物販

メルカリで稼ぐためのリサーチ方法!売れ筋商品リストの作り方とは

メルカリなどのフリマアプリは簡単に商品の出品ができ、販売までにオークションのように時間がかからないので転売ビジネスにも多く使われています。しかし、手軽に始められる分ライバルも多くなります。以前とは違って儲かる商品を見つけることが難しくなっていますので、これから転売ビジネスを始める人にとってはハードルが高くなったと言えるでしょう。

では稼げるセラーになるためにはどうすれば良いのでしょうか?

答えは「リサーチ力を身に着ける」です。

この“リサーチ力”を持っているかどうかで、稼げるかどうかが決まります!

そのため、今回はメルカリの売れ筋商品をどのようにリサーチすればいいのかをご紹介していきたいと思います。最初に稼ぐための商品のリサーチ方法について、基本から応用まで紹介していき、次に実践編としてリサーチ方法を細かく説明していきます。

この記事を読むことによって、メルカリで稼げるセラーになるための第一歩を踏み出すことができますよ!

2つの基本的な商品リサーチ方法について

メルカリの商品リサーチとは「メルカリで売れている商品を探す」ことです。

ではどのように売れ筋商品を探すことができるでしょうか?

ここでは2つの基本的なアプローチについて紹介していきます。これらの方法については記事の後半でも“実践編”として詳しく説明していきますので、ぜひそちらもご覧ください。

(1)メルカリで稼いでいるセラーからのリサーチ

メルカリで売れている商品を探すには、「すでに転売で稼いでいる人たちの売っているものをトレースする」のが一番簡単な方法です。有力なセラーの商品や仕入れの傾向をよく研究することで、効率よく稼げる商品リストを作れるようになりますし、その後の自分独自の商品展開を考えるのにも非常に役に立ちます。

まずは有力なセラーの方々から学ばせてもらいましょう。

(2)メルカリの検索機能を使った商品リサーチ

次に考えたいのはメルカリの販売履歴からの売れ筋商品リサーチです。

メルカリでどんな商品を出せば良いのかを知りたければ、実際に多く売れている商品を調べるのが一番ですよね。「たくさん売れている商品=需要がある商品」なので、あなたが扱っても売れる確率が高いと言えます。

メルカリにはまだ販売済み商品を効果的に探すためのツールが少ないので、メルカリの検索機能を効果的に使って商品をリサーチする方法が主流です。このリサーチによって商品の値段設定の目安も分かりますし、同じ商品を扱っているライバルの数なども分かります。情報をしっかり押さえた上で商品を仕入れるようにしましょう。

次のステップとしてのリサーチ方法

ここからは基本を押さえた後に取り組みたいリサーチ方法をご紹介します。

基本を実践した後にぜひ挑戦してみてください。

仕入先の売れ筋商品も合わせてリサーチする

先ほどはメルカリの売れ筋商品をメルカリの中でリサーチする方法について考えましたが、ここで紹介するのはその応用編です。それは「仕入先でまず売れ筋商品をリサーチする」という方法です。

例えば、あなたがメルカリで販売する商品をAmazonで仕入れていたとします。その場合にはメルカリの売れ筋商品ではなく、Amazonの販売ランキングから売れ筋商品を探し、それをメルカリで販売します。ただ、メルカリに出しても売れない商品を扱っても意味はありません。ここでさらに基本のメルカリ商品リサーチを併用します。そうするとAmazonでもメルカリでも売れている商品を見つけることができます。

さて、この方法は応用編ですのでさらにもう一つポイントがあります。それは売れ筋の商品を見つけたら、商品にバリエーションを付けるという方法です。

例えばメルカリでDyson(ダイソン)のスリム掃除機が売れ筋だったとします。そうすると「Dyson」と「スリム掃除機」というキーワードが浮かび上がってきます。

次にこう考えましょう。
「違うメーカーで同じような性能を持っている商品がないだろうか?」
「同じメーカーでさらに安い、もしくはさらに性能の良い商品がないだろうか?」
「それらの商品をAmazonでお得に仕入れることができるか?」

このように掘り下げてリサーチしていくなら、消費者のニーズにピッタリ合った“痒いところに手が届く”商品を扱えるようになるに違いありません。そうすればライバルの少ない、効果的に利益を出せる商品を自分で発見していくことができます

仕入先を増やしてさらに稼げる商品を開拓していく

仕入先の売れ筋商品リサーチができるようになったら、次は仕入先を拡大していきましょう

国内にはAmazonだけでなく、楽天市場、Yahoo!ショッピング、ヤフオク、家電量販店サイト、フリマアプリなど様々な仕入先があります。それらのサイトを使いこなせるようになれば、より効果的に仕入れを行えるようになるでしょう。

