【メルカリ】商品の買い方手順を一から解説!マナー・失敗しないコツ・トラブル対処法も!

メルカリは、言わずと知れた国内最大のフリマアプリです。鉛筆にはじまり家電や自動車まで、実に様々なアイテムが数多く出品されており、とっておきの商品が驚くほど安く手に入ります。

しかし、メルカリで買い物をした経験がない方は、どの様なプロセスで注文や支払いをすれば良いのか、また、見ず知らずの人に住所や名前を知られて大丈夫か、など気がかりなことが多いかもしれません。

そこで今回は、メルカリ初心者の方に向けて、買い方の手順や注意点、購入者としてのマナー、トラブル時の対処法についてまとめました

目次

メルカリで商品を買う時の手順

まず、メルカリでのショッピング方法を一から解説しましょう。

メルカリに会員登録をする

メルカリを利用するには、会員登録が必須です。メルカリのサイトか、もしくは、「App store」「Google Play Store」からアプリをダウンロードして登録します。

本記事では、アプリを使った場合の登録方法をお伝えします。

アプリを開いて、ご希望の登録方法を選んでください。

次の画面で、「メールアドレス」「ニックネーム」「招待コード」を入力し、「次へ」を押します。

「招待コード」とは、知人や友人から招待を受けてメルカリに会員登録するために必要な文字列です。招待コードを使って新規登録すると、招待してくれた相手とともに500円分のポイントがもらえる仕組みになっています。家族など周囲ですでにメルカリを使っている人がいたら招待してもらうとお得です。

続いて、「本人情報登録」を行います。
「名前」「生年月日」を入力し、「次へ」を押します。

「電話番号の確認」を行います。
スマホや携帯電話の番号を入力→「次へ」→「送る」を押します。しばらくすると、SMSで認証番号が届きます。

SMSに届いた認証番号を入力したら「認証する」を押して、会員登録は完了です。

参考:メルカリ 会員登録

参考:App store/メルカリ(メルペイ)-フリマアプリ&スマホ決済 

参考:Google Play Store/メルカリ(メルペイ)-フリマアプリ&スマホ決済 

欲しい商品を見つける

会員登録が済めば、その直後から商品購入が可能になります。

メルカリでは、検索機能を使って商品を見つけて購入するのが基本です。

検索方法は、主に「キーワード検索」「カテゴリー検索」「ブランド名検索」「ハッシュタグ検索」の4つです。

キーワード検索…欲しい商品の名前や特徴、イメージをキーワードで入力して検索します。キーワードは複数でも、検索窓にスペースを空けて入力すればOKです。キーワード検索では、すべての商品が表示されるとは限らないので、少し言葉を変えてみたり、複数の場合は、順番を入れ替えたりして何度か検索するのがおすすめです。

例えば、「エプロン」と検索した場合と「エプロン メンズ」また、「エプロン 保育士」で検索した場合ではまったく異なる商品が表示されます。検索した条件は、100件まで保存できます。何度も検索していると、何回か前に行った検索の方が良かった、と思うことがしばしばあります。しかし、検索条件を覚えていないということもありがちのため、検索条件を保存しておくと便利でしょう。方法は、検索した後に画面下に表示される、「この検索条件を保存する」をタップするだけです。

カテゴリー検索…加湿器、花瓶、シューズなど、カテゴリーを入力して検索します。

ブランド名検索…アイリスオオヤマ、シャネル、無印良品などのブランド名で検索します。

ハッシュタグ検索…「#エプロン」という形で「#」を使うと、商品説明で「#エプロン」が使用されている商品が表示されます。検索窓に「#エプロン」として検索してもいいですし、ある商品の商品説明内の「#エプロン」を見つけてタップしても検索できます。

商品説明・送料の確認をする

欲しい商品が見つかったら、必ず商品説明に目を通してください。画像だけでは分からないキズや汚れ、不具合が含まれていることがあったり、それ以外にも特記事項が書かれていたりすることがあるからです。

また、送料込みの価格か、送料が別途必要かによって支払う金額が異なってくるので、そのあたりの条件もしっかりチェックしましょう。

購入手続きをする

商品説明と送料の条件を確認して問題なければ、購入手続きに移ります。

商品画面の「購入手続きへ」を押します。一旦購入手続きを済ますとキャンセルができないので、慎重に進めてください。繰り返しますが、とくに商品説明と送料が込みか否か、また発送されるまでの日数についても、入念にチェックしてください。

