【メルカリのお礼メッセージ】購入者向け例文を紹介!取引メッセージの注意点も詳しく解説!

メルカリは、言うまでもなく商品をユーザー同士で売り買いできる世界トップクラスのフリマアプリです。ただ、このクオリティと人気を維持できるのは、商品の魅力に加えて、ユーザー同士におけるコミュニケーションの円滑さや礼儀を重んじる文化があるから、ともいえます。

その一例が、「お礼メッセージ」です。取引の過程や終了後に、購入者も出品者も取引ができることへのお礼を頻繁に送り合う慣習があります。この点は、日本初のアプリならではともいえるかもしれません。ネット上とはいえ縁のあった相手への感謝の気持ちを伝え、礼節を大切にすることで、同じ取引が大変スムーズに進むことがよくあるのです。

そこで今回は、とくに購入者向けに、お礼メッセージの例文を多数紹介します。知っておくと得する注意点についても解説するので、ぜひ参考にしてください。

目次

「取引メッセージ」とは

まず、お礼の言葉や気持ちが相手にダイレクトに届く「取引メッセージ」について説明しましょう。

「コメント」と「取引メッセージ」は別

メルカリでは、出品者と、購入者や購入を検討しているユーザーが直接やり取りできるメッセージ機能があります。

メッセージ機能には、「コメント」「取引メッセージ」の2種類があり、役割や使い方が異なります。

「コメント」は、不特定多数のユーザーが、出品者に質問したいことがある時に使用します。その内容は、全ユーザーに公開されます。

例えば、

  • 購入を検討しているが値下げしてもらえるか
  • もっと詳細な情報が欲しい
  • 他のアングルからの画像を見せて欲しい
  • どれくらいの期間使用したのか詳しく教えて欲しい

といったことを尋ねたい時に利用します。

実店舗の買い物の際、店員に商品について色々なことを尋ねるケースがありますが、その役割に似ていると考えてよいでしょう。

一方の、「取引メッセージ」は、購入が決定した後に、購入者と出品者のみでやり取りするために使います。今回本記事で詳しく説明するのは、こちらの取引メッセージの方です。

実店舗での買い物でも、購入すると決まれば、専用のカウンターやレジに場所を移して、支払いや包装の仕方、送り先などについて詳しくやり取りすることがあります。それと同じようなニュアンスで捉えると分かりやすいでしょう。

取引メッセージは、先ほどのコメントと異なり、本人同士しか目を通すことができません。他のユーザーには一切公開されないため、さらに聞きたいことやお願いごと、そしてお礼の気持ちもしっかりとメッセージで伝えることができるのです。

お礼は惜しみなく伝えよう!

取引メッセージは、購入が決定した直後、商品が到着した後、受け取り評価が済んだ後、など活用できるシーンが何度かあります。

「お金を払うのだから買えて当たり前」「丁寧に梱包して送ってくれるのが当然」という態度では、あまり後味の良い取引ができません。

メルカリは、プロではなく自分と同じような一般のユーザーが、フリーマーケット感覚で出品していることがほとんどです。その数も相当数にのぼるので、中にはその取引が初めてという場合もあるでしょう。すると、「商品が売れるかどうか」「売れたとしても、それがどんな相手でどれくらい喜んでくれているのか」といったことが、意外と気になるものです。

そんな中、「購入できて嬉しいです!」「前からずっと欲しかったものです。売ってくださり本当にありがとうございます!大切に使わせていただきます!」といった一言が送られてきたらどうでしょうか。誰もがホッとしますし、これなら続けていけそうと自信も持てるかもしれません。そして何よりそこで素敵な購入者だと認識されれば、もっと凄いお宝商品をこっそり売ってくれるというサプライズもあるかもしれないのです。

感謝の言葉はいくら送ろうともお金は1円もかかりません。しかし惜しみなく伝えることで、何倍も得することがあるのです。それがメルカリの魅力や楽しさでもあることを知っておくと、取引の際の意識も変わってくるでしょう。

