必見!転売のためのオススメ仕入れルート

転売商品の仕入先は決まっていますか。安定して利益を出していくためには、決まった仕入ルートがあるということが重要です。今回は、転売でオススメの仕入ルートについてご紹介します。

目次

ネット転売での仕入ルートの探し方

転売には、国内で仕入れて国内で販売海外で仕入れて国内で販売国内で仕入れて海外で販売という3通りの方法があります。

ネット環境が整った現在では、初心者でも簡単に商品の売買ができるようになりました。ヤフオク・メルカリ・Amazon・ラクマなどは有名です。

ネット転売のメリットは、店舗や人件費が必要ないということです。大きな資金を用意することなく「やろう」と思えばすぐに始めることができます。ただ、問題になってくるのが「どんな商品を売るのか」「何が儲かるのか」ということです。
ネット転売の仕入ポイントや注意点についてお伝えしていきます。

国内で仕入れて転売するには

基本的な転売先はAmazonになります。ネット転売では、ヤフオクやメルカリなどで仕入れて、Amazonで売る方法が多いです。

ヤフオクやメルカリなどに出品されている物で「もっと高く買う人がいるのに!」という商品があります。このように、あまりにも安い価格がついた商品を仕入れて、再度適正な価格で販売することで利益になります。
また、Amazonはグローバル企業という安心感があり、誰でもが出品できる「マーケットプレイス」は圧倒的な集客力があります。ヤフオクやメルカリなどよりも高値で販売できるのです。

販売している商品の管理・発送・返品対応・カスタマーサービスをAmazonが代行するFBAというシステムを使えば「お急ぎ便対応サービス」などを利用することもできます。また、プライムマークを表示することができるので、検索結果で上位に表示されやすくなります。

今や、ネット販売は数えきれないほどのショップがあります。ネット転売で成功している人はなにか特別な仕入ルートがあるのかというとそうではなく、皆さんが知っているところばかりです。

メルカリやヤフオクでは、新品も売っていますが、実際に見てみると傷があったり使用感がある場合もあるので、ネット上の取引では気になった点はしっかりと質問することが大切です。おもちゃやフィギュアのように、それ自体だけではなく箱にも価値があるような場合も、箱に傷がないかチェックしてください。

中古品は、ヤフオク・メルカリなどのネット取引いわゆるCtoCで仕入れる方法や実店舗で仕入れる方法があります。

中古品で高く売れるのは、やはりマニアに需要があるプレミアム価値の高い商品です。このようなマニア向けの商品は、ヤフオクで扱われていることが多いです。例えば、マニア向けの商品をメルカリで安く仕入れ、ヤフオクで転売するという方法もあります。ライバルが少ない分野を開拓することで、他の競合者と差別化することができます。

海外で仕入れて国内で転売するには

転売で大きな利益を出すには、需要に供給が追い付いていない「バランスの悪い」商品を売ることです。

昨今問題となっている行為ですが、歌手のライブ限定グッズの転売などがそれに当たります。限定グッズを大量購入した人が、買ったそばから会場や、ヤフオク・メルカリで売って利益を出します。このやり方だと「3000円で購入したTシャツが3万円で売れた」というようなことも出てきます。これはこれでビジネスとして成り立っていますが、悪質な場合「違法な出品」としてアカウントを削除されてしまうこともあります。

そこで、需要があるのに供給が少ない「バランスの悪い」商品として、海外の商品を仕入れてみましょう。日本では手に入りにくい海外商品がおすすめです。ただ、海外に買い付けに行く場合は、旅費や関税・言葉の問題があるので、なんとなく難しそうなイメージがありますよね。そんな時は、直接海外に仕入れに行くのではなく「ebay」というアメリカのサイトを利用してみましょう。

ebayとは、世界最大のネットオークションサイトで、欧米をはじめ主要各国で利用されています。日本にいながら世界中の商品を仕入れることができます。ただ、ebayは品数が非常に多いので、しっかりとリサーチしてからでないと何を仕入れていいか分からなくなってしまいます。

