物販

メルカリでのお礼メッセージとは? 購入者としての例文や、その他ケースごとでの注意点

メルカリに出品されていた商品を購入して取引が始まると、出品者との間でメッセージのやりとりが始まります。実はこのメッセージのやりとりは、取引をスムーズに進めるための重要な要素です。ミスが起きると、取引相手に不快な思いをさせるような事にも繋がります。

今回は、取引開始後のメッセージについて掘り下げて解説します。ケース別のコメントの書き方や取引メッセージの注意点についても、購入者・出品者それぞれの視点でご紹介するので、メルカリを利用する際の参考にしてみてください。

メルカリの取引メッセージについて

まずは取引メッセージの流れについて説明します。

商品を購入した際は、取引開始の挨拶としてメッセージを送ることをおすすめします。必須ルールではありませんが、気持ちよく取引を進めるための心がけとして頭に入れておいてください。このとき決済が完了していない場合は、いつまでに入金するかを伝えておきましょう。入金が終わらないと出品者から商品が発送されないので、支払いが終わった場合はその旨を報告するメッセージも必要です。

商品が届いたら、破損がないかをチェックしましょう。何か不備が見つかった場合は、すぐにメッセージで出品者に知らせてください。何事も無かったときは受取評価をして、無事に取引を終えられた事へのお礼のメッセージを送りましょう。

購入コメントとは

取引開始前のメッセージのやりとりについて1つ注意すべき点があります。

メルカリでの買い物は即時購入が可能ですが、中には購入手続き前にコメントをするよう求めている出品者もいます。これは俗に「購入コメント」と呼ばれるメルカリのユーザー独自ルールで、このコメントの有無がトラブルの発端となるケースもあります。

メルカリの公式ルールでは必須ではないとされていますが、出品者によってはプロフィール欄で購入前のコメントについて記載している人がいます。もし何らかのコメントを残すようにと書かれていた場合は、その内容に従っておく方が無難です。

出品者側視点でみると、購入前のコメントには購入を検討している相手がどんなユーザーなのかを知る手段としての役割があります。仮に購入者としての評価が低いユーザーだった場合、何らかのトラブルに巻き込まれるおそれがあるとして取引を敬遠することもあるようです。

購入コメント必須の商品をコメントせずに購入した場合、プロフィールを読まない無礼なユーザーであるとして購入をキャンセルするように言われる可能性があります。これはメルカリのルールに反することなので、事務局に問い合わせることは可能です。しかし、取引の出だしから互いに悪い印象を持った状態というのはよくありません。受取後の評価にも影響するかもしれないです。

出品者の中には「購入コメント不要」としているユーザーもいます。いずれにせよ、購入前に出品者のプロフィールを読んでおくことをおすすめします。

メッセージのテンプレート

メルカリのメッセージでは、あらかじめ用意されているテンプレートを使うことができます。これを利用すればメッセージの内容に迷う必要はなくなり、状況に応じたテンプレートを使用するだけです。

ただし、入金に関するコメントや取引内容に関する具体的な話については、自分で考えた文面にする必要があります。

取引メッセージの文面の考え方

ここまでは取引中に必要なメッセージについて紹介してきました。では具体的にどんな内容のメッセージを送れば良いのかを、例文とともにご紹介します。

今回紹介する場面は、購入前の購入コメント購入後の挨拶受取評価時のコメントの3つです。

購入コメント

まずは購入コメントです。上の項目でも説明したとおり多くの出品者が購入コメントを必須としているので、購入コメントの書き方を覚えておきましょう。

必要な内容としては、購入しても問題ないかというお伺いです。必要以上に丁寧になったりへりくだったりする必要はありません。言葉遣いが丁寧であれば、簡単な内容でも大丈夫です。以下の例文を基準にして、自分の言葉にしてみてください。