「取引メッセージ」の送り方

それでは取引メッセージの送り方について解説しましょう。

マイページから開く

取引メッセージは、わずか2ステップで送れるので、非常に簡単です。

まず「マイページ」を開いて「購入した商品」をタップまたはクリックします。

表示された取引画面の下にある専用フォームに、お礼や伝えたいことなどを入力して送信します。

【購入者向け】お礼メッセージ例文集

ここからは購入者向けに、お礼メッセージの例文を紹介しましょう。

値下げに応じてもらえた後のお礼

「お礼メッセージ」というくくりで言うと、取引メッセージではなく、コメントの際にもしっかりと伝えた方が望ましい場合があります。

よって念の為、そちらも紹介しておきましょう。具体的には、「値下げ交渉に応じてもらえた後」のメッセージです。

購入を検討しているものの、少し相場より高くて迷うケースはよくあります。そんな時、メルカリでは値下げ交渉ができます。中には「値下げ交渉不可」という出品者もいるので、その場合は例外です。

交渉の結果、値下げしてもらえたらすぐにお礼メールを送ります。

例文:
「この度は無理なお願いをして、申し訳ありませんでした。そして値下げにも応じてくださり、ありがとうございます。すぐに購入させていただきますので、よろしくお願い致します。」

といった形で速やかにお礼メッセージを送ると、その後の取引もスムーズに進みやすくなるでしょう。

質問に応じてもらえた後のお礼

値下げ以外にも、コメントで質問したことに応じてもらえた時は、お礼を送るとよいでしょう。

例文:
「この度は勝手なお願いについて、すみやかにご対応いただきありがとうございました。よく分かる写真のおかげで、不鮮明だった点がしっかりと確認できました。この商品であれば、喜んで買わせていただきたく思います。どうぞよろしくお願い致します。」

購入後のお礼

取引メッセージを最初に使うのは、購入をした直後です。

買えたことへの感謝の気持ちを素直に送るとよいでしょう。

例文:
「ご出品の◯◯を購入させていただきました。ありがとうございます。短い間ですが、どうぞよろしくお願い致します。」

このようなシンプルな内容で問題ありません。

ただし、こちらが支払いを済まさなければ商品を送ってもらえないので、この後にその旨も付記しておくとより親切です。

例文:
「◯月◯日の夕方には、郵便局にて支払いを済ませる予定です。その際は、再度ご連絡致しますので、今しばらくお待ちください。よろしくお願い致します。」

このように具体的な日時を事前に伝えると、相手は梱包や配送の手配といった準備ができるので喜ばれるでしょう。

即購入の場合のお礼

上記の様な購入直後のメッセージを送る場合は、すでに出品者に対してコメントで問い合わせたり、値下げ交渉をしたりしているため、それが出品者との最初のコンタクトではないことが多いです。

しかし、「即購入」の場合は、事前のやりとりなしでいきなり購入手続きをすることになるので、まったく自己紹介をしていないことになるでしょう。確かに、必ずしも自己紹介を添えなければならないわけではありません。とくに匿名を希望する場合は、当然です。しかし名前を明かすことに抵抗がない場合は、名乗る方が好印象を与えることができるでしょう。

例文:
「はじめまして。この度◯○を購入させていただきました□□と申します。買わせていただきありがとうございました。届くのが今からとても楽しみです。短い間ではございますが、どうぞよろしくお願い致します。」

商品到着後のトラブル対応へのお礼

商品が届けられた後に開封してみると、付属品が足りなかったり、予想していなかった傷や汚れ、破損が見つかったりすることがあります。その際は、出品者に問い合わせ、対応を依頼したり、返品をお願いしたりする必要があるでしょう。

そして気持ちよく対応してもらえた際には、そのことへのお礼メッセージを送ります。

例文:
「この度は付属品の◯◯を早急に送っていただきまして、ありがとうございました。早速本体に接続してみましたが、問題なく使用することができました。本日中にコンビニにて代金をお支払いしますので、よろしくお願い致します。」

