末で同一のアカウントにログインすることや、ひとつの端末で複数のアカウントにログインすることは絶対にやらないでください。不正を疑われるきっかけを運営側に与えてしまいます。

不正が発覚すると、利用制限やアカウント停止の処置がとられる可能性があります。自分のアカウントは自分だけが利用するように徹底しましょう。

メルカリアカウントを複数所持する

メルカリは、1人が複数のアカウントを開設することも禁止しています。

「販路を拡大しましょう。携帯を複数所持すれば、携帯の数だけアカウントを開設できます。」

SNSでこのような発信をしている方もいますが、脚が付くのは時間の問題です。

できるだけ長く転売を続けるなら、メルカリのルールを守って販売を行いましょう。

メルカリ古着転売は違法と勘違いされている

「メルカリで転売することは違法だ」と勘違いされているところがあります。

ところが、メルカリで転売することは、違法ではありません。

メルカリ規約の「禁止されている行為」のなかで、転売を禁止していないからです。

なぜ、このような噂が流れているのでしょうか。

違法だと勘違いされる理由

メルカリで古着を転売する行為が違法だと思われている理由は、2020年にコム・デ・ギャルソンの社員が同ブランドの古着を転売したために書類送検された事件の影響があります。

古物業の許可を得ないままファッションブランド「コム・デ・ギャルソン」の古着3点を仕入れて転売したとして、警視庁は28日、同ブランドを展開する会社の社員の男(24)=川崎市=を古物営業法違反(無許可営業)の疑いで東京区検に書類送検し、発表した。

参考:朝日新聞

古着転売で書類送検されることが珍しかったため、大きく報道されました。これにより古着転売は違法だという認識が広まったのです。

ところが逮捕の本当の理由は、古物商の許可を取得しないまま販売してしまったことでした。古物営業法に違反した罪に問われることになったのです。

古物商の許可さえ取得していれば、書類送検されずに済んだと言えるでしょう。

古物商を許可されれば問題ない

古着転売を副業や事業としてスタートしたければ、古物商の取得は必須事項です。

特に、古着転売を継続したい場合は、営業行為とみなされます。前述の事件のように違法と判断される前に、必ず古物商を取得しましょう。

古物商の許可を持っていれば安心して転売を続けることができます。

古物商を取得するまでの流れ

古物商の許可を取得するまでの流れは、次の通りです。

1.古物商申請に必要な書類一式を揃える

古物商申請に必要な書類は次の6点です。

1.  現金19,000円
2.  古物商申請書
3.  略歴書
4.  誓約書
5.  本籍(外国人の方は国籍等)が記載された住民票の写し
6.  身分証明書
7.  URLの使用権限があることを疎明する資料

必要な書類は地域により異なる場合があります。申請前に電話やホームページで確認するといいでしょう。詳しい説明は後述します。

2.最寄りの警察署へ行き申請する

準備した1.の書類を持参して、自宅周辺を管轄する警察署防犯係へ出向きます。

3.審査期間はおよそ40日間

警察署へ書類提出後、審査期間に入ります。
国で定めている標準処理期間は約40営業日(2ヵ月)ですが、都道府県によっては90日かかることもあり、バラつきがあるようです。

4.古物商許可証取得

何事もなく審査を終了すると、古物商の許可証を取得できます。

どこで古物商を申請するのか

申請場所は、営業所の所在地を管轄する警察署の防犯係です。そのため自宅からすぐの警察署防犯係に赴くのが確実です。

最寄りの警察署が分からない場合は、「(自宅の住所)管轄 警察署」で検索してみましょう。

古物商を申請するのにあたり、営業所を登録しなければなりません。副業などの個人で古着転売をはじめる場合は、自宅を営業所とします。

古物商申請のために必要な書類

前述した申請書類の詳細を解説していきます。

提出する書類は地域によって異なる場合があります。
管轄の警察署のホームページを確認しましょう。

1.  現金19,000円

古物商の取得には申請手数料として19,000円がかかります。

高いと思われるかもしれませんが、健全な取引を行うための必要経費と考えれば安い金額です。ためらわずに支払ってしまい、手数料分は古着の販売でさくっと稼いでしまいましょう。

