Amazon注文商品の輸送中キャンセルの方法およびメリットとデメリットを紹介

Amazonを利用していると、間違えた注文のキャンセルをしたいと思う人は多いでしょう。Amazonのシステムはキャンセル対応が分かりやすくなっているので、遠慮なく活用しましょう。一方で、キャンセルができないケースも存在します。今回はAmazonのキャンセル手続きとキャンセルできないケースを説明します。分かりやすく説明していきますので、ぜひ最後まで読んでください。

目次

発送業者によってキャンセル手順が違う

発送業者がAmazonの場合、注文履歴から発送前キャンセルが可能です。Amazon以外の場合は、発送者に直接「発送停止」の連絡が必要となります。

今回は発送業者がAmazonの場合について説明していきます。

なお、一度行ったキャンセル処理を取り消すことはできません。もし、誤って注文をキャンセルしてしまった場合は、再度同じ商品を注文してください。キャンセル処理も慎重に行いましょう。

スマートフォンの場合

トップページより「アカウント名」をクリックします。

アカウントサービスの画面が開かれるので、、注文履歴横の「すべてを表示」をクリックします。

注文履歴が表示されるので、キャンセルしたい商品を確認し、「商品をキャンセル」をクリックしてください。

キャンセルの理由について問われますが、回答するか否かは任意です。回答しなくてもキャンセルは可能です。キャンセルしたい商品にチェックがされているかを確認し、「チェックした商品をキャンセルする」をクリックしてください。

登録したメールアドレスにキャンセル手続き完了の旨のメールが届きますので確認してみてください。

PCの場合

Amazonのトップページから「注文履歴」をクリックします。

注文履歴が表示されるので、キャンセルしたい商品の横にある「商品をキャンセル」をクリックします。

「この商品をキャンセルしてもよろしいですか?」というページが開かれるので、キャンセルしたい商品が選択されているか確認しましょう。スマートフォンの場合と同様に、キャンセル理由を問われますが、任意です。回答しなくてもキャンセルは可能です。選択された商品で間違いなければ「この注文の選択された商品をキャンセルします」をクリックしてください。

「この注文をキャンセルしました。」というページが表示されたらキャンセル完了です。

キャンセル後には、登録したメールアドレスにキャンセル手続き完了の旨のメールが届きますので確認してみてください。

発送後キャンセルの場合

発送後のキャンセルは上記対応とは異なります。

Amazonカスタマーセンターに確認

発送済の商品をキャンセルする場合、方法は2つあります。1つ目は、『配達品を受け取らないこと(受取拒否)』。2つ目は、『受け取ってしまった場合に返品受付期間内に返品手続きを実施すること』です。

なお、受け取ってしまった場合は、返品手数料がかかります。開封してしまうと、商品金額の半分しか返金されません。未開封の状態で返送するようにしましょう。

開封の定義は以下の通りです。

・商品を開いた、もしくは壊した形跡がある
・開いた商品を包装した形跡がある
・商品タグや商品固定用のワイヤーが外された形跡がある
・商品を使った形跡がある

*ただし、服&ファッション小物、シューズ&バッグ、30万円(税込)未満の腕時計およびジュエリーは試着後の返品が可能です。

返品が可能な期間は到着してから30日です。返品期間である30日を超過すると、開封していてもしていなくても商品代金の80%しか返金されません。

受取拒否方法

受取拒否方法は2つあります。1つ目は「配達時に受取拒否を伝える」、2つ目は「配達業者のカスタマーセンターに事前連絡する」です。

多くの配達業者はキャンセル対応に慣れていますので、安心して伝えましょう。時間に余裕があるなら、『配達業者に事前に連絡する』がベターでしょう。連絡時、オペレーターより確認事項があります。特に、伝票番号が分かるようにしておくとスムーズです。

キャンセル後にお金は戻ってくるの?

キャンセルをすると、多くの場合、通常の送料や手数料・返品時の手数料に対する請求はなく、全額返金されます。

しかし、商品によってはキャンセルをすることで送料無料の要件が満たせず、送料請求が発生する場合があります。

例えば、Amazonの場合、2,000円以上のまとめ買いをすると送料無料となりますが、キャンセルをすることで返金額を差し引かれて2,000円未満となると、送料無料の要件を満たせなくなります。

クレジットカード使用時の返金

クレジットカード会社が返金手続きを行ってくれます。Amazonの返金手続きとクレジットカード会社の返金手続きには、タイムラグが発生する場合があります。

時々、『キャンセル手続きしたのに返金がされない』という方がいますが、代金は必ず戻ってきますので長い目でお待ちください。

いくら待っても反映されない時は、まずAmazonに電話もしくはメールで聞いてみましょう。Amazon側で原因が見つからないという場合、Amazon側の返金手続を実施した日を確認し、クレジットカード会社に調査をお願いしましょう。

携帯決済の場合

携帯決済サービス会社が返金手続きを行います。

サービス会社によって締め日と支払日が異なります。返金手続き日と締め日が離れている場合、返金完了まで時間がかかりますので、注意してください。

クレジットカード・携帯決済以外

原則、振込もしくはAmazonギフト券を活用した返金になります。銀行振込を希望する場合は、カスタマーセンターに連絡する必要があります。その際に銀行口座を登録しますので、口座関連情報を準備しておきましょう。

銀行口座登録は電話かFaxのどちらかでの登録となります。チャットやメールではできませんのでご注意ください。

代金引換支払いの場合

商品を受け取らなければ問題ありません。代引きで受取拒否しているため、返金処理もありません。

上記以外の場合

上記以外の場合の対応を見ていきましょう。

・Amazonギフト券を用いて注文→Amazonギフト券の残高に返金されます。
・Amazonポイントで注文→Amazonポイントの残高に返金されます。
・キャンペーン用クーポンで注文→返金されません。

