物販

必見!転売のためのオススメ仕入ルート

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • Pocket
  • LINEで送る

転売商品の仕入先は決まっていますか。安定して利益を出していくためには、決まった仕入ルートがあるということが重要です。今回は、転売でオススメの仕入ルートについてご紹介します。

ネット転売での仕入ルートの探し方

転売には、国内で仕入れて国内で販売海外で仕入れて国内で販売国内で仕入れて海外で販売という3通りの方法があります。

ネット環境が整った現在では、初心者でも簡単に商品の売買ができるようになりました。ヤフオク・メルカリ・Amazon・ラクマなどは有名ですよね。

ネット転売のメリットは、店舗や人件費が必要ないということです。大きな資金を用意することなく「やろう」と思えばすぐに始めることができます。ただ、問題になってくるのが「どんな商品を売るのか」「何が儲かるのか」ということです。
ネット転売の仕入ポイントや注意点についてお伝えしていきます。

国内で仕入れて転売するには

基本的な転売先はAmazonになります。ネット転売では、ヤフオクやメルカリなどで仕入れて、Amazonで売る方法が多いです。

ヤフオクやメルカリなどに出品されているもので「もっと高く買う人がいるのに!」という商品があります。このように、あまりにも安い価格がついた商品を仕入れて、再度適正な価格で販売することで利益になります。
また、Amazonはグローバル企業という安心感があり、誰でもが出品できる「マーケットプレイス」は圧倒的な集客力があります。ヤフオクやメルカリなどよりも高値で販売できるのです。

販売している商品の管理・発送・返品対応・カスタマーサービスをAmazonが代行するFBAというシステムを使えば「お急ぎ便対応サービス」などを利用することもできます。また、プライムマークを表示することができるので、検索結果で上位に表示されやすくなります。

今や、ネット販売は数えきれないほどのショップがあります。ネット転売で成功している人はなにか特別な仕入ルートがあるのかというとそうではなく、皆さんが知っているところばかりです。

メルカリやヤフオクでは、新品も売っていますが、実際に見てみると傷があったり使用感がある場合もあるので、ネット上の取引では気になった点はしっかりと質問することが大切です。おもちゃやフィギュアのように、それ自体だけではなく箱にも価値があるような場合も、箱に傷がないかチェックしてください。

中古品は、ヤフオク・メルカリなどのネット取引・CtoCで仕入れるか、実店舗で仕入れる方法があります。

中古品で高く売れるのは、やはりマニアに需要があるプレミアム価値の高い商品です。このようなマニア向けの商品は、ヤフオクで扱われていることが多いようです。例えば、マニア向けの商品をメルカリで安く仕入れ、ヤフオクで転売するという方法もあります。ライバルが少ない分野を開拓することで、他の競合者と差別化することができます。

海外で仕入れて国内で転売するには

転売で大きな利益を出すには、需要に供給が追い付いていない「バランスの悪い」商品を売ることです。

問題となっている行為ですが、歌手のライブ限定グッズの転売などがそれに当たります。限定グッズを大量購入した人が、買ったそばから会場や、ヤフオク・メルカリで売って利益を出します。このやり方だと、「3000円で購入したTシャツが3万円で売れた」というようなことも出てきます。これはこれでビジネスとして成り立っていますが、悪質な場合「違法な出品」としてアカウントを削除されてしまうこともあります。

そこで、需要があるのに供給が少ない「バランスの悪い」商品として、海外の商品を仕入れてみましょう。日本では手に入りにくい海外商品がおすすめです。ただ、海外に買い付けに行く場合は、旅費や関税・言葉の問題があるので、なんとなく難しそうなイメージがありますよね。そんな時は、直接海外に仕入れに行くのではなく「ebay」というサイトを利用してみましょう。

ebayとは、世界最大のネットオークションサイトで、欧米をはじめ主要各国で利用されています。日本にいながらにして世界中の商品を仕入れることができます。ただ、ebayは品数が非常に多いので、しっかりとリサーチしてからでないと何を仕入れていいか分からなくなってしまいます。

