【メルカリ】値引き交渉の断り方は?場面に合わせた例文も紹介!

ユーザー同士が直接やり取りを行うメルカリでは、購入を希望する人物から値下げを求められることがあります。この提案に応じたくない場合、どのようにして断れば相手の気分を害さずに済むのでしょうか?

この記事では、値下げの交渉を受けた際の断り方について、例文付きで解説していきます。

目次

交渉を断るべきシーン

ユーザーから値引きを求められたとしても、必ずしも応じる必要はありません。場合によっては、断らなければならない時もあるでしょう。ここからは、値下げの交渉を断った方がよいシーンを紹介していきます。

利益の目標額が決まっている

品物を売りに出す人の中には、ある程度まとまったお金を用意するために、不用品を出品しているユーザーもいるでしょう。目標となる金額を設定している場合は、交渉に応じるべきではありません。

値下げを行うと、当然のことながら利益が減ってしまいます。目標に設定した金額を達成することが難しくなってしまうのです。あらかじめ稼ぎたい金額が決まっている場合は、なるべく初めに設定した値段のまま売るようにしましょう。

できるだけ多く稼ぎたい

多くのお金を稼ぎたいと思っている場合も、値下げに応じるメリットは少ないでしょう。特に期限を設けていないのであれば、売れるまでに多少の時間がかかったとしても元の値段で売った方が得です。

値引きの交渉をされるということは、その品物にある程度の需要があるということでもあります。焦らずじっくり待っていれば、いずれよい買い手が見つかるでしょう。

自分が損をしてしまう

自身が値下げの提案を受け入れてもよいと思った場合でも、応じる前にあらためて利益額の計算をし直してください。その結果、利益が赤字になってしまう場合もあるので注意しましょう。

特に、売り上げを現金に換える予定の方は、手続きの際の手数料も考慮しなければなりません。現金化には200円の手数料がかかるので、その額も含めた売り値でなければ損をしてしまいます。提案があった金額で売っても自分に利益が残るかどうか、慎重に確認をしましょう。

手間をかけたくない

交渉に応じるとなると、それに応じてしなければならないことも増えます。コメントのやり取りはもちろんのこと、場合によっては、改めてそのユーザー専用の出品ページを作らなければならないケースもあるのです。

以上のような作業には手間がかかります。なるべくシンプルな手順で品物が売りたい方にとっては、面倒に感じるポイントです。あらかじめ値引きの交渉を受け付けないようにすれば、無駄な時間を使うことなく取引を行うことができます。

多額の値下げを要求された場合

買い手のユーザーの中には、非常識な額の値下げを要求してくる人もいます。もちろん、このようなケースでも無理に交渉に応じる必要はありません。あくまでも双方が納得した上で、取引を進めるべきだからです。

このような迷惑ユーザーの要求を断った場合、報復に悪い評価をつけられるのではないかと心配する方もいるでしょう。しかし、不当につけられた評価は、事務局に問い合わせることで取り消してもらえます。自分が損をすることはほとんどないと言えるので、毅然とした対応を心がけてください。

値下げ交渉をされたくない場合の対処法

購入を希望するユーザーから値引きを求められたら、受け入れるつもりがなくてもコメントに返信しなければなりません。やり取りを最少限に済ませたいというユーザーにとっては、いちいちコメントに返信するのも手間に感じるでしょう。

では、そもそも交渉をされないためには、どうしたらよいのでしょうか?ここからは、値下げを要求されないためにできる工夫を3つほど紹介します。

「値下げ不可」と明記する

プロフィール欄や品物の説明ページなどに、あらかじめ値下げに応じない旨を明記しておけば、交渉のコメントが来る確率を減らすことができます。ただし、すべてのユーザーがそれらに目を通すわけではないので、気付いてもらいやすくするような工夫が必要です。

なるべく多くの人に見てもらいたいのであれば、品物の説明欄に書いておくのがよいでしょう。どうしてもプロフィールに書きたい場合は、品物のページに「プロフ必読」などどと表記すると見てもらえる可能性が上がります。

適正価格で売りに出す

値下げを求められる原因の一つとして、売りに出す値段が高すぎることが挙げられます。交渉をされたくないのであれば、初めから相場に近い値段で出品しましょう。

あらかじめアイテムの相場を知るための手段は2通りあります。

ひとつは、出品にあたって品物の情報を入力する際に表示される「売れやすい価格」を参考にする方法です。この機能は、AIによって自動的に相場価格が計算される仕組みとなっています。ただし、場合によっては相場よりも少し安い結果となる可能性もあるので注意してください。なるべく高い値段で売りたい方は、自分の目で相場を確かめたほうがよいでしょう。

2つ目は、メルカリに実際に売りに出されている品物を調べる方法です。自分が出品しようと思っているものと同じ品を検索し、売り切れになっているものを探してください。その中で最も多い出品価格が相場となります。

安い値段で出品する

値下げを要求されることを見越して、あらかじめ安く売りに出すのも一つの手です。競合の出品よりも安くなるので、交渉をせずに買ってもらえる可能性が高くなります。

ただし、その分利益も減るので注意しなければなりません。なるべく利益を減らしたくないのであれば、梱包に使う資材や配送方法を工夫して節約をしましょう。

交渉に対する返信の例文

値段を安くするように要求されるのは、売り手にとってあまり喜ばしいことではありません。しかし、感情に任せて失礼な断り方をすると、トラブルに発展する恐れがあります。値下げを断る際には、なるべく丁寧な言葉遣いを心がけましょう。

では、交渉を断りたい時、具体的にどのような文章でメッセージを送ればよいのでしょうか?ここからは、シーン別に例文を紹介していきます。

提示価格が安すぎるために断りたい場合

買い手のユーザーには、どれほどの値段までなら売り手に利益が残るのかが分かりません。そのため、赤字になる金額を提案される場合もあるのです。そんな時には、以下のような文章で断るとよいでしょう。