返品できないものもある

商品の中には、返品自体ができないものもあります。具体的な商品については、以下を参考にしてください。

・メーカー側が破損等を認めない商品
・当初の状態から自身で手を加えてしまっている商品
・鑑定書など不良品でないことを証明するものがある商品
・車用タイヤ・ホイールセット
・スプレーなどガスが含まれる商品
・生き物

詳細については、以下のURLより確認をしてください。

参考:Amazon 返品・交換の条件 

返金されるがデメリットもある

いくら全額返金されるといっても、何回もキャンセルや受取拒否を繰り返すとAmazon側にも負担を強いることになります。発送費用や返品対応にもコストがかかっているので、Amazon側から目を付けられてしまいます。最悪の場合、Amazonを使用できなくなる可能性もあります。

人間なので過ちはありますので、多少は仕方ないにしても、頻繁にキャンセルや受取拒否を行うことは止めましょう。

キャンセル時の費用について

キャンセル費用はありません。キャンセルしたい場合は、迷わずキャンセルしましょう。

購入者側の理由でない場合には着払いで返品するといいです。着払い対応可能な運送会社は、日本通運、ヤマト運輸、佐川急便のみです。3社以外の配送業者で着払い設定した返送をすると、Amazon側が受取拒否をします。

しかし、購入者側の理由で返品する際、購入者が返送料を負担しなければなりません。購入者が負担すべき返送費用をAmazon側に着払いとすると、返送費用を控除した金額が返金されることになります。

アカウント凍結はホントにあるの?

キャンセルの多用によるアカウント凍結やペナルティはありません。これを聞くと、『キャンセル理由関係なしにいくらでもキャンセルしていいんだ』と考える方がいるかもしれませんが、そういうことではありません

明らかに悪質なキャンセルはAmazonに多大な迷惑をかけますし、何らかのペナルティを受ける可能性はあります。一般常識を考慮してキャンセルを行いましょう。

明らかに悪質なキャンセルとは、以下のことと考えてください。

・購入しようと思っていない商品の注文。
・通常では考えられない量の商品注文の意図的なキャンセルする。
・期限内の支払いがなされずに注文キャンセルとなることが多発。

常識的に考えて、このような行為を行えば、アカウント凍結やペナルティが課せられても当然です。

一度アカウント凍結やペナルティを受けると、Amazon側からの監視が強まります。新規開設でも無条件でアカウント凍結となることもあります。

キャンセル不可の場合

ここまでキャンセル方法を説明してきましたが、キャンセル不可な場合もあります。

1.キャンセルリクエスト不可の商品
2.配達業者がAmazon以外
3.Amazonマーケットプレイス商品

まず、1.から説明します。主にキャンペーン中の商品がこれに当てはまります。

「○○点購入すると15%OFF」などの記載があるものはキャンセル不可の場合があります。また全体商品の一部の発送準備が終了すると、残り商品もキャンセル不可になるケースがあります。

配達業者がAmazon以外

Amazon以外の配達業者の場合、「キャンセルリクエスト」ボタンが出てきません。その際は、配達業者に直接キャンセル連絡を行う必要があります。

カスタマーセンターに連絡してみましょう。その際に、『氏名・住所・伝票番号』などを確認されます。特に、伝票番号は手元に準備しておいてください。

なお、伝票番号はマイページの注文履歴や発送メールから確認できます。

Amazonマーケットプレイス商品

Amazonマーケットプレイス商品とは「Amazonとは別の業者が直接送ってくる商品」のことで、こちらもキャンセルができません。

キャンセルの場合は、出品者と話し合いましょう。

どうしてもキャンセルしたい場合、未開封の状態で受取拒否し、Amanzonに返送します。

「キャンセルができていないかも?」と思った時の対応

キャンセルボタンが見当たらない時やキャンセルエラーになる場合は、以下の3点が考えられます。

1.キャンセル期間超過
2.コンビニ支払い/ATM払い/インターネットバンキング払い/電子マネー払いを選択
3.PCのトラブルやシステムエラー

1の場合、既に発送準備がなされている可能性があります。Amazonでは、発送準備がある程度まで進むと、システムからキャンセルできなくなります。Amazonは発送までの準備がとても速いので、キャンセル期間は短期間となる場合があります。そのため、あっという間にキャンセルできなくなってしまいます。

この場合は、受取拒否か受け取ってから返送処理を行う必要があります。

2の場合、「お支払い番号通達後6日以内」はキャンセルリクエスト不可という仕様となっています。お支払番号通達後6日以内というのは、「この期間までにコンビニでお支払いを済ませてください」という期間です。そのため、支払わなければ自動的にキャンセルとなります。

1および2以外でエラーが出る場合は、ブラウザのキャッシュとCookieの削除を試してみましょう。パソコンの処理能力が落ちてしまっており、不具合が生じていることが考えられます。削除後にもう一度試してみてください。

それでも解決しないのなら、Amazon側にシステムエラーが発生している可能性があります。速やかにカスタマーサービスへ問い合わせてみましょう。

返金手続きと着金にはタイムラグあり

返金手続きから着金までには一定期間かかります。また、クレジットカード支払いの場合はさらに期間がかかります。

返金分をあてにして商品購入は出来ませんので注意してください。

まとめ

キャンセル手続きはさほど大変ではありません。すぐに行動すれば高い確率で返金対応してもらえますので、面倒がらずにキャンセル処理をやってみましょう。

よかったらシェアしてね!
  • URLをコピーしました!
  • URLをコピーしました!

この記事を書いた人

ビジネスのノウハウを実践ベースで徹底的に追求するのがアクシグ。
世界で最も専門的で網羅的なコンテンツを提供し、ノウハウを惜しげもなく提供していきます。

目次