メルカリでの転売は危険?違法になる可能性も!注意したいポイントについて解説

転売ヤーに注意!」と各所で呼びかけられているものの、メルカリを利用した悪質な高額転売は後を絶ちません。

正当な転売を副業にしたいと考えている人にとっては、とても迷惑な話ですよね。

しかし、「どこからどこまでが正当な転売なの?」「転売ってもしかして違法?」と疑問に感じている方も多いのではないでしょうか。

転売自体は違法ではないものの、法律に抵触してしまった事例が存在することも事実です。

知らずにメルカリで商品を売っていたら逮捕された!なんてことは避けたいですよね。

本記事では、実際にあった事例を元に、メルカリで違法になってしまう可能性がある行為や、安全な稼ぎ方について徹底解説いたします。

目次

そもそも転売って違法なの?

悪質な高額転売がニュースで取り上げられたり、転売によって逮捕者が出たりしているのを見聞きしたことがある方も多いと思います。

そもそも、転売自体に違法性はあるのでしょうか?

転売そのものは犯罪行為ではない

転売そのものが犯罪行為というわけではありません。

もし転売自体を取り締まる法律があるとすれば、必要のなくなった新品の商品を出品することも全て違法になってしまい、メルカリ自体が成り立たなくなってしまいます。

それでは、メルカリで転売を自由に行っても良いのでしょうか。次項で見ていきましょう。

メルカリでの転売は違法ではない

結論からお伝えすると、転売は違法ではありません。しかし、メルカリで転売を行ったことにより、逮捕されてしまった事例は存在します。

それでは、メルカリでの転売が違法になる事例とは、一体どのようなものなのでしょうか?

実は、一口にメルカリでの転売と言っても、扱う商品の内容ややり方によっては、違法になってしまう可能性も十分にあり得るのです。

次項で、メルカリで違法になってしまう事例について、詳しく解説いたします!

転売が違法になった事例とは?

それでは、実際に違法になったケースでは、どのような商品を扱っていたのでしょうか。

メルカリで逮捕者が出たケースは、偽ブランド品キャラクターのハンドメイド商品(二次創作)、医薬品医薬品の模造品化粧品酒類の継続的な販売などです。

これらの事例について、次項でさらに詳しく見ていきましょう。

偽ブランド品

最初にご紹介する事例は、高級ブランドバッグや財布などの模造品を販売することで、逮捕されてしまった事例です。

偽ブランド品を正規品と偽って販売することで、購入者を騙したことにより詐欺罪に問われて逮捕されてしまったとのことでした。

高級ブランドのバッグや財布以外でも、人気アニメのコピー商品などでも同じようなことが起こり得るので、注意しましょう。

キャラクターのハンドメイド商品

サンリオやディズニーなど、有名キャラクターのデザインを使用したハンドメイド商品(二次創作)を販売したことによって逮捕された事例もあります。

このような事例では商標法違反にあたり、模倣品等でも同じように罪に問われる可能性があるので、キャラクターデザインのハンドメイドは控えましょう。

化粧品や医薬品の無許可販売

化粧品や医薬品の中には、無許可での販売が取り締まられている商品も多く存在します。使わなくなった化粧品や余ったサプリメントなど、知らずのうちに出品してしまうケースも多いのではないでしょうか。

また、手作りの化粧品や香水を許可なく販売することも違法になってしまうため、線引きとして直接人の肌に触れるものや口に入るものを取り扱わないように注意をしましょう。

お酒の継続的な販売

不要になった酒類をメルカリで販売する等であれば法律的に問題ありませんが、酒類を継続して販売する場合には、許可が必要です。

お酒を継続して販売するためには税金を納める必要があるため、無許可の場合犯罪になり、逮捕されたケースもあります。

古物商許可を取らずに中古品を取り扱う

メルカリで中古品を販売するためには、古物商許可証が必要です。これがない状態で中古の商品を仕入れ転売すると違法になり、摘発される場合もあります。

改めて事例を確認してみると、意外とやってしまいがちなケースも見受けられますね。メルカリ転売で知らない間に違法になってしまわないために、「仕入れ」「中古」「古物商許可」3つの観点から抑えるべきポイントをご紹介いたします。

仕入れ

メルカリ転売をするには、まず仕入れを行う必要があります。文字通り転売のための商品を仕入れることですが、仕入れたものによっては転売で違法になってしまう可能性があります。