まずは、ヤフオクで売れ筋の商品を調べてみましょう。その中で日本で扱っていないものがあれば、利益が出る商品です。需要があるが供給が少ないブルーオーシャンを見つけましょう。

ebayから商品を仕入れる際には、送料と関税も考慮しましょう。

おすすめとしては、小さくて軽い商品です。「いいな」と思った商品が5000円でも、送料が1000円だと購買意欲が落ちてしまいますよね。送料がかかることはネットショッピングでは仕方のないことですが、小さくて軽い商品は送料が安い分、売れやすい傾向があります。また、革製品は関税が高いので仕入れてもあまり利益にならないことが多いなど、事前のチェックが必要です。

国内で仕入れて海外に転売するには

せっかく日本にいるなら、日本独自の商品を海外に売ってみるのはいかがでしょうか。その際には、Amazonかebayを利用します。

ebayでは、日本独自の商品が売れやすい傾向があります。例えば、古臭いメイドインジャパンのタグが付いた製品や日本で先行発売されるゲームやフィギュアなども人気があります。日本価格の2倍以上で売れることもあるお宝市場です。

ebayは、公式には認められていませんが、無在庫販売をすることもできます。商品が売れてから仕入をすれば、先にお金がかからないので元手ゼロでも始めることができます。

海外への転売で問題になるのが送料です。購入してもらいやすいように、送料無料と書いても、思いのほか送料が高いということがあるので、しっかりと計算しておきましょう。関税については、購入者負担なので心配する必要はありません。

実際の転売ヤーの仕入れのコツ

ここまで説明してきたように、転売商品を仕入れるのは意外と簡単です。しかし、どんな商品を仕入れるのかが問題です。

どうしたら利益が出るのか、ライバルの少ない商品を見つけることができるかが、多くの転売ヤーの悩みです。

仕入れる商品さえ決まれば、繰り返し仕入れればいいだけなので簡単です。仕入れが短時間でできるようになるので、効率よく利益を出すことができます

転売商品の仕入れ方法

たくさん売れて、かつ利益が出る商品をどのようにしてリサーチすればいいのでしょうか。リサーチの方法を紹介します。

例えば、スマホケースをメルカリで検索してみます。メルカリの出品者のコメントを注意して見てみると「新品」「未使用」というものがあります。

これと同じ型番のスマホケースをAmazonで検索すると、もっと高い価格で売っている場合があります。

これをメルカリで仕入れて、Amazonで転売すれば利益になります。メルカリなら、値引き交渉もできるのでさらに安く仕入れることも可能です。
Aapple製品は、人気があるので、関連品も常に売れているのでチェックしてみてください。

同じようにして、スマホケースで検索をかけると、市場価格よりかなり安く売っているものをまた見つけることができます。

店舗の商品をピックアップしてリサーチする

1番いい方法は、店舗をくまなくリサーチすることです。そうすることによって知識が蓄えられ、売れる商品を見つけやすくなります。できれば5店舗以上リサーチをするのが理想的です。

しかし、そんなことをしていると時間がもったいないですよね。そんな時は、なにか1つの商品に絞るのがおすすめです。例えば、ワゴンセールの商品をリサーチする・スマホケースをリサーチするなどです。そうすることによって、本来は数時間かかるはずの時間を、数十分程度に抑えることができます。さらに、ジャンルを絞ってリサーチすることによって売れ筋商品を把握しやすくなります

情報を仕入れに行っているという意識をしっかりと持つことも大切です。周りに店があまりないという場合は、少し遠出して店が集まっている地域で仕入れをしましょう。数店舗が一ヶ所に集まっている場所の方が効率よくリサーチすることができます

仕入れ商品の知識を蓄える

このようにしてリサーチして仕入れた商品が、頭の中に知識として蓄積されていきます。1度商品を仕入れてしまえば、その後の仕入れも簡単です。

実店舗で購入できるものは、ネットでも仕入れることができるので、ヤフオクなどを使って安いものを見つけましょう。

実店舗での仕入法

ネット仕入だけではなく、ディスカウントストアやリサイクルショップなどの実店舗での仕入もしてみましょう。実店舗での仕入れは、実際に商品を見たり触ったりできるということがメリットです。

ディスカウントストアでの仕入

ドン・キホーテは、日本最大級のディスカウントストアとして有名です。数年前には、ドン・キホーテの目玉商品やワゴンに山積みにされている商品を大量購入して、転売するという方法がはやりました。