2.  古物商申請書

古物商の許可を申請するための基本書類が、古物商申請書です。

管轄の警察署のホームページで、電子版の申請書がダウンロードできないか確認してみましょう。記入例も閲覧できる場合があるので探してみてください。

3.  略歴書

略歴書には、氏名、生年月日、住所、連絡先のほかに、過去5年間の経歴を記載します。
アルバイトの面接に使用する履歴書のような様式の書類です。

こちらも管轄の警察署のホームページで電子版の略歴書をダウンロードできる場合があります。

4.  住民票の写し

住民票の写しは、市役所や区役所で発行してもらいます。
マイナンバーカードを作成した方は、コンビニで発行することができます。

5.  身分を証明する書類

身分を証明する書類といえば運転免許証を想像しますが、古物商の取得で必要なのは「市町村長の証明書」です。

これは、暴力団員や破産申請者ではないことを証明する公的書類となります。市役所や区役所で発行してもらえます。

6.  誓約書

誓約書は、暴力団員ではないことを誓約する書類です。
決められた様式はありませんが、管轄の警察署のホームページで用意されていることがあります。

7.  URLの使用権限があることを疎明する資料

今回のように販売先がメルカリなどのフリマアプリの場合には、URLの使用権限があることを疎明する資料は提出不要です。

BASEなどのインターネット上の特定のサイトで販売する場合には、こちらの書類にネットショップのURLなどの情報を記載し提出します。

古着転売の基本とは?

古着における転売の基本とは、どのようなことでしょうか?古着であっても転売の基本は変わらず、安く仕入れて差額で利益を得る点です。それでは、古着における転売の基本を解説します。

ハイブランドは高い利益が見込める

古着はハイブランドの商品を狙いましょう。女性物ハイブランドの『Dsquared2』や男性ハイブランドの『BARNEYS NEW YORK』など、たくさんのブランドがあります。

なぜハイブランドが良いのかというと、1つ1つに対しての利益が高いためです。ハイブランドの商品は元値がそもそも高いです。

たとえば『BARNEYS NEW YORK』であれば、シャツだけで3万~4万程の価格帯です。そうなると古着であっても値段は高くつきやすく、同じ利益率でもハイブランドのほうが利益額が単純に高くなります。

直近の相場だけを見る

古着では昔の相場はあまり役立ちません。安い古着を見つけたとしても、相場を調べて一か月前はいくらで売れていたといった情報を見てもあまり意味はありません。相場は常に変動するので、よく売れている時期を見るのではなく、直近で売れているのかをチェックしましょう。

相場を調べる際は、メルカリやヤフオクなどの利用者が多いアプリで商品の値段をチェックしましょう。他のフリマやオークションサイトで調べてもいいですが、やはり人数が多いサイトで相場を見たほうが確実です。直近で売れた金額をいくつかピックアップし、その中で一番安い値段で利益を計算するやり方がベストです。

古着を仕入れる基準とは?

転売の利益を高めるには、安く仕入れることが重要です。理想としては安く売って高く売ることですが、実際相場以上の値段で売れることはないので、安く買うことを重視するしかありません。ここでは、どのようにして古着を仕入れていけばいいのかを解説します。

相場が変動することを見越した仕入れ値を目指す

安い値段で仕入れるというのは、相場と比べて安く仕入れるということになります。しかし、相場と比べてどれくらい安ければいいのかの目安がなければ悩んでしまいがちです。そのようなときは、相場と比べて7割以下を目安に探してみるといいでしょう。

何故7割なのかというと、これは相場が変動することを意識している為です。たとえば、今日服を仕入れたとしても、商品が届いて検品して3日後ぐらいに出品を行う際には相場が変わっている可能性はゼロではありません。

あまりギリギリすぎる値段帯で仕入れてしまうと、少し相場が下がっただけで赤字になってしまいます。7割という数値はあくまで参考値ではありますが、相場が変動することを意識した価格帯で仕入れることがベストです。

