ヤフオクの売上金をヤフーかんたん決済で受け取りする方法を解説

ヤフオクでは少し前まで、銀行振込など売上金の受け取り方法がさまざまでした。
しかし、2023年11月現在は売上金の受け取りはYahoo!かんたん決済」のみとなりました。
今までのように口座番号をオンラインバンキングで入力する手間もなく、とても簡単に決済ができます。

今回はそのことも含めて、ヤフオクでの売上金の受け取りについてご紹介します。

目次

ヤフオク出品時ヤフーウォレットの銀行口座は指定口座のみ?登録できない場合とお金の受け取り方法を解説

ヤフオクのかんたん決済は、銀行口座登録できない場合でも出品した商品の売上金の受け取りが可能です。
ヤフオクで必要なものはクレジットカード、もしくはYahoo!指定銀行口座です。
基本的にはクレジットカードをYahoo!ウォレットの支払い方法に登録して、代金を売上金で受け取り、Yahoo!ウォレットに銀行口座を登録しておけばそこに入金されます。

商品代金の受け取り方法

受取口座を登録する

クレジットカードか指定銀行口座を登録できない場合は、ヤフオクで出品を行えません。
ヤフオクで出品するためにはYahoo!ウォレットの支払い手続きにクレジットカードか銀行口座を登録する必要があります。

PayPay銀行、楽天銀行が指定銀行で、その中でもPayPay銀行は自動振替契約の申し込みが不要なのでおすすめです。

参考:PayPay銀行

ヤフオクでは「ヤフーかんたん決済」のみ出品者がお金の受け取りに使える

ヤフオクで商品を購入する時には「Yahoo!かんたん決済」のみが使用できます。
車やバイク、船などの特殊なカテゴリと「ストア」は例外ですが、基本的には「Yahoo!かんたん決済」での取引を行います。

この「Yahooかんたん決済」の決済手数料は無料で、クレジットカードやPayPay銀行からの支払いなどが選べます。

Yahooウォレット(ヤフーウォレット)の支払い方法登録については指定銀行口座でないと登録できない

ヤフーウォレットはヤフオク以外のサイトでも使用することが可能なサービスです。
商品を出品する時には必ず必要になるサービスで「利用手数料などを支払う口座(支払い口座)」か「クレジットカードの番号」が必要です。
ヤフーウォレットを一度登録しておけば毎回の支払方法も入力不要で、とても簡単に決済が済みます。
ただし、支払い方法で登録できるのは指定されている金融機関(PayPay銀行、楽天銀行)かクレジットカードのみであるため注意が必要です。

ヤフーウォレットは銀行口座を登録できない場合もヤフオク売上金の受け取りが可能

Yahooウォレットはヤフオクで商品が売れた時の売上金の受け取りにも使用可能です。

事前に登録しておけば、簡単にヤフオクでの金銭授受が可能です。

銀行口座の情報を開示しなくても決済が完了するので、セキュリティ面でも安心です。

PayPay銀行支払いの場合は、振込手数料などは一切発生せず、操作も簡単です。

また、PayPayへのチャージや、支払いの際にはポイントが追加されます。

ヤフオクで頻繁に買い物や販売をするなら、Yahooウォレットがおすすめです。

ヤフオクの売上金は「ヤフーかんたん決済」のみの受け取りなので出品者は要注意!

ヤフオクの売上金の支払方法は現在では「Yahoo!かんたん決済」のみ使用できます。
以前までは「Yahoo!かんたん決済」以外にも、代金引換や直接、銀行口座へ振り込む支払い方法などがありました。しかし、現在では「Yahoo!かんたん決済」以外は登録できないようになっています。

受取口座の口座番号などを伝える手間が減ったので、安心して取引ができます。
また、個人間のやりとりもほとんど無くなるので時短にも繋がります。
利用することは少ないかもしれませんが決済途中の商品発送前であれば、返金することも可能です。

