物販

海外輸出転売は稼げるのか?メリット・デメリットをまとめました

輸出ビジネスは、日本の商品を海外に向けて販売し、その差額で利益を得るビジネススタイルです。海外が関係すると難しく考えるかもしれませんが、国内転売と基本的なやり方は変わりません。個人がネットショップなどから商品を仕入れ、それを海外サイトで出品し、売れたら送付する流れです。

ただ、国内と違い英語でのやり取りが基本だったり、円ではなく外資でのやり取りとなるので、そこの違いで国内からは敬遠されがちなビジネスです。日本の商品は高品質と海外で評価が高く、日本製と言うだけで信頼度が高いと言われるほどです。輸出ビジネス向けのプラットフォームは充実しており、個人が副業でやる敷居も下がりつつあります。

この記事では輸出ビジネスの概要をまとめました。初心者でも十分に始められるので、チャレンジしてみましょう。

輸出ビジネスはどうやって始めればいいのか?

輸出ビジネスは海外が関係することから、国内と比べて敷居は高いです。しかし、海外で需要のある日本商品を上手く販売できれば、独占市場を作り出すこともできます。

海外での市場リサーチや海外ネット通販サイトでのやり取り等がすべて英語となるので、翻訳サイトを駆使するなどの工夫も必要です。ここでは輸出ビジネスを始めるにあたり、重要な要素を解説します。

まずは海外で売れる商品をリサーチする

輸出ビジネスであっても、売れる商品のリサーチは重要です。海外で人気がある日本製品をまず探しましょう。

日本製の商品は、品質がいいと海外では人気が高いです。商品の選定方法はいろいろありますが、トレンド品、ブランド品、マニアックな商品あたりをリサーチしてみましょう。

とくにマニアックな商品は特定層に需要があり、独占市場を作りやすいです。しかし、最初のうちは利益が低くても売れやすいトレンド品を狙うといいでしょう。

相場チェックは必ず行う

商品のリサーチをしたら、次に海外での相場を確認します。安い商品だからと飛びつく前に、しっかり価格差を確認しなければ赤字となる恐れもあります。まずは以下のサイトを使って、各国の相場をチェックしましょう。

相場は販売するサイトで直接見るか、オークファンプロPlusなどといったサイトを利用するのがオススメです。

参考:リサーチから仕入れまでこれ一つでOK【オークファンプロPlus】

米Amazon、eBay、タオバオ等の各サイトで直接チェックしましょう。

参考:米Amazon

参考:eBay

参考:Taobao(タオバオ)

実際に輸出する商品を仕入れる

商品の価格をチェックしたら、次は仕入れの段階に移ります。仕入れ値と販売価格の差額がそのまま利益となるので、仕入れ値をなるべく安くすることで儲けが増えます。

Amazonを始めとしたネットショップからネットオークションのヤフオク、フリマアプリのメルカリ等から商品を仕入れましょう。仕入れ先は数えきれないほどあるので、上げていくときりがないため、代表的な例だけ紹介します。

・ネットショップ
参考:Amazon

・ネットオークション
参考:ヤフオク

・フリマ
参考:メルカリ

・ネット仕入れサイト
参考:卸問屋.com

参考:Yahoo!ショッピング(ヤフーショッピング)

海外サイトで出品してみよう

商品を仕入れたら、あとは米AmazoneBay等と販売先のサイトで商品を出品します。海外輸出となるので、販売先のサイトも海外です。

英語が得意であれば問題ありませんが、英語が読めない方は翻訳アプリなどを駆使するといいでしょう。とくにGoogle翻訳は、高性能で使いやすくオススメです。

売上管理用の口座を開設しよう

商品が無事売れたら売上となります。基本は、サイトに登録した振込口座に売上が振り込まれます。しかし、最初によっては売上の受け取り方が特殊なので、販売元サイトを確認しましょう。

また、海外輸出用の口座と分ければ確定申告などで便利です。口座はネットビジネス専用の口座を開設しましょう。

輸出ビジネスのメリットとは?