まずは、ヤフオクで売れ筋の商品を調べてみましょう。その中で日本で扱っていない物があれば、利益が出る商品です。このような需要はあるが供給が少ないブルーオーシャンを見つけましょう。

ebayから商品を仕入れる際には、送料と関税も考慮しましょう。

おすすめとしては、小さくて軽い商品です。「いいな」と思った商品が5000円でも、送料が1000円だと購買意欲が落ちてしまいますよね。送料がかかることはネットショッピングでは仕方のないことですが、小さくて軽い商品は送料が安い分、売れやすい傾向があります。また、革製品は関税が高いので仕入れてもあまり利益にならないことが多いなど、事前のチェックが必要です。

国内で仕入れて海外に転売するには

せっかく日本にいるなら、日本独自の商品を海外に売ってみるのはいかがでしょうか。その際には、Amazonかebayを利用します。

ebayでは、日本独自の商品が売れやすい傾向にあります。例えば、古臭いメイドインジャパンのタグが付いた製品や日本で先行発売されるゲームやフィギュアなども人気があります。日本価格の2倍以上で売れることもあるお宝市場です。

ebayは、公式には認められていませんが、無在庫販売をすることもできます。商品が売れてから仕入をすれば、先にお金がかからないので元手ゼロでも始めることができます。

海外への転売で問題になるのが送料です。購入してもらいやすいように、送料無料と書いても、発送の際に思いのほか送料が高いということがあるので、しっかりと計算しておきましょう。関税については、購入者負担なので心配する必要はありません。

転売のメリットと注意したい点

転売は簡単に利益を得られる副業ですが、注意したい点ももちろんあります。ここでは転売によるメリットと注意したい点を紹介します。

転売によるメリット

転売によるメリットは、誰でも気軽に始められるということです。転売を始めるにあたって、専門的な知識は必要ありません。作業自体も空き時間でサクッとできるので、会社勤めの人や主婦の人など本職がある人でも始めやすいというのがメリットです。仕入先や扱う商品によって違いはありますが、自宅で作業が完結する場合もあります。

転売で気を付けたい注意点

転売だけで利益を大きく出そうとすると、数を出品しなければいけません。数を上げようとすると、どうしてもその作業に時間がかかってしまいます。となると、どうしても作業時間を多く確保しなくてはいけなくなり、結果的に負担が大きく感じてしまう場合があります。

仕入れ先によっては転売禁止の場合も

仕入れ先の仕入れサイトによっては、転売を禁止している所もあります。そういった場合、転売目的と判断されると、アカウント停止などペナルティが課せられる事が多いです。なので仕入れ先として長く利用するなら、転売目的とわからないように対策をしましょう。

具体的に疑われる点は、
・同一IPアドレスを使った複数のアカウント取得
・1人○点などの商品を、決済を分けて複数回購入
・家電製品(パソコンetc)などを複数台購入など、一般人ではしないであろう買い物の仕方
などがあげられます。

こういった場合は、初めから家族や外注でアカウント取得をしてもらい、代理で購入してもらう事をお勧めします。

電脳仕入れは赤字に注意

ネット仕入れでは、送料と振込手数料を計算し忘れてしまい、赤字になることがあります。
電化製品などの大きなもの、重たいものは送料が1000円以上になる事が多いので注意が必要です。例えばAmazonで価格相場が2000円以下の物は仕入れ対象外にするのが得策です。
また、ヤフオクなどでは、出品者が送料を決められるので、物が安くても送料が高くて結局赤字になってしまう。なんてこともあり得るので注意しましょう。
逆にいうと、送料や振込手数料の計算さえ間違わなければ、店舗せどりと比べると労力を少なく利益を出すことができます。

出品制限に注意

Amazonで出品する際は、出品制限に注意が必要です。Amazonでは出品するのにメーカーやAmazonに許可を取らないと出品できないものがあります。かといって、出品制限の商品がわかりやすく書いてあるわけではないので、仕入れる前に必ず確認しましょう。
・商品登録画面まで進めたら出品制限なし
・商品登録画面まで進めなかったら出品制限あり
大まかにいうとこのように判断できます。
また、「Amazon Seller」というアプリを使うと出品制限商品を確認することができます。
調べたい商品の名前を検索すると、「出品許可が必要な商品」と表示されるのでわかりやすいです。