ヤフオク「ヤフーかんたん決済」は受け取り連絡後に売上金が入金されるため自転車操業の出品者は困る

現在では、代金引換や直接、銀行口座へ振り込む支払い方法が登録できないようになっています。ヤフオクでの支払い方法が「Yahoo!かんたん決済」のみになると、受取口座に振り込まれたお金を仕入れに当てる場合は不便になります。
というのは、従来の振込や代金引換であれば入金までのスパンが短いですが、「Yahoo!かんたん決済」の場合は入金されるのが落札者が受け取りの連絡をした後になります。

連絡がない場合は、15日後の正午ごろ自動的に売上金に反映されます。

受け取ってからすぐに連絡をしてくれる落札者であれば助かりますが、連絡せず二週間放置のユーザーもいます。

最大2週間の期間入金されないので、売上金を元に商品を仕入れする方にとっては不便になります。
また、ユーザー同士で銀行口座振込や代引きなどの取引を直接した場合は規約違反となり、アカウントが停止される可能性もあるので避けましょう。

安心安全なヤフオク!実現に向けたYahoo!かんたん決済の仕様変更について

ヤフオク売上金の決済方法が「Yahoo!かんたん決済」に変更され受け取り側の出品者にデメリットは?

現在では「Yahoo!かんたん決済」以外は登録できないようになっています。ヤフオクでの売上金の決済方法は「Yahoo!かんたん決済」のみになりましたが、この仕様変更で出品者にデメリットはあるのでしょうか?
次に「Yahoo!かんたん決済」の詳細と出品者側から見たデメリットについてご紹介します。

コンビニ払いについて

「Yahoo!かんたん決済」では購入者がコンビニ払いを選ぶことも可能です。

他にも先程ご紹介したいくつかの支払い方法があり、それぞれの期限が設定されています。

コンビニ払いに関しては落札してから5日以内に決済番号を発行して、その後3日以内に支払いを行うのが期限です。

この時点で最長8日間かかる事があります。これは支払いの期限であり、この後に落札者が商品受け取り完了の連絡をYahooにして、やっと売上金の振込になります。
その受け取り完了の連絡も最長2週間かかる場合もあります。最初の日数を合わせると1カ月近くが振込完了までかかる可能性もあるため、決済にコンビニ払いを落札者が選んだ場合はスケジュールに余裕を持ちましょう。

コンビニ払いを選ばせない設定方法はあるのか

「Yahoo!かんたん決済」では特定の支払い方法を選べなくする機能は備わっていません
そのためクレジットカードや「Yahoo!ウォレット」などの方法と同様に、コンビニ払いも必ず選択肢に入る仕様になっています。
イメージとしては「Yahoo!かんたん決済」はいくつかの指定された支払い方法を選ぶことができるパッケージです。

「決済に時間がかかるからコンビニ払いをオフに」や「カード決済不安だからクレジットカード払いをオフに」ということはできないので覚えておきましょう。

ヤフオクの「Yahoo!かんたん決済」で受け取り通知の連絡をしてくれる落札者の割合

「Yahoo!かんたん決済」では落札者が受け取り通知を送信してから、代金が出品者の売上金に反映されます。

ヤフオクの受け取り通知は入金から2週間無ければ、自動的に出品者の売上金に反映されます。
ということは受け取り通知をしなくても最終的にはきちんと支払いされます
受け取り通知を送信しなくてもペナルティなどは特になく、もともとあったルールではないので落札者の義務として浸透しきっていません。

評価の入力と同様で一定数の割合で受け取り通知をしない落札者がいます
大体8割の人が2日以内に受け取り通知を送りますが、少し遅れて1割半が受け取り通知を送り、0.5割の人は受け取り通知を送りません。

ヤフオクのかんたん決済を選択した場合、支払い期限を過ぎたら出品者に直接振り込みする

商品を落札してから「Yahoo!かんたん決済」を選んだ後は、5日以内に支払いを完了する必要があります。
その期限を過ぎた場合はユーザー同士で相談した上で、購入手続きを進めるかどうかを決めていきます。
つまり、この場合はヤフオクは介入せず、以前のように直接出品者の銀行口座に落札者が振り込むような形になります。

