物販

【Amazonの真贋調査】アカウント停止に対する事前対策と解決方法をご紹介!

Amazonの「真贋調査」という言葉を聞いたことはありますか?

まず「真贋」とは、「しんがん」と読み、本物と偽物、という意味の言葉です。つまり、Amazonの真贋調査とは「出品した商品が正規品(本物)かどうか」をAmazonが調べることを指します。

最近、この真贋調査によって、Amazonのアカウントが停止されてしまうケースが度々起きています。真贋調査が行われる理由には、購入者からのクレームが大きく関係しています。クレームをもらって返品やキャンセルの対応をするのも大変ですが、アカウントの停止にまで発展してしまうのはかなりショックです。

今回は、真贋調査でアカウントを停止されないために、事前の対策や、調査が行われる場合の対策についてお話していきます。「Amazonでせどりをしているけど、真贋調査なんて聞いたことない……」という人も、そのような事態に陥る可能性があります。この記事を参考に、しっかり対策を講じておきましょう。

Contents

Amazonのアカウント停止・閉鎖の影響とは?

真贋調査の結果、アカウントを停止させられるということですが、そもそも、アカウント停止になったらどうなるのでしょうか。

なかなかそのような深刻な事態にはならないので、ほとんど考えたことがない人が多いでしょう。ちなみに、「停止」という場合は一時的な閉鎖を指し、「閉鎖」は永久的にアカウントが使えないという意味です。それも踏まえ、ここではアカウント停止または閉鎖の影響について解説します。

Amazonを普段からよく利用している人にとって、アカウント停止はかなりの痛手となります。しっかり確認しておきましょう。

出品ページ削除で販売停止【アカウント停止】

まず、アカウントが停止されると、それに伴って出品も停止されてしまいます。それまで存在していた出品ページも削除されますので、Amazon利用者は誰もその商品が見られなくなります。当然、商品が売れることはないので、それ以降の利益はゼロとなってしまいます。

特に、本格的にビジネスとして利用している人は、同時に多くの出品商品を抱えている場合もあります。それらもすべて販売できません。売り上げが出ないだけでなく、仕入れにかかった費用の分だけ利益はマイナスになってしまうでしょう。

アカウントに残っている売上金は振り込まれない【アカウント停止】

なんと、アカウントが停止されると、売り上げの入金もありません。

停止される前に売り上げた分も振り込まれないということです。せっかく売り上げたのに、問題が解決されるまでは支払いが保留となってしまいます。

Amazonに送った在庫が強制的に返送される【アカウント閉鎖】

FBA(フルフィルメント by Amazon)を利用している人は、仕入れた商品をAmazonの倉庫に預けて、管理や保管などをAmazonに任せているでしょう。

そんな人がアカウント閉鎖となった場合は、倉庫にある商品が返送されることになります。自宅で保管できない大型の商品などを返送されても、保管場所に悩むことになります。保管だけでなく管理の手間までかかるため、効率よく利益を上げることが難しくなってしまいます。

返品受付の補填に…振り込みはずっと保留【アカウント閉鎖】

アカウントが閉鎖されると、Amazonは購入者に対して返品受付を行います。Amazonには30日間の返品保証の仕組みがあるので、売り上げはその補填に使われてしまいます。

その間はずっと売り上げ金が振り込まれないので、こちらも利益に悪影響を与えます。

アカウントが停止になる5つの行動パターン

Amazonのアカウントが停止・閉鎖されてしまった場合の影響について、ご理解いただけたでしょうか。かなり深刻な問題であり、アカウント停止にならないような事前対策が必要であることもおわかりいただけたでしょう。

それでは、何をしたらアカウントが停止されてしまうのでしょうか?

