メルカリで意外と高く売れるもの10選!商品を売れやすくする方法もご紹介

多くのユーザーが利用しているメルカリ。出品されている商品の中で「こんなものも売れるの!?」と驚くものも少なくありません。この記事では、メルカリで意外と高く売れる商品10選と売れやすくするための5つのテクニックを紹介します。

本来なら捨ててしまうものでも、意外と売れるものがあります。この記事を読んで、手元にある使っていないものや放置しているものを出品してみましょう。

目次

意外と高く売れる商品10選

メルカリでは、「こんなものが高く売れるの!?」と驚く商品もあります。この項目では、意外と高く売れる商品を10個紹介します。

自動車、オートバイ

メルカリでは、自動車オートバイも出品可能です。これらを出品する際は、車検証などの必要書類の準備や車の引渡日の調整などで、購入者と密にやり取りをする必要があります。

とは言え、出品者にとってはメルカリの手数料は安く、価格も自分で設定できるため、中古車販売店に手数料などを支払って売却するよりも高く車を売れる可能性があります。車検期間がまだ残っていたり、直接引渡しで送料を支払う必要がなかったりする場合は、より高く売れるかもしれません。

車やオートバイの本体だけではなく、タイヤのホイールなどのパーツも盛んに取引されています。 これらの出品にはいくつか注意点があるので、出品する際は必ずメルカリガイドを確認しておきましょう。

参考:自動車本体の取引について – メルカリガイド

昔遊んでいたおもちゃ・ゲーム

あなたや子どもが小さかったときに遊んでいたおもちゃやゲームが、家に残っていませんか?実は、子どものときに遊んでいたおもちゃやゲームが、廃盤などでコレクターたちの間でレアなものになり、高く売れることがあります。ここでは、おもちゃ・ゲームそれぞれで、高く売れている例を紹介します。

レゴブロック

レゴブロックは長年人気のあるおもちゃですが、商品は発売から2~3年で廃盤になるため、廃盤になったレゴがプレミア化することがあります。「レゴ投資」という言葉が生まれているぐらいです。レゴブロックのセットがなくても、レゴのキャラクター人形が残っていれば1つだけでも売れる可能性はあります。

ファミコンのカセット

1980年代に人気を博したファミコン。その中でも、当時そんなに人気がなかったゲームのカセットは出回っている数が少ないため、コレクターたちの間でプレミアになっています。「スノーブラザーズ」や「バイオミラクル ぼくってウパ」などのタイトルが、1万円以上の値段で取引されていることもあります。

さらに、箱が残っていたりキレイな状態で保管されていたりする場合には、さらに何倍もの値段になることもあります。他にも、カードゲームの遊戯王カードなども、一部のカードが数千円~数万円で取引されており人気です。

カメラ本体、周辺機器

カメラ本体や周辺機器も高く売れる商品の一つです。カメラ本体やレンズなどは新品で購入すると高額なので、「中古品でいいから安く買えないかな」と調べて購入する人もいます。カメラを趣味としている人も多く、中古品でも十分使えるので高く売れます。

また最近では、レトロな写真を撮れるということでフィルムカメラも人気です。一眼レフほど高値で売れているわけではありませんが、いらない物を売る分には十分な価格で売れます。家に古いカメラが残っていれば、一度出品してみてはいかがでしょうか。カメラや周辺機器は精密機械なので動作するか、傷などはついていないかなど、商品の状態に関する情報は出品する際、詳細に記載しましょう。

壊れている家電・電子機器

壊れている家電や電子機器は「壊れていても、直して使いたい」という人に「ジャンク品」として高く売れることがあります。家電や電子機器が壊れてしまうと捨てるしかないと思ってしまいがちですが、出品してみると意外に売れるかもしれません。

他に、壊れていないものの片方を失くしてしまったワイヤレスイヤホンなども需要があります。「AirPods」のようなブランド品になると持っている人も多く、その中には同じように片方を失くしてしまったり壊れたりして「片方だけのイヤホンが欲しい」と思っている人もいます。そのため、出品されれば数分で買い手が見つかることも。 家電などが壊れたら捨てるしかないと思ってしまいますが、意外と売れます。

