物販

ヤフオクの吊り上げ方法と対策

ヤフオクでは、しばしば吊り上げ行為が行われます。

ヤフオクは吊り上げ行為を禁止していますが、バレにくいことから、いまだに横行しています。

そこで今回は、吊り上げの具体的なやり口と、吊り上げを見抜く方法を解説します。

ヤフオクの吊り上げ行為とは?

まず最初に、吊り上げとは何か説明します。

吊り上げ行為とは?

吊り上げとは、自分で出品したオークションに自分で入札して入札額を吊り上げる行為を指します。

吊り上げ行為により、本当に落札したい入札者は余計な高額入札を強いられ、損をすることになります。

吊り上げ行為に引っかかる理由

吊り上げ行為に誘発され、余計な高額入札をしてしまう背景には、「限られた時間の中で金額を競い合う」というオークションの特殊な性質があります。

十分に時間があれば冷静に考えられる人でも、時間が制限されると時として冷静さを失います
さらに競争という性質がさらに高額入札を掻き立てるのです。
これが吊り上げ行為に引っかかる人が多い理由です。

吊り上げ行為は違反行為

ちなみに、ヤフオクは吊り上げ行為を禁止しています。
自作自演なわけですから、当然のことです。

ヤフオクは吊り上げし放題

しかし、現在のヤフオクのシステム上、吊り上げ行為を完全に見抜くことは難しい状況です。
なぜなら、入札者側からは他の入札者IDを確認できませんし、Yahoo!IDを複数作ることも可能だからです。

ヤフオクの吊り上げ方法

続いて、吊り上げの具体的な方法を説明します。

吊り上げ対策をするためにも、彼らの手口を知っておきましょう。

基本的な吊り上げ方法

基本的な吊り上げの手口は以下のとおりです。

  1. メインアカウントで出品
  2. 複数の吊り上げ用アカウントを用意する
  3. 入札が少なくなってきたら吊り上げ用アカウントで高額入札
  4. 入札者の最高入札金額を把握
  5. メインアカウントで自分の吊り上げ入札を削除
  6. 別の吊り上げ用アカウントで、入札者の最高入札額より少し低い金額で入札

以上の手順で、現在の入札者の最高入札額を手に入れます。
ここからさらに別のアカウントで少しだけ高い金額で入札して、相手がさらに高額で入札してきたら、また同じ手順で最高入札額を引き出します。

この方法には複数のアカウントが必要です。
複数アカウントを用意する方法は主に2つです。

知り合いに頼む

1つ目は、知り合いや友達に頼む方法です。

複数のスマホを用意する

2つ目は、複数のスマホを用意することです。

スマホが複数あれば、本人確認済みのアカウントを1人で複数作成可能です。

吊り上げ用アカウントで落札してしまった場合

ちなみに、吊り上げ用アカウントで間違って落札してしまうこともあります。
しかし、落札を削除してしまえば手数料も発生しないため、彼らにリスクはありません。

吊り上げ行為が行われている可能性が高いケース

続いて、吊り上げ行為が行われている可能性が高いケースを5つ紹介します。
以下のケースに多く当てはまるほど、吊り上げ行為の可能性は高くなります。

出品者の出品中商品が少ない

1つ目は、出品者の出品中商品数が少ないことです。

同時に大量の商品を出品している出品者は、複数人で運営し、かつ回転効率を重視しています。
そのため、吊り上げ行為をしている可能性は低いです。

吊り上げ行為をしている出品者は単独犯であることが多く、同時に大量の商品を出品することは少ないです。

入札自動延長あり

2つ目は、入札自動延長ありで出品されていることです。

入札自動延長とは、終了5分前以降に新しい入札があった場合、終了時間が5分延長される機能です。
吊り上げ行為をする輩は、入札自動延長をありにしていることが多いです。

ただし、入札自動延長は普通の出品者も利用する機能なので、これだけで吊り上げ行為と断定することはできません。
他の条件も満たしつつ、さらに入札自動延長ありの場合は吊り上げを疑ってください。