あえてシーズンがずれた古着を仕入れる

シーズンをずらすのは、古着ではとくに重要です。たとえば真夏の時期に冬物のコートを販売しても、需要がないので売れません。

服はシーズンに合わせた時期に販売されるのが基本です。購入者の中には次のシーズンに合わせて、今の服を売って新たな資金にしてから次シーズンの服を買うといったやり方をしている人も多いです。

しかし、逆にいえばシーズンを過ぎた時期は需要が下がるにつれて服の値段も下がってきます。この下がったタイミングを狙って服を仕入れ、シーズン時期がきたら出品をするといったやり方もできます。

夏服の場合は9月~10月頃に仕入れ、6月~8月にかけて販売し、冬服の場合は2月~3月頃に仕入れ、11月~1月の時期に販売するのがベストです。

古着を売るためには?

安く仕入れることも大切ですが、相場通りに販売するというのも重要な要素です。ここでは相場通りに売るためには、どうすればいいのかを解説します。

商品詳細を細かく記載する

商品を売るには、商品説明が重要です。出品するにあたり、着画の用意、採寸、服の状態と細かい点はすべて載せましょう。とくに着画は、服のイメージを見るための重要な要素です。

ハイブランドであれば、モデルが着た画像が手に入るので商品説明の画像に活用しましょう。なければ自分で着るか、マネキンなどに着せた写真を用意するなど検討します。

メルカリで閲覧者数を増やすには?

メルカリで商品を売れやすくするには、アクセスを集めることが大切です。売れなかった商品は、値下げをして再出品することで多くの人に見てもらえるよう工夫がいります。しかし、再出品をしなくともアクセス数を増やす方法はあります。どのようなやり方なのかを解説します。

古着は自分で着てから出品しても大丈夫

古着を仕入れる際、もし売れなかったらどうしよう、などと考えていませんか?その場合、自分のサイズに合わせて買っておきましょう。

商品にするつもりで購入した古着ですが、自分で着て楽しんでも構いません。結局新品ではないため、自分で使っても最終的にはきれいにしていれば問題ないです。古着を仕入れた時に、もし売れなかったとしても、最悪自分で着れる服であれば無駄にはなりません。

着画としても使うこともできる利点もあります。どうしても無駄にしたくないという方にはオススメです。

フォロー機能でアクセス数をアップ

メルカリでは、商品ページに閲覧数があります。閲覧数は商品ページを開いた回数となるので、多くの人に見られていればその分注目度が高いことを意味します。

また、メルカリにはフォロー機能があり、フォロワーに出品を通知することもできます。フォロワーが多ければ、それだけで商品が売れる可能性が高くなります。

売れた商品ページは消さずに残そう

メルカリでは売れた商品は【SOLD OUT】という表記に変わります。取引完了の2週間後には商品ページを削除することができますが、ここはあえて消さずに残しましょう。

メルカリでは売り切れの商品も検索に出てきます。たとえば、『ヌーディージーンズ』と検索しましょう。

売れた商品が出てきました。一見売れた商品であれば見向きもしないと思いますが、たとえば出品者が他にも同じブランドの商品を出品しているのではないかと調べる可能性が上がります。そうなると、必然的に出品者に興味がわき、商品ページのアクセスアップにつながります。さらに同じキーワードで「いいね順」で並び替えてみましょう。

同じく売れたままの商品ですが、いいねが多かったということはそれだけ注目度が高い商品だったことを意味します。売れた後も注目度が高いままなので、売れた商品ページを機に次々とアクセスが集まる可能性が高いです。こういった効果が期待できるので、売れた商品ページは必ず残すようにしましょう。

ただ、メルカリには検索機能で売れた商品を検索から除外することもできます。その機能を使っているユーザには効果がないので注意です。

古着転売はどんな人が向いているのか?

古着は、有名なブランドを転売すれば儲かると軽く考えてしまいがちです。しかし、商品リサーチは大切であり、有名なブランドだからといって売れるわけではありません。ブランドのどのような服が有名なのか、トレンドに沿っているのかシーズンに合っているのか?これらを考えずに古着を転売しても、残念ながら稼げません。

古着で稼ごうと考えた際、自分で購入していらなくなったブランド物をお金にできるんじゃないかと考えます。しかし、自分が好きなブランドが必ず高く売れることはなく、格安の値段じゃなければ売れなかったりと、自分が好きなブランドが売れないという問題が出てきます。下手をすると、値段さえつかないような売り物にならないケースもあります。

古着転売に向いている人とは?