アカウント停止の要因を以下で挙げていきますので、これを理解したうえで対策を行っていきましょう。

知らずに売ってもダメ!偽物の販売

当たり前だ!と思われるでしょうが、偽物を商品として販売してはいけません。

偽物だと知って販売する場合はもちろん、正規品だと信じて販売した場合もアカウント停止となる可能性があります。「偽物だと知らずに販売をしてしまった!」という事態に陥らないように、仕入れの時点から注意する必要があるのです。

Amazonは偽物に対して、厳しく対処しています。特に注意しましょう。

無許可でメーカーの商品販売はダメ!訴訟のリスクも…

著作権侵害や商標権侵害、といった言葉は聞いたことがあるでしょう。

メーカーが販売している商品をそのメーカーの許可を受けることなく勝手にAmazonで出品し、かつ、メーカーからクレームが寄せられた場合、アカウント停止となってしまいます。このような知的財産権の侵害も、知らなかったでは済まされません。

出品を取りやめて謝罪するなどの誠実な対応をしなければ、アカウント停止は解除されません。

顧客対応は丁寧に!Amazonポリシー

Amazonには、定期的に出品者アカウントのパフォーマンスをチェックする仕組みがあります。一定の基準を満たしていないと、場合によってはアカウント停止の可能性があります。

Amazonのポリシーは「お客様第一主義」です。したがって、高い顧客満足度を維持する必要があります。注文不良率やキャンセル率、出荷遅延率などが低下すると赤信号が灯ります。

ですので、顧客対応も出品者には大事なポイントです。アカウント停止になっていなくても、誠実な顧客対応を常に意識する必要があります。

クレームが発端!真贋調査の対象

商品を買った購入者が、「偽物では?」といった内容のクレームをAmazonに入れた場合も、アカウント停止になることがあります。これによって、出品者にAmazonから真贋調査のメールが届くことになるのです。

ただ、「本当に正規品を販売しているのにクレームがきた!」という場合は、仕入れた時の領収書など、証拠となるものを提出すれば疑いを晴らすことができます。

すでにアカウント閉鎖になったことのある人もダメ

Amazonのアカウントを閉鎖された経験のある人が別アカウントで再出品していて、それがAmazonに露見した場合にも、アカウントは閉鎖されてしまいます。

アカウント停止を回避する!仕入れ時の3つのポイント

アカウント停止になってしまう主な理由を5つ挙げてきました。

それでは、そもそもアカウント停止を防ぐためには、日ごろからどんな対策をしていけばよいのでしょうか?

さきほど挙げた5つのアカウント停止の理由は、普段の心がけ一つで回避することができるものがほとんどです。

以下では、大きく分けて3つの対策をご紹介します。主に「仕入れ」の際の注意点です。今まであまり深く考えずに仕入れていた人も、以下の3つのポイントを見直してみるとよいでしょう。

フリマアプリからの仕入れは避けよう

まず、「個人間取引」を利用した仕入れには注意が必要です。

「メルカリ」「ラクマ」「PayPayフリマ」「ジモティー」……など、今では多くのフリマアプリが存在します。これはインターネット上のフリーマーケットで、個人で要らなくなったものなどを気軽に出品して取引ができる、とても便利なシステムです。

しかし、この気軽に誰もが売買できるシステムであることが、とても危険なのです。

Amazonに出品した商品に対して購入者から「偽物では?」とクレームがきた場合、「正規品である証明書」を提出する必要があります。ところが、フリマアプリに出品されている商品には正規品の証明書がない場合もあります。こうなると証明書を提出することができないので、結果として、Amazonアカウントの停止どころか閉鎖に追い込まれることにもなりかねません。

しかも、偽物を出品したとしてメーカー側からクレームをつけられたり、最悪の場合は、訴訟が起こされたりすることも考えられます。

このようなリスクがあることから、フリマアプリで仕入れを行うのはやめておくべきでしょう。

ちなみに、フリマアプリで仕入れた商品が偽物かを調べる方法はあります。ブランドの正規の取扱店に修理見積を出してもらい、見積書をもらうことです。正規品であった場合は修理を受け付けてもらえますが、偽物だった場合は見積書に「修理不可」という内容が記載されます。そうなった場合はAmazonに出品することは避け、フリマアプリの出品者に対して返金を申し出るべきです。

