物販

カメラ転売のメリット・デメリットから仕入れ法、検品の際の注意点までをご紹介!

せどりで儲けたいならカメラがおすすめです。

スマホで高画質な写真が簡単に撮れるようになった昨今、今さらカメラを転売して儲かるの?と疑問に思う方も多いかもしれません。

しかし、答えは「イエス」です。コツさえつかめれば、カメラの転売は十分に儲かります。中には億単位の売上を上げている人もいるくらいです。

そこで今回は、カメラ転売のメリット・デメリット、おすすめの仕入れ先、仕入れた中古カメラを検品する際に注意すべき点などを詳しく解説します。カメラに興味があってこれからカメラ転売をはじめたいという方は、ぜひ参考にしてください。

カメラ転売を始める前に

カメラの転売をするにあたっては、知っておくべき基礎的なことがいくつかあります。特に、「カメラのことがよくわからない」という方はぜひ目を通しておいてください。

デジカメには3種類ある

カメラというと、昔ながらのフィルムカメラと現在主流のデジタルカメラがあります。

なかでもデジタルカメラには3種類あるのをご存知でしょうか。

一つがコンデジと言われるコンパクトデジタルカメラ。そしてもう一つが一眼レフ。最後が、ミラーレスです。

コンデジは、日常使いでスマホよりは画質のよい写真を撮りたいという人向けです。子供の誕生会や記念日、遠足、運動会など、将来まで残る記念の1枚を残しておきたいという人にうってつけです。値段もお手頃なものが多く人気があるため、中古市場にもたくさん流れてきます。

他の2つと決定的に違うのは、レンズが外れない点です。一眼レフとミラーレスはレンズが外れます。目的に合わせてレンズを換えるのが大きな特徴といえるでしょう。レンズを換えることで天体や風景、動物、花々などが色鮮やかに撮れるとあって、本格的に写真を始めようとする人やマニアに大人気です。

ちなみにミラーレスはその名の通り、一眼レフに内蔵されている反射鏡がないタイプです。反射鏡がないぶん軽量なため、女性におすすめですが、機能では一眼レフに軍配が上がることが多いです。

フィルムカメラ

フィルムカメラは、その名の通り、フィルムを入れて写真を撮り、特殊な薬剤を使って現像するタイプのカメラです。プロとアマを問わず、フィルムカメラでなければカメラじゃない、というアンチ・デジカメ派の人は今でも少なからず存在します。

デジタルと異なり、独特の柔らかさや温かみを表現できる点が強く支持されている理由です。ニコン、ペンタックス、キャノン、そしてドイツの有名な高級品ライカなどが主流ですが、時代の波に押され、フィルムカメラは新製品がほとんど製造されていないため、中古市場にマニアたちの熱い視線が注がれています。

フィルムカメラは一見すると一眼レフと似ているため間違えやすいですが、裏を見るとデジカメのような液晶モニターがなく、フィルムを入れて閉める裏蓋や写真を撮るたびに親指で回す巻き上げレバーがあるので、判別するのは簡単です。

マウントについて知ろう

デジカメにしてもフィルムカメラにしても、レンズを外せるタイプのカメラには、レンズとカメラを接合する「マウント」という部位があります。マウントの規格が違うと、レンズをカメラに接合できなくなるので要注意です。しかも、マウントはメーカーによって規格が異なるだけでなく、同じメーカーでも違った規格を持つケースが珍しくありません。

例えば、国内には、ニコン、ソニー、キャノン、オリンパス、パナソニック、ペンタックス、フジフィルムの7社がデジカメを販売しています。しかし、マウントの規格は、ニコンのFマウントやZマウント、ソニーのEマウントやAマウント、フジフィルムのXマウントやGマウントのように、実に多岐に渡ります。フィルムカメラにも、キャノンのFDマウントやEFマウント、オリンパスのOMマウントやPENマウント、ミノルタのSRマウントなどがあります。

マウントが異なると、カメラそのものが使えなくなるので、間違って売ってしまうと大変です。よって、カメラ転売を考えているなら、マウントについては詳しく調べておかなければなりません。

デジカメとフィルムカメラはどちらが良く売れる?