商品ジャンルが偏っている

3つ目は、出品者が特定のカテゴリ商品ばかり出品している場合です。
この場合は出品者ではなく、出品者のフォロワーによる吊り上げの可能性があります。

特定のカテゴリ商品を重点的に出品する出品者には、フォロワーが付きやすいです。
フォロワーはフォローしている出品者の新着商品などをチェックできます。

例えば、あるフォロワーAさんは、自分が過去に10,000円で落札した商品と同じ商品が1,000円で出品されているのを発見しました。
入札者はBという人だけで、このままいけばBさんは自分が10,000円で落札した商品を1,000円で落札してしまいます。
これが気に食わないAさんが、腹いせに高額入札する。

・・・というように、別の入札者による吊り上げ行為もあるのです。

開始価格が異常に安い

4つ目は、開始価格が異常に安いことです。

たいして需要が高いわけでもない商品が1円出品されていた場合、吊り上げ行為を前提に出品している可能性があります。

競り合ってくる別の入札者のIDが一緒

5つ目は、競り合ってくる別の入札者のIDがずっと同じであることです。

現在は入札履歴を見ても、他の入札者のIDを全て確認することはできません。
ただし、IDの一部は確認できます。

同じIDの人が入札し続けていた場合は、吊り上げ行為の可能性が高いです。

ヤフオクで吊り上げ行為に騙されない方法

続いて、自分が入札者としてヤフオクを利用する場合に、吊り上げ行為に騙されないための方法を3つ紹介します。

事前に相場を把握して入札上限を決めておく

1つ目は、事前に相場を調べておくことです。
ヤフオクの過去の落札相場は、オークファンというサイトで確認できます。

参考:オークファン

相場を把握したら、それ以上の価格で入札しないように、あらかじめ入札価格の上限を設定しておきましょう。
そうすれば、たとえ吊り上げ行為をされても、損をすることはなくなります。

出品者の情報を確認する

2つ目は、入札前に出品者の情報を確認することです。

吊り上げ行為を行う出品者の評価は、あまり良くないことが多いです。

また、過去に出品した商品がある場合は、その商品の入札履歴を確認しましょう。
同じようなIDの入札が多かったり、新規アカウントでの入札が多い場合は、吊り上げ行為を行った可能性が高いです。
そのような出品者の商品への入札は控えましょう。

ネットで出品者の評判を探る

3つ目は、出品者の情報をネットで調べることです。

吊り上げ行為の常習犯の場合は「出品者ID 吊り上げ」と検索すると情報が出てきます。

出品者向け!吊り上げ行為の防止方法

最後に自分が出品した商品に、吊り上げ入札されないための対策を紹介します。
前述の通り、吊り上げ行為は出品者の自作自演とは限りません。
他の入札者による嫌がらせもあるため、出品者も対策が必要です。

入札者評価制限を利用する

1つ目は、入札者評価制限を利用することです。

これにより、評価が低いアカウントによる入札を防止することができます。

入札者認証制限を利用する

2つ目は、入札者認証制限を利用することです。
本人確認していない人の入札を防ぐことができます。

吊り上げに騙されないようにする

現状のヤフオクのシステムでは、吊り上げ行為を完全に防止することは困難です。
ただ、本記事で紹介した対策をとっていれば、簡単に吊り上げ行為に引っかかることはないでしょう。
吊り上げ行為の実態について理解を深め、騙されないよう注意してください。

無料講座|アクシグ式 最新情報
資金ゼロでネット物販を成功させる全手法


物販ビジネスで稼ぎたいけど、どうやって始めたらいいかわからない、売上が思うように伸びないなど悩んでいませんか?

本講座では世界最新の成功事例を実績をあげた成功者の経験をもとに、

  • 無在庫ネットショップ たった3ヶ月、1商品で 7214万9493円稼いだ方法
  • Amazonとネットショップで毎日39万円稼ぐ方法
  • 毎週19万3588円をInstagramから無料で集客して販売する方法
  • 無料でInstagramのインフルエンサーに商品を宣伝してもらう方法
  • 無在庫ストアで月商1億を超えた方法
  • 店舗せどりで1日1万円稼ぐ方法
  • アマゾンの在庫1パレットを僅か1000円で入手する方法
  • 無在庫ネットショップで儲かる商品を見つける海外の最新リサーチ法
など専門家が独自に入手した、日本ではまだ知られていない秘密の情報をお届けします。

あなたのビジネスを成功させるために、今すぐ限定情報を入手してください。