【メルカリ】返品無視は規則違反?絶対に無視してはいけないケースやマナー・注意点も!

メルカリ出品では、購入者から返品を求められることがあります。いったん購入すると決めたものを返されるのは、けっして気持ちのいいものではありませんし、正直なところ返品手続きに応じるのも面倒なものです。

いっそのこと返品希望は無視した方が、気楽かもしれません。しかし、実際に無視してしまっても、問題はないのでしょうか。

そこで今回は、メルカリの出品者向けに、返品無視をして良い場合とダメな場合、返品に応じる場合のマナーや注意点などについて詳しくまとめました。

目次

返品は無視して良いのか?

まず、そもそもメルカリで返品を無視して良いのかについて解説しましょう。

基本的に無視はNG

メルカリでは、最初から「返品は受け付けません」とうたってしまうのは、禁止されています。なぜならフリーマーケットという性質上、どこからどう見ても問題ない商品というのはほぼあり得ないですし、出品者はプロの業者ではないので、中には取引上の不手際や失敗が生じるおそれもあるからです。にもかかわらず、無条件に返品を無視するというのは、他のユーザーの利益を損なう可能性があるため、メルカリの商慣行にもとる行為と判断されるのです。

ただし、「いかなる場合も返品を拒否してはならない」というわけではありません。そのあたりの判断基準について、以下で具体例を挙げながら解説しましょう。

返品を無視してはいけない場合

メルカリ出品では、返品を無視してはならないケースと、返品に応じなくても問題ないケースに分けることができます。

まず無視してはならないケースから、詳しく見ていきましょう。

商品に問題があった場合

購入者の元に届いた商品に、破損や液漏れ動作不良といったあきらかな問題があった場合は、十分に返品の対象となり得ます。

特に、送る前から破損していたり、動作不良があったにも関わらず気づいていなかったりした場合は、詐欺行為と見なされてもおかしくないレベルなので、早急な対応が必要でしょう。

輸送中に破損したり傷ついたりした可能性がある場合は、運送業者と協議しながら解決方法を探ってください。

出品者と購入者のどちらに非があるか判断がつきにくい場合は、まず相手の言い分によく耳を傾けましょう。そして証拠の画像を送ってもらい、その状態を必ず確認するようにしてください。その上で話し合いを進めて、両者で納得のいく結論を探るのが理想です。

商品説明に誤解を生む表現があった場合

出品者自身はまったくそのつもりがなくても、商品説明の内容が不十分なため購入者に誤解を与えてしまうケースもあります。

説明の言葉が足りない、あるいはそもそも商品説明が空欄だったということになれば、購入者が自分の考えで商品の品質や機能、保存状態などを解釈してしまい、「こんな商品だとは思わなかった」と言われることが考えられます。この場合もよほどの極論でない限り、基本的に反論の余地は無いと考えた方がよいでしょう。

商品画像に不備があった

商品画像が不鮮明だったり、一部のアングルからしか見せていなかったりする場合、商品に問題があったとするとその問題を故意に隠していたと判断されても致し方ありません。この場合も、常識の範囲を超えた主張でない限りは、前向きに返品対応する方がよいでしょう。

返品に応じなくて良い場合

つづいて、必ずしも返品に応じる必要がない場合について説明しましょう。

相手に非がある場合

あきらかに相手に非がある場合、返品に応じる必要はありません。

具体的には、
・落として壊した
・思っていた商品と違った
・気が変わって欲しくなくなった
といった場合です。

思っていた商品と違った」については、商品説明や商品画像について、誤解を与える要素がないほど十分に掲載していることが前提です。

ただし、「返品に応じない」というのと「無視していい」というのとでは、意味合いが違ってきます。

無視をするのは、出品者としての品位を疑われかねません。それによって評価が下がるおそれもあるでしょう。

よって、あきらかに購入者に非があり、言い分に筋が通らない点があったとしても感情的にならず、少なくとも一度は、返品に応じることができない理由を冷静にメッセージで伝えるように努めてください。

受取評価が済んでいる場合

メルカリでは、商品の受け渡しが済み、購入者が「受取評価」を行って出品者も評価を終えると、代金が支払われて取引終了となります。

受取評価」は、商品に満足あるいは納得して正式に受理する意思を表明したことになり、そのまま取引が終了すれば、その後に取引内容を覆すことはできません。

例えば、それでもどうしても返品したいと考えている購入者がいたと仮定しましょう。その相手が事務局に苦情を申し入れたとしても、取引が終了している場合は「納得のうえ処理済み」と判断され、特段、返品に向けた協力をしてくれることはないのが原則となります。

当事者同士でその後も話し合いを続けることは自由です。結果として返品することになったとしても、事務局から否定されたり、咎められたりすることはありません。ただし、すでにメルカリから出品者に代金は支払い済みのため、返金の方法については当事者同士で決めることになります。

返品に応じる方が賢明な場合もある

実は、上述のような理由から返品に応じる必要がない場合でも、後々のことを考えると返品に応じておいた方が賢明と思われるケースもあります。これは出品者の考え方にもよりますが、参考までに説明しておきましょう。

悪評価を避けるため

購入者が強く返品を希望した場合でも、購入者側に非があれば、応じる必要はありません。

しかしその旨を説明しても、食い下がってなかなか納得してもらえない場合があります。この場合、しぶしぶ聞き入れたかに見えた購入者が、報復として悪評価をつけてくることがあります。

このようなケースでは、もし返品と返金に応じて取引自体をなかったことにすれば、評価もつかないので悪評価をつけられることはなくなります。

相手がどのような評価をつけるかは、蓋を開いてみなければ分かりません。しかしいずれにしろ、悪態をつかれたまま取引を終えるのは気持ちのいいものではないため、売上はなくなるものの返品を受け入れる方が、後味がよくなる場合もあるでしょう。

