物販

【メルカリ】相手からのコメント返信なし…。その理由と対応策、コメントの例文をご紹介!

メルカリを使用していると、相手から返信が来ないという場面に遭遇する方は多いでしょう。理由がわからずまごまごしていると、せっかく見つけた良い商品を逃してしまうことも…。

そこで今回は、メルカリで相手からコメントが返ってこない理由や、その対応策、シチュエーションごとのコメント例文などをご紹介していきます。

この記事を読めば、メルカリ初心者さんでもコメント機能を使いこなせるようになります。ぜひ参考にしてみてください。

メルカリで出品者から返信が来た時の手順

メルカリにあるコメント機能は、商品の情報収集だけでなく出品者がどんな人なのかを知るツールにもなります。そのため、上手にメルカリでお買い物や出品をするには、コメント機能の使い方を知っておく必要があります。

そこでここでは、メルカリ初心者さんのために、相手からコメントが返ってきた時の返信の手順について説明していきます。

1.コメント通知を確認する

メルカリには商品にコメントが来たことを通知してくれる、お知らせ機能があります。自分の商品にコメントが来た時や、購入者としていいねやコメントを送った商品に、出品者や他のユーザーがコメントを投稿した時に届きます。

ということで、まずはコメントが到着した際に通知してくれるコメント通知の設定を確認しておきましょう。

ただ、購入者側となるユーザーはプッシュ通知(アプリを閉じていても通知がスマホに表示される)機能を利用できません。そのため、購入希望の商品にコメントを投稿した際は、こまめにメルカリアプリを開いて、通知が来ていないかを確認しましょう。

また、コメントはレスポンスの早さが大切になります。出品者によっては、1日以上返事が無いとコメントを削除してしまう人もいますし、その間に他のユーザーが商品を購入してしまうこともあります。

出品者もレスポンスが悪いとせっかくの購入者を逃してしまうこともあるので、特に質問や交渉のやりとりをしている時はこまめに通知のチェックをするようにしましょう。

2.返信内容を確認する

商品ページに飛び、下の方にスクロールするとコメント欄があります。ここで相手からの返信内容を確認できます。

「すべてのコメントを見る」というボタンを押すと、これまで商品に送られた、出品者や他のユーザのコメントを全て見ることができます。相手への返信もこのページから行います。

3.相手に返信する

相手からのコメントを確認できたら返信をします。コメントページの下のコメント入力欄から返信します。メルカリには返信相手を選択するTO機能などは無いので、そのままメッセージを入力して送信を押すだけです。

商品ページに残されたコメントは他のユーザーも見ることができるので、言葉遣いは丁寧にしましょう。また、個人情報は記載しないよう注意してください。悪質なコメントはメルカリの利用制限がかかり、退会処分になる可能性もあるので、絶対にやめましょう。

4.コメントがきちんと反映されているか確認する

念のため、商品ページに戻り自分のコメントが反映されているか確認しましょう。確認ができたら返信は完了です。

また、相手からコメントが返ってきたら1〜4の手順を繰り返します。

やりとりの途中でわざと返事をしない人がいますが、できるだけ最後まで誠意を持って返信するようにしましょう。特に交渉の途中で返信をしないと、出品者にブロックされてしまい、その出品者から商品を購入できなくなってしまうこともあります。

注意:購入者はコメントの修正・削除はできない

商品ページに残したコメントは、出品者のみ全て削除が可能です。コメントの右側にあるゴミ箱マークを押すだけで削除が完了します。この時に、「出品者がコメントを削除しました。」という文章が残ります。

その一方で、修正機能はないため、購入者側は間違った内容を送ってしまった場合、訂正文を送り直す必要があります。そうならないために、コメントを送信する前に、誤字がないか、相手に伝わりやすい文かをよく確認してから送信するようにしましょう。

出品者から返事がこないのはなぜ?