支払いの期限について

以前までと同じ方法ですが、その決済をやりとりをするフォーマットなどは用意されていないので全て自分で完了する必要があります
少し手間になるので、できる限り期限内に支払いが完了するように管理して促しましょう。

ヤフオクの「Yahoo!かんたん決済」で支払ってもらえない時の出品者の対応について

ごく少数の限られたユーザーですが「Yahoo!かんたん決済」での支払いができないので、違う方法での支払いがしたいという申し出がある時があります。
「Yahoo!かんたん決済」の審査基準を満たしていない、または高齢で手続きが困難であるなどの理由が考えられます。

この場合は出品者は断らなければなりません。せっかく落札してくれたので対応したいところですが、ヤフオクの規約に違反することになるので注意しましょう。
滅多にないケースではありますが、商品説明欄に「Yahoo!かんたん決済」が登録できない場合のことを書いておくのもよいかもしれません。

ヤフオクの「Yahoo!(ヤフー)かんたん決済」による代金の受け取り、出品者のメリットは?

「Yahoo!かんたん決済」の出品者のデメリットを先程ご紹介しましたが、次に知っておきたいメリットをご紹介します。
支払い方法が統一されることによるメリットもたくさんありますので、ぜひ参考にしてヤフオクを上手く利用してください。

ヤフオクの「Yahoo!かんたん決済」では出品者による入金確認が不要で代金受け取り可能

今までの支払い方法であれば、入金確認やその後の連絡を出品者自ら行なっていました。
「Yahoo!かんたん決済」ではそのような手間がなくなるので、作業がスムーズに進みます。
直接のやりとりも1つや2つであればそこまで手間ではありませんが、いくつも同時に取引をして、なおかつ違う銀行への入金確認が重なるととても面倒です。
いまではヤフオクの確認ページで、誰がいつ支払いをしたのか一目でわかるようになっているので、取引の効率化が可能になりました。

ヤフオクの「Yahoo!かんたん決済」では、出品者が入金額の把握・代金受け取りを簡単にできる

以前まではばらばらだった売上の入金が一本化されたことによって、売上金の管理がしやすくなりました。
「Yahoo!かんたん決済」の入金は、以下のように表示されます。

「Yahoo!かんたん決済」だけになる前も管理ソフトなどがありましたが、先程の一覧には手数料を引いた金額が記載されるのでより細かい管理が可能です。

また、出品している商品と同じサイトで確認できるというのが効率的で、作業がとても楽になります。
いくつかの口座に分かれて入り、どこにどの売り上げがあるかわからないということもないので、支払いが一本化されたことによる出品者のメリットは大いにあるのです。

ヤフオクの「ヤフーかんたん決済」、出品者には2種類のお金の受け取り方法がある

落札者が支払った落札金額を受け取る方法が2つあり、受け取り方法をあらかじめ設定しておく必要があります。
その2つとは、「現金として口座に受け取る」と「PayPayへのチャージ」という方法です。

現金で受け取りたい場合は登録口座へ商品到着通知があってから、直接振り込まれます
PayPayでは、売上を自動でチャージしてくれる機能があるので手間を省く事が可能です。

Yahooウォレット(ヤフーウォレット)を受取口座にする場合

登録口座に落札代金を入金してもらう方法についてご紹介します。
そのための口座は「Yahoo!ウォレット口座」と呼ばれ、受取口座を登録すると、ヤフオクでの落札代金以外にもYahooで発生した報酬や返金などに使われます。

Yahooウォレットに登録する口座に指定はなく国内のほとんどの口座が利用できるので、指定銀行を登録できない人でも、手持ちの銀行口座をYahoo!ウォレットの受取口座として利用できます。


ヤフオクの口座の登録を複数持つメリット

ヤフオクで受け取り用口座の登録をするとき、複数持つと入札数を増やすことができるという利点があります。

落札者は振込手数料の負担の少ない商品を選ぼうとすることが多く、複数登録しておくと選択肢も増えるため、入札数の増加が見込めます。できればひとつではなく、いくつかの口座を登録しておきましょう。

ただし、口座数が多ければそれだけ管理する手間も増えるわけですが、それでもより入札数を増やすためには複数登録をおすすめします。

ヤフオクの「ヤフーかんたん決済」で出品者がお金の受け取り口座の登録を間違えるとどうなる?

