物販

海外ビジネスや通販に便利!PayPalの特徴と使い方

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • Pocket
  • LINEで送る

海外サイトでの通販や個人輸入・輸出において、支払い方法は大きなネックとなります。

業者と個人、また個人同士が安心して取引を行える決済方法が必要です。

「PayPal(ペイパル)」は現在世界中で利用されている便利なオンライン決済サービスで、ネットオークションの決済や、物品以外のサービスを購入する際も役立ちます。

そこで今回は、PayPalの特徴や使い方などを詳しくご紹介したいと思います。

PayPal(ペイパル)とは?

オンラインでの支払い方法の定番はクレジットカード決済ですが、近年はPayPalを経由したクレジットカード決済が支持されています。

セキュリティ面において安全度が高いといった理由がありますが、PayPalのメリットはそれだけではありません。

さっそく、PayPalの特徴をご紹介していきます。

PayPalの利用は基本的に無料

PayPalは登録料や年会費が無料で利用できます。

購入者として利用するだけなら、支払い手数料もかかりません。決済手数料はセラー(売り手)の負担となります。

とはいえ、PayPalの決済手数料は安価なので、セラーとしても使いやすいサービスです。

PayPalならではの「買い手保護制度」

PayPalを経由して決済する最大のメリットは「買い手保護制度」にあります。

「買い手保護制度」とは、商品が届かない・破損していたなどのトラブルが起きた時にPayPalが代金を全額返金してくれる仕組みのことを指します。

国内外を問わず、通販では「商品が届かない」「商品が不良品だった」「別の商品が届いた」といったトラブルがゼロではありません。

この制度があるおかげで、言葉の壁がネックとなりがちな海外通販でも心配なく買い物を楽しめます。

PayPalには「問題解決センター」も設けられているので問い合わせも簡単です。

下記ページには、さらに詳しく補償内容などが記載されています。ぜひ参考にしてみてくださいね。

買い手保護制度

PayPalは残高での決済や銀行引落し・引き出しも可能

PayPalでは、クレジットカード・デビットカード決済だけでなく、銀行口座からの引き落としや受け取りも可能です。

後ほど解説する「ビジネスアカウント」では、クレジットカードで入金することでドルや円をプールし、PayPal残高として決済にあてることもできます。

ただし、銀行口座からの引き出し額が49,999円以下の場合は、手数料250円がかかるので気を付けましょう。

国内の個人間送金が無料

PayPalでは日本国内での個人間送金も可能です。

PayPal残高や銀行口座を通しての支払い手数料は無料なので、金銭のやりとりが容易となります。

もっとも、海外への支払い手数料は499円なのでご注意ください。

国内の個人間で送金するには、PayPalにログインし、マイアカウントの送金機能を利用します。

送金先はメールアドレスで指定するため、クレジットカード情報の入力は不要です。

送金されたお金は、PayPalを経由してクレジットカード引き落しとなります。

PayPalアカウントのタイプについて

PayPalには2種類のアカウントが存在します。

各アカウントの違いをご説明します。

パーソナルアカウントとは?

パーソナルアカウントは、本人確認不要で使用できる一般的なアカウントです。

海外商品を個人輸入したり、オンラインサービス決済を利用するだけなら十分な機能を備えています。

100万円までの支払いが可能ですが、受け取り可能な金額が10万円までに制限されているのがデメリットです。

本格的なビジネスに利用したり、すべての機能を使うには、ビジネスアカウントを取得する必要があります。

ビジネスアカウントとは?

ビジネスアカウントならPayPalのすべての機能を使用できます

10万円を超える金額を受け取ることも可能なので、利便性は抜群です。

ビジネスアカウントを取得するには、画像アップロードによる本人確認書類の提示が必要となります。

さらに、本人確認のための認証コードを記したハガキが届くまで日数がかかります。

やや手間がかかるので、ビジネスアカウントを取得したい方は早めの手続きがおすすめです。

パーソナルからビジネスへの変更も可能

パーソナルアカウントからビジネスアカウントへのアップグレードは、いつでも可能です。

アップグレードするために必要な手続きは、ビジネスアカウントを取得する時の手続きと大きな違いはありません。

PayPalを利用する方法

続いて、PayPalへの登録方法をご紹介します。

PayPalアカウントを開設する流れ

PayPal公式サイトにアクセスし、「新規登録」をクリックします。

お住いの国やPayPalに登録するメールアドレス・パスワードを入力し、「次へ」をクリックします。

文字認証を行い、「次へ」をクリックします。

必要事項を入力する際の注意点は以下の通りです。

◆海外サイトを利用する予定がある場合は、氏名を英語表記にする。
◆住所は日本語で登録し、登録後に英語表記の住所を追加する。
◆電話番号は最初の「0」を除き、入力する(例:「080-1234-5678」の場合は「8012345678」と入力してください)。