「気になる商品にコメントを送ったのに、出品者から返事がない!」と困る時がありますよね。特に他の商品と併せて検討している時は早急に返事が欲しいものです。

では、どんな理由で出品者は返事が遅れるのでしょうか?それには7つの理由が考えられます。一つずつ見ていきましょう。

1.忙しくてアプリを開けない

出品者の中には、仕事や家事で忙しい人もたくさんいます。このような人は空き時間にしかアプリを開くことができないため、コメントに気付くのも遅れがちです。

日頃から忙しい出品者は、プロフィールや商品ページに「育児中なので対応が遅れることがあります」「◯時以降は対応できません」などの注意事項を記載している人も多くいます。気になる商品にコメントを残した時は、出品者のプロフィールなどをチェックして、対応時間が書かれていないか確認しておくと良いでしょう。

もし2日以上返事がない場合は、購入しても発送自体いつになるかわからないので、他の商品の検討をおすすめします。

 

2.出品意欲が無くなった

メルカリには、お金を稼ぐために本気で取り組んでいる出品者もいれば、売れたら良いなくらいの気持ちで利用している出品者もいます。熱があまりない出品者は、商品がなかなか売れないまま時間が経ってしまって出品のことを忘れてしまっていることがよくあります。

・出品数が少ない
・出品日がどれも1ヶ月以上前
・他の商品のコメントも返していない

などの項目が当てはまる人は取引の意欲が低い傾向にあるので注意が必要です。

出品数は出品ページ下の方にある「出品者」というところをタップすると出てくるプロフィールページで確認することができます。

また、出品日は商品ページの「商品の説明」の左下に表示されています。

3.あとで返信しようとしてそのまま忘れてしまっている

たまたまコメントが来たタイミングが忙しかったり、外出中だったりすると、あとで返そうとアプリを閉じてそのまま忘れてしまっていることもあります。また、質問が商品を実際に見ないと確認できない内容だと、出先では返事ができないこともあります。

この場合は、返事をしたくないというわけではないので、思い出せば返してくれる可能性もあります。ただ、いつ返事が来るかは出品者次第なので、この場合も2日以上返事がないようであれば他の商品を検討しても良いでしょう。

4.大幅な値引き交渉が不快だった

大幅な値引きを提案されたことに不快感を覚え、返信をしない出品者もいます。

出品者は、送料や手数料などを加味して出品金額を決めているので、あまりにも大幅な値引きの提案は失礼にあたる場合があります。そのため、定価などを調べて、本当に失礼な値引きではないかよく確認してからコメントを送ることが大切です。

また、出品者によっては値引き交渉自体断っている人もいます。コメントをする前にプロフィールや商品説明に「値引き不可」などの記載がないか確認するようにしましょう。

5.評価が悪い人には購入して欲しくないと思っている

もし、あなたに悪い評価が多く付いている場合、出品者によっては商品を購入して欲しくないと感じコメントを返さない可能性があります。なぜなら、悪い評価が多い人との取引はトラブルが起こりやすいため、面倒を避けたいと思うからです。

正直これは仕方のないことなので、悪い評価が多くついてしまっている人は、その原因をよく考え、良い評価を増やすように努めましょう。

6.コメントの文面が失礼

コメントされた内容が出品者にとって失礼なものだと、返信をしない人もいます。相手の顔が見えない文面でのコミュニケーショは、誤解が生じやすいものです。本人に悪意はなくても言葉選びを間違えてしまうと、相手に不快な思いをさせてしまいます。

出品者の中には、コメント削除や、送ってきたユーザーをブロックすることもあります。場合によっては言い争いなどのトラブルに発展する可能性もなくはありません。

相手と最後まで気持ちよくやりとりをするためには、

・タメ口は使わない
・顔文字を多用しない
・あいさつをちゃんとする

といった点に気をつけてコメント作成しましょう。

コメントを送る際は、送信ボタンを押す前に自分のコメントをもう一度読んでみて、相手が不快に思う箇所はないか、伝わりやすい文章になっているかを確認してから送るようにしましょう。

7.過去に取引した時の印象がよくなかった

出品者が以前にも取引をしたことがある相手の場合、前回の取引であなたに悪い印象を持ち、わざと返事をしないということも考えられます。もしそうであれば、いくら待っても返事が来る可能性はないでしょうし、今後その人から商品を購入することも難しくなるでしょう。

通常であれば、リピーターは出品者にとって有難いものです。継続的な関係を築けるように、どんな取引も毎回丁寧に対応することを心がけましょう。

メルカリのコメント返信が来ない時の対応は?

出品者からコメントが返ってこない理由はわかったかと思いますが、実際に返信がなかったときにどんな対応をすれば良いのでしょうか?

