メルカリで医療機器は販売できない?販売禁止商品やペナルティについて解説!

メルカリでは様々な商品が売買されていますが、なんでも出品できるわけではありません。自分が出品しようと思っていた商品が、実は出品禁止商品に該当していたというケースもあります。

たとえば医療機器は、メルカリで出品できません。知らずに出品してしまうと、ペナルティを受ける可能性が高いです。

今回は、医療機器をはじめとしたメルカリで出品できない商品について紹介します。出品時のペナルティについても併せて解説するので、出品する商品が出品禁止商品に該当しないか確かめてください。

目次

医療機器はメルカリで出品できない?

結論から言うと、医療機器はメルカリで出品できません。医療機器の安全性や価格を均一にする目的で、法律で認められた事業者しか販売できないからです。

もちろん、メルカリを使った転売もできません。販売媒体を問わず、一般の人が医療機器や医療品を販売することは不可能だと思っておきましょう。

医療機器を出品した場合の罰則

医療品の出品は、メルカリからのペナルティのみならず法律違反として罰則を受けます。具体的には薬機法に違反し、「3年以下の懲役もしくは300万円以下の罰金」に処される可能性が高いです。

さらにメルカリ側からは、利用制限やアカウント停止などの処分を受けます。法律とメルカリの両方から重い罰を受けてしまうため、販売するリターンに対してリスクが釣り合わないと言えます。

メルカリは販売履歴が残るため、隠れて販売することはできません。隠れて販売しても必ずバレてしまうため、絶対に出品しないようにしましょう。

メルカリ側の規制

法律とは別に、メルカリ側でも医療機器の出品は規制されています。

適切な処方が必要な医薬品はもちろん、コンタクトレンズなども医療機器と判断されるため、出品できません。

また、出品できる医療部外品であっても小分けにしたり独自配合をしていたりすると、出品は不可能です。化粧品などの小分け売りは初心者がうっかりやってしまいがちですが、メルカリでは違法行為に該当するため注意してください。

メルカリで医療機器が出品できない理由

医療機器は、個人の健康に大きな影響を与えるうえに、個人差が大きいです。ある人にとっては薬であっても、ほかの人にとっては毒になってしまうケースも少なくありません。

医療品や医療機器は、適切な知識を持った人が最適な処方をしなければ健康を害してしまう可能性が高いです。そのため、一般の人が安易にフリマアプリで取引できないようになっています。

厳密にはフリマアプリだけでなく、家族や友人に譲るといった行為も違法行為と言えます。

医療機器を販売するための許可をとることもできない

医療品や医療機器の販売は、薬剤師などのしかるべき資格をもった人が医薬品製造販売業許可などの適切な許可を受けたうえで、薬局や店舗など適切な環境で販売しなければいけません。

もちろん、一般の人が簡単に許可をとって販売することは不可能です。また、仮に資格を持っている人であっても、メルカリをはじめとしたフリマアプリでは医療機器の販売ができません。

具体的に販売できないもの

薬機法に基づいて一般の人が販売できない商品としては、以下が挙げられます。

  • 医療機関で処方を受ける、またはドラッグストアで購入できる医薬品
  • 一度でも使用した医療機器
  • 個人輸入によって海外から取り寄せた医薬品など

日本で製造されたものだけでなく、海外製のものであっても薬機法の規制に引っかかる可能性が高いです。メルカリに限らず、海外の医薬品やサプリメントは出品できないケースが多いので、出品対象としては不向きです。

医薬品の見分け方

販売できない医薬品かどうか見分けるためには、成分表示を確認してください。下記の表示があれば医薬品なので、よく確認することが大切です。

  • 要指導医薬品
  • 第一種医薬品
  • 第二種医薬品
  • 第三種医薬品
  • 対外診断用医薬品

海外から取り寄せた医薬品のなかには、これらの表記がないことも多いです。しかし、表記がないだけでこれらに該当していることもありますし、中には許可を得ていない違法な医薬品であるケースも少なくありません。

いずれにしても販売は違法なので、輸入した医薬品の販売は厳禁です。

メルカリでも取り扱いできる医療機器や医薬品はある?