不良品に注意

大手が展開している公式オンラインショップなら安心して仕入れができますが、ヤフオクやメルカリなど個人が出品している所からの仕入れは不良品をつかまされることがある為、注意しましょう。評価欄に悪い評価がついていないか、逆に本当に評価があっているのかなど、コメントなどをチェックすると詳細まで知ることができます。万が一不良品をつかまされたり、返金してもらえないなど、トラブルが起こった場合は、事務局に連絡したり、それでも解決しないときは警察に届け出ましょう。

確定申告用に領収書は必ず保管する

電脳せどりは、店舗でのせどりのように領収書を手渡しでもらえるわけではありません。
中には領収書を出してくれるようなショップもありますが、くれないショップもありますので、仕入れにかかった費用がわかるようなクレジット明細や銀行口座の明細などしっかり残すようにしましょう。

実際の転売ヤーの仕入れのコツ

ここまで説明してきたように、転売商品を仕入れるのは意外と簡単です。しかし、どんな商品を仕入れるのかが問題です。

どうしたら利益が出るのか、ライバルの少ない商品を見つけることができるかが、多くの転売ヤーの悩みです。

仕入れる商品さえ決まれば、繰り返し仕入れればいいだけなので簡単です。仕入れが短時間でできるようになるので、効率よく利益を出すことができます

転売商品の仕入れ方法

たくさん売れて、かつ利益が出る商品をどのようにしてリサーチすればいいのでしょうか。リサーチの方法を紹介します。

例えば、スマホケースをメルカリで検索してみます。メルカリの出品者のコメントを注意して見てみると「新品」「未使用」というものがあります。

これと同じスマホケースをAmazonで検索すると、もっと高い価格で売っている場合があります。

これをメルカリで仕入れて、Amazonで転売すれば利益になります。メルカリなら、値引き交渉もできるのでさらに安く仕入れることも可能です。
Aapple製品は、人気があるので、関連品も常に売れているのでチェックしてみてください。

同じようにして、スマホケースで検索をかけると、市場価格よりかなり安く売っているものをまた見つけることができます。

店舗の商品をピックアップしてリサーチする

1番いい方法は、店舗をくまなくリサーチすることです。そうすることによって知識が蓄えられ、売れる商品を見つけやすくなります。できれば5店舗以上リサーチをするのが理想的です。

しかし、そんなことをしていると時間がもったいないですよね。そんな時は、なにか1つの商品に絞るのがおすすめです。例えば、ワゴンセールの商品をリサーチする・スマホケースをリサーチするなどです。そうすることによって、本来は数時間かかるはずの時間を、数十分程度に抑えることができます。さらに、ジャンルを絞ってリサーチすることによって売れ筋商品を把握しやすくなります

情報を仕入れに行っているという意識をしっかりと持つことも大切です。周りに店があまりないという場合は、少し遠出して店が集まっている地域で仕入れをしましょう。数店舗が一ヶ所に集まっている場所の方が効率よくリサーチすることができます

仕入れ商品の知識を蓄える

このようにしてリサーチして仕入れた商品が、頭の中に知識として蓄積されていきます。1度商品を仕入れてしまえば、その後の仕入れも簡単です。

実店舗で購入できるものは、ネットでも仕入れることができるので、ヤフオクなどを使って安いものを見つけましょう。

利益率の高い商品を出品

仕入れにかかった費用と売れたときの値段を比較した際、利益が多いものを利益率の高い商品といいます。利益率の高い商品を多く売ることが効率よく稼ぐコツとなるのです。
たとえ販売価格が安いものでも、利益率が高ければ最終的には多く稼ぐことができます。どの商品が利益率が高く、効率よく稼げるのか徹底的にリサーチをして利益につなげましょう。

自分の得意ジャンルを作る

売れやすい商品や利益が出やすい商品のほかにも、ジャンルはありますが、自分の得意ジャンルを取り扱うことで意欲が高まることがあります。
例えば、自分の興味のないものをリサーチするときよりも、自分の興味のあるものをリサーチするときのほうが、徹底的にリサーチできている事のほうが多いのです。転売にはリサーチ力も大切になってくるので、自分の得意ジャンルを取り扱うのも、一つの強みとなります。

