物販

「Amazonにログインできない!」はこれで解決!

アクシグ編集部
アクシグ編集部
アクシグ編集部です。
成功者続出の秘密のノウハウを期間限定で公開します。
今すぐ確認してください。

クリックして"1300万円稼いだ方法"を読んでみる。

Amazonでの買い物は非常に便利です。品揃えは豊富ですし、最短で翌日には荷物が届く「お急ぎ便」などの配送サービスも充実しています。

ただ、Amazonもネットショップの一つであることには変わりありませんから、ネットならではのトラブルも起り得ます。その一つが、「ログイン(サインイン)できない」というものです。

この記事では、Amazonにログインできない原因や、その対処法などについて、まとめてご紹介します。ログインができずに困ったときは、この記事を参考にしてください。

「Amazonにログインできない!」その原因は?

最初にAmazonにログインできない原因について、ご紹介します。多くの場合は、以下のいずれかに該当するはずなので、自分がどれに当たるのか確認してください。

入力情報の間違い

まずは、ログインする際に入力するメールアドレスやパスワードが間違っているという場合です。単純なミスですが、ありがちなミスでもあります。

入力を間違える具体的なケースとしては、単純な打ち間違いの他、メールアドレスを変えたのにAmazonで変更手続をしていない場合に、登録済みの古いアドレスではなく新しいアドレスを入力してしまっているとか、他のサイトのパスワードと勘違いをして入力してしまっているといったことが考えられます。

Amazonにログインできない場合は、入力ミスをしていないか、まず確認しましょう。

画像認証が上手くいかない

Amazonにログインする際に画像認証を要求されることがあります。これが上手くいかないとログインできません。この場合は、他のデバイス(スマホの人はパソコンなど)を使うと解消できることがあるので試してみるといいでしょう。

確認コードを要求される

新しい端末からAmazonにログインをしようとした場合などには、本人確認が必要だと判断されて、「確認のためのコードをメールでお送りしました」という内容のメッセージが表示されることがあります。

この場合に、確認コードを記載したメールを受信できなかったり、確認コードの入力を間違えたりするとログインできないことになります。

ブラウザが誤作動している

Amazonにログインするために使っているブラウザ(インターネットのウェブページを閲覧するために使うソフトのこと)のエラーが原因で、ログインできない場合もあります。

この場合、ブラウザに保存されているキャッシュやCookie(クッキー)といったデータを一旦削除することで不具合を解消できる場合があります。

第三者にアカウントが乗っ取られている

メールアドレスもパスワードも間違っていないはずなのに、Amazonにログインできない場合は、第三者にアカウントを乗っ取られる被害にあっている可能性もあります。

ログインできない場合の対処法は、以下でご紹介します。それらの対処法を実行してもログインできない場合は、アカウント乗っ取りかもしれません。

乗っ取りが疑われる場合は、早急にAmazonのカスタマーサービスに連絡するなどの対処が必要になります。

ログインできない場合に行うべき手段・対処法

Amazonにログインできない事態が起ったら、以下に挙げる対処法を実行してみてください。

他のデバイスでログインできないか試す

先ほど、画像認証が上手くいかない場合の解決法としても簡単にご紹介しましたが、他のデバイスでログインしてみるというのは、手軽にできることもあり、最初に試して欲しい方法です。

例えば、普段はスマホでAmazonを利用している人が、パソコンを使ってログインを試みるという方法です。スマホの場合、電波の都合などでログインできにくくなっている可能性もありますから、パソコンが使える環境にある人は、是非試してみてください。

他のデバイスでログインできるようなら、少なくとも入力したメールアドレスやパスワードには間違いがなかったことが確認できますし、アカウント乗っ取りにあっている可能性もほぼなくなります。

パスワードを再設定する

パスワードが間違っていると表示される場合や、パスワードを忘れてしまった場合は、パスワードを再設定すれば、Amazonへのログインが可能になります。パスワードの再設定の方法については、後で詳しく解説します。

キャッシュやクッキーを削除する

これも先ほど簡単にはご説明しましたが、ブラウザにはキャッシュやクッキーというデータが自動的に記録されています。

これらは、インターネットを快適に利用するためのものです。キャッシュの場合はウェブページが素早く表示されたり、クッキーの場合はIDやパスワードが自動入力されたりといったように便利な機能なのですが、まれに不具合の原因になることがあります。