例えば、次のようなものを仕入れて転売すると、違法になります。

・偽ブランド品、偽キャラクターグッズ

・サプリメントや医薬品、またその偽物

・仕入れた中古品

中古品と言っても、ただで貰ったものや、自分が使っていていらなくなったものに関しては違法にはなりません。次項で、中古品について詳しく見ていきましょう。

中古品について

新品の商品をメルカリで転売しても違法にはなりませんが、仕入れた商品が既に中古品だった場合、違法になってしまう可能性があります。

また、中古品を転売しても、それが仕入れた商品でない限り、違法にはなりません。つまり、仕入れた商品の転売であることと、その商品が中古品であることの2点を満たしている場合のみ、古物商許可証が必要になってくるため、違法になってしまいます。

中古品を仕入れて販売したい場合は、古物商許可を申請しましょう。ガイドラインでは、開設時に許認可証の画像を提出している場合のみ、古物を販売できます。

参考:メルカリShopsガイド 

古物商許可について

古物商許可とは、警察が管理している認許可の1つです。古物営業法で定められている古物を売買したい時に取得が必要になります。

リサイクルショップや中古車販売店などを開業する際に必要な認許可というイメージが強いですが、メルカリで古物を取り扱いたい場合にも必要になる認許可です。

そのため、古物商許可がなく仕入れた中古品をメルカリで売買してしまった場合、違法となってしまい摘発される可能性があるということです。

それでは、古物商許可がなく中古品の転売をしてしまった場合、どのような罪にあたり、どのような罰則があるのでしょうか?

次項でも引き続き解説していきます。

該当する罪とその罰則とは?

メルカリ転売によって該当する可能性のある罪とは、以下の4つです。

・古物営業法違反

・窃盗罪・詐欺罪

・迷惑防止条例違反

・チケット不正転売禁止法違反

上記に該当していたり、転売が禁止されている古物を取り扱っていたりすると、逮捕されてしまう可能性があります。また、マスク転売のように、緊急事態において一時的に転売が制限されるといった事態も起こり得ます。

次項から、メルカリ転売によって該当する可能性のある罪について、詳しく見ていきましょう。

古物営業法違反

古物営業法違反になるのは、先ほどもご紹介したように中古品を仕入れ販売するケースです。古物営業法は、もともと盗品の売買を防止するために制定されたもので、例え実店舗がなくメルカリ上だけの売買だったとしても、中古品を仕入れ販売する際は必ず古物商許可が必要になります。

古物営業法違反をすると、3年以下の懲役または100万円以下の罰金、もしくは科料が課せられる可能性があります。

古物には区分があり、以下に該当する中古品の無許可での転売を繰り返していると、逮捕される可能性も出てきます。

(古物の区分)

1.美術品

2.衣類

3.時計・宝飾品類

4.自動車

5.自動二輪車及び原動機付自転車

6.自転車類

7.写真機類

8.事務機器類

9.機械工具類

10.道具類

11.皮革・ゴム製品類

12.書籍

13.金券類

古物商許可がない状態でこれらの商品を営利目的で継続的に売買していると、古物営業法違反になってしまう可能性があります。ただし、自分で使っていた中古品が不要になった場合に販売するなど、営利目的ではないとわかる場合は、摘発されることは少ないでしょう。

迷惑防止条例違反

各都道府県の迷惑防止条例により、いわゆる「ダフ屋行為」は禁止されています。チケット等を転売のために購入し、高額転売することです。

東京都では6ヶ月以内の懲役または50万円以下の罰金、常習犯の場合1年以下の懲役または50万円以下の罰金が課せられる可能性がありますが、各都道府県によって罰則の内容は異なります。

地域によっては迷惑防止条例で定められていない都道府県もありますが、次項でご紹介するチケット不正転売禁止法が2019年に施行されたことにより、迷惑防止条例違反で逮捕されるケースよりもチケット不正転売禁止法違反により逮捕される可能性が高くなったと言えるでしょう。

チケット不正転売禁止法違反

チケット不正転売禁止法は、2019年6月施行の法律です。これまでチケットの高額転売を取り締まる規則は迷惑防止条例しかありませんでしたが、チケット不正転売禁止法が施行されたことによりチケットの高額転売で逮捕される可能性が上がりました。

もちろん、やむを得ない事情で行けなくなってしまったときにチケットを欲しい人に定価で譲る分には問題ありません。最近では、安全にチケットを取引するための専用サイトなども増えています。

しかし、常習的に何度もチケットの転売を繰り返したり、定価以上の高額転売をしたりしていると、チケット不正転売禁止法に違反し、逮捕されてしまう可能性が非常に高くなるため、絶対にやめましょう。