安いからといって飛びつくのは危険!正規輸入品と並行輸入品の違いを把握しよう

次は、「海外からの輸入品」を仕入れる場合です。

まずは、「正規輸入品」と「並行輸入品」の違いについてお話します。

正規輸入品とは、海外ブランドの日本法人や関係企業がそのブランドから直接輸入している商品のことを指します。一方、並行輸入品とは、海外ブランドの企業とは特に関係のない個人・法人が、海外の店舗やネットショップなどで購入した商品のことです。このように、同じブランドを輸入するにも流通経路が違うと呼び名が変わってきます。

並行輸入品なのに正規輸入品として出品する……このようなことをしてしまうと、アカウントを停止されるは十分あり得ます。

上の写真のように、同じマウスでも並行輸入品と書かれた方のマウスが安く売られています。

特に初心者は、正規輸入品と並行輸入品との違いを理解せずに、並行輸入品も正規品だと勘違いして出品してしまいがちです。「安い!」というだけで飛びつかず、よく確認してから仕入れるようにしましょう。

また、国が違えば法律も違います。ですので、海外では販売OKの商品でも日本では駄目という商品も存在します。製造元・出荷元などが海外の場合は気を付けてください。

商品タイトル「正規品」「国内」「代理店」のワードは疑え!

出品されている商品には「正規品」「国内正規代理店」「正規輸入品」などの言葉が付記されていることがあります。このように記載されていても盲信せず、本当に正規品なのかどうか慎重に確認することが大切です。本当は並行輸入品なのに偽って販売している可能性もあるからです。

このような言葉を信じて並行輸入品を正規品だと信じて購入・出品しても、正規のメーカーや代理店があなたに直接クレームを寄せた場合であれば、誠意を持って謝罪すれば無罪放免となるかもしれません。しかし、そのクレームがAmazonにも寄せられていたら、アカウント停止は免れないでしょう。

正規のメーカーや代理店は、一般の購入者になりすまして不正販売をチェックすることもあります。また、怪しいショップに対しては監視を継続し、何かあれば即座に取り締まれるような体制を敷いているところもあります。ここまでしないといけないほど、「正規品」「代理店」をかたって出品している人が多いということです。

ですので、「正規」「代理」「国内」などの言葉が商品タイトルにある場合は、その商品を避けるか、できるだけ慎重にチェックしてから購入することをおすすめします。

突然来るメールにも慌てない!真贋調査のメールとその対応策

ここからは、実際に真贋調査がされたときの対処法についてお話していきます。

真贋調査はメールで通達されます。真贋調査に関するメールが来るだけでも驚きですが、しっかり対応しないとアカウントが閉鎖されてしまいます。

真贋調査に対応する際のポイントは2点です。
(1)アカウントの停止を解除してもらうには適切な対応が必要
(2)真贋調査の対象となった商品は今後扱わないと明言する

突然の真贋調査にも冷静に対処できるよう、以下でご紹介する真贋調査に関するメールの内容やその対応方法を把握しておきましょう。

出品中の商品1つが調査対象に!メールの内容

まずは、真贋調査のメールはどのような内容なのかをご紹介します。

〈このたび出品者様より発送された商品の信憑性について、購入者より寄せられたご連絡を調査した結果、出品者様の出品をキャンセルさせていただきました。真贋に関するご連絡があった商品のFBA在庫につきましては、まだ削除の対象ではありません。〉

冒頭にこのような文章があった場合、購入者から商品に関するクレームが入り、Amazonがそれに対応していることが分かります。

〈出品の再開をご希望の場合は、問題解決の対応と再発防止策の詳細を添えて、改善計画をご提出いただきますようお願いいたします。〉

ここに出てくる「改善計画」ですが、メール内のリンクをクリックすればテンプレートが入手できます。そこに書かれた事項にしっかり答えることが大切です。特に、「今回の事態をしっかり受け止めて、今後も真摯に対応する」という態度を示すようにしましょう。

