物販

ヤフオクの出品価格の決め方と、落札されやすい価格設定のコツ

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • Pocket
  • LINEで送る

ヤフオクでは毎日6000万点以上の商品が出品されていますが、そのほとんどが落札されずに売れ残っています。その原因のほとんどは「間違った価格設定」にあります。

しかし、価格設定のコツさえ分かればヤフオクで安定して稼ぐことができます。そこで今回は、ヤフオクで出品する商品の価格の決め方と、各種設定のコツを余す所なく解説します。

開始価格設定のコツ

まずは、オークションに出品する商品の開始価格の決め方を解説します。これは商品によって変わってきます。

スタート価格の設定を間違えると、全く入札されなかったり、逆に安く買い叩かれて損をしてしまうこともあるので、十分注意して決めるようにしましょう。

需要が極端に大きいものは1円スタートもあり

まず需要が極端に高い商品に関しては、開始価格を1円にしましょう。「1円スタート」です。開始価格が安い方が入札されやすくなります。

ただし、十分にオークション期間を確保しないと、最終的な落札額が安くなってしまう可能性があるため、開催期間は最長の7日間に設定することが条件です。

もちろん、需要がそれほど高くない商品は1円スタートをしてはいけません。本当に1円で落札されてしまう危険があります。

通常は過去の落札相場から決定する

需要がそこまで高いわけではない普通の商品は、過去の落札相場から開始価格を決定しましょう。

オークファンというサイトを使えば、無料で過去の落札商品と落札価格を確認できます。以下のサイトで出品予定の商品を検索してみてください。

オークファン

過去の落札相場が分かったら、開始価格はその半額にするのが好ましいです。落札相場の半分なら、十分な入札が望める上、極端に安く落札されることも防ぐことができます。

送料無料ならその分価格を高くする必要あり

開始価格を決めるにあたっては、一つ注意点があります。それは送料を出品者・落札者のどちらの負担にするかです。

落札者負担なら特に問題ないのですが、出品者負担にする場合は、送料分を開始価格に上乗せする必要があります。そのため、あらかじめ配送業者を決めて送料の概算を出しておく必要があります。

「送料無料」という文言は、確かに入札者の目を引くことができますが、その分スタート価格を高くしないと損をするので注意してください。

即決価格設定のコツ

続いて、即決価格を設定するコツを解説します。

即決価格はヤフオクのオプション機能で、「この価格なら即決で落札できます」という価格です。即決価格を設定しなくても出品できます。

即決価格を設定するかは商品による

最近はフリマ出品やヤフオクくじの影響から、即決価格で売れやすくなっています。しかし、即決価格に設定した方が高く売れるとは限りません。

  • 商品の種類
  • 出品時期
  • 需要の変化

などを考慮した上で、ケースバイケースで判断する必要があります。

即決価格にした方が良い商品と悪い商品

即決価格を設定した方が良い商品と悪い商品を解説します。

まず、即決価格を設定した方が高額落札されやすい商品は、「出品頻度が少ない高価なもの」です。例えば、高額フィギュアや高額オーディオ機器などがそうです。こういう商品は、そこまで需要が高くないものの、マニアやコレクターに人気があるため、価格が多少高くても即決落札されやすい傾向があります。

即決価格は、過去の落札相場の1~3割増しにすると良いです。

逆に、即決価格を設定しなくても良い商品は、「出品頻度が多く、需要が高いもの」です。例えば、人気のゲーム機・ゲームソフト・スマホなどがそうです。こういう商品は、普通にオークション形式で販売しても、ある程度の値が付きます。むしろ、変に即決価格を設定してしまうと、入札数が減る恐れがあります。

即決価格を設定するメリット・デメリット

即決価格を設定する最大のメリットは、想定内の金額で売れることです。「多少高くてもいいから絶対手に入れたい」というマニアや、ヤフオクくじ目当ての人は結構いるため、出品してすぐ即決落札されることも稀ではありません。また、即決価格は、オークションで値が上がらなかった時の保険にもなります。

逆に、即決価格を設定する最大のデメリットは、落札者を選べないことです。最近は少なくなりましたが、いたずら半分で落札されることもあります。普通のオークション形式で出品した場合なら、入札者の評価が悪いときは入札を取り消すこともできますが、即決落札の場合はそれができません。