輸出ビジネスで気になるのは、本当に稼ぐことができるかどうかといった点です。何故輸出ビジネスは稼げるのでしょうか?ここでは輸出ビジネスのメリットをまとめました。

円安の今は輸出ビジネスで儲かるチャンス

2019年の現状、日本は円安です。円安は輸出ビジネスにおいては最大のメリットになります。

たとえば1ドル120円のときと1ドル100円のときに、50ドルで商品を販売するとどれくらい違いがあるのか比べてみましょう。

50ドル100円:5000円
50ドル120円:6000円

同じ50ドルでも1000円もの差が出ます。単品で1000円の利益差があり、更に続けていくと利益はどんどん増えていきます。輸出ビジネスは、外資を持つということが大きなメリットとなります。

逆に言えば、円高の時はデメリットとなりかねません。為替相場が極端に動くことはないにしろ、定期的にチェックして円に変えておけば安心です。

輸出ビジネスは消費税が返ってくる?

国内で買い物をするときは、消費税がかかります。輸出で販売するときは、国内で発生した消費税を乗せて販売することはできません。消費税は国で定められている為です。

しかし、この消費税は国から還付してもらうことができます。消費税分が返ってくることが非常に大きいので、ぜひ手続きをしましょう。

参考:国税庁

【還付イメージ】

参入敷居は高いが、その分ライバルは少ない

輸出ビジネスは、国内と比べてライバルが少ないです。お客さんとのやり取りはすべて英語でなければならず、円ではなくドルでのやり取りが基本なので敬遠する人が多いです。

しかし、この敷居の高さが逆にメリットになります。ライバルが少ないということは、その分競合することが少ないということです。さらに輸出ビジネスは国内ではなく世界を相手にします。

国内の最大オークションサイトヤフオクは1800万人もの利用者を誇りますが、世界的に有名なオークションサイトeBayは1億8千万人とまさに桁違いです。市場規模が広いうえに、日本人同業者が少ないとなれば国内と比べて稼ぐチャンスがあります。加えて外資の収入と消費税還付もあるので、さらに売上を伸ばすこともできます。

海外輸出のデメリットとは?

輸出転売にもデメリットはあります。英語必須と言う敷居の高さもありますが、どのようなデメリットがあるのかまとめました。

全て英語でやり取りしなければならない

米AmazonやeBayの利用、お客さんとのやり取りや商品リサーチまですべて英語で行うことが基本です。最近はGoogle翻訳などといった翻訳機能は充実しているので、まったく英語が読めないことはありません。しかし、翻訳を通すとそれだけ時間がかかってしまうので、最低限の知識は必要です。

国内と比べ送料が高い

国内の送料は、そこまで高くはありません。しかし、海外の送料は高くつきます。

たとえば300gの荷物を東京からアメリカのニューヨークへ送る場合、EMS(国際スピード郵便)を使うと2000円近くかかります。航空便やSAL航空便といった安い料金でも800円~1000円ほどかかるので、送料負担が大きいです。

為替相場の影響を受けるのはデメリットにもなる

為替の影響を受けやすいのも、デメリットです。支払いは米ドルが基本となるので、日本円に変えるときは当然為替相場の影響を受けます為替相場を常に気にしなければいけないのはメリットにもなりますが、しっかりチェックしなければならない意味だとデメリットになりえます。

eBay転売を始めるのに最適なタイミングとは?

海外輸出といえば、eBayを思い浮かべる人が多いのではないでしょうか?eBayで海外輸出をするのに最適なタイミングがあるのかどうか気になりますよね。ここでは、いつeBay輸出を始めるべきかを解説します。

ホリデーシーズンは稼げるチャンス

年末には、海外でもクリマスなどのイベントが盛んです。このようなイベント時期を海外ではホリデーシーズンと呼び、このタイミングはeBayで1年通しての一番の稼ぎどころです。普段より高額な商品も売れやすいので、初心者でも稼ぎやすいタイミングではあります。

ホリデーシーズンの問題点とは?

ホリデーシーズンにeBayで転売を始めると、稼げると通常は思うかたが多いはずです。しかし、ここはあえて最も売れる時期を過ぎた年始のタイミングから始めましょう。

何故かというと、お客さんのほとんどがホリデーシーズンを大切にしていて、神経質になっているからです。ホリデーシーズンにはプレゼント用に商品を買う人が大半です。普段はそこまでトラブルにならないようなことでも、お客さんが過激に反応してトラブルに繋がる可能性が高いです。

結局クレーム対応が増えてしまったり、低評価をもらってしまう恐れが高まる時期でもあります。つまり、商品は売れてもトラブル対応の問題が大きいので、初心者がeBayで転売を始めるのであれば、ホリデーシーズンを過ぎた後からゆっくり始めるのがベストです。また、年始な確定申告の開始期間であるという点もあります。