〈また、ASINごとに以下の情報もご提出ください。
仕入れ先から発行された、発行日から365日以内の請求書、または領収書の写し。これらは、同一期間中の出品者様の販売数と対応している必要があります。
仕入れ先の連絡先情報(名前、電話番号、住所、ウェブサイトを含めてください)。〉

さらに、出品キャンセルとなった商品の領収書と、仕入先の情報の提出が不可欠です。店舗で仕入れた人であれば、お店でまた発行してもらうことも可能です。楽天などのネットショップでも、領収書の発行はしてもらえます。ただし、メルカリやヤフオクなどで仕入れた場合は個人間での取引のため、領収書を発行することはあまりありません。

〈ご提出いただいた情報を確認し、出品を再開できるかどうかを判断させていただきます。出品者様の商品についてさらに問題に関する連絡が寄せられた場合は、直ちにアカウントを閉鎖させていただく場合がございますのでご了承ください。〉

メールの大雑把な流れはつかめましたか?

とにかく、改善計画書と仕入先の領収書の2点の提出が急務です。

次項では、以上2点の書類を提出して無事出品再開となった場合のメールの内容をご紹介します。

無事出品再開!適切に対応できたとき【成功例1】

出品再開が許可された場合は、メール内に

〈このたび、ご提供いただいた情報を慎重に審査いたしました。出品者様は、Amazon.co.jpで該当の商品を継続して出品することができます。〉

という一文が記載されているはずです。

そのメールには再出品の方法も記載されているはずですので、それに従えばまた出品ができます。

アカウント閉鎖は免れたけど…【成功例2】

しかし、改善計画書はともかく、仕入先の領収書を用意できない場合は、どうしたらよいのでしょうか?

その場合は、「今後、この商品を一切出品しない」という旨をAmazonに伝えることになります。これによって事態を収束させるのです。出品キャンセルになった商品が高利益商品だった場合は未練が残りますが、領収書を用意できなかったのですから諦めるしかありません。アカウント閉鎖になるよりはマシだと考えましょう。

それを伝えて、Amazonアカウントの閉鎖を免れた場合のメールは、

〈出品者様におかれまして、下記の商品を今後出品しないとお約束いただけるとのこと承りました。〉〈当該商品を再度出品されるようなことはお控えいただくようお願いいたします。出品者様の商品についてさらに購入者様からご意見が寄せられた場合には、直ちにアカウントが閉鎖される場合がございますのでご了承ください。〉

これで、調査は終了したことになります。

閉鎖の危機!アカウント調査のメールとは

ここからは、出品商品ごとではなく、「アカウント調査」という名目のメールが来た場合のお話をしていきます。

〈このたび、本メールの末尾に記載されている商品の信憑性について、購入者様より申し立てがあったため、現在出品者様のアカウントを調査しております。申し立てについて調査するため、24 時間以内に、Amazonのアカウント健全性サポートチームがお電話にてご連絡させていただきます。〉

24時間以内にAmazonの担当者から電話がくる……というだけでも恐ろしいことですが、この電話に出ると「24時間以内に該当の出品商品の領収書と、改善計画の提出」を求められます。24時間以内ですので、かなりタイトなスケジュールになります。

〈この調査期間中、出品者様のアカウント残高はそのままとなりますが、この問題が解決されるまでお振り込みは留保されます。〉

しかも、この事態を収束できるまで、売り上げを振り込んでくれません。

とにかくきちんとした改善計画を!アカウント復活を信じて

電話で言われた通りに24時間以内に提出物を準備できたとしても、また、準備が間に合わなくても、次のようなメールが来ます。

〈このたび、出品者様より発送された商品の信憑性について、購入者様より寄せられたご連絡を調査した結果、現在、出品者様の出品アカウントを停止させていただいております。〉