また、海外に目を向けるならその可能性はもっと広がります。海外AmazonやeBay、アリババ、Aliexpressなどが仕入先としては有名ですが、日本ではなかなか手に入らない人気商品を海外から低価格で購入できるようになるので、さらに稼げるようになること間違いなしです。

稼いでいるセラーからのリサーチ・・・実践編

ではここからはリサーチの基本で紹介した最初のアプローチ「メルカリで稼いでいるセラーからのリサーチ」を実際にどのように行ったらいいのかについて詳しく説明していきます。

ポイントを押さえて行けば、たくさん稼いでいる有力なセラーを見つけ、稼げる商品を知ることができるようになりますよ!

商品画像をチェック

稼げるセラーに共通することとして、まずは「商品画像がしっかりしている」という特徴があります。というのも商品写真の画質が悪いとセラーや商品に対する信頼度も落ち、売れ行きが悪くなる傾向があるからです。

それで、有力セラーを探す時には「商品画像の枚数が1、2枚ではなく、もっと多いか?」「買い手に商品の状態がはっきりと伝わるような撮り方がされているか?」「写真の画質は良いか?」などをチェックしていきましょう。

出品している商品すべてがこれらの条件をクリアしているなら、そのセラーはきっと利益を伸ばせているはずです。

商品説明が細かいかどうかをチェック

商品についてしっかりと説明できていないセラーがたくさんの商品を売っているとは考えづらいので、「商品説明が細かいかどうか、買い手に分かりやすく親切であるか」というポイントもチェックしましょう。

例えば、ブランドやメーカー、商品名、商品の状態についての詳しい説明、色、型番、製造年月、さらには出品理由などを細かく書いてあるかどうかでその人が有力セラーか判断することができます。

なぜ商品説明で稼げるセラーを見分けられるのでしょうか?

その理由はその出品者が買い手に親切だから・・・というだけではありません。そうではなく、説明文の中に「検索されやすいワード」がたくさんあった方が売れやすいということを知っているからです。そういう所にまで気を配っているセラーを選んで取り扱い商品を参考にするようにしましょう。

セラーの出品点数をチェック

もう一つチェックしたいのが過去の出品点数です。

メルカリは商品のページにある出品者の名前の所をクリックすると、その出品者の過去の出品数を見ることができます。

出品点数が数百点ある人や、同じような商品を連続して売っている人などを探すようにしましょう。分かりやすく商品をリサーチすることができるはずです。

出品者としての評価をチェック

出品者の出品数と一緒に表示されているのが、出品者の今までの取引に対する評価になります。

この評価もその人が稼げるセラーかどうかの重要なポイントになります。

フリマアプリでは評価の基準がゆるく、明らかに悪い対応でなければ良い評価が付く傾向があります。ですから、基準を高めに設定して最低でも星4つ以上の出品者を選ぶようにしましょう。

稼げるセラーは自分の評価にもしっかり気を配っているはずですので、評価の低いセラーは参考にしないほうが無難です。

売れ筋商品リサーチ・・・実践編

では次に基本の2番目「メルカリの売れ筋商品リサーチ」の方法について説明していきます。

メルカリの検索機能を使ったリサーチ方法をご紹介するので、パソコンでもスマホでも行えますし空き時間も有効に活用することができますよ。

「売り切れ」商品をチェック

メルカリで商品を検索する時に、「販売状況」の中の「売り切れ」にチェックを入れましょう。こうするとすでに販売された商品を検索することができます。

売れた商品を見ると「その商品に需要があるかどうか」や「いくらの値段で出品すれば売れるのか」を知ることができます。

しかしそれだけではありません。

「売り切れ商品のリスト」 - 「転売商品でないもの」 = 「稼げる商品のリスト」

になるのです!

キーワードや商品カテゴリを指定して絞り込むことによって、さらに自分の扱いたいジャンルの売れ筋商品を知ることができます。

「新品、未使用」商品をチェック

メルカリの出品者の中には不用品を売っている一般ユーザーと転売ビジネスを目的としているセラーがいます。

一般ユーザーの場合には自分が使用したモノを売っている場合が多いので、商品のリサーチとしてはあまり有効ではありません。というのも中古商品は状態によって値段も大きく違ってきますし、同じような商品をたくさん仕入れることは難しい場合が多いからです。(もちろんこれは商品のジャンルによって違ってきますので注意してください。例えばゲームソフトなどは中古でも流通量が多く、相場も安定しています。)