コストコも輸入商品やさまざまなオリジナル商品があります。このようなディスカウントストアでしっかりとリサーチすれば、高利益を出してくれる商品が見つかるはずです。

スーパーマーケットでの仕入

品数が多くて安いSEIYU・イオン・アピタなどの大型スーパーで仕入れをする方法もあります。定期的に開催されるセールや大型店特有の在庫一斉処分も狙い目です。

スーパーの仕入れは、一時話題になったのでライバルの多い仕入方法ですが、リサーチ次第で売れる商品を見つけることが可能です。

リサイクルショップでの仕入

ゲオ・セカンドストリート・ハードオフなどのリサイクルショップでも仕入れをしてみましょう。競合相手の少ない地方のリサイクルショップは、価格の安いものがある可能性が高いので狙い目です。

本の転売をするのなら、ブックオフはぜひ押さえておきましょう。ブックオフは、全国のブックオフ(一部店舗除く)で、本が全品20%オフになるセールを定期的に開催しています。毎年、正月・GW・お盆の期間中に開催されるので、その時期には普段より安く本を仕入れることができます。

また、ブックオフには通称・赤棚と呼ばれる本棚があるのですが、これは買取直後のまだ店の本棚に並べる前の本が入っています。ライバルがまだチェックしていないので、利益の出る商品がある可能性があります

最近は、本の電子書籍化が進んできており、高価格で販売することが難しいのですが、このようにセール中に安く仕入れられれば利益を出すことができます。

利益を倍にする!転売商品のオススメ仕入先

メルカリやヤフオクで仕入れをしている方は、Aliexpress(アリエキスプレス)・NETSEA(ネッシー)・SMASELL(スマセル)を利用するのもオススメです。それぞれの特徴を紹介します。

Aliexpress(アリエキスプレス)とは

アリエキスプレスとは、中国の商品を直接激安で仕入れられるショッピングサイトです。100%英語表記で、日本語翻訳機能もあるので、中国語が分からなくても仕入れることができます。

Aliexpress

 

豊富な品数で、日本では手に入れることができない珍しい商品やまだ市場に出回っていない商品もあるので、利益の出る商品を見つけることができます

日本語版サイトを使えば、簡単に仕入れることができるので、初心者にもおすすめです。

NETSEA(ネッシー)とは

ネッシーは、卸売を行う業者から直接仕入ができるネットショッピングサイトです。2006年に始まったサービスで、かつては個人でも登録できましたが、現在では法人・個人事業主以上のユーザー限定となっています。

NETSEA

ネッシーは、日本最大級の卸ショッピングサイトです。日本人向けの高品質な商品を仕入れることができるので、仕入れをする際はチェックしてみましょう。

SMASELL(スマセル)とは

スマセルとは、企業・法人間で商品を売買することができるショッピングサイトです。在庫を早く・効率よく・かなりの安値で仕入れることができます。

SMASELL

基本的には、企業間で取引されるBtoBのサービスですが、個人事業主向けにも卸販売をしています。

知名度がまだ低く、利用しているユーザーが少ないので、儲けられる商品を見つけやすいです。ライバルと商品が被るということも防げます。

メルカリでの転売でおすすめのサイト

基本の販売先としてAmazonを紹介しましたが、Amazonから仕入れてメルカリで売る方法もあります。メルカリでの転売商品の仕入先としておすすめのサイトと仕入方のコツを紹介します。

Amazonからの仕入

2014年にAmazonでは、中国からの輸入品を販売するというスタイルが流行しました。その結果、市場に商品が余り、中国輸入商品が値崩れを起こしているものがあります。またノーブランドで検索すると、「売れればいいや」という海外業者がとても安く売っている商品を見つけることができます。

取り扱いカテゴリーは、DVD・キッチン用品・ペット用品・食料品・本と幅広いので目当ての商品を見つけることができます。

Qoo10からの仕入

Qoo10

Qoo10とは、ファッションからコスメ・スポーツ・ベビーまで何でもそろう通販サイトです。特に若い女の子に人気の韓国ファッションコスメが出品されています。在庫処分品が多いので、非常に安く仕入れることができますが、海外発送のため到着まで時間がかかります。
先に出品するのではなく、しっかりと商品が手元に来てからメルカリなどで販売しましょう

ヤフオクからの仕入

ヤフオク!