軌道に乗せるには半年かかる

eBay輸出に限った話ではありませんが、個人で転売を行うにはお客さんからの信頼度が大きなステータスとなります。評価がない、もしくは低い状態だとお客さんが買い物をしようと思ってくれません。しっかり信用を得るためには地道に物を売る必要があります。

たとえば、100ドルの商品があったとします。100ドルは高価な商品なので、信用できる人から買いたいと考えます。もし、あなたがお客さんの立場で考えた時、同じ商品を販売していた時にどちらから買いますか?

110ドル 3000人評価
105ドル 10人評価

この場合、ほとんどの人が110ドルの商品を選びます。何故かというと、出品者の評価数が少ないと商品がちゃんと届くのか不安になり、不慣れな人よりも慣れた人のほうが確実という考えがあるためです。もちろん、例外で少しでも安い商品を選ぶ人もいるかもしれませんが、評価というステータスは売上にどうしても響きます

eBayでは評価が上がらないと出品数も制限されてしまうので、ちゃんと稼げるようになるまで6カ月近くはかかってしまいます。それでも諦めずに、コツコツと出品を続けましょう。

海外輸出での注意事項

輸出転売では、注意すべきことがあります。国内と違って海外でのやり取りとなるので、海外特有のリスクがつきものです。どのようなことに、注意する必要があるでしょうか?

外国人は日本人を騙そうとする人が多い傾向にある

海外からすると日本人は下に見られる傾向があり、相手が日本人だとわかると、強気に出られて交渉の場で不利な条件を上手く飲み込まされることがあります。そのような人は決して相手にせず、適切な対応をしましょう。ここは日本での対応と大きな違いはありません。

どうしても高くなる海外送料

海外への配送料は高くなります。まとめて送るなどして、配送料を節約する必要があります。

しかし、無在庫販売をしている場合は1品ずつ送料が発生することになるので、送料が大きく掛かってしまいます。AmazonであればFBAを活用できるので、利用することも検討しましょう。

還付金申請は必ず行おう

海外輸出は非課税売上となります。しかし、国内で商品を仕入れると消費税を払っているので、本来不要な税を支払っていることになります。その場合、払いすぎている消費税は還付対象となるので、必ず還付金申請しましょう。

消費税が返ってくることはかなり大きいので、面倒だからを手続きしないのは非常にもったいないです。国でも定められていることなので、堂々と実施しましょう。

輸出ビジネスは稼げるチャンスが十分にある

輸出ビジネスを始めとした転売ビジネスは副業として人気が高く、サラリーマンや専業主婦の方が多く始めています。日本製品は海外への需要が高く、アニメグッズや日本文化の伝統工芸品がよく売れています。

輸出と言う参入の壁が高い問題がありますが、その分ライバルが少ないので、壁を乗り越えさえすれば十分に稼げるビジネスです。英語が苦手、外資がよくわからないからと敬遠せずに、興味を持ったらぜひチャレンジしてみましょう!

一括出品、在庫管理、リサーチなどの作業を極限まで効率化
30日間無料で使用できるeBay輸出ツール「Nijuyon」




eBay輸出の出品、在庫管理、リサーチ、どれも売上が伸びてくるとそれぞれが膨大な作業量になり、すべてを手動で行っていては必ずどこかで稼ぎが頭打ちになります。

稼げるようになっても作業に追われて自由な時間がゼロでは本末転倒ですし、利益を拡大するためには効率化は避けて通れません。 eBay輸出の作業を効率化するツール「Nijuyon」を使えば

  • eBay上での手動出品と比べて約6倍のスピードで出品可能
  • 見やすい商品ページのテンプレートが自動適用
  • eBayの過去落札履歴から売れている商品を簡単リサーチ
  • Amazon.co.jp、楽天、Yahoo!ショッピング、ヤフオクの在庫有無を簡単管理
  • ツール内からのメッセージ送信が可能なため外注化も安心
  • 世界最大のネットショップ構築サイト「Shopify」への出品も可能
  • リミットアップに必要な出品枠いっぱいの出品も容易
など、これ1つで仕入れ、出品、販売までを一括管理できてしまいます。初回30日間は無料で利用可能なので、まずは気軽に試してみてください。