ここでは、購入者と出品者それぞれの対応をご紹介します。

購入者側ができること4つ

購入者側ができる対応は以下の通りです。

・時間を置いてもう一度コメントを送る
・2日くらい待ってみる
・あきらめて他の商品を探す
・出品者をブロックする

どうしても返事が欲しい時は、半日くらい置いてもう一度コメントを送ってみるか、2日くらい返事を待ってみると良いでしょう。気づいていないだけや、返事を忘れているだけであれば返ってくる可能性はあります。

それでも返事がなければ、その出品者からの購入はあきらめ、他の商品を探しましょう。コメントをちゃんと返さない出品者は、誠意のあるやりとりや取引をしてくれない可能性もあるので、ブッロクするのも一つの手です。そうすればその出品者に気づかず商品を買ってしまう心配もありません。

出品者側ができること4つ

出品者側ができる対策は以下の通りです。

・時間を置いて「返事がなければコメントを削除します」とコメントを送る
・2日くらい待ってみる
・諦めてコメントを消す
・相手をブロックする

特に、値引き交渉などを断った後のコメントは来ないことが多い傾向にあります。基本的にできることは購入者側と同じですが、コメントの削除は出品者にしかできません。不快に感じればコメントを削除してもいいでしょう。

メルカリ購入のシチュエーション別コメント例文

出品者から返事を貰うためには、丁寧なコメントが重要になります。ただ慎重になりすぎると堅苦しい印象の文面になるので注意が必要です。

ここではメルカリ初心者でもすぐに活用できる、シチュエーション別の例文をご紹介していきます。

商品の在庫確認コメント

出品から時間が経っている商品は、念のため在庫確認をしておいた方がいいでしょう。また、商品説明に「購入前に在庫確認をお願いします」などと書かれていることもあるので、その場合もコメントが必要です。

例文
「初めまして。こちらの商品を購入したいと思っているのですが、まだ商品は残っているでしょうか?よろしくお願いいたします。」

まずは、「初めまして」や「こんにちは」などの挨拶から始めます。挨拶があるかないかで印象は大きく変わるので、忘れないようにしましょう。顔文字や記号は使いすぎ注意です。もし出品者が顔文字や記号付きで返信をしてきたら、その後は相手に合わせて適度に使いましょう。

信頼できる出品者か確認するためのコメント

出品者選びに慎重な人は、購入前にコメントを送り、相手の対応を見てみるのも良いでしょう。

例文
「初めまして。こちらの商品を購入したいと思っています。このまま手続きさせていただいてもよろしいでしょうか?よろしくお願いいたします。」

正直、購入前の確認メッセージはいらないし面倒臭いと思う出品者は多いです。ですが、そんなコメントにも、丁寧に早く返事をしてくれる出品者は信頼度が高いと言えるでしょう。

値引き交渉のコメント

メルカリを利用する上で、せっかくならお目当ての商品を少しでも安く購入したいですよね。ただ、交渉は言葉遣いを間違えると、出品者を不快にさせてしまうこともあるので、丁寧に行いましょう。

例文
「初めまして。こちらの商品を購入したいと思っています。恐れ入りますが、◯◯◯円までお値引きしていただくことは可能でしょうか?もし可能であれば即購入させていただきたいです。ご検討よろしくお願いいたします。」

金額は具体的に指定すると、承諾してもらいやすくなります。交渉が成立したらお礼のコメントを送り、他のユーザーに購入されてしまわないように速やかに購入手続きをしましょう。

また、断られたとしても「かしこまりました。もう一度検討させていただきます。ありがとうございました。」などと丁寧に返事をしましょう。無視をしてしまうと、ブッロクされ今後その出品者と取引ができない可能性があるので絶対にやめましょう。

受け取り評価のコメント

取引が始まり、商品が到着したら中身の確認をしましょう。もし商品に問題がなければ、受け取り評価を行います。お互いが評価を送ると取引が完了です。

例文
「この度は迅速で丁寧な対応ありがとうございました。またご縁がありましたらよろしくお願いいたします。」

今後また取引があった時のためにも丁寧にお礼の評価コメントを送りましょう。

メルカリ販売の値引き交渉対応の例文

交渉のコメントにどう返事をすればいいか悩む出品者は多いのではないでしょうか?ここでは、値引きを承諾する場合と断る場合の例文をそれぞれご紹介します。

どちらを選択しても次の段階・取引につながるような対応が大切です。是非参考にしてみてください。

値引き交渉を承諾するコメント

値引額に問題なければ、速やかに承諾の返信をしましょう。

例文
「初めまして。コメントありがとうございます。お値引き可能ですので、〇〇円に変更させていただきます。ご確認いただけましたらご購入手続きをお願いいたします。」

中にはすぐに手続きをしてくれない購入者もいます。損をしないために、コメントが返って来てから金額変更するのもおすすめです。その時は、「確認のコメントをいただき次第、金額変更をさせていただきます。お返事お待ちしております。」と送って返事が来るのを待ちましょう。