「Yahoo!かんたん決済」では受け取り用の口座を登録しますが、その口座登録に不備があると入金されません。

ヤフオクで口座登録に不備があると振込が完了しない

受け取り口座の登録は、売上金を現金で受け取る場合に指定銀行口座を登録するのですが、その口座登録に不備があると入金されません。

口座登録が未登録であったり、口座登録情報に誤りがあると代金受け取りがスムーズにいかなくなります。

振込できない時にはヤフオクから連絡が入ります。速やかに口座登録し直しましょう

ヤフオクのかんたん決済やヤフーウォレットではミスがあると銀行口座登録できない!お金の受け取り方を確認

ヤフーウォレットの銀行口座の登録ミスがないかを出品する前に今一度確認しておきましょう。
通常であればYahoo!ウォレットの受け取り口座に不備があったり、登録が完了していなければ登録を促すメールが届きますが、見落としている可能性もあるので設定画面で確認しましょう。

また、PayPayでの支払いを選択しているとしても、念のため受取口座は登録しておいた方が無難です。

ヤフオクでそもそも口座の登録ができない場合

「Yahoo!かんたん決済」で受け取り用口座を登録しようとしたとき、「この口座はすでに登録済みです。ほかの口座をご入力ください。」という表示が出て登録できない場合があります。思わぬエラーが出ると、かなり焦りますよね。

もしかして、Yahoo!で他にIDを持っていて、そちらで同じ口座を登録していませんか?

別アカウントで口座を登録してしまっていると、同じ口座では登録ができません。他の口座を登録するか、先の登録情報を削除すると、登録が可能になります。

ヤフオクを早く使いたい!「ヤフーかんたん決済」を使って出品者登録を最短で行う方法

「クレジットカードも指定銀行の口座もないから、今からでは時間がかかるのでは」と感じている人におすすめの、最短でヤフオクに出品する方法をご紹介します。
今回はYahoo!ウォレットの支払い方法として、即日発行が可能なクレジットカードを登録しますが、あとから指定銀行口座への登録の変更も可能です。

最短でヤフオクに出品登録する方法

最短でヤフオクに出品する方法は、一番早くて即日、遅くても1週間以内には出品が可能です。
とはいえご紹介する方法はクレジットカードを利用するので、審査次第では日数がかかる場合もあります。
即日発行が可能なクレジットカードを作るのですが、三井住友カードがおすすめです。

最短5分で即日発行が可能です。
クレジットカードが発行された後はYahoo!ウォレットに登録をして、ヤフオクの利用登録をすれば出品する準備は完了です。
早速出品してヤフオクを楽しみましょう。

参考:三井住友カード

ヤフオク売上金のヤフーかんたん決済での受け取り方法まとめ

出品者にとってメリットもある「Yahoo!かんたん決済」の一本化は、上手く使うことで上手にヤフオクのビジネスを進めることができます
また、仕入先としても安心感が増し、良い点もたくさんあります。
今回の内容をまとめると、支払いだけなら口座は不要ですが、売り上げを受け取る時には受取口座があった方が良いですね。

よかったらシェアしてね!
  • URLをコピーしました!
  • URLをコピーしました!

この記事を監修した人

ビジネスのノウハウを実践ベースで徹底的に追求するのがアクシグ。
世界で最も専門的で網羅的なコンテンツを提供し、ノウハウを惜しげもなく提供していきます。

目次