商品の区分が医薬品医療機器である限り、メルカリでも取り扱いはできません。しかし、すべてのものが医薬品として扱われるわけではないため、中には出品可能な商品もあります。

ここでは、出品可能な商品や出品する際の注意点について紹介します。身体や健康にかかわる商品は非常に規制が厳しいため、必ず規制項目の確認が必要です。

出品可能な商品は?

医薬部外品及び化粧品は、特別な許可がなくても販売できます。

これらの商品は人体に影響を及ぼすものですがその影響は軽微であり、ある程度自由に使っても問題ないことから、医薬品と違って個人での売買が可能です。

ただし、いずれも国内で生産されたものに限る点は注意してください。海外輸入した商品は日本の法律とは違った基準で製造されているため、安全のために販売を禁止しているケースが多いです。

出品する場合に気をつけるポイント

化粧品や医薬部外品などを出品する場合は、以下の点に注意してください。

虚偽広告

商品説明などに虚偽の記載をする行為は薬機法違反です。化粧品などは特に個人差による影響が大きい商品群ですが、商品に記載されていない効能を記載しないように注意してください。

法廷表示がない状態での販売

医薬部外品や化粧品であっても、本来表示すべき項目を表示せずに販売することはできません。必ず正規の表示がある状態で販売することが重要です。

メルカリで出品できないもの一覧

メルカリには医療機器以外にも、出品できない商品があります。中には気づかないまま出品してしまいそうな商品もあるため、出品前に一度確認しておきましょう。

ここでは、メルカリで出品できない商品について紹介します。意図的に出品しないことはもちろん、うっかり出品してしまわないためにも、ぜひ目を通してください。

ちなみに、出品が禁止されている商品はメルカリのガイドラインでも詳細が確認できます。詳しくは下記ページを参考にしてください。

参考:メルカリで出品が禁止されているもの

ブランド商品の偽物、模造品

ブランド物の商品には、数多くの偽物や模造品が存在します。これらは著作権法に引っかかってしまうため、出品してはいけません。

知ってて出品することはもちろん、知らずに出品した場合でも法律違反になってしまいます。最近は偽物の質も高くなっているため、仕入れの段階で偽物を購入してしまわないように注意してください。

化粧品を小分けして販売する

化粧品はメルカリで出品できますが、別の容器に小分けしての販売は規制対象となってしまいます。これは化粧品を小分けにする行為が、薬機法における製造に該当するからです。

化粧品のお試しのために、大容量の化粧品を小分けにして売ろうとする人がいますが、運営にバレてしまうと取引自体をキャンセルされてしまうため、絶対に小分け販売はしないでください。

一部サプリメント

一般的なサプリメントは、メルカリでも販売できます。しかしサプリメントの中には医薬成分が含まれているケースがあり、これらは販売に許可が必要です。

また、海外から輸入したサプリメントも、成分にかかわらずメルカリでは出品できません。サプリメントで出品可能なのは、あくまで「国内で製造された医薬部外品のサプリメント」のみである点は覚えておきましょう。

金券や商品券

メルカリでは、金銭扱いになる商品の出品は規制されています。金券や商品券も金銭として扱われるため、直接出品できません。

金銭のやり取りは様々な犯罪に悪用されるケースが多く、ほとんどのフリマアプリやサイトで取引が禁止されています。そもそも金券や商品券を販売しても基本的に利益は得られないため、出品対象としても不適切です。

コンサートチケットなど

メルカリにおけるチケット販売は、急遽使えなくなった場合にのみ可能です。事前にチケットを入手して、転売目的で販売することはできません。

前提として、転売目的のチケット購入やチケット販売会社や法律面からも禁止されている行為です。運営にも目をつけられてしまうため、やむを得ない場合を除き、チケットの出品はしないほうが賢明です。