入力を終えたら、規約の各項目に同意して次へ進みます。

クレジットカード情報を登録します。

入力を終えたら、「カードを登録する」をクリックします。

後から登録することも可能です。

「アカウントに進む」をクリックし、次へ進みます。

管理画面に切り替わったら「メールアドレスを確認」をクリックします。

「メールの送信」をクリックします。

メールが送信されたことが確認できたら、PayPalからのメールをチェックしましょう。

PayPalからのメールを開き、「メールアドレスの確認」をクリックします。

ログイン画面でパスワードを入力し、「メールアドレスを確認」をクリックします。

以下の画面になれば、PayPalの利用手続きは完了です。

英語表記の住所を記載する方法

以上の手続きが終わったら、英語表記の住所を追加していきましょう。

まず、設定アイコンをクリックします。

「アカウントオプション」で「日本語」を選択します。

「English」を選択します。

「選択した言語は次回PayPalにログインするまで表示されない場合があります。」と表示されるので、右上の「ログアウト」をクリックします。

「ログイン」をクリックします。

メールアドレスとパスワードを入力し、再びログインしてください。

管理画面が英語表記になっていれば、再び設定アイコンをクリックします。

「Addresses」の右上にある「+」をクリックします。

項目に沿って住所を入力していきます。

下記の例を参考に入力し、「Add Address」をクリックします。

海外取引がメインの場合は、「Make this your primary address」にチェックを入れることで英語表記がデフォルト設定になります。


これで、英語表記の住所が追加されました。

「Language」の「English」を選択します。

「日本語(日本)」を選択し、画面を日本語表示に戻しましょう。

赤線枠部分のような注意書きが表示された場合は、右上の「Log out」をクリックします。

再びログインすると日本語表示となります。設定アイコンをクリックし、住所が追加されているかチェックしましょう。

英語表記の住所が追加されています。

日本語表記の住所しか登録していないと、発送時にトラブルになりやすいため、この作業は必須だといえます。

PayPal決済は為替手数料が高い!手数料を節約してPayPalを利用する方法

PayPal決済は安全性の高さが魅力ですが、「クレジットカード決済よりも為替手数料が高い」というデメリットがあります。

デメリットを緩和するために、PayPal決済をよりお得にする方法をご紹介します。

PayPal決済の落とし穴

PayPalの「為替事務手数料」とは、海外サイトでクレジットカード決済を行うことで発生する手数料です。

通常のクレジットカード決済よりもPayPalの方が手数料が高くなっています。

国ごとでも異なりますが、PayPalの為替事務手数料は2.5%~4%となっています。

【クレジットカード会社の為替手数料一覧】
JCB:1.60%
VISA:1.63%
MASTER CARD:1.63%
AMERICAN EXPRESS:2.00%

PayPalよりもクレジットカード会社の方が約1%ほどお得ですね。

支払い額が高額であるほど為替手数料も高くなってしまいます。これがPayPalを利用するにあたって大きなネックとなっています。

そこで、PayPal決済をお得にする必要があります。

PayPal決済の為替事務手数料を変更する方法

安全かつお得に利用できるならば、PayPalを選ばない手はありません。

為替事務手数料をお得にする方法は以下の通りです。

1.海外通販サイトでの支払い時に、PayPalへログインする。
2.「通貨換算オプション」を選択する。
3.初期設定は「PayPalの換算プロセス」となっているので、「売り手の請求書に記載されている通貨で支払う」を選択します。

これで、使用するクレジットカード会社の為替事務手数料で決済可能となります。ただし、決済ごとに設定が初期状態になることもあるので、決済前にその都度チェックすることをおすすめします。