続いて支払い方法を選びます。

商品を届けて欲しい住所を入力します。最大5か所まで登録可能です。

「購入する」をアップしたら手続き終了です。

受取評価を行う

メルカリでは、商品が届いて中身を確認し、問題なければ「受取評価」を行います。

Amazonや楽天の様に、商品が届いた時点で取引が終了すると勘違いしてしまうケースがよくあります。しかし、メルカリでは受取評価をしなければ、基本的に代金が支払われないため出品者に迷惑がかかります。特に問題がなければ、すみやかに行うようにしてください。

商品購入で失敗しないコツ

メルカリでは、一旦購入手続きを行うとキャンセルができません。よって、購入にあたっては慎重を期すことが大事です。そこで、メルカリで失敗しない買い方のコツをお伝えしましょう。

商品情報を確認する

メルカリでは、不正がない限りは、商品画面に掲載されている商品が、そのまま手元に届くことになります。よって、単に「欲しい商品と同じもの」ではなく、「画面に掲載されているその商品本体が欲しいのか」を吟味する必要があるのです。

そのためには、画像をしっかりチェックするのはもちろんですが、商品説明をくまなく確認することも不可欠です。不明な点があれば、出品者に尋ねたり、別アングルの画像を見せてもらったりするうように頼みましょう。そして納得した上で購入手続きに進むようにしてください。

出品者のプロフィールを確認する

メルカリの取引では、出品者のプロフィールも重要な役割を果たします。というのも、出品者の中には独自の決まりを設けているケースがあり、そのルールに反すると販売に応じてくれない場合があるからです。

独自ルールについては、メルカリが認めたり推奨したりしているわけではないのですが、ユーザーの中から自然発生的に生まれるかたちで慣習となった経緯があります。よって、ルールを守らなくてもメルカリからペナルティを受けることは一切ありませんが、その出品者との取引が上手く運ばない可能性があるので注意してください。常識に反した無理な内容でなければ、素直に合わせる方が無難でしょう。

出品者の評価を確認する

さらに、出品者の評価もしっかり確認する必要があります。評判の良くない出品者と取引すると、後になってトラブルに巻き込まれかねません

もし厳しい評価をしたユーザーがいれば、その理由を「評価コメント」で確かめるのもよいでしょう。評価については、個人の考えや価値観によるところが大きいので、「悪い」「残念だった」と評価している場合でも、自分の感覚ではそうでもないケースもあり得ます。少々悪い評価が気になっても、商品の魅力や価格と天秤にかけて、最終的に買うかどうかを決めてもよいでしょう。

購入者としてのマナーと安全対策

メルカリでは、商品を買うからといって「買ってあげる」という考え方では、上手く取引が進まないことがあります。中には、貴重な宝を迷いながら手放す方もいるので、そのような可能性に配慮した態度をとることも大切です。

そこで続いては、購入者としてのマナーと、安全対策についてもご紹介しましょう。

丁寧な連絡を意識する

メルカリでは、決して自分の都合とペースで話を進めようとしないでください

先述の「プロフィール内の独自ルール」についても、よく内容を理解して対応する必要があります。そして、不明瞭な点があれば、必ず丁寧な言葉で確認や質問をしてください

例えば「即購入禁止」となっている場合は、要注意です。

メルカリでは、無在庫出品は禁止されています。手元に商品が無いにもかかわらず、出品する行為です。注文を受けた時点で、どこかから仕入れるやり方が多いですが、それでは、確実に商品が手配できるかはわかりません。万が一入手できなければ、購入者に多大な迷惑をかけることになります。

よって、不正でない限り無在庫出品はないはずですが、他のフリマサイトやECサイトで同商品を出品している可能性はあります。その場合は、「即購入禁止」として、注文が重ならないように調整していると考えられるのです。

そこで、なぜ即購入が禁止かをわざわざ問う必要はありませんが、何らかの事情があることを想定して、まず「買わせていただきたい」という旨を申し出るようにしてください。

それ以外でも、質問への返答があれば、理解できた旨とお礼を返すようにします。「即購入OK」であっても、購入できた際は、挨拶とともに買えた感謝の意をメッセージとして送る方が、評価も上がりやすいので、おすすめです