嫌がらせの拡大を避けるため

上記と同じシチュエーションであくまで返品拒否を貫いたとすると、代金は支払われます。しかしその後、予期せぬ嫌がらせを受けるおそれも出てきてしまいかねません。

とくに匿名にせず、住所や名前を公開して発送した場合、すでに個人情報は相手に知られていることになります。それを悪用してストーカーなどの迷惑行為をされるかもしれないと考えると、返品に応じておく方が無難という見方もできるでしょう。

なおメルカリ便を使って匿名で送った場合なら、商品は送り返してもらわずに返金だけ行う、つまり住所などを教えずに返品手続きを済ませ、その後でその相手をブロックするという方法も有効です。

返品に応じる際のマナー

返品に応じることになった際のマナーについて解説しましょう。

丁寧な表現を意識する

返品に応じるということは多くの場合、自分の非を認めたことになります。それと同時に、相手にもいらぬ神経を使わせた可能性が高いので、はっきりと分かりやすく謝罪することが大切です。しかも相手は、イライラして感情的になっているおそれもあるため、ぞんざいな態度に出ないよう、へりくだって丁寧なメッセージを送るのがよいでしょう。

参考までに例文を紹介します。

この度は、わたくしの確認不足により、○◯様に多大なご迷惑をおかけ致しましたこと、大変申し訳ございませんでした。深くお詫び申し上げます。つきましては、すみやかに返品手続きに移らせていただきたく存じます。お手数ですが、着払いにてご返品いただければ幸いです。以後このようなことの無いよう十分に注意してまいりますので、今後とも何卒よろしくお願いいたします。」

送料を負担する

上記の例文にもあるように、こちらに非があって返品に応じるわけですから、返品の際の送料は、こちらが負担するのが筋です。

ただし、相手に非がある場合で、「直したら買うので、そちらで直してください」と申し出があった場合は購入者都合の返品になるため、送料を負担する必要はないでしょう。

返品に関する注意点

つづいて返品に関することで、強く意識しておくべきことについて2つ紹介しましょう。

事務局からの問い合わせは絶対に無視しない

これは非常に重要なことなのですが、もしメルカリ事務局から返品について問い合わせがあった場合は、絶対に無視しないようにしてください。

事務局から通知やメッセージが届くとすると、返品を希望する購入者が「話し合いではらちがあかない」と考えたため、事務局に相談をもちかけた可能性が高いです。100%とはいえませんが、事務局として放置できないと判断した案件については、事実確認の意味で問い合わせが届くことがあります。その際は放置せず、できる限りすみやかに問われた内容に対する返信を行ってください。

無視し続けると、悪質と見なされた場合は、強制的に取引がキャンセルされたり、売上金が振り込まれなかったりというペナルティが科されます。最悪の場合は、アカウントを停止され二度とサービスが使えないようになるおそれもあるので、注意が必要です。

個人情報を知られることになる

名前や住所といった個人情報を伏せて送ることができる「メルカリ便」を利用している場合、返品を受け付けるとすると、送付先としてこれらの個人情報を相手に伝えることになります。メルカリ便は、出品者が購入者に荷物を送る際にしか利用できないからです。

ちなみに個人情報のやり取りは、コメントではなく「取引メッセージ」を使います。取引メッセージは、他のユーザーには閲覧できないため、安心です。

繰り返しますが、個人情報をどうしても知られたくない場合は、返品を拒否し返金だけ行ったうえで、二度とコンタクトせずに済むようにその相手をブロックする方法もおすすめです。

返品を避けるための対策

返品の申し出があった場合は、まず言い分を聞き、その内容によって釈明したり返品に応じたりする必要が出てきます。しかし相手によってはとても面倒な作業になりかねないため、できればそのような事態を招かないようにするのが理想です。そこで最後に、返品をできる限り避けるための方法を3つ紹介しましょう。

梱包を丁寧に行う

輸送中の破損が返品の原因になるケースが多いので、それを避けるためには、丁寧に梱包する必要があります。商品に対して箱が大きすぎても中で不安定になりやすいため要注意です。といってジャストサイズだと緩衝材が入れにくくなり、破損するリスクが高まるので、気をつけてください。

ちなみに商品を詰め終わったら、蓋を閉じる前にその画像を残しておくのもおすすめです。「破損していた」という言いがかりをつけられた際の、証明になるからです。この画像があれば話し合いを有利に進めやすくなるので、ぜひ習慣にしてください。

商品説明と写真撮影を丁寧に行う

商品説明は、だれが読んでも理解できるように、平易でわかりやすい表現を心掛けてください。商品情報もユーザーの立場に立って、必要事項をぬかりなく記載することが大切です。

匿名発送を利用する

相手に住所が知られている場合は、こちらの同意を得ずにいきなり返品されるというケースが考えられます。しかし、メルカリ便で匿名発送すれば、その心配は不要です。いざという時は返品を拒否して、個人情報を教えずに返金だけ済ませる方法もとれるので、二重の意味で安心でしょう。

まとめ

メルカリで出品するからには、商品に不備があれば、修理や代替品との交換、そして返品にも誠実に応じる義務が生じます。

すべて自前で行うのではなく、メルカリという巨大なプラットフォームを活用するからには、その環境を荒らしたり民度を下げたりしないという意識が必要と自覚してください。

よかったらシェアしてね!
  • URLをコピーしました!
  • URLをコピーしました!

この記事を書いた人

ビジネスのノウハウを実践ベースで徹底的に追求するのがアクシグ。
世界で最も専門的で網羅的なコンテンツを提供し、ノウハウを惜しげもなく提供していきます。

目次