仕入れの際はクレジットカード決済

仕入れの際にはクレジットカード決済をお勧めします。理由としては、仕入れの時にはまとまったお金が必要ですが、まとまったお金がない場合でもクレジットカード決済なら仕入れ商品の購入ができるからです。また、クレジットカードにはポイント付与があるため、多くのポイントがたまり、お得です。ただし、クレジットカードの支払日に支払えない額の仕入れ商品の購入はしないようにしましょう。

安く仕入れできる所のリサーチ

売れそうな商品を見つけられたら、その商品を一番安く仕入れられるところを探します。
実店舗なら販売価格の比較だけで良いですが、ネットショップとなると送料や付与されるポイントについても考えなくてはいけません。

例えば、
・実店舗1は、商品代1,450円でポイントは付かない。
・ネットショップ2は、商品代1,100円で送料350円かかり、ポイントが(商品代の10%)110円相当貰える。
・ネットショップ3は、商品代950円で送料450円かかり、ポイントは付かない。

となった場合、一見ネットショップ3が一番安いのですが、送料とポイントの部分で計算するとネットショップ2が一番安く仕入れられることになります。このように、総合的に考えましょう。

回転率の良い商品を出品

転売では回転率も大切です。回転率の良い商品とは、一定期間に商品が売れた数が多いもののことです。たとえば、在庫が200コで、1か月の売上が20個だった場合、回転率は10%です。この回転率が多ければ多いほど利益も出る商品ということになります。需要の高い商品を取り扱うと自然と回転率の良い商品となります。

実店舗での仕入法

ネット仕入だけではなく、ディスカウントストアやリサイクルショップなどの実店舗での仕入もしてみましょう。実店舗での仕入れは、実際に商品を見たり触ったりできるということがメリットです。

ディスカウントストアでの仕入れ

ドン・キホーテは、日本最大級のディスカウントストアとして有名です。数年前には、ドン・キホーテの目玉商品やワゴンに山積みにされている商品を大量購入して、転売するという方法がはやりました。

コストコも輸入商品やさまざまなオリジナル商品があります。このようなディスカウントストアでしっかりとリサーチすれば、高利益を出してくれる商品が見つかるはずです。

スーパーマーケットでの仕入れ

品数が多くて安いSEIYU・イオン・イトーヨーカドーなどの大型スーパーで仕入れをする方法もあります。定期的に開催されるセールや大型店特有の在庫一斉処分も狙い目です。

スーパーの仕入れは、一時話題になったのでライバルの多い仕入方法ですが、リサーチ次第で売れる商品を見つけることが可能です。

リサイクルショップでの仕入れ

ゲオ・セカンドストリート・ハードオフなどのリサイクルショップでも仕入れをしてみましょう。競合相手の少ない地方のリサイクルショップは、価格の安いものがある可能性が高いので狙い目です。

特にブックオフはぜひ押さえておきましょう。ブックオフは、全国のブックオフ(一部店舗除く)で、本やCD、DVDが割引されたり、値引きされたりするセールを定期的に開催しています。毎年、正月・GW・お盆の期間中に開催されるので、その時期には普段より安く本を仕入れることができます。

また、ブックオフには通称・赤棚と呼ばれる本棚があるのですが、これは買取直後のまだ店の本棚に並べる前の本が入っています。ライバルがまだチェックしていないので、利益の出る商品がある可能性があります

最近は、本の電子書籍化が進んできており、高価格で販売することが難しいですが、このようにセール中に安く仕入れられれば利益を出すことができます。

家電量販店で仕入れ

家電量販店での仕入れは、その店舗の決算セールや閉店セールなど値下げのタイミングだと普通より格安で仕入れる事ができます。家電量販店では人気の商品が売っているので転売でも売れる確率が高くなります。また、掘り出し物がありがちな値引き品やワゴンセールも要チェックです。

利益を倍にする!転売商品のオススメ仕入先

メルカリやヤフオクで仕入れをしている方は、Aliexpress(アリエキスプレス)・NETSEA(ネッシー)・SMASELL(スマセル)を利用するのもオススメです。それぞれの特徴を紹介します。