ベビー用品

ベビー用品も、予想外の高値で売れます。ベビーベッドやベビーカーなどの大きめのベビー用品は使用期間が短く、新品で購入するよりも中古品で状態がいいものを探している人が多いです。

他にも、ニューボーンフォトのためのベビー服や、「お食い初め」で着る子ども用の袴など、1回しか着ないような服も人気です。ベビー服なども金額はさほど大きくはないですが、数回しか着ないため購入金額と同額ぐらいで売れることもあります。

ファストファッションブランドの服

ユニクロや無印良品などファストファッションブランドの服も、一部高値で取引されているものがあります。ファストファッションブランドの服は元々価格設定が安いため、「高く売れないのでは?」と思う方も多いでしょう。

しかし、アニメや他ブランドとのコラボ商品や、人気がありすぎて即完売して再入荷していないものは、高く売れる可能性があります。購入できなかった人たちがフリマアプリで探しており、購入金額を上回る金額で取引されている例も存在しています。

途中で使わなくなったコスメ

使いかけのコスメも人気です。理由は、テスター感覚で使ってみたいと思う人もいるからです。せっかく買ったコスメが肌に合わなかったり、色合いが思っていたものと違っていたりして使いかけのまま置いているものがあれば、出品してみましょう。

期間限定や数量限定発売のもの、人気で即売れしたコスメは、使いかけであっても高く売れる可能性があります。 ただし、化粧品は開封するとどんどん劣化します。使わないとわかったら、早めに出品しましょう。商品説明にいつ購入したのか、開封してどれくらい経過しているかなどを記載すると良いでしょう。

おまけや付録、ノベルティ

おまけでもらったものや雑誌の付録、企業のキャンペーンなどでもらったノベルティグッズなどにも、高値で取引されているものがあります。これらのグッズは、市場で購入できないものなので人気です。

もらったけどあまり興味がなく放置しているおまけや付録が残っている場合、一度出品してみると意外に売れるかもしれません。 ただ、シャネルなどの高級ブランドのノベルティなどを出品する際は、本物であることを証明できるようにしておきましょう。理由は、レプリカなどが出回っていることもあるからです。万が一偽物だった場合、出品削除やペナルティが科されることもあるので、出品には注意が必要です。

工作やハンドメイドで使えるもの

工作やハンドメイドの材料として使えるものもメルカリで人気です。例えば、トイレットペーパーやラップの芯、ペットボトルのキャップ、布のはぎれなどが挙げられます。 トイレットペーパーやラップの芯やペットボトルのキャップは、子どもの夏休みの工作に使うために購入されており、1個2個ではなく数十個をまとめて売られていることが多いです。

なかなか集めにくいという観点から、トイレットペーパーの芯よりラップの芯の方が1個当たりの値段は高く取引されています。キャップも同じ飲料のものをたくさん集めたり、複数の種類をコンプリートしたものは、少し高く売れています。

布のはぎれは、パッチワーク用など大きな布が必要なく、いろんな種類の布が欲しい人に人気です。さまざまな柄の布のはぎれが、まとめ売りされています。このように、本来捨てるはずのものをたくさん集めて出品すると、意外にも高く売れることがあるのです。

ブランドの紙袋や空箱

ブランドの紙袋や空箱は人気商品で、中でもシャネルやディオールなどの高級ブランドの紙袋は、より人気があります。1枚だけの出品より、複数枚まとめて出品している人が多いです。出品する際は、紙袋や箱のサイズがどれくらいかを記載しておくと、購入者にとってもわかりやすくて売れやすいでしょう。

商品が売れやすくなる5つのテクニック

これまではメルカリで意外に高く売れる商品についてご紹介しました。この項目では、出品した商品が売れやすくするための5つのテクニックを解説します。本項でテクニックを使って売り上げをアップさせましょう。

売れる時期・時間帯に出品する

メルカリに商品を出品する際は、時期や時間帯を意識することが大切です。

時期

季節を先取った時期に出品するようにしましょう。メルカリのユーザーは「今すぐ使いたい」という思いで購入する人が多いです。

ダウンなどのコートは本格的に寒くなってくる前の10月~11月ごろに、またカメラグッズなどは運動会シーズンや行楽シーズン前に売れやすくなります。中でもファッションアイテムは、出品する時期が大きく影響します。 早く売りたい場合は、その商品が必要になる少し前の時期に出品するのが好ましいでしょう。