もし返事を待つのが面倒であれば、専用出品(取り置き)もおすすめです。専用出品とは「〇〇様専用」というページを新たに作り、そのページで購入してもらう方法です。これはメルカリの正規ルールではなくユーザーの独自ルールです。専用出品にすれば他のユーザーが購入してしまうことも少なくなります。

値引き交渉を断るコメント

もちろん値引きが難しい場合は断っても問題はありません。ただ、できないからといって無視をすると、相手の気分を害しトラブルに発展する可能性もあるので、必ず返信はしましょう。

例文
「初めまして。コメントありがとうございます。大変申し訳ありませんが、送料や手数料の都合でお値引きは難しいです。ご希望に添えず申し訳ございません。よろしくお願いいたします。」

商品の購入を検討してくれたことに感謝の気持ちと、希望に添えず申し訳ないという気持ちを伝えます。断ったとしても、元の金額のまま購入してくれる人もいるので、「またお願いします」などの文章は不要です。

まとめ

いかがでしたでしょうか?今回ご紹介した出品者から返事がない理由を覚えておくと、早い段階で諦めがついて次の取引に進めたり、取引をしないほうがいい人の判断材料になったりもします。

また、こちらでご紹介した返信例文を使っていただけば相手に丁寧な印象を与えられるので、特に返信の文面に悩みやすい初心者さんにはぜひ参考にしていただきたいです。

どんな場面・相手でも誠意を持ってやりとりをすることはとても大切です。ぜひこの記事を読み返して、気持ちよくメルカリを利用してください。

ところで、ビジネスで成功するためには独学よりも体系化された教材やサービスを活用して学ぶ方が結果が早く出ます。

ここではアクシグ編集部が予め登録した上で責任者に直接取材をし、有用性を確認した教材やサービスのみを厳選してご紹介します。無料ですのでお気軽にご登録またはご相談ください。

【期間限定公開】物販の教科書

初心者から上級者まで成功事例を完全網羅!物販を仕組み化で安定して稼ぐ方法を実例を交えて解説します。

  • 物販の各ジャンル別の実践マニュアル
  • 売上伸び悩みを解消する高収益型ビジネス
  • 物販を自動化して自由な時間を得る秘訣
  • 安定資産で複数の収益源を生み出し構築する方法

その他、タメになる情報が盛りだくさん!

あなたのビジネスを成功させるために、今すぐ限定情報を入手してください。

【漫画で分かる】無在庫輸入物販ビジネス

アメリカやヨーロッパの商品を日本の「Amazon」などで 受注をしてから仕入れる無在庫方式の販売方法を解説しています。

  • まとまった資金がなくてもスタート可能!
  • 取り寄せ式なので大量の在庫を抱えなくて良い!
  • ネットで完結なので自宅でできる!

1つの商品の販売で1万円以上の利益を得ることもでき、 効率良く手元の資金が増やすことができます。

あなたもぜひ無在庫欧米輸入ビジネスで、 堅実な収入の柱を一緒に作りませんか?

【無料相談】Biz English

ビジネス英語は3ヶ月でマスターできます!

インターネットの買い物に慣れてくると、アメリカのアマゾンやeBayで購入したり出品したりしたくなるでしょう。英語ができなくてもGoogle翻訳やDeepLなどのツールを使えば始めるのは簡単です。

ところがクレームや返金などが発生すると機械翻訳では上手く交渉できません。金額が大きくなりビジネスレベルになるとなおさらリスクが高くなります。

ビズイングリッシュはビジネス英語専門の英会話スクールです。受講生は全くのゼロから英語でアカウントを復活させたり、海外の展示会で交渉に成功したりと幅広く活躍をしています!

今すぐビジネスレベルの英語力を身につけましょう!