Aliexpress(アリエキスプレス)とは

アリエキスプレスとは、中国の商品を直接激安で仕入れられるショッピングサイトです。100%英語表記ですが、言語設定を日本にすれば日本語に翻訳された状態で閲覧することができるので、中国語が分からなくても仕入れることができます。

Aliexpress

豊富な品数で、日本では手に入れることができない珍しい商品やまだ市場に出回っていない商品もあるので、利益の出る商品を見つけることができます

日本語版サイトを使えば、簡単に仕入れることができるので、初心者にもおすすめです。

NETSEA(ネッシー)とは

NETSEA(ネッシー)は、卸売を行う業者から直接仕入ができるネットショッピングサイトです。2006年に始まったサービスで、かつては個人でも登録できましたが、現在では法人・個人事業主以上のユーザー限定となっています。

ネットで仕入れならNETSEA(ネッシー)

ネッシーは、日本最大級の卸ショッピングサイトです。日本人向けの高品質な商品を仕入れることができるので、仕入れをする際はチェックしてみましょう。

SMASELL(スマセル)とは

スマセルとは、企業・法人間で商品を売買することができるショッピングサイトです。アパレルを中心に在庫を早く・効率よく・かなりの安値で仕入れることができます。

SMASELL

基本的には、企業間で取引されるBtoBのサービスですが、個人事業主向けにも卸販売をしています。

知名度がまだ低く、利用しているユーザーが少ないので、儲けられる商品を見つけやすいです。ライバルと商品が被るということも防げます。

中国仕入れがおすすめ!

仕入れ先としておすすめなのは中国仕入れです。ではなぜ中国仕入れがお勧めなのでしょうか。

商品が安い

中国仕入れのメリットは商品が「安い」ということです。そもそも商品単価が安いので送料など諸々の費用を引いても利益を残すことができます。また、単価が安いので資金が少なくても始めやすいということもメリットとしてあげられます。

オリジナル商品が作りやすい

中国仕入れでのメリット2つ目は、オリジナル商品が作りやすいということです。オリジナル商品を作れば、ほかの商品との差別化を図れるため、ライバルが少なくなります。中国仕入れでは比較的簡単にオリジナル商品を作れるのでお勧めです。

ステップアップしやすい

中国仕入れは転売から次のビジネスにステップアップがしやすいです。転売はその時代の流行りなどで売れるものなどが変わっていくので、正直なところ転売だけでずっと利益を出し続けるということは大変です。例えば先ほど紹介したオリジナル商品を持つことによって、それらを扱ったオリジナルブランドを作るなど、一歩先のビジネスにつなげることができるのです。
最初からビジネスをするとなるとハードルが高いですが、転売で様々なノウハウを培ってから、ビジネスを始めるほうがステップアップしやすいでしょう。

メルカリでの転売でおすすめのサイト

基本の販売先としてAmazonを紹介しましたが、Amazonから仕入れてメルカリで売る方法もあります。メルカリでの転売商品の仕入先としておすすめのサイトと仕入方のコツを紹介します。

Amazonからの仕入れ

2014年にAmazonでは、中国からの輸入品を販売するというスタイルが流行しました。その結果、市場に商品が余り、中国輸入商品が値崩れを起こしているものがあります。またノーブランドで検索すると、「売れればいいや」という海外業者がとても安く売っている商品を見つけることができます。

取り扱いカテゴリーは、DVD・キッチン用品・ペット用品・食料品・本と幅広いので目当ての商品を見つけることができます。

Qoo10からの仕入れ

Qoo10

Qoo10とは、ファッションからコスメ・スポーツ・ベビーまで何でも揃う通販サイトです。特に若い女の子に人気の韓国ファッションコスメが多く出品されています。在庫処分品が多いので、非常に安く仕入れることができますが、海外発送のため到着まで時間がかかります。
先に出品するのではなく、しっかりと商品が手元に来てからメルカリなどで販売しましょう

ヤフオクからの仕入れ

ヤフオク!