例えば、キャッシュの場合は、古いキャッシュが残っていて最新の情報が反映されなかったり、溜まったデータによってメモリが圧迫されたりといったことが起ります。

これらの原因で、Amazonへのログインが妨げられている場合、キャッシュやクッキーを削除することで解決できます。

削除する方法は、「使っているデバイス名 キャッシュ 削除」といったワードでネット検索すると、削除方法を解説されたページがヒットするので、そちらを参照してください。Google Chromeの場合は、以下のURLに説明があります。

参考:キャッシュとCookieの消去(Googleアカウント ヘルプ)

カスタマーサービスに連絡

上に挙げたような対処法によってもAmazonにログインできない場合は、アカウントの乗っ取りなどの可能性も出てきます。自分では対処できない状態になったら、早めにAmazonのカスタマーサービスに連絡をしましょう。

カスタマーサービスへの連絡はチャットを利用します。

まずAmazonトップページ下部のヘルプをクリックします。

次に、amazon.co.jp/contact-usのURLをクリックします。

次に、チャットを続けるをクリックし、チャットを開始します。

チャットが繋がったら事情を説明して必要な対処をしてもらうことになります。アカウントが不正に利用された形跡はないか、クレジットカードが不正使用されていないか、といったことも確認しておきましょう。不正利用の可能性があるようなら、その場合の補償の話も聞いておくといいでしょう。

ログインパスワードを忘れてしまった場合の再設定方法

Amazonにログインできない原因がパスワードを忘れてしまったことにある場合、パスワードを再設定することでログインが可能になります。以下では、Amazonのログインパスワードを再設定する方法を説明します。

Amazonのページにアクセスして、ログインをクリック

まずAmazonのページにアクセスしてください。ページの右上に「こんにちは、ログイン」という表示があるので、ここにマウスカーソルを重ねると「ログイン」と表示されます。

この「ログイン」をクリックします。また、画面上に「サインイン」の表示がある場合は、これをクリックしてもOKです。

ログイン」をクリックすると、メールアドレスやパスワードを入力するログイン画面が表示されます。

「お困りですか?」をクリック

ログイン画面にある「お困りですか?」をクリックすると、「パスワードを忘れた場合」「その他のログインに関する問題」と表示されます。

パスワードを忘れた場合」をクリックしましょう。

なお、ログイン画面で先にメールアドレスか携帯電話番号を入力して、「次に」を押した後に表示される画面で「パスワードを忘れた場合」を選ぶこともできます。

パスワードアシスタントが表示されるので、必要事項を入力

「パスワードを忘れた場合」をクリックしたら、パスワードアシスタントという画面が表示されます。

メールアドレスまたは携帯電話番号を入力しましょう。ログイン画面で既に入力済みの場合は、最初から表示されています。

次に進む」をクリックすると、「あなたのIDを確認しています」というIDを確認するため、メールを送った旨の表示が出ます。

メールで送られてきたセキュリティコードを入力

Amazonに登録しているメールアドレスに、セキュリティコードが記載されたメールが届きます。

先ほどの「あなたのIDを確認しています」という画面に、メールに記載されているセキュリティコードを入力しましょう。入力したら、「続行」をクリックします。

パスワード設定画面へ

続行」を押すと新しいパスワードを設定する画面が表示されます。

新しいパスワードを入力して、同じものを確認のためもう一度入力してください。

変更内容を保存すれば、パスワードの再設定の手続は終了です。

メールアドレスを忘れてしまった場合の対処法

次は、メールアドレスを忘れてしまった場合の対処法です。途中までの手続は、パスワードを忘れてしまった場合と基本的に同じです。

メールアドレスを忘れてしまった場合の手続

まずAmazonのページにアクセスして、パスワード再設定のときと同じようにログイン画面まで進んでください。

お困りですか?」をクリックして、今度は「その他ログインに関する問題」の方を選びます。

そうすると画面が変わって、「アカウント&ログインに関する問題」というページが開きます。

お問い合わせ内容で、「自分のアカウントにログインすることができません」を選びます。

そうすると、「こちらもご覧ください」という表示が出ます。「パスワードの再設定」や「新規アカウントの作成」、「より安全なパスワードを作成する」という項目へのリンクが表示されています。