メールの冒頭にあるこの文章は、かなりショッキングな内容です。とうとうアカウントが停止されてしまいました。

〈Amazon での出品再開を希望される場合は、以下の情報をお送りください。〉

この下には、提出物に関して細かく記載されています。

まずは「改善計画」です。今回の事態の原因や、その解決のために実施した行動手順、再発防止に向けた予防策の3つを盛り込む必要があります。それを「仕入れ先」「出品情報」「梱包」「発送」それぞれに関して検討するように、との指令があります。仕入れ先は信頼できる先から行っていたのか?、商品ページの説明は十分な内容だったのか?と言って点に関してもう一度検討しましょう。そして、それを改善計画でしっかり報告することが必要です。

これに関しては、少し時間がかかってでも、しっかりとした内容の改善計画案を練っていきましょう。1回の提出で終わらず、何度か書き直す場合もあります。それでも、Amazonで今後もビジネスを続けるために、最後まで真摯に対応することを心がけてください。これで、Amazon側が納得ができれば、アカウントが復活!ということもあります。

しかし、不備が多いなど、対応がずさんだった場合、最終的にアカウント閉鎖に追い込まれます。そのメールも次で見ておきましょう。

こうならないように!アカウント閉鎖のメール

〈出品者様より発送された商品について、購入者から寄せられたご連絡に対する適切な改善計画をご提出いただいておりません。このため、出品者様の出品アカウントを閉鎖させていただきました。該当の商品は Amazon のサイトからすでに削除されております。〉

アカウントが閉鎖され該当の出品商品はサイトから削除されたことが分かります。

〈商品について有効な請求書または領収書をご提出いただけない場合、アカウント残高において、該当の商品に関する過去180日間の売り上げと同等の金額が引き続き保留されます。同等の金額がアカウント残高の合計金額を超える場合は、アカウント残高の全額が保留されます。〉

今後振り込まれる予定であった売り上げも、そのまま振り込まれずに保留となってしまいます。残高があまりない場合、その残高全額が保留の対象です。この保留の期間は決まっていません。偽物を売る違反者に対して、Amazonは支払いをする必要はないと考えているからです。偽物を売った売上金を振り込むことで、Amazonも加担している状況と変わらないことになってしまいます。

〈真贋に関するご連絡があった商品の FBA 在庫について有効な請求書または領収書をご提出いただけない場合、対象のFBA 在庫は出品者様の費用負担で廃棄されることになります。〉

そして、調査の対象商品がAmazonに預けた状態で、かつ、領収書の提出がない場合は、出品者が廃棄の負担をしなければなりません。売り上げも振り込まれないうえに、さらなる損失を被ることになります。

アカウントの残高を取り戻すためには、とにかくアカウントを復活させるしかありません。

それでは、最後に「無事アカウントが復活した場合」のメールをご紹介します。

復活もあり得る!冷静に対処し、今後は事前対処を

〈このたびご提出いただいた情報をもとに出品者様のアカウントを慎重に審査した結果、出品者様のアカウントを再開できるとの判断に至りましたので、ご連絡いたします。〉

この一文があったら、アカウント停止が解除されたということです!領収書や改善計画にしっかり取り組み、丁寧に対応すれば、アカウント復活を成し遂げることができます。

〈アカウントの残高につきましては、現在利用可能になっております。〉

問題が解決すれば、売り上げの振り込みも再開されます。

厳しいAmazonのアカウント管理!日ごろの対策で「健全なアカウント」を目指して

今回は、Amazonの真贋調査によるアカウントの停止や閉鎖に関して解説してきましたが、いかがでしたか。

Amazonでの物販事業で成功するには、健全なアカウントであることが大切です。Amazonはお客様第一主義をポリシーとしているため、出品者に対してはかなり厳しい目でチェックします。

真贋調査のメールが突然やってくると、そのショッキングな内容に混乱してしまう人もいるでしょう。しかし、真摯に対応すれば問題ありません。

今後もAmazonでビジネスとして出品し続けるのであれば、真贋調査についての知識は必要不可欠です。

是非こちらの記事で学んだことを活かして、Amazonでの健全な取引を心がけてください。