ヤフオクで仕入れた商品を、メルカリで販売する方法もあります。ヤフオクとメルカリユーザーは、被っていないことが多いので価格差が生まれやすいのです。

ブランド品であればバック、ファッションなら時計、スポーツなら自転車などで検索してみましょう。ヤフオクで仕入れて、メルカリで高く売れやすいのはレディースファッション関連です。

ラクマで仕入れ

クマは楽天が運営しているフリマサイトです。ラクマで仕入れる場合は、メルカリと同じように自分で商品を探し、仕入れをします。ラクマの場合、楽天ポイントが貯まりますし、使うこともできるのでお得です。また、ラクマの販売手数料は6.6%(税込)ですので、10%(税込)のメルカリに比べると3.4%安いです。ラクマを仕入れ先はもちろん、販売先にすれば利益率を高めることができます。デメリットといえば、メルカリよりも利用者が少ないということです。

ハピタスを活用

ハピタスとはYahooショッピング、楽天、Qoo10、ビックカメラなど様々なECサイトで商品を購入するたびに1~5%程度のポイント還元があるポイントサイトです。このポイントサイトを活用することでポイントを貯めることができるので、ぜひ活用しましょう。

メルカリで仕入れ

メルカリは格安な商品が多いため、仕入れ先としてはお勧めです。個人ユーザーが多く、本格的なビジネスというよりは、お小遣い稼ぎ程度で出品している事が多いので、値段も格安の場合が多いです。

楽天市場で仕入れ

楽天市場では、楽天スーパーセールやお買い物マラソンなど、様々なセールやポイントアップキャンペーンが実施されています。ですのでこういったキャンペーンを使うと効率よく仕入れることができます。

ZOZOTOWNで仕入れ

衣料品を転売するなら、ZOZOTOWNがお勧めです。新品も安いものが多いですが、特に安いのは古着です。ZOZOTOWN USEDは古着などのユーズド品を取り扱っており、きれいな割にかなり安価なものが多く、利益率が高いものが豊富にあります。

タオバオで仕入れ

タオバオとは、中国で一番有名なECサイトです。こちらも個人が出品している商品は特に格安のものが多いです。

アリババで仕入れ

中国のECサイトと言えばアリババを思い浮かべる人も多いのではないでしょうか。取り扱っている商品の数がとにかく豊富ですので、自分にあった転売商品を見つける事ができます。配送も早いので便利です。

天猫で仕入れ

天猫は、アリババ傘下にあるECサイトで、アリババとの違いといえば、商品の品質がよいものが多く高級志向ということです。ですので転売においても高額で売れるということが特徴です。中国系サイトから仕入れる際は、代行業者に依頼する必要があるので、そういった点も徐々に慣れていきましょう。

その他のメルカリ転売での仕入おすすめサイト

ここまで紹介してきた仕入先の他に、使いやすいサイトとしてエキセントリックコマース、未来問屋を紹介します。

エキセントリックコマースでの仕入れ

エキセントリックコマース

エキセントリックコマースは、ビューティー・健康・雑貨などの商品を幅広く取り扱っているサイトで、最低1個から仕入れることができます。新規取引の問い合わせや見積もりも気軽にできるので、安心して仕入れることができます。

未来問屋での仕入

未来問屋

未来問屋は独自のリサーチ網で、トレンドの商品を取りそろえたネット販売に特化した卸サイトです。仕入れたい商品を自由にカテゴリー分けして購入したり、CSVデータをダウンロードできるなど商品管理がしやすいサイトです。在庫を持たない・商品の発送を代行してくれる「ドロップシッピングサービス」があるので、在庫を置く場所がない個人でも利用しやすいです。

まとめ

ネット販売が主流になりつつある昨今、ネットビジネス業界は急成長しています。ここまで紹介してきたサイトを利用し幅広くリサーチすることで、利益になる商品を見つけていきましょう

よかったらシェアしてね!
  • URLをコピーしました!
  • URLをコピーしました!

この記事を書いた人

ビジネスのノウハウを実践ベースで徹底的に追求するのがアクシグ。
世界で最も専門的で網羅的なコンテンツを提供し、ノウハウを惜しげもなく提供していきます。

目次