そのため、即決価格を設定して出品する際は、取引オプションの入札者評価制限の利用をおすすめします。入札者評価制限とは、総合評価が低い人や、悪い評価の割合が高い人の入札を制限することができる機能です。これを設定するだけで、いたずら目的の入札は大分減ります。

ライバルが多いジャンルでの価格設定のコツ

基本的な価格の決め方は以上のとおりですが、ライバルが多いジャンルではプラスαの工夫が必要になります。

競争の激しいジャンルでの価格設定のコツを3つ紹介します。

ライバル商品より少し安く設定する

まず1つ目は、ライバル商品より少しだけ安く設定することです。

あなたが出品している商品の落札相場だけでなくライバルが現在出品中の商品の価格をチェックしましょう。チェックの際は、入札件数が多いライバルの価格を参考にしましょう。

ライバルの価格が分かったら、それよりほんの少しだけ安い金額にしましょう。それこそ1円・10円安くするだけでも大分印象が違います。

送料無料を上手く利用する

2つ目は、送料無料を上手く利用することです。タイトルに「送料無料」と書くだけで入札数は増えます。送料無料のキーワードだけで検索する人もいるくらいです。

しかし、前述の通り、送料無料にする際は、あらかじめ送料を計算してその分を価格に上乗せしておく必要があります。配送先によっては送料が高くなることもあるため、正確な送料を計算するのは意外と面倒です。

そこで、おすすめなのが「条件付き送料無料」です。商品タイトルには「送料無料」と書いておいて、商品説明文で「お住まいが◯◯~◯◯の場合は送料無料です。」というように記載しておくと、送料の概算が出しやすくなるため、価格設定が楽になります。

最低落札価格を上手く設定する

3つ目は、最低落札価格を上手く利用することです。

ヤフオクには「最低落札価格」というオプション機能(100円)があります。これを設定しておくと、最終的な落札額が希望価格より安い場合は落札されません。

機能としては即決価格に近いですが、最低落札価格の方が入札されやすくなりますし、値下げ競争が起きることもありません。また、入札を削除することもできるため、いたずら入札も防げます。最低落札価格に関しては後で詳しく解説します。

ヤフオクで値引き交渉された時の対処法

ヤフオクに出品していると、値引き交渉されることがあります。出品時に値引き交渉のオプションを付けていない商品に関しても、平気で値引き交渉してくる人が大勢いるのです。

そこで、この項では値引き交渉された時の対処法を解説しておきます。

値引き交渉した人が落札してくれるとは限らない

まず頭に入れておいてほしいのは、値引き交渉に応じても、その人が落札してくれる保証はないということです。

値引き交渉に応じて即決価格を修正した上で出品し直したのに、全く音沙汰がないというケースがしばしばあります。

早く売ってしまいたいという気持ちも分かりますが、値引き交渉には慎重に対応する必要があります。

値引き交渉には応じなくても良い

そもそもヤフオクに出品するにあたって、値引き交渉に応じる義務はありません。ましてや、値引きオプションを付けていない商品なら、返信する必要すらありません。

しかし、入札希望者からの質問・メッセージに対して未回答のままだと、他の利用者からの印象がよくありません。したがって、値引き交渉に応じないのであれば、丁重にお断りしましょう。断り方の例を以下に示します。

「ご質問ありがとうございます。おかげ様で多くの方にウォッチリストに入れて頂いてもらっているため、現在値引きは考えておりません。どうぞ最後までオークションにお付き合いくださいませ。」

あまり素っ気なく答えると印象が悪いので、丁寧に答えておきましょう。

値引き交渉に応じる場合の注意点

もちろん、値引き交渉に応じてもOKです。ただし、値引きの内容によっては注意が必要です。

まず、「送料を無料にしてほしい」などの送料に関する値引き交渉は簡単です。決済時に送料欄の金額を変えるだけです。

ただし、「商品価格を安くしてほしい」という値引き交渉に応じると手間がかかります。なぜなら、ヤフオクでは出品後に商品価格を変更できないからです。

また、現在はYahooかんたん決済しか利用できないため、決済時の価格変更もできません。したがって、商品価格の値引き交渉に応じるには、元の出品を取り消して、新しく出品し直す必要があるのです。