「こんにちは。(はじめまして)こちらの商品を購入したいのですが、よろしいでしょうか?」

また、商品に関する質問もこのときにしておきましょう。

購入後のメッセージ

上の項目でも紹介したように、購入が完了したらまずは挨拶のメッセージを送りましょう。購入コメント不要としている出品者に対しても、購入後のメッセージは送るようにしてください。購入したユーザーとは実際に金品のやりとりを行うのですから、出品者としても取引相手が無言のままでは不安になってしまいます。以下の例文を基準にして、自分の言葉で送ってみてください。

「この度は商品を販売していただいて、ありがとうございます。これからよろしくお願いします」

決済がまだの場合は、末尾に「なお、商品の代金は○○までに支払う予定です。支払いが終わった時点でまた連絡いたします」というような一文を付け加えてください。

受取評価のメッセージ

商品が手元に届いたら、まずは中身の確認をすると思います。何も不備が無ければ、そのまま受取評価に進みます。このとき「良かった」「残念だった」の評価の他に、自由にコメントを書き込める欄があります。スムーズに取引できたことと、無事に商品が届いた事への感謝を書き込みましょう。

「おかげさまで、商品も無事に手元に届きました。連絡のやりとりや発送作業などの対応がすばやくて、とても気持ちよく取引させて頂いたことに感謝しています。今回はありがとうございました。次の機会もよろしくお願いします」

このとき商品に不備が見つかったときは、受取評価をしないでその旨を出品者に連絡しましょう。詳細は次の項目で説明します。

トラブル発生時のメッセージ

ここからは、トラブル発生時に送るメッセージについて、購入者と出品者双方の視点から解説します。トラブルがスムーズに解決するも、あるいは余計にこじれて大事にも発展するも、コメントの内容1つです。

メルカリは個人間のやりとりで金品を取引するので、トラブルへの対処も基本的には自分で行う必要があります。メルカリ事務局が対応してくれるのは、取引相手がメルカリの規約に反する行動を取った場合であると考えておきましょう。

商品が発送されない

商品購入時にクレジットカードなどで決済を済ませたか、あるいはコンビニ・ATM払いが済んでいる状態にもかかわらず、商品が発送されない事があります。

この時考えられるのが、出品者が商品発送の通知をし忘れている場合です。あるいは出品者に予期せぬ用事が発生し、発送作業が遅れていることも想定できます。発送作業そのものを忘れている可能性も否定できませんが、いずれにせよ強い口調で催促するようなメッセージは控えた方がいいでしょう。

「お世話になります。購入した商品代金の入金は終わっておりますが、まだ発送通知が届かない状態です。発送はいつ頃になるでしょうか?」

このようなメッセージを送る前に、商品説明ページに記載されている発送までの日数を確認しておきましょう。この日数を過ぎるまでは、メッセージを送るのは待った方がいいです。

代金後払いのときは、支払い完了のメッセージを送り忘れていないかの確認も必要です。

出品者になった際のクレームへの返信

ここからは、いつか出品者側の立場となった際に備えて、トラブルとなった時に送るべきメッセージも確認しておきましょう。よくあるのが、購入者の手元に届いた商品に何らかの不備があったケースです。商品に出品ページの写真ではなかった傷があったり、輸送中に梱包が解けて商品が破損したりする場合です。

このように、購入者に非が無いトラブルへの対処のメッセージには、誠心誠意対応する旨を記載しましょう。具体的な内容をこちらから提示するとスムーズに事が進みます。

「大変申し訳ありませんでした。ご連絡頂いた内容については、こちらで行った○○が不十分だった事が原因と思われます。つきましては、購入頂いた商品の取引をキャンセルとし、代金は返金させていただきたいと思います。同意頂けましたらその旨をご連絡の上、商品を着払いで返送頂けますでしょうか」

なお、相手からの連絡だけで状況が理解できないときは、しっかりと詳細を聞き取るようにしましょう。身に覚えがないクレームだったときは、悪意のあるでっち上げの可能性が残ります。対応を具体的に示す前に、内容をきちんと把握しましょう。このようにメッセージを送ると角が立たなくて済みそうです。