商品検索の際に「新品、未使用」にチェックを入れると、参考になりづらい一般ユーザーの出品がかなりの程度除外されるので、転売目的の商品を見つけやすくなります。

そして、このリサーチ方法では特に「中国から輸入された売れ筋商品」が出てくる場合が多くあります。特にその商品を扱っているセラーが500点以上を出品している場合などは、稼いでいる有力セラーである可能性が高いと言えます。

そのようなセラーの扱っている商品は利益を見込むことができるでしょう。

商品の画像から転売商品かどうかをチェック

ここからご紹介するのは検索方法ではなく、検索した後にチェックするポイントになります。

それは商品の画像です。

メルカリには「他の会員が出品している写真を無断で流用してはいけない」という画像に関してのルールがありますし「手元にない商品の販売を禁止する」という規約もありますので、基本的には自分で撮影した商品画像が使われているはずです。床やテーブルの上などに置かれて撮影した商品は一般ユーザーの可能性が高いので、商品リサーチとしてはあまり参考になりません。

しかし画像の商品の背景が白い場合や、本格的に加工されている場合は転売目的の商品である可能性が高くなります。中には他のネット通販に出ている商品画像を転用した海外輸入商品や無在庫販売商品もありますので、売れ筋商品リサーチにあたっては非常に参考になります。ちなみに「無在庫販売」はメルカリの規定違反になりますので、決して行わないようにしましょう。

具体的な商品名を検索して販売数をチェック

これまでの検索で気になる商品が出てきたら、今度は具体的な商品名で検索してどれくらい売れているのかをチェックしていきましょう。この作業に関してはパソコンを使ってメルカリのWEBで検索した方が効率的です。検索の際には先ほどの「新品、未使用」と「売り切れ」にチェックを入れるのも忘れないようにしましょう。

売れ筋の商品であれば多くの検索結果が出てくるはずです。この結果を参考にして商品の需要と販売数の見込みを予想していきましょう。この方法で商品が多く売れていることがわかったら、さらにメルカリアプリを使ってリサーチを続けていきます。

それについては次の項目で説明していきます。

メルカリアプリを活用する

メルカリアプリではパソコン(メルカリのWEB版)で見ることができない情報をチェックすることができます。それは「商品の販売日時」です。これが分かると自分が調べている商品が「どれくらいの期間に、いくつ売れるモノなのか」を知ることができます。

では具体的に説明していきます。

先ほどパソコンで調べたのと同じ条件で(具体的な商品名と「新品、未使用」と「売り切れ」にチェックを入れる)メルカリアプリで検索すると、今度は新しく販売された順番で検索結果が表示されます。

商品が販売された日時はこの場所に表示されています。

では、まず1番目の商品の販売された日付を確認しましょう。次に上から数えて5番目の商品についても同じようにします。

仮に、1番目の商品は1時間前に販売されており、5番目の商品は11時間前に販売されていたとしましょう。ここから何が分かるかというと、この商品が10時間の間に5個売れるだけの需要があるということです。

続けて10、15、20番目と比べていくならさらに細かい販売状況を知ることができ、商品の需要をもっと正確に予測できるようになっていきます。

有効なキーワードはリスト化する

最後に重要なのは、リサーチした売れ筋商品をきちんとリスト化しておくということです。リサーチしてそれで終わりというのではなく、それをさらに生かせるように分析していきましょう。

こうして自分だけの稼げる商品リストが出来ていき、その後の仕入れにも役に立つに違いありません。

リサーチの際の注意点

最後にメルカリでリサーチをする際に注意しなければならないポイントについてご説明していきます。

リサーチ対策のカモフラージュに注意

稼いでいるセラーの中には自分の売れ筋商品を隠すために似たようなダミー商品を多数出品しているケースがあります。そのような商品をトレースしても思ったように売上を上げることはできません。ですから同じセラーから似たような商品が複数出品されていたら十分注意するようにしましょう。

しかし、それだけ隠したいということは利益の大きい商品である可能性も高いといえます。じっくりと調べて本命商品を探し出すのも一つの手です。

業者が出品している場合の注意

メルカリのユーザーの中には転売専門業者の方もいます。そういうセラーは同じ商品や類似商品を大量出品することがありますが、メルカリ転売を始めたばかりの人が同じ商品を扱っても利益を得ることは難しいので注意しましょう。

また同じような方法で商品を出品するとメルカリ運営から「業者認定」されてしまい、出品したものが表示されなくなってしまう可能性もあります。

利用規約をしっかりと守って、メルカリを利用するようにしましょう。

まとめ

今回の記事では、稼げる商品のリサーチ方法をご紹介しました。

記事のポイントをしっかり実践して、あなただけの稼げる売れ筋商品リストを作ってみてくださいね!