既に入札がある出品を取り消す場合は、540円の出品取消システム利用料がかかるのでご注意ください。

最低落札価格設定のコツ

最後に最低落札価格の設定について解説します。

最低落札価格に達しないと落札できない

前述の通り、最低落札価格とは、「最終的な落札額がこれを下回った場合は落札できない」というオプション機能です。最低落札価格は入札者からは見えません。最低落札価格を設定した場合は、以下のように表示されます。

最低落札価格の設定には100円のオプション利用料がかかります。

最低落札価格は後から変更できない

最低落札価格は後から変更できません。そのため慎重に設定する必要があります。前述の価格設定のコツに従って、落札相場に近い金額に設定しましょう。

もし、最低落札価格を上回る入札がない場合は、オークションが終わってから、改めて再出品しましょう。前述の通り、途中で取り消すと出品取消システム利用料がかかります。

ちなみに、出品取消システム利用料は540円と書きましたが、自動車・バイクなど車両関係の出品を取り消す場合は、出品取消システム利用料が3,024円になりますのでご注意ください。

最低落札価格に関する質問への対処法

最低落札価格を設定していると、入札希望者から「最低落札価格はいくらか?」という質問がよく来ます。しかし、これに答える必要はありません。ここで教えてしまっては、何のための有料オプションなのか分からないからです。最低落札価格を公開するなら、オプションを使わずに最初からそれをスタート価格にすれば良いだけの話です。

したがって、「最低落札価格に関してはお答えできません」ときっぱり断りましょう。あまりにしつこく質問してくる人はブラックリストに入れるのも一つの手です。

最低落札価格を設定するメリット

最低落札価格を設定するメリットは3つです。

1.安く買い叩かれることを防げる。

2.価格が高騰しやすい。
どうしても落札したい人が、最低落札価格を予想して、普段より値を吊り上げてくれたりします。

3.目立ちやすくなる。
前述の通り、最低落札価格を設定していると価格の下に「最低落札価格あり」と表示されるため、他の商品より少し目立ちます。

最低落札価格を設定するデメリット

最低落札価格を設定するデメリットは、最低落札価格アンチの人から入札されなくなるということです。

最低落札価格という機能に対して反感を持っている利用者は結構います。入札者側からは金額が分からないことも、反感を持たれる原因の1つとなっています。

しかし、最低落札価格アンチは、1円でも安く落札しようとしている「質の低い客」です。最低落札価格を設定することで、こういった客からの入札を防げるという意味では、メリットとも言えます。

ヤフオクは価格設定が命

ヤフオクで上手く稼ぐには、価格設定が大事です。この記事の内容をしっかり頭に入れた上で、ぜひ実践してみてください。

無料動画|アクシグ流 物販ビジネス大全
資金ゼロでネット物販を成功させる全手法


物販ビジネスで稼ぎたいけど、どうやって始めたらいいかわからない、売上が思うように伸びないとなど悩んでいませんか?

本映像では実績をあげた成功者の経験をもとに、

  • 現在の収入にプラス5万円の副業収入を獲得した「不用品販売」
  • わずか25歳で年商2億円を稼いだ「eBay輸出」
  • 1日2時間弱の作業で月収70万円を突破した「Amazon輸出」
  • 本業の傍らたった半年で月100万円を達成した「中国輸出」
  • 知識ゼロから年収2000万円の仕組みを作り上げた「中古品輸入」
  • 利益率70%以上、OLが副業で月30万円を稼いだ「インスタグラム物販」
  • マレーシアに住みながら1つの商品で月商1000万円を売り上げた「中国輸入」
  • 大学生が資金・リサーチ・在庫なしで月収30万円を稼いだ「韓国輸出」
など、さまざまな物販ビジネスでの稼ぎ方を全3時間30分にわたって徹底的に解説しています。




おすすめコンテンツ


資金ゼロでネット物販を成功させる全手法を無料で公開します!


  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • Pocket
  • LINEで送る

【無料】アクシグ流 物販ビジネス大全
資金ゼロでネット物販を成功させる全手法
【無料】物販ビジネス大全
ネット物販を成功させる全手法