「お手数をおかけします。お問い合わせの内容については、できる限り真摯に対応したいと考えております。恐れ入りますが、状況をもう少し詳しく教えて頂けないでしょうか」

受取評価の催促

こちらも出品者側として遭遇するトラブルです。商品の発送通知を送ってから数日が経過し、荷物の配送状況も配達完了となっているのに、受取評価されない事があります。受取評価をされないと取引が終了しないため、出品者は商品代金を引き出せません。

商品の発送が通知された日から9日が経過しても受取評価されないと、その日の13時以降に取引が自動で完了します。出品者側としてはそれまで待つのもありですが、できればきちんとした形で取引を終わらせたいですよね。きちんと受取評価をしてもらうためにも、促すようなコメントを送ってみることをおすすめします。

メッセージを送る際は、無事に商品が届いているかを確認する文言を入れてください。場合によっては、まだ商品が届いていないために受取評価ができなかったというケースもあります。

「お世話になります。商品は無事にお手元に届いていますでしょうか。商品を受け取って頂いているようでしたら、受取評価のほど、よろしくお願いいたします。商品が届いていない場合は、どうぞお気軽にお問い合わせください」

購入者への商品添えメッセージ

ここでは出品者側が使える、商品添えメッセージについてご紹介します。メルカリの取引相手に送ることができるメッセージは、ネット上の取引メッセージだけではありません。

ネットショップを利用したときに、お店からのメッセージカードが同封されていたという経験はあるでしょうか。それをメルカリにおける個人間の取引でもやってみることをおすすめします。そのときのポイントを3つご紹介します。

内容は短くシンプルに

商品添えメッセージは商品と同封するメッセージとなるので、それほど大きなものは同封できません。また、便箋に長い文章を細かい文字で書き綴ることもおすすめできません。メッセージは大きめの文字で、シンプルな内容を伝えましょう。メッセージカードにするなら「買ってくれてありがとうございました」と短くまとめたほうが気持ちを伝えやすいです。

ニックネームを使う

メッセージを同封する際は、相手や自分の名前も添えて書く事と思います。この時に書く名前は、メルカリで使用しているニックネームが望ましいです。匿名配送のメルカリ便を使うときは、双方相手の本名は分からないですから、メルカリのニックネームが一番適しています。

デザインはシンプルに

メッセージを書くメッセージカードや便箋のデザインは、シンプルなデザインが望ましいです。装飾が多かったり煌びやかだったりするデザインでは、受け取った相手は気負ってしまいます。

メルカリの取引メッセージQ&A

最後に紹介するのは、取引メッセージに関するよくある疑問点とその回答です。メッセージに関する注意点となりますので、送る前に目を通してスムーズに送れるようにしましょう。

最初の取引メッセージはどちらから送るべき?

商品を購入したあとの最初のメッセージですが、これは購入者から送っても大丈夫です。迷ったときは先に送ることをおすすめします。最初のメッセージなので、挨拶程度で済んでも構いません。

1つ付け加えるなら、コンビニ・ATM払いなどの後決済の場合は早めにメッセージを送り、支払いができる目安の日時を伝えておきましょう。お金に関する話ですので、この件が絡む場合は購入者からのメッセージが望ましいです。

取引メッセージが使えるのはいつまで?

取引メッセージが使えるのは、お互いの受取評価が終わってから2週間が経過するまでです。それまではいつでも利用できます。

ただし、基本的には受取評価したあとのメッセージのやりとりは適切ではありません。受取評価をしたということは、その取引は終わりを迎えたという意思表示と同義だからです。受取評価した後にメッセージが送られると不快に思うユーザーがいることを覚えておきましょう。

メッセージはいつ送っても大丈夫なの?

メルカリのメッセージは、常識的な範囲内の時間で行うことをおすすめします。人によってはメッセージを受け取ると、スマートフォンのプッシュ通知で知らせるようにしている場合があります。そんな相手に対し、真夜中にメッセージを送るのは迷惑でしかありません。

おすすめするのは、朝の9時から夜の20時の間です。朝出かける前の時間帯や就寝時間帯は避けましょう。

メッセージへの返信は絶対に必要なの?