為替レートが適用されるタイミング

為替相場は一定ではありません。

クレジットカードの為替手数料が換算されるタイミングは、利用情報がカード会社に反映された日となります。

為替レートも反映日のものが適用されるので、請求額がわかるのは買い物をした日ではなく、3日ほど後になります。

「為替レートによっては損をするのでは?」と思うところですが、基本的にはPayPalよりもクレジットカードの為替手数料の方がお得だといえます。

PayPalを通してお金を受け取る方法

続いて、PayPalで支払われたお金を受け取る方法を解説します。

パーソナルアカウントには限界がある

パーソナルアカウントでは10万円までの受け取りが可能ですが、残高を自身の銀行口座へ送ることができません。

10万円以上の受け取りや銀行口座への送金を行うには、アカウントのアップグレードが必須となります。

パーソナルアカウントをアップグレードする方法

PayPalにログインし、左下のメニューから「アカウントのアップグレード」を選択します。

新規にビジネスアカウントを開設するのではなく、「ビジネスアカウントへのアップグレード」を選択します。

ビジネスアカウントへのアップグレードは無料です。

ちなみに、プレミアアカウントにアップグレードされることもありますが、機能的にはビジネスアカウントと遜色ないので問題ありません。

本人確認書類を提出する

本人確認時に提出できる書類は公式サイトに記載されています。

本人確認書類の内容と、PayPalに登録した個人情報は完全に一致していなければなりません。

情報の差異や書類不備があれば、カスタマーサポートから連絡が来るでしょう。

その際は、メールの指示に従い登録情報を更新してもらいます。

本人確認審査完了までの流れ

本人確認の審査が終わるとメールが届きます。

その後、1週間ほどで審査完了通知が郵送されてくるので内容を確認してください。

場合によっては、ハガキに記載されている暗証番号をマイアカウントページに入力・認証する必要があります。

アップグレード後は請求書の作成も可能

PayPalで支払い金を受け取れるようになったら、請求書を作成できるようになります。

アカウント管理画面の「支払いと請求」から「請求書を作成」を選択可能です。

日本のPayPalアカウントを海外で利用するには?

日本で作成したアカウントは海外では利用できません。

国内のPayPalアカウントを海外で利用する場合の解決策をご紹介します。

PayPalは国ごとの登録が必須

PayPalは、最初に設定した国以外では利用できない仕様になっています。

海外で利用する場合は、新たにPayPaylアカウントを作る必要があります。

複数アカウントの作成には、同じメールアドレスやクレジットカードを使用できません。また、クレジットカードの請求先も利用する国内に限られます。

登録・ログイン方法はどの国でも同じです。


海外から日本のアカウントにログインする場合、SMSでの本人確認が求められることがあります。

複数アカウントの作成に必要なもの

複数アカウントの作成に必要なものをまとめてみました。

◆国内のPayPalアカウントで使用していないメールアドレス
◆滞在先(国外)の電話番号
◆滞在先の住所
◆滞在国が請求先のクレジットカード

海外でクレジットカードを発行するには、その国で銀行口座を開設しなければなりません。

仕様やメリットを把握してPayPalを使いこなそう

世界中で利用されているPayPalは、大変便利なオンライン決済サービスです。

国内はもちろん、海外との取引時には心強い味方となるでしょう。

この記事を参考に、PayPalをお得に賢く活用してくださいね。

一括出品、在庫管理、リサーチなどの作業を極限まで効率化
30日間無料で使用できるeBay輸出ツール「Nijuyon」




eBay輸出の出品、在庫管理、リサーチ、どれも売上が伸びてくるとそれぞれが膨大な作業量になり、すべてを手動で行っていては必ずどこかで稼ぎが頭打ちになります。

稼げるようになっても作業に追われて自由な時間がゼロでは本末転倒ですし、利益を拡大するためには効率化は避けて通れません。 eBay輸出の作業を効率化するツール「Nijuyon」を使えば

  • eBay上での手動出品と比べて約6倍のスピードで出品可能
  • 見やすい商品ページのテンプレートが自動適用
  • eBayの過去落札履歴から売れている商品を簡単リサーチ
  • Amazon.co.jp、楽天、Yahoo!ショッピング、ヤフオクの在庫有無を簡単管理
  • ツール内からのメッセージ送信が可能なため外注化も安心
  • 世界最大のネットショップ構築サイト「Shopify」への出品も可能
  • リミットアップに必要な出品枠いっぱいの出品も容易
など、これ1つで仕入れ、出品、販売までを一括管理できてしまいます。初回30日間は無料で利用可能なので、まずは気軽に試してみてください。




おすすめコンテンツ


資金ゼロでネット物販を成功させる全手法を無料で公開します!


最高級のステータス持つアメックスの極秘情報を無料公開します!


  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • Pocket
  • LINEで送る

【無料】アクシグ流 物販ビジネス大全
資金ゼロでネット物販を成功させる全手法
【無料】物販ビジネス大全
ネット物販を成功させる全手法