これからカメラ転売を始めようかと思っている方にとっては、デジカメとフィルムカメラのどちらがよく売れるのか気になるところでしょう。

結論からいうと、デジカメの方が商品の回転率は高いです。フィルムカメラに比べるとデジカメは扱いやすいうえ、安価なのがその理由です。ユーザーの年齢層も広範囲に及んでいるので、それだけニーズも高いといえるでしょう。

一方、フィルムカメラは、ファン層が限られているだけでなく構造が複雑なため、扱いに慣れていないとなかなか手が出せない面があります。ただ、レア品が販売できれば利益が大きいので、まずデジカメから始め、さまざまな知識がついてきた頃合いをみてフィルムカメラを扱うのも良いかもしれません。

カメラ転売のメリット

ここからはカメラ転売のメリットとデメリットについて解説しましょう。まずは、メリットからです。

カメラ転売は利幅が大きい

カメラは、いわゆる「たたき売り」のように二束三文で売り飛ばされることがあまりありません。というのも、カメラは古くなっても極端に価格が安くなることがないからです。しかも最近は、フリマアプリ市場でカメラ人気が沸騰している点も見逃せません。

さらに、カメラマニアは世界中に存在するので、仕入れ値にそれなりの利益を上乗せしても買い手がつくことが多く、利益を出しやすいのが特徴です。

人気のシリーズが多い

先ほども触れたように、カメラの製造メーカーは、国内だけでも7社あり、それぞれに人気の売れ筋シリーズを販売しています。昔のシリーズも含めれば、その数はスマホの比ではありません。しかも、定番のシリーズはその筋のプロでなくとも転売しやすいのがうれしいところです。

デジカメでもそれぞれにニーズがある

デジカメは、一般的に良く売れるコンデジと、写真好きご用達の一眼レフやミラーレスでは、ユーザー層がはっきりとわかれています。子連れのママ層には圧倒的にコンデジが人気です。しかし、シルバー層の男性には、高くても一眼レフが支持されます。

このように、デジカメはターゲットとなる層が複数あるという点で、他のアイテムよりも売りやすいといえるでしょう。

実力派のマスターピースがある

フィルムカメラを中心にすでに製造が中止されているにもかかわらず人気は今だに衰えていない、というマスターピースが数多く存在します。写真を撮るのはもちろんですが、インテリアとして部屋に飾っておくだけでマニアの所有欲を満たせる名品もあります。古い=ダサイ、ではなく、古いからこそ価値がある。カメラには、そんな魅力もあるのです。

カメラ転売のデメリット

カメラ転売は、基本的には転売向きと言えるのですが、デメリットがないわけではありません。そこで、以下ではそのデメリットについてもお伝えしておきましょう。

カメラについて勉強しなければならない

これは必ずしもデメリットとはいえないことかもしれませんが、カメラ転売をしようと思えば、カメラについてそれなりの知識が必要です。性能や型番、それぞれの機種の特徴や市場価値など、様々なことを勉強しなければなりません。もちろん、カメラが大好きな人にとっては、好きなカメラのことをたくさん知れて、かつ、お金儲けになるのですから、デメリットどころかむしろメリットかもしれません。しかし、そこまでカメラに興味がない人にとっては苦痛が伴うでしょう。

クレーム対応が必要

カメラ機材は、使えるか壊れているかがはっきりするので、不具合に対するクレームへの対策が必要です。

フィルムカメラなら、「シャッターの動きが良くない」「変な音がする」「レンズがカビている」「ファインダーに異物が付着している」などが代表的なクレーム事由です。デジカメなら、「ズームができない」「電源を入れても動かない」「ホワイトバランスがおかしい」などです。症状を聞けば、その原因と対処法を即答できるようにしておかなければ、ユーザーから高評価を得ることは難しいでしょう。

中古カメラはショップは地方に少ない

中古カメラショップと聞いてすぐに頭に浮かぶのは「カメラのキタムラ」くらい、という方も多いのではないでしょうか。それくらい、中古カメラ専門店は限られているうえ、その所在地のほとんどが首都圏に集中しているため、地方では仕入れの面で不利といえるでしょう。もちろんネットで仕入れることも可能ですが、カメラは、実際に手に取って吟味してこそ価値がわかる場合も多いので、拠点とする場所は首都圏の方が有利です。

カメラの仕入れ先

カメラを転売するにあたって、中古のカメラはどこで仕入れれば良いのでしょうか。

ここからは、具体的な仕入先をご紹介しましょう。

中古ショップ

カメラ転売のビギナーには、中古カメラショップや中古品取扱店で仕入れるのがおすすめです。カメラ転売で成功するためには、見る目を養う必要があります。そのためにも、足を使って数々のショップを回り、時にはスタッフに質問をしてみるべきです。そこで教わったことをしっかり覚えれば、肥やしになりますし、市場の動きも肌感に理解できるようになるでしょう。

家電量販店

家電量販店で新品を安く仕入れるのもおすすめです。ヨドバシカメラやビックカメラ、ヤマダ電機などの大手家電量販店では、お買い得品のセールを頻繁に行っています。特にボーナスシーズンや年末年始、決算期などは狙い目です。

それと、カメラやレンズは発売後3カ月たったあたりから値下げされるケースも多いので、型落ち品が安くなるモデルチェンジの時期と合わせてチェックしておくのもおすすめです。

オークションサイトやフリマサイト

最近は、オークションサイトやフリマサイトでも中古のカメラが人気です。なかには、十分使える逸品を処分目的で安く販売している人もいるため、活用しない手はありません。検索機能を使えば短時間で簡単に探せるので、忙しくて実店舗に行けないという方にもおすすめです。

仕入れや検品の際の注意事項

カメラを転売するとなると、中古カメラを仕入れて検品する機会が多くなります。そこでここからは、カメラを仕入れる際に注意すべきポイントについてお伝えしましょう。

ボディチェックをしよう!