時間帯

メルカリの商品は出品順に表示されるため、買ってほしいユーザーが多く見ている時間帯を狙って出品すると売れる確率が上がります。各ユーザー層の主な利用時間は以下のとおりです。

主婦:午前中、14時~16時

学生:16時~19時、21時以降

サラリーマン:18時以降

あなたの出品したい商品はどのような人が買いそうかを考え、その人がメルカリを見ている時間に出品します。特にターゲットがない場合は、見ているユーザーが多い夜の時間帯に出品すると良いでしょう。また、平日よりも週末の金曜日や土日に出品すると、見ているユーザーも多く売れやすくなります。

商品の説明を詳細に書く

商品名や商品説明は詳しく丁寧に書きましょう。その理由は以下の2つです。

検索でヒットしやすくするため

ユーザーが検索機能を使ったときにヒットするような文言を入れておくと、ユーザーの目に触れるチャンスが高くなります。出品していてもユーザーに見られなければ、売れることはありません。商品名にはブランド名・型番などを入れて、検索で見つけやすくしましょう

購入を後押しするため

ユーザーは購入するかどうかについて、商品説明を読んで決めます。商品説明には、購入時期や使用期間、傷の有無を詳しく書きましょう。それに加えて、どういう場面でこの商品が活躍するかなどを記載すると、ユーザーも購入したあとのイメージができるので、購買意欲が上がります。 購入者目線に立って、買いたいと思われるような商品説明を書きましょう。

写真をキレイに撮る

商品説明と同様にユーザーが購入の判断材料にするのが、商品の写真です。特に1枚目の写真はタイムラインや検索結果に表示されるので、商品が分かりやすくキレイに写っているものを選びましょう。 背景は、商品以外が写らないようにして明るい場所で撮影すると、商品が際立って魅力的な写真になります。

商品全体の写真以外にも、傷などがある場合はその箇所やタグ、説明書などがあればそれらの写真も撮影しましょう。 また、出品する前には他の出品者がどのような写真をあげているのかを見て、参考にしてください。その上で、あなたが撮影した商品の写真の中から、あなた自身が「買いたい」と思える写真を載せましょう。

送料を出品者負担にする

商品を売れやすくするためには、送料を出品者負担に設定しましょう。ユーザーは「送料込み3,000円」と「送料別3,000円」だと、送料込みの方がお得に感じて購入される可能性が高くなります。

メルカリでは、ほとんどの出品者が「送料込み」を選択しています。また、配送方法も「匿名配送」にしましょう。個人情報を知られたくないという思いから、匿名配送を希望するユーザーは多いです。

まとめ売りする

なかなか商品が売れなかったり、1つでは単価が低かったりするものは、まとめ売りも検討してみましょう。

例えば絵本は、よっぽど人気のある物でない限り、1冊だと売れにくいです。その場合は、他の絵本もまとめて出品してみましょう。購入するママにとっては、1冊だけでなく他の絵本もあると飽きません。このように、ユーザーのニーズを考えてまとめ売りにするのも手段の一つです。

商品がなかなか売れなくて悩んでいる場合は、他の出品者の商品を見て、どのような出品の仕方をしているのか研究してみてください。

まとめ

この記事では、意外と高く売れるもの10選と、商品を売れやすくするための5つのテクニックを紹介してきました。壊れているものやいつもは捨てているものが欲しい人もいます。それらのものは捨ててしまえば0円ですが、メルカリで出品して売れればお小遣いになります。

また、商品はむやみに出品していても売れません。分かりやすい写真やユーザーのニーズに合わせた提案など、ちょっとしたテクニックで売れやすくなります。ぜひこの記事で紹介したテクニックを使って商品を出品してみてください。

よかったらシェアしてね!
  • URLをコピーしました!
  • URLをコピーしました!

この記事を書いた人

ビジネスのノウハウを実践ベースで徹底的に追求するのがアクシグ。
世界で最も専門的で網羅的なコンテンツを提供し、ノウハウを惜しげもなく提供していきます。

目次