返信の有無に関しては個人同士のやりとりですから、必要だと思ったタイミングでメッセージを送るようにしましょう。

気をつけたいのは、連絡事項に対する返信です。入金が終わったというメッセージや商品を発送したというメッセージに対しては、メッセージを見たということを伝えるために、短いメッセージだけでも送ると親切です。

取引メッセージが見られるのはいつまで?

取引が終了して2週間が過ぎるとメッセージが見られなくなります。その後はどうやっても取引メッセージをみることはできません。

実名と住所を教えないといけないの?

メルカリでの取引で住所と実名を明かす必要があるのは、メルカリ便で使えるはずの匿名配送ができないケースに限られます。それ以外の状況では、安易に個人情報を明かすべきでは無いでしょう。購入者側としては、不必要に個人情報を聞き出そうとする出品車は警戒すべきです。システム上の都合で匿名配送ができないと言われても、なんとか対応してもらうように交渉してみましょう。

また、個人情報を誰かに教えるのに抵抗があるときは、匿名配送が使えない商品の購入は控えるようにしてください。

メルカリのメッセージは気遣いが大切

メルカリでのメッセージは、相手の気持ちを汲み取って自分の気持ちを伝える唯一の手段です。メッセージのやりとりがそのまま自分の言葉や態度に置き換わると認識して、丁寧な文章で送るようにしましょう。

気持ちのいい取引を行って高評価をもらうためにも、こまめな気遣いが大切です。

ところで、ビジネスで成功するためには独学よりも体系化された教材やサービスを活用して学ぶ方が結果が早く出ます。

ここではアクシグ編集部が予め登録した上で責任者に直接取材をし、有用性を確認した教材やサービスのみを厳選してご紹介します。無料ですのでお気軽にご登録またはご相談ください。

【限定公開】成功者続出の秘密のノウハウ

日本未上陸のノウハウで先行者利益が得られる大チャンス到来!

  • 月間利益195万円を突破した本人による最新成功事例の紹介
  • 世界トップ3位の日本人が誰も知らない革命的販売手法とは
  • アカウント停止リスクの無い安全なビジネスモデル
  • 無在庫でも販売できる最新の方法
  • Amazonの5倍成長しているマル秘プラットフォームとは
  • 利益率80%超えの超マル秘仕入れ手法

など、日本ではまだ知られていない秘密の情報をお届けします。

あなたのビジネスを成功させるために、今すぐ限定情報を入手してください。

【漫画で分かる】無在庫輸入物販ビジネス

アメリカやヨーロッパの商品を日本の「Amazon」などで 受注をしてから仕入れる無在庫方式の販売方法を解説しています。

  • まとまった資金がなくてもスタート可能!
  • 取り寄せ式なので大量の在庫を抱えなくて良い!
  • ネットで完結なので自宅でできる!

1つの商品の販売で1万円以上の利益を得ることもでき、 効率良く手元の資金が増やすことができます。

あなたもぜひ無在庫欧米輸入ビジネスで、 堅実な収入の柱を一緒に作りませんか?

【無料相談】Biz English

ビジネス英語は3ヶ月でマスターできます!

インターネットの買い物に慣れてくると、アメリカのアマゾンやeBayで購入したり出品したりしたくなるでしょう。英語ができなくてもGoogle翻訳やDeepLなどのツールを使えば始めるのは簡単です。

ところがクレームや返金などが発生すると機械翻訳では上手く交渉できません。金額が大きくなりビジネスレベルになるとなおさらリスクが高くなります。

ビズイングリッシュはビジネス英語専門の英会話スクールです。受講生は全くのゼロから英語でアカウントを復活させたり、海外の展示会で交渉に成功したりと幅広く活躍をしています!

今すぐビジネスレベルの英語力を身につけましょう!