物販

Amazonで買った商品を返品!返品時の発送方法から注意点まで徹底解説

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • Pocket
  • LINEで送る

Amazonで買い物をしていると、たまに不良品や注文したのと全く違う商品が届くことがあります。そんな場合は、返品・交換をしましょう。

今回は、Amazonで買った商品の返品条件や具体的な返品手順、そして、おすすめの発送方法などを徹底解説します。

Amazonの返品・交換条件


Amazonは商品到着から30日以内であれば、基本的に返品・交換が可能です。

以下で具体的な返品・交換基準について解説します。

不良品は全額返金

正常に動作しない・壊れているなどの不良品は、返品・交換が可能であることはもちろん、支払った額が全額返金されます。商品代金はもちろん、送料・手数料・ラッピング料金も全て返金されます。

お客様都合の返品はケース・バイ・ケース

「思っていた商品と違った」、「気が変わった」などの購入者都合で返品することもできますが、その場合は全額返金されるとは限りません。

未使用かつ未開封の場合は、全額返金されますが、開封済みの場合は50%しか返金されません。

また、購入者都合の場合の返送料は自己負担となります。

返品・交換ができないケース

以下の場合は返品・交換自体ができません。

・受注生産品
・特注製作品
・サイズお直し品
・使用済み、開封済みの消耗品
・購入者が改造など手を加えた商品
・返品を受け付けていない一部のAmazon出品者の商品

また、「商品は無事だけど外箱が破損している」や「商品の箱に直接伝票が貼ってある」といった理由での返品・交換もできません。注意してください。

Amazonの返品手順とおすすめの発送方法

続いて、返品手順とおすすめの発送方法を解説します。

Amazon.co.jpが販売、発送した商品の返品方法

まずはAmazon.co.jpが販売、発送した商品の返品手順を以下に示します。

1.Amazonにサインイン

2.アカウントサービスから「注文履歴」を選択

3.返品したい商品を見つけて「商品の返品」をクリック

4.返品の理由を選択・入力

5.返品用ラベルの印刷

6.商品の梱包・発送

Amazon.co.jpが販売、発送した商品の返品方法(プリンターがない場合)

返品用ラベルを印刷するにはプリンターが必要です。プリンターがない場合は、以下のいずれかを同梱して返送してください。

・返品手続き後に表示されるバーコード番号を記入した紙
・商品が届いた時に貼られていた送り状ラベル
・送品が届いた時に入っていた納品書

Amazonマーケットプレイス出品者が販売、Amazon.co.jpが発送した商品の返品方法

販売元がAmazonマーケットプレイス出品者でも、発送者がAmazon.co.jpの場合は上記の手順で返品できます。

ただし、交換の可否は出品者に問い合わせる必要があります。

Amazonマーケットプレイス出品者が販売、発送した商品の返品方法

Amazonマーケットプレイス出品者が販売・発送した商品を返品する場合は、返品手順は上記と同じですが、返品する前に返品条件を確かめる必要があります。

Amazonの出品者のプロフィールページにある「返品および返金について」をクリックすると、返品条件が確認できます。

返品可能な場合は、注文履歴から返品リクエストをしましょう。出品者が返品を了承したら、上記の手順で返品してください。

返品リクエスト後2日以上連絡がない場合は、Amazonカスタマーサービスに連絡してください。
不良品や違う商品が届いたといった場合であれば、すぐ返金処理されます。

海外から返品する場合

海外から返品する場合も手続きは同じです。

ただし、海外から返品する場合はDHLの保険付き配送方法で発送する必要があります。
それ以外の配送方法で返品した場合、返金されない恐れがあるため注意してください。

送料自己負担の場合のおすすめ発送方法

送料自己負担で返品する場合におすすめの発送方法を紹介します(左側が商品のサイズ、右側が最安の配送方法です)。

・16.4cm×9.2cm以内、25g以内の商品:全国一律62円のミニレター

・34cm×25cm×3cm以内、50g以内:普通郵便(25g以内なら82円、50g以内なら92円で送れます。送料は全国一律です。)

・34cm×25cm×3cm以内、1kg以内:全国一律185円のクリックポスト

・34cm×24.8cm×3cm以内、4kg以内:全国一律360円のレターパックライト

・34cm×24.8cmで厚さ3cm以上、4kg以内:全国一律510円のレターパックプラス

これより大きな商品を返送する場合は、ゆうパックがおすすめです。

Amazonで返品できる商品、できない商品

続いて、返品できる商品とできない商品の具体例を紹介します。

返品できる商品

まずは返品できる商品ですが、Amazon.co.jpが発送した商品はほとんど返品可能です。

Kindle電子書籍も注文確定直後であれば、「注文をキャンセル」から返品できます。「注文をキャンセル」のリンクが消えた後でも、購入から7日以内であれば、誤注文を理由とする返品が可能です。