法で規制されている薬物類

そもそも所持しているだけで法律違反となってしまう禁止薬物や危険ドラッグなどは、もちろん出品禁止です。意識的に販売する人はほぼいませんが、注意したいのは禁止薬物だと知らずに販売してしまうケースです。

海外産のサプリメントはもちろん、国内でもよくわからない通販サイトから購入したものの中には、法律に抵触する成分を含んでいる可能性があります。ただでさえサプリメントや指定部外医薬品は規制が厳しいです。少しでも成分に不安がある商品は安全のために出品しないことをおすすめします。

商品の詳細がわからないもの

福袋をはじめとした、中身のわからない商品は出品できません。メルカリで出品する場合は、内容がすべてわかるようにしておく必要があります。

中身を個別に販売してもいいですし、商品説明欄に中身をすべて記載しておく方法もあります。ただし、万が一中身と説明文に違いがあるとペナルティを受ける可能性があるため、中身を詰めたまま販売する場合はしっかりと中身を確認してください。

公的な書類

領収書や各種届出用の書類など、公的なものは出品できません。これらの商品はまっとうな目的で購入されることがなく、もっぱら不正や犯罪の原因になってしまうからです。

例外として、ブランド品を販売する際に本物だと証明する目的で証明書を合わせて販売する場合は、大丈夫です。あくまで書類や証明書単体での販売ができないということは覚えておきましょう。

年齢制限のある商品

アダルト系やグロテスク系の商品の出品も不可能です。メルカリの利用者には年齢制限がないため、誤って購入してしまわないように年齢制限のある商品は出品自体ができません。

出品してもすぐに運営から削除され、ペナルティを受けてしまいます。年齢制限のある商品を出品できるサイトはほかにあるため、メルカリでの出品は控えましょう。

規制を無視して出品した際のペナルティ

故意か過失かを問わず、メルカリで出品が禁止されている商品を販売するとペナルティが発生します。出品した内容にもよりますが、最悪の場合二度とメルカリが使えなくなってしまうことからも、非常に重たいペナルティが課せられることが分かります。

ここでは、メルカリからのペナルティについて紹介します。どのペナルティも決して軽くないため、ペナルティの内容はしっかり頭に入れておきましょう。

ペナルティの内容

不適切な商品は、まずメルカリから強制的に出品を取り消されます。最初のうちはただ取り消されて終わりですが、何度も続くようだと次のペナルティとして、メルカリの利用制限が課せられます。

最も軽いものでも、24時間メルカリが利用できません。悪質な場合はさらに時間が増え、最後にはアカウントの強制停止や退会などの処分が科せられてしまいます。

メルカリでは複数のアカウントが所持できないため、強制退会を受けると実質メルカリを二度と利用できないことと同義です。ペナルティの内容は出品内容や悪質さによっても異なるため、禁止薬物などを出品するといきなり強制退会させられるケースもあります。

まとめ

メルカリでは、医薬品や医療機器を販売できません。これらの商品を販売するためには特別な資格や許可が必要なので、一般人がメルカリで取引することはできないからです。

医薬部外品や、化粧品であればメルカリでも取引ができます。ただし、小分け販売の禁止など細かいルールがあるため、事前に確認してください。

出品禁止商品を出品すると、メルカリからペナルティを受けてしまいます。最悪の場合メルカリが利用できなくなってしまうため、出品前にメルカリのガイドラインをよく確認し、規制対象でないか確かめることが大切です。

よかったらシェアしてね!
  • URLをコピーしました!
  • URLをコピーしました!

この記事を書いた人

ビジネスのノウハウを実践ベースで徹底的に追求するのがアクシグ。
世界で最も専門的で網羅的なコンテンツを提供し、ノウハウを惜しげもなく提供していきます。

目次