出品者に煩わしい思いをさせない

先ほどの、「即購入禁止」にもかかわらず、すぐに買おうとする行為やその他独自ルールを無視した行為は、出品者を不快な思いにさせるので、極力避ける方がよいでしょう。

それ以外にも、他のユーザーが値下げ交渉をしている所に割り込む行為は御法度です。こちらの方が高く買うとしても、いきなり購入手続きに入るのではなく、その前に買いたい旨をコメントで送るようにしましょう。そのまま値下げ交渉していたユーザーが買ったとしても、それは相手の方が先約ですから、潔く譲るのが筋です。

マナーに反する行為は、メルカリの環境を荒らすことになるうえ自分の評価を落としかねないので、くれぐれも気をつけてください

ニックネームを登録する

メルカリでは、ニックネームで取引をすることも可能です。会員登録の際は、実名が必須ですが、買い物の際には必ずしも名前を出す必要はありません。ニックネームの方が、気軽に買えて、値切り交渉もしやすい場合があります。何より、個人情報を隠せるのは安心でしょう。

匿名発送を利用する

メルカリでは、実名を伏せるだけでなく、住所や電話番号も公表せずに商品を買うことも可能です。

メルカリ便」を使って発送される商品なら、こちらの個人情報が出品者に伝わることはありません。もし「メルカリ便」になっていない場合は、配送方法を変えてもらうよう事前に交渉するのもよいでしょう。ただし、購入手続きをした後はメルカリ便に変更することができないので、必ず購入前に相談してください。

値下げ交渉のやり方

メルカリでは、値下げ交渉は珍しくありません。表示価格で何の不満もなく買える場合は必要ないでしょうが、安くして欲しいと思うなら交渉してみるのもひとつです。

丁寧な言葉で交渉する

値下げを持ちかける際は、丁寧かつ謙虚であることが大切です。横柄で高圧的な文言では、相手の機嫌を損ねたり、不審に思われたりして、失敗する可能性が高いので注意してください。何よりコメントは他のユーザーも閲覧可能なため、粗末な言葉遣いや常識の範囲を逸脱した無理な値段交渉は、自分の評価を落としかねません

値下げに際しては、まず対象商品の相場価格を調べましょう。それよりあまりに安い価格を希望するのは、マナー違反と考えてください。そして値下げ額は、表示価格の10%までを目安とします。つまり、4,000円の商品なら「3,600円」までの範囲で交渉しましょう。これがメルカリでの常識と考えてください。値切りに応じてもらえた時は、丁重にお礼を述べることも忘れてはなりません。

購入の際のトラブル対処法

メルカリで商品購入を繰り返していると、予想外のトラブルが起きることもあります。その際の対処法についてお伝えしましょう。

商品が届かない・発送されない場合

まずよくあるのが、買った商品が届かないケースです。

5日待って商品が届かない場合は、取引画面で配送の状況を確認します。もし「配達中」のままステータスが変化しないようであれば、追跡番号からも確認しましょう。それでも不明な場合は、出品者にメッセージを送って、状況確認を依頼してください。

と同時に、発送自体がなされていない可能性も疑います。らちが開かないようであれば、「お問い合わせ」の項目からメルカリ事務局に報告・相談を行ってください。

違う商品が届いた場合

間違った商品が届いた場合は、まず出品者にその旨を報告して事実確認を行います。ただし、その前に受取評価を行わないようにしてください。報告後、24時間は返信を待ちます。

理想の解決法は、送料を出品者が負担する形で返品を行い、正式な商品を送り直してもらうことです。

しかし、そうならない場合で納得のいく解決法にいたらない場合は、「お問い合わせ」の項目からメルカリ事務局に相談してください

まとめ

メルカリで商品を買う方法について解説しました。最初は、少し緊張するかもしれませんが、慣れれば、非常に使いやすいシステムになっています。

不審に思う場合でも、受取評価をしなければ、いたずらに支払いが行われることはないので心配いりません。詐欺がないわけではありませんが、ほとんどの出品者は善意で販売しているうえ、素敵な商品も数多く出品されています。お伝えしたルールやマナーを守って、メルカリでのショッピングを存分に楽しんでください。

よかったらシェアしてね!
  • URLをコピーしました!
  • URLをコピーしました!

この記事を書いた人

ビジネスのノウハウを実践ベースで徹底的に追求するのがアクシグ。
世界で最も専門的で網羅的なコンテンツを提供し、ノウハウを惜しげもなく提供していきます。

目次