また、PrimeVideoも、一度も再生していなければ注文から48時間以内に限り返品が可能です。

返品できない商品

以下の商品は返品できないので、注意してください。

・デジタルミュージック
・デジタルゲーム
・PCダウンロードソフト
・アプリ、アプリ内課金
・Amazonコイン
・金庫
・プリペイドカード
・チケット・受注生産品
・特注生産品
・刻字入り商品

不具合の場合を除き、購入者都合での返品ができない商品

以下の商品は不良品の場合を除き、購入者都合での返品ができません。注意してください。

・雑誌
・ペット用品
・医薬品
・化粧品
・飲食品
・ピアス、ボディピアス
・植物
・ファッション福袋
・車両のバッテリー
・大型家具
・大型家電
・DIY資材

返品時の注意点

最後にAmazonで返品する時の注意点を9つ紹介します。

(1)電話で返品依頼したい場合は、Web上での事前の問い合わせが必須

返品依頼は電話でもできますが、その場合は事前にWebで問い合わせておく必要があります。

まずは「カスタマーサービスに連絡」をクリックしてください。

お問い合わせ内容として「返品、交換、返金」を選択し、お問い合わせ方法として「電話」を選択してください。

次に、商品、お問い合わせ内容を確認してください。最後に電話番号を入力して「今すぐ電話がほしい」をクリックすれば、Amazonから電話がかかってきます。返品したい旨を伝えてください。

(2)不良品の定義はメーカーによる

一口に不良品と言っても、その定義はメーカーによって異なります。部品に傷があっても初期不良として認められない場合もあります。事前にメーカーの初期不良の定義を確認しましょう。

(3)30万円以上の商品の返品について

30万円以上の高額商品であっても、不良品であれば返品・全額返金が可能です。ただし、購入者の都合で返品する場合は、未使用かつ未開封である必要があります。また、送料に加えて運送保険料も負担することになります。

また、未使用・未開封でも30万円以上の腕時計・ジュエリーだけは、購入者都合での返品を受け付けてもらえないので注意してください。

(4)「お客様都合による返品」を着払いで発送した場合

「お客様都合による返品」にも関わらず、着払いで返送した場合は、返金額から送料分が差し引かれます。

(5)30日以上経過した場合は、全額返金されない

30日以上経過した後に返品した場合は、返金額が80%に減額されます。

(6)返品するとAmazonポイントも無効

返品手続きが完了すると、購入時に付与されたAmazonポイントは無効になります。

(7)受取拒否での返品も可能

商品を受け取る時点で初期不良が確認できる場合や、受取前に気が変わった場合は、受取を拒否することで事実上返品することができます。

(8)過度な返品はアカウント停止に繋がる

返品が連続するとアカウントが停止される可能性があるので、注意してください。

(9)返品申請から返金までの日数

商品代金をクレジットカードやAmazonギフト券で支払っていた場合は、1~3日で返金されます。

ただし、銀行振込の場合は返金されるまで1~3週間ほどかかります。

不良品は堂々と返品

Amazonでは、基本的に購入した商品を返品することができます。不良品や説明と違う商品が届いたら、すぐに返品・返金手続きをしましょう。

Amazonマーケットプレイス出品者から購入した場合は、返品リクエストをしたにもかかわらず返答がないときもありますが、その場合はAmazonカスタマーサービスに連絡してください。大抵の場合は、すぐに返金処理されます。

無料動画|アクシグ流 物販ビジネス大全
資金ゼロでネット物販を成功させる全手法


物販ビジネスで稼ぎたいけど、どうやって始めたらいいかわからない、売上が思うように伸びないとなど悩んでいませんか?

本映像では実績をあげた成功者の経験をもとに、

  • 現在の収入にプラス5万円の副業収入を獲得した「不用品販売」
  • わずか25歳で年商2億円を稼いだ「eBay輸出」
  • 1日2時間弱の作業で月収70万円を突破した「Amazon輸出」
  • 本業の傍らたった半年で月100万円を達成した「中国輸出」
  • 知識ゼロから年収2000万円の仕組みを作り上げた「中古品輸入」
  • 利益率70%以上、OLが副業で月30万円を稼いだ「インスタグラム物販」
  • マレーシアに住みながら1つの商品で月商1000万円を売り上げた「中国輸入」
  • 大学生が資金・リサーチ・在庫なしで月収30万円を稼いだ「韓国輸出」
など、さまざまな物販ビジネスでの稼ぎ方を全3時間30分にわたって徹底的に解説しています。




おすすめコンテンツ


資金ゼロでネット物販を成功させる全手法を無料で公開します!


  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • Pocket
  • LINEで送る

【無料】アクシグ流 物販ビジネス大全
資金ゼロでネット物販を成功させる全手法
【無料】物販ビジネス大全
ネット物販を成功させる全手法