服が好きだから、服に詳しいからと、古着の転売に手を出す人がいます。しかし、好きなだけでは知識としては不十分です。

ブランドもたくさん知っているし、服に関する知識がばっちりだというのは確かにプラスです。なにも知らないよりかは、遥かに敷居は下がるでしょう。

けれども、問題はどのブランドが人気なのか?今のトレンドは何か?といった売れる商品が何なのかということを知らなければなりません。自分がいつも愛用しているブランドは、他の人にも人気があるはずと仕入れたとしても、いざ出品してみたらまったく売れないこともよくあります。

自分が好きだからというのは売れる理由にはならず、ビジネスとしては根拠が何もない考え方です。単純に服が好きというだけではなく、服の知識もあって、今のトレンドなどを常に掴める人が向いています。

転売資金は多いほど有利

もう1つ重要な要素となるのは、転売資金です。資金が少なければ、当然仕入れられる古着の数は少なくなります。

商品が売れなければ次の商品を買うことができないので、資金が少ないと上手く回りません。そのため、必然的に資金が多い方が有利です。転売するにあたっては、最低数十個の商品を仕入れる必要があります。

服が好きなだけではなく、どうすれば売れるのかを考えること

古着の転売に向いている人は、仕入れ資金を多く持ち、よく売れる服などの知識を豊富に持っている人です。しかし、資金が少なく売れる服に関する知識がない場合は、残念ながら高確率で失敗してしまいます。

けれども、知識がなかったり、知らなかったとしてもリサーチする努力さえすれば、売れる服の傾向を掴むことができます。大切なのは自分が好きなブランドだからといった、独りよがりな考え方を捨てることです。服が好きであれば、その知識は必ず役立ちます。

いち早くトレンドを掴み、売れる商品を安く仕入れることができれば、利益を出すことができます。くれぐれもトレンドを掴まずに、売れないと嘆かないように注意しましょう。

古着はどこから仕入れるのか?

古着の仕入れ先は、どのような場所があるでしょうか?ここでは仕入れ先を紹介します。

リサイクルショップにも古着はある

リサイクルショップにはさまざまな中古品が並びますが、古着コーナーもあります。店舗によって古着をどれくらい扱っているかは異なりますが、古着を仕入れられるお店を見つけたら今後定期的にチェックしに行くといいでしょう。リサイクルショップをくまなく探し、仕入できそうな店をメモしていくやり方がベストです。

ネットショップは状態が良いが高め

古着はネットショップでも取り扱いがあります。古着を専門的に取り扱っているネットショップは、価格帯が高めの代わりにしっかりとメンテナンスされている傾向にあります。古着はいかにコンディションをいい状態を保つかと言う要素も大切なので、多少高くても利益がしっかりでていて管理の手間が省けると考えれば選択肢としてはありです。

ネットオークションは安く手に入るが、コンディションに不安あり

ヤフオクなどといったオークションサイトを活用しましょう。オークションサイトは入札形式なので、安く仕入れられる可能性もあります。中には入札が集中して高くなってしまうこともあるので注意です。

ネットオークションでの古着はネットショップと違って、すべての状態が良いわけではありません。メンテナンスをしなければ売れない可能性もあるので、リスクの1つではあります。

メルカリ古着転売は軌道に乗れば稼げる

古着転売はしっかりとリサーチを行い、継続すれば稼げるジャンルです。とくにメルカリは一度フォロワーがつけば徐々に広がっていくので、リピーターを期待できるのが強みです。

資金が増えれば増える程仕入れの幅が広がるので、一度軌道にさえ乗れば稼ぐことができます。ぜひ、メルカリを活用して古着で稼ぎましょう!

よかったらシェアしてね!
  • URLをコピーしました!
  • URLをコピーしました!

この記事を書いた人

ビジネスのノウハウを実践ベースで徹底的に追求するのがアクシグ。
世界で最も専門的で網羅的なコンテンツを提供し、ノウハウを惜しげもなく提供していきます。

目次