まずカメラの検品で最初に行うべきことは、ボディチェックです。特別な道具はいりません。目視でカメラの外観にキズやへこみ、塗装が剥げた部分などがないかをくまなくチェックしましょう。商品に傷がある場合、その傷に関する説明を商品説明欄に正直に書かなければ、後で大きなトラブルになりかねません。よって、しっかり確認するように心がけましょう。

動作確認をしよう!

カメラは写せなければ意味がないので、動作確認は不可欠です。具体的には、シャッターが切れるかどうか、また、レンズのピントを合わすためのズームリングやピクトリングがスムーズに動くかどうかも確認しましょう。

レンズやファインダーの汚れを確認しよう!

さらに、レンズやファインダーのチェックもしっかり行いましょう。

レンズにカビやホコリが付着していないか、また、キズがないかなどを確認してくだだい。汚れに関してはクリーナーである程度きれいになりますが、たちの悪いものだとカビが付着してなかなか取れない場合もあるので要注意です。

また、カメラを覗く部分であるファインダーも同様に、ホコリやカビ、キズの有無をしっかりと確認してください。

まとめ

この記事では、カメラの種類から、カメラ転売のメリット・デメリット、仕入れや検品の際の注意事項までをまとめてみました。

カメラの転売は、カメラの構造や部品に関する知識などを勉強しなければならないため、大変なことは事実です。しかし、カメラに興味のある人であれば、楽しみながら勉強できることでしょう。また、カメラは比較的高価なため、高い利益率も見込めます。

人生において2度とない「とっておきの瞬間」を写し出すカメラ。渾身の1枚が撮れた時は、誰の顔にも満面の笑みが広がるものです。その主役となるカメラを1人でも多くの方に届ける。そんな素晴らしい仕事をぜひ始めてみてください。

ところで、ビジネスで成功するためには独学よりも体系化された教材やサービスを活用して学ぶ方が結果が早く出ます。

ここではアクシグ編集部が予め登録した上で責任者に直接取材をし、有用性を確認した教材やサービスのみを厳選してご紹介します。無料ですのでお気軽にご登録またはご相談ください。

【限定公開】成功者続出の秘密のノウハウ

日本未上陸のノウハウで先行者利益が得られる大チャンス到来!

  • 月間利益195万円を突破した本人による最新成功事例の紹介
  • 世界トップ3位の日本人が誰も知らない革命的販売手法とは
  • アカウント停止リスクの無い安全なビジネスモデル
  • 無在庫でも販売できる最新の方法
  • Amazonの5倍成長しているマル秘プラットフォームとは
  • 利益率80%超えの超マル秘仕入れ手法

など、日本ではまだ知られていない秘密の情報をお届けします。

あなたのビジネスを成功させるために、今すぐ限定情報を入手してください。

【漫画で分かる】無在庫輸入物販ビジネス

アメリカやヨーロッパの商品を日本の「Amazon」などで 受注をしてから仕入れる無在庫方式の販売方法を解説しています。

  • まとまった資金がなくてもスタート可能!
  • 取り寄せ式なので大量の在庫を抱えなくて良い!
  • ネットで完結なので自宅でできる!

1つの商品の販売で1万円以上の利益を得ることもでき、 効率良く手元の資金が増やすことができます。

あなたもぜひ無在庫欧米輸入ビジネスで、 堅実な収入の柱を一緒に作りませんか?

【無料相談】Biz English

ビジネス英語は3ヶ月でマスターできます!

インターネットの買い物に慣れてくると、アメリカのアマゾンやeBayで購入したり出品したりしたくなるでしょう。英語ができなくてもGoogle翻訳やDeepLなどのツールを使えば始めるのは簡単です。

ところがクレームや返金などが発生すると機械翻訳では上手く交渉できません。金額が大きくなりビジネスレベルになるとなおさらリスクが高くなります。

ビズイングリッシュはビジネス英語専門の英会話スクールです。受講生は全くのゼロから英語でアカウントを復活させたり、海外の展示会で交渉に成功したりと幅広く活躍をしています!

今すぐビジネスレベルの英語力を身につけましょう!