窃盗罪や詐欺罪

転売を行う中で商品情報を偽って販売したり、偽物の商品を販売したりといったケースでは、転売をしていた本人が委託などで偽物だと気付かずに販売してしまい、逮捕されてしまったケースも存在します。

特に窃盗罪や詐欺罪に該当してしまうと、刑法犯として重く処罰される可能性があります。出どころのわからない商品の委託販売ビジネスなどの勧誘を受けても、決して乗らないようにしましょう。

窃盗罪では10年以下の懲役または50万円以下の罰金、詐欺罪では10年以下の懲役が課せられる可能性があります。

メルカリは商品を手に取って確認できない状態での取引なので、実物と違う商品情報を載せないように注意が必要です。

メルカリでのせどりは禁止行為?

それでは、メルカリでのせどりは禁止されているのでしょうか?

実は、取り扱う商品の内容によってはこちらも古物営業法などに違反してしまう可能性があるのです。

本項で、メルカリせどりについて詳しく見ていきましょう。

メルカリで定められている禁止行為とは?

メルカリで中古品などを取り扱う場合、古物営業法だけでなく、メルカリの利用規約にも従う必要があります。

法律に違反していなくても、メルカリの利用規約に違反してしまうとアカウント停止や利用制限などの措置を受けてしまう可能性があるため、注意が必要です。

メルカリでは、禁止行為と、禁止の出品物がそれぞれ定められています。これらに該当しないように次項で確認しましょう。

メルカリで禁止されている行為・出品物

メルカリでは、前述の古物商許可証のように、法令上必要な許可を得ずに出品することや、オーダーメイド以外で手元にない商品を販売すること、誤った商品情報を記載すること、他の出品者の使用した画像や商品説明を無断で転用すること、メルカリ以外の外部サービスに誘導する行為などが禁止されています。

また、禁止されている出品物は、偽ブランド品や他者の権利を侵害するもの、18禁・アダルトグッズ、医薬品・医療機器、チケット、薬物などです。

禁止行為や禁止されている出品物については他にもメルカリの利用規約に詳しく記載があるので、メルカリで販売を開始する前に一度確認するようにしましょう。

参考:メルカリ利用規約

メルカリせどりのメリットとデメリット

メルカリのせどりで注意が必要な禁止行為、禁止商品についてご紹介いたしました。

それでは、メルカリのせどりにはどのようなメリット・デメリットがあるのでしょうか?

メリット

スマホ1つで商品を出品可能なので、メルカリせどりのメリットとしてはやはりその手軽さが挙げられます。パソコンがなくても始めやすい副業として人気です。

商品を出品するまでの作業工程も、写真を撮って商品説明文を入力するだけと非常にシンプルなので、副業初心者の方にとっても始めやすいと言えるでしょう。

せどりに限らず、不用品を出品するだけでも家計の足しになりますし、日本国内での利用者が多いことからすぐに買い手が見つかる点もメルカリの強みの1つです。

また、メルカリは独自のシステムにより匿名での商品発送が可能になっているので、個人情報を明かさずに商品を売りたい方にとっても非常に便利でしょう。

QRコードでコンビニ等から発送可能なので、宛名書きなどの手間も省くことができます。

以上がメルカリせどりのメリットです。

デメリット

手軽に挑戦しやすいメルカリせどりですが、値下げ交渉のコメントも当たり前になっているため、少しでも高く販売したい出品者にとっては儲けが減ってしまうことに繋がりかねません。

プロフィールに値下げ交渉OKと書いていても、予め高めの価格設定にして出品するなど、利益が少なくなってしまわないように工夫が必要です。

また、大量の商品を扱っていると、毎日出品作業や梱包・発送作業に追われて手間や時間がかかるといったデメリットもあります。

個人間の取引になってしまうので、1人ひとりメッセージ等で対応しなければならない点もデメリットとして挙げられます。

法令と利用規約を遵守した取引を

メルカリでせどりや転売をすること自体は違法ではありませんが、扱う商品価格設定によっては違法や違反になってしまう可能性もあります。

本記事を参考に、法令や利用規約を遵守して違法性のない取引に努めましょう。

よかったらシェアしてね!
  • URLをコピーしました!
  • URLをコピーしました!

この記事を書いた人

ビジネスのノウハウを実践ベースで徹底的に追求するのがアクシグ。
世界で最も専門的で網羅的なコンテンツを提供し、ノウハウを惜しげもなく提供していきます。

目次