ヤフオクで仕入れた商品を、メルカリで販売する方法もあります。ヤフオクとメルカリユーザーは、被っていないことが多いので価格差が生まれやすいのです。

ブランド品であればバック、ファッションなら時計、スポーツなら自転車などで検索してみましょう。ヤフオクで仕入れて、メルカリで高く売れやすいのはレディースファッション関連です。

その他のメルカリ転売での仕入おすすめサイト

ここまで紹介してきた仕入先の他に、使いやすいサイトとしてICHIOKU.NET(イチオクネット)、エキセントリックコマース、未来問屋を紹介します。

ICHIOKU.NET(イチオクネット)での仕入

ICHIOKU.NET

ICHIOKU.NETとは、ファッションや雑貨を取り扱うBtoBの仕入サイトです。利用するには、まず初めに「小売業者」か「卸業者」かを選択して登録する必要があります。

登録は無料で、1点から仕入をすることが可能です。主にファッションや雑貨を扱い、メンズ・コスプレ衣装やドレスなどもあります。また、50枚程度~オリジナル商品を作ってくれます。他サイトのように、500枚~などの大きい単位ではないので注文がしやすくなっています。

ICHIOKU.NETは、ファッション・雑貨しか取り扱っていませんが、その分他にはない個性的な商品がたくさんあります。また、売り切れていてももう一度生産してくれるなど柔軟に対応してくれるので、ネット販売の仕入先としてはとても利用しやすいです。ICHIOKU.NETのバイヤーが中国や韓国に仕入れに行き、定期的に新しい商品に入れ替わるのもポイントです。

エキセントリックコマースでの仕入

エキセントリックコマース

エキセントリックコマースは、ビューティー・健康・雑貨などの商品を幅広く取り扱っているサイトで、最低1個から仕入れることができます。新規取引の問い合わせや見積もりも気軽にできるので、安心して仕入れることができます。

未来問屋での仕入

未来問屋

未来問屋は独自のリサーチ網で、トレンドの商品を取りそろえたネット販売に特化した卸サイトです。1点から仕入をすることができ、ヤフオクなどに適した商品データをダウンロードできるなどサイト運営支援も積極的に行っています。在庫を持たない・商品の発送を代行してくれる「ドロップシッピングサービス」があるので、在庫を置く場所がない個人でも利用しやすいです。

まとめ

ネット販売が主流になりつつある昨今、ネットビジネス業界は急成長しています。ここまで紹介してきたサイトを利用し幅広くリサーチすることで、利益になる商品を見つけていきましょう

無料動画|アクシグ流 物販ビジネス大全
資金ゼロでネット物販を成功させる全手法


物販ビジネスで稼ぎたいけど、どうやって始めたらいいかわからない、売上が思うように伸びないなど悩んでいませんか?

本映像では実績をあげた成功者の経験をもとに、

  • 現在の収入にプラス5万円の副業収入を獲得した「不用品販売」
  • わずか25歳で年商2億円を稼いだ「eBay輸出」
  • 1日2時間弱の作業で月収70万円を突破した「Amazon輸出」
  • 本業の傍らたった半年で月100万円を達成した「中国輸出」
  • 知識ゼロから年収2000万円の仕組みを作り上げた「中古品輸入」
  • 利益率70%以上、OLが副業で月30万円を稼いだ「インスタグラム物販」
  • マレーシアに住みながら1つの商品で月商1000万円を売り上げた「中国輸入」
  • 大学生が資金・リサーチ・在庫なしで月収30万円を稼いだ「韓国輸出」
など、さまざまな物販ビジネスでの稼ぎ方を全3時間30分にわたって徹底的に解説しています。




おすすめコンテンツ


資金ゼロでネット物販を成功させる全手法を無料で公開します!


  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • Pocket
  • LINEで送る

【無料】アクシグ流 物販ビジネス大全
資金ゼロでネット物販を成功させる全手法
【無料】物販ビジネス大全
ネット物販を成功させる全手法