しかし、ここには「メールアドレスを忘れた」という項目はありません。そこで、一番下にある「お客様の問題が解決しない場合」としてカスタマーサービスに連絡することになります。

連絡方法は、上でもご紹介したチャットでの連絡です。チャットが繋がったら、カスタマーサービスの指示に従ってください。

アカウント再作成の可能性も

メールアドレスを忘れてしまった場合、カスタマーサービスに問い合わせたとしても、教えてもらえない可能性があります。これは、個人情報保護の観点からは当然のことで、問い合わせがあったからといって簡単に教えてしまうようでは、むしろセキュリティ上の問題があるといえるでしょう。

この場合、Amazonにログインできないことになりますが、新しいアカウントを作ってログインすることができます。

ただし、この場合は、あくまでも別アカウントの扱いになるので、古いアカウントの購入履歴を確認したり、古いアカウントで貯まっていたポイントを使ったりといったことはできません。

このような事態になることを避けるための一つの方法は、Amazonに携帯電話の番号を登録しておくことです。こうしておけば、携帯電話の番号でもAmazonにログインすることができるので、メールアドレスを忘れてしまったりしてもログインが可能です。

また、パスワードを忘れてしまいがちな人には、パスワード管理ソフトというものもあります。無料で使えるフリーソフトもあるので、こういったものを利用するのもオススメです。

まとめ

Amazonにログインできない原因や、ログインができない場合の対処法などについて解説してきました。Amazonは非常に便利なネットショップですが、ログインできないと何も始まりません。万一、ログインできないという事態に陥ってしまったら、この記事を参考に解決してください。

ところで、ビジネスで成功するためには独学よりも体系化された教材やサービスを活用して学ぶ方が結果が早く出ます。

ここではアクシグ編集部が予め登録した上で責任者に直接取材をし、有用性を確認した教材やサービスのみを厳選してご紹介します。無料ですのでお気軽にご登録またはご相談ください。

【期間限定公開】成功者続出の秘密のノウハウ

日本未上陸のノウハウで先行者利益が得られる大チャンス到来!

  • ○○○で仕入れた商品を1週間で1300万円販売したノウハウ
  • 2021年、海外で成功者続出中の最新事例
  • セレクトショップの商品を7割引で見つけるヒミツの方法
  • 無在庫でも販売できる最新の方法
  • Amazonの5倍成長しているマル秘プラットフォームとは
  • 114円で仕入れて10倍の値段で販売した実例

など、日本ではまだ知られていない秘密の情報をお届けします。

あなたのビジネスを成功させるために、今すぐ限定情報を入手してください。

【漫画で分かる】無在庫輸入物販ビジネス

アメリカやヨーロッパの商品を日本の「Amazon」などで 受注をしてから仕入れる無在庫方式の販売方法を解説しています。

  • まとまった資金がなくてもスタート可能!
  • 取り寄せ式なので大量の在庫を抱えなくて良い!
  • ネットで完結なので自宅でできる!

1つの商品の販売で1万円以上の利益を得ることもでき、 効率良く手元の資金が増やすことができます。

あなたもぜひ無在庫欧米輸入ビジネスで、 堅実な収入の柱を一緒に作りませんか?

【無料相談】Biz English

ビジネス英語は3ヶ月でマスターできます!

インターネットの買い物に慣れてくると、アメリカのアマゾンやeBayで購入したり出品したりしたくなるでしょう。英語ができなくてもGoogle翻訳やDeepLなどのツールを使えば始めるのは簡単です。

ところがクレームや返金などが発生すると機械翻訳では上手く交渉できません。金額が大きくなりビジネスレベルになるとなおさらリスクが高くなります。

ビズイングリッシュはビジネス英語専門の英会話スクールです。受講生は全くのゼロから英語でアカウントを復活させたり、海外の展示会で交渉に成功したりと幅広く活躍をしています!

今すぐビジネスレベルの英語力を身につけましょう!