例:「コメントありがとうございます。ご希望のお値段では赤字になってしまうため、お値引き致しかねます。申し訳ありません。」

例:「お問い合わせありがとうございます。送料も含めての価格設定となっているため、残念ながら、これ以上のお値引きは致しかねます。大変申し訳ありません。」

出品したばかりの時に断りたい場合

ある程度の値下げが可能な金額で品物を売りに出したとしても、出品したばかりの時は、まだ安くしたくないと思うのが売り手の心理でしょう。そんな時には、以下のような文章で断ってください。

例:「コメントありがとうございます。まだ出品したばかりなので、もう少しこの値段のまま様子を見ようと思っております。申し訳ありません。」

こちらから値段を提案したい場合

値引き自体には応じる気持ちがあったとしても、提示された金額が安すぎたり、値下げの可否だけを尋ねられたりすることがあります。そんな時には、以下のような例文を参考に価格を提案してみましょう。

例:「コメントありがとうございます。◯◯円までならお値引き可能ですが、いかがでしょうか?ご検討ください。」

例:「お問い合わせありがとうございます。こちらとしても残念なのですが、赤字になってしまうため、ご希望の価格でのお取引は難しいです。◯◯円までならお値引き可能ですが、いかがでしょうか?」

対応時に気をつけるべきこと

ユーザーから値下げを求められた際、対応次第ではトラブルに発展することもあります。どのような相手であっても、丁寧な言葉でやり取りを行いましょう。ここからは、交渉に返答する際に意識したいことを3つほど紹介していきます。

不機嫌な対応をしない

買い手のユーザーの中には、非常識な値下げを要求してきたり、横柄な態度をとってきたりする人もいます。こうした特徴を持つユーザーに対し、腹が立つのも当然と言えるでしょう。しかし、いくら相手に非があったとしても、怒りに任せて攻撃的なメッセージを送ってはいけません。イライラする気持ちをぐっと抑えて、丁寧な対応を心がけましょう。

交渉のやり取りは、他のユーザーにも見えています。そのため、攻撃的な態度をとると、自身のイメージ低下に繋がりかねません。「この人は怒りやすい人だ」と思われてしまうと、優良なユーザーまでもが離れる可能性もあります。どんなに失礼な態度を取られたとしても、丁寧で常識的な態度をキープしてください。

強引な値引きには応じない

品物を売りに出すと、時にはかなり安い価格までの値下げを要求されることもあります。しかし、どんな状況であっても、自身が不利になるような条件の取引は行うべきではありません。「この機会を逃すと二度と売れないのではないか?」と不安になる気持ちもわかりますが、ここははっきりと断りましょう。

メルカリは数あるフリマアプリの中でも、比較的利用者が多いサービスです。焦って気が乗らない相手に品物を売らなくても、時間をかければよい買い手が現れるはずです。

無視をしない

価格の交渉を受け付ける気がなかったとしても、もらったコメントを無視するのはやめましょう。はっきりとした意思表示をしないと、相手を困らせてしまいます。

また、コメントに返信をしないことは、他のユーザーに対しても悪い印象を与えます。自身のイメージは品物の売れやすさにも関わってきます。いくら対応が面倒だったとしても、コメントをもらったら、なるべく早く、そして、丁寧な言葉で返信をしましょう。

値下げの交渉を断らない方がよい場合

これまでは交渉を断るケースについて解説してきましたが、反対に、応じた方がよい場合もあります。ここからは、値下げを受け入れるべきシーンを4つほど紹介していきます。

品物をすぐに売ってしまいたい時

品物をすぐに手放したい時や、なるべく早く現金化したい時には、ある程度の値下げを行った方が効率的です。もちろん、その分の利益は減ってしまいますが、お金よりも速さを優先したいのであれば、大きな問題ではありません。許容できる額への値下げであれば、積極的に応じましょう。

提示価格に納得した時

相手から提案された値段に納得がいった場合には、特に断る理由もないでしょう。ただし、すぐに返事をするのではなく、先に改めて利益の計算をするようにしてください。送料や現金化の手数料なをも加味して、赤字にならないことが確認できてからメッセージを送るのが無難です。

複数の品を一気に買ってもらえそうな時

買い手のユーザーの中には、複数の品をまとめ買いする代わりに値下げを提案してくる人もいます。不要品をなるべく早く処分したい方にとっては、またとない機会と言えるでしょう。提示された値段に問題がないのであれば、そのまま取引まで進めてください。

あまり需要がない品を売る時

人気が少ない品は、買い手がつきにくい傾向にあります。きちんと相場で売りに出しているのにもかかわらず、なかなか売れないということもよくあるのです。このような場合は、多少利益が落ちても、買い手が現れたらすぐに売ってしまうのがよいでしょう。

提示価格に納得がいかない時は丁寧な言葉遣いで断りましょう

値下げの交渉を断る際には、いくつか気をつけなければならない点があります。相手の態度が悪かったとしても、決して怒りを露わにしてはいけません。どのような相手に対しても、常識的な態度で接する必要があるのです。

また、断りのコメントを送る際には、なるべく丁寧な言葉遣いを心がけましょう。カジュアルな言葉では、相手に不快な思いをさせる可能性があります。もしも、どのような文章を送ったらよいか分からない場合は、ぜひとも今回紹介した例文を参考にしてみてください。

よかったらシェアしてね!
  • URLをコピーしました!
  • URLをコピーしました!

この記事を書いた人

ビジネスのノウハウを実践ベースで徹底的に追求するのがアクシグ。
世界で最も専門的で網羅的なコンテンツを提供し、ノウハウを惜しげもなく提供していきます。

目次