受取評価時のお礼

メルカリでは、購入者が受取評価をし、その後出品者が評価を行ってはじめて代金が出品者に支払われ、取引終了となります。

つまり最後のメッセージが、受取評価の時になるのです。受取評価は、画面上で「良かった」「残念だった」のどちらかを選んでチェックを入れるだけでも構いません。しかしその下に、メッセージフォームがあるので、一言添える方が気持ちよく取引を終えることができるでしょう。

例文:
「この度はすみやかにご対応いただきありがとうございました。送っていただいた商品は家族で大切に使わせていただきます。またの機会があれば、どうぞよろしくお願い致します。」

受取評価は、出品者も非常に気にかかるところですから、できるだけ早くにメッセージを添えて送ると喜ばれるでしょう。

「取引メッセージ」は削除できない

取引メッセージを送ったものの、内容を訂正したり削除したりしたい場合が、あるかもしれません。その際の対応方法について解説しましょう。

2週間だけ待とう!

結論から言うと、一度送った取引メッセージは訂正も削除もできません。ただし、取引が終了するとその後2週間でメッセージは非公開となります。すると、自分だけでなく出品者も閲覧できなくなるので、それまで待つというのが、唯一の対処方法になります。

「取引メッセージ」の注意点

最後に、取引メッセージについての注意事項を紹介しましょう。

メッセージは丁寧に、を心がける

お礼に限らず、取引メッセージの文言には、人柄があらわれます。

顔を合わせてのやり取りではないので、出品者にとっては、こちらが送る文章が入手できる大事な情報源になります。

ことによっては、余分な一言を添えたばかりに売ることを拒否される可能性もあるでしょう。そのため、コメントも含めてメッセージは敬語を基本とし、フランクになりすぎないように注意してください。

冷静な気持ちで入力する

メッセージをやり取りするのかで、相手の一言に気分を害したり、返信が遅くてイライラしたりすることがあるかもしれません。

しかしそこで感情的になれば、その後の取引が上手くいかなくなる恐れがあります。いっときの想いをぶつけてしまうと、コメントの場合は全ユーザーに公開されるため、後で悔やむことにもなりかねません。

メッセージは、冷静になって言葉も慎重に選んでから送る習慣をつけてください。

送信時間に配慮する

メルカリは、24時間・365日いつでもメッセージのやり取りができます。かといって深夜や早朝に送ってしまうと、迷惑となることも考えられます。

プロフィールや出品商品のカテゴリーから、相手の立場や生活環境をできるだけ把握し、支障のないタイミングでメッセージを送るように配慮できるとよいでしょう。

相手のプライバシーに踏み込みすぎない

何度もメッセージを送り合っていると、何となく仲良くなれた気がして、つい余計なことを尋ねてしまうことがあります。

中には気持ちよく答えてくれるケースもありますが、あまりにプライベートに踏み込みすぎた内容は敬遠されることもあります。評価を下げられる原因にもなりかねないので、必要なこと以外は触れない方が無難でしょう。

返信がなくとも感謝を

こちらがお礼メッセージを送っても、梨のつぶてで何のコメントも送られてこないことがあるかもしれません。

しかしそこは相手の都合と割り切って、こちらは最後まで売ってもらったことへの感謝を忘れず、マナーに沿った取引を心掛けてください。

まとめ

メルカリでは多くの出品者がいるので、一度購入するとそれが最後と考える方も多いかもしれません。

しかし思いがけず同じ相手から再度購入することになったり、自分の好きなアイテムをその出品者が数多く出品したりしているケースもあります。その際は、好印象をもってもらっている方が、断然取引がしやすくなります。

取引メッセージを単なる事務的なやり取りではなく、次の気持ち良い取引に繋げるための交流ツールとして有効利用するようにこころがけてください。

よかったらシェアしてね!
  • URLをコピーしました!
  • URLをコピーしました!

この記事を書いた人

ビジネスのノウハウを実践ベースで徹底的に追求するのがアクシグ。
世界で最も専門的で網羅的なコンテンツを提供し、ノウハウを惜しげもなく提供していきます。

目次