物販

Amazonで複数アカウントを作成する裏ワザと注意点

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • Pocket
  • LINEで送る

ネットが普及して20年近くが経つ昨今、多くの方が「Amazon」を利用して商品を購入した経験があるかと思います。

今回はそんなAmazonで複数アカウントを取得することのメリットとデメリットについて解説していきます。

Contents

Amazonで複数アカウントを作る方法を動画で見る

Amazonのアカウント作成方法

まずは、Amazonのアカウントの作成方法について説明します。

Amazonのアカウント作成

Amazonのページを開きます。

サインインのボタンにカーソルを乗せて出てきた表示に書いてある「新規登録はこちら」をクリック

もしくはサインインページへ飛び、ログイン画面の下にある「Amazonアカウントを作成」をクリックします。

すると、このような画面が出てくるので、登録情報を入力して「Amazonアカウントを作成」ボタンをクリックすればAmazonのアカウントの作成が完了します。

Amazon出品サービスのアカウント作成

Amazonでは購入だけでなく、自分の商品を出品することもできます。思い立ったらすぐに始められる上、簡単なので、商品の出品に興味がある方は必見です。

Amazon出品(出店)サービス」にアクセスし、「今すぐ登録する」を押します。

登録したい販売業者名を入力し、出品規約同意にチェックを入れます。

店舗名、住所を登録します。

携帯電話番号を登録したら、「すぐにSMSを受信する」をクリックしてください。

SMSにPIN番号が送信されるので、表示された画面に入力します。

入力し終えたら、運営責任者名を入力して、次へ進みます。

続いてクレジットカード情報を入力します。

最後に、電話による本人確認があるので、Amazonからの電話を受けます。

そこで教えられたPINを入力し、「続行」ボタンをクリックすれば、Amazon販売者として出品が出来るようになります。

銀行口座を登録

続いて出品アカウントに銀行口座を登録します。銀行口座はいつ登録しても問題ありませんが、未登録のまま売り上げ金が発生した場合、入金エラーとなり入金されないので、忘れずに登録しておきましょう。

Amazonセラーセントラルの画面へ行き、「銀行口座情報を確認」をクリックします。

「追加」をクリックし、登録したい銀行口座情報を入力して「送信」をクリックすれば完了です。

Amazon複数アカウントを取得することのメリットとは

さて、本題の複数アカウントを取得することについてなのですが、Amazonのアカウントは原則1人につき1つしか取得できないことになっています。

複数のアカウントを持つことは相応のリスクが伴いますが、今回複数アカウントを取得することを紹介するのはメリットもあるからです。

それでは、複数アカウントを取得することでどのようなメリットがあるのか解説していきます。

アカウント削除や閉鎖に対するリスクヘッジ

アカウントを一度削除してしまうと、一度登録に使用したメールアドレスを再度登録に使うことはできない他、そのメールアドレスに紐付けされていた出品サービスアカウント、機能、サービスなども再利用できなくなってしまいます。

また、規約違反に反した場合のアカウントの停止・閉鎖も同様で、特にアカウントが閉鎖されてしまうと同じ名義でのアカウントの利用はほぼ不可能です。

規約違反に当たる行動をしないように心がけるのが一番ですが、もし万が一、何かの手違いでアカウントが停止・閉鎖されてしまった場合に複数アカウントを取得してあると安心かもしれませんね。

Amazon複数アカウントを持つと専門店化が可能

出品サービスアカウントを利用すると購入希望者に住所や電話番号などが開示されるため、自宅ではない別の住所を登録したいとき、商品購入用のアカウントとは別に出品サービスアカウントを運用したいときなどに、普段使用しているアカウントとは別のアカウントを取得しておくと都合がいいです。

また、一つのアカウントで全く別のジャンルの商品を出品するのは、購入者の不信感を煽ります。家電ならこのアカウント、玩具ならまた別のアカウントなどそれぞれのアカウントで出品する商品を一つのジャンルに絞って出品するのが好ましいでしょう。

Amazon複数アカウントを持つと商品販売の回転率がぐんとアップ

複数アカウントを取得することのメリットで一番大きいといえるのが、相乗り出品の際にカート獲得率が上がることです。

詳しく説明しますと、例えば商品ページに相乗り出品したい出品者が4人いるとします。そのときに自分がアカウントを二つ持っていて10個の商品を5つずつ、二つのアカウントで同じページに出品した場合、出品者の合計は6人になりますが、自分が持っているアカウントが二つのため、カート獲得率が三分の一にアップします。

しかも、そのページを見た他の出品者がこのページにはライバルが多いと認識するので、他の出品者の参入も防ぐことができるのです。

Amazonアカウントを複数取得する際のポイント

アカウントを複数取得するメリットについては分かっていただけたかと思います。続いては、アカウントを複数取得する際の気を付けるべきポイントを説明します。

Amazonでは複数アカウントを作る時に既存のアカウントと同じ個人情報を使わない

既に登録してあるアカウントと同じ情報を入力してしまうと、Amazonに同一人物であるとみなされてしまいます。そのため、これまでAmazonに登録したことのない情報でアカウントを作成しましょう。

メールアドレス、名義、電話番号、住所、クレジットカード情報、銀行口座情報を別のものにすると同一人物だと認識される可能性が下がります。また、名義については同姓同名が存在することがありますので、別のものにしなくても大丈夫な場合が多いです。

Amazon複数アカウントでは同一の環境からAmazonにアクセスしない

上記の個人情報以外にも、どの環境からAmazonにアクセスしているかということも同一人物とみなす判断材料と言われています。

アクセス元は主にIPアドレス、MACアドレスで判別しているとされています。

Amazonで複数アカウントにまたがる出品情報

出品した商品のSKU出品コメントの文面が同じ場合も、同一人物と判断される可能性があります。

しかし、出品している商品のジャンルや出品数で判断されることは少ないと言われているので、その点は安心してください。

Amazon複数のアカウントを作成する上で気になる疑問や注意点

この項目では、そういえばこの場合はどうなんだろう?これをしたら危険なの?といった疑問や注意点に答えていきます。

Amazonの複数アカウントでは購入用アカウントと販売用アカウントを両方作成しても大丈夫?

購入用アカウントと販売用アカウントを分けるのはOKで、それぞれ一つずつ作成することが許されています。

しかし、どちらも二つ以上アカウントを作成してしまうのは規約違反に当たるので気をつけましょう。

Amazon複数アカウントでは家族名義や会社名義で作成するのは危険?

Amazon運営に同一人物であることがバレてしまった場合は危険です。このことについては後の項で解説しているのでご覧ください。

家族名義や会社名義でアカウントを作成したい場合は、カスタマーサポートに連絡して許可をもらいましょう。

部署ごとにAmazonの複数アカウントを作成するのは?

Amazonでは会社で運用しているアカウントについては部署ごとに切り替えができるようになっています。

勝手にアカウントを作成するとアカウントを停止させられてしまうので、作成したいときは事前に許可をもらいましょう。

Amazonアカウントを複数所持することのデメリット

これまではアカウントを複数取得することのメリットやアカウントを作成する際の注意点を紹介してきました。それでは今度はアカウントを複数所持した際のデメリットについて解説していきます。

Amazonの複数アカウントが運営にバレるとアカウント停止の危険性がある

本来Amazonでは複数アカウントを所持することは認められていないため、規約違反としてアカウントが停止させられる危険があります。

Amazon複数アカウントを持つと月額費用が2倍になる

販売手数料登録料などをそれぞれのアカウントの数だけ支払わなければならないのは痛手ですね。

Amazon複数アカウントではFBAへの納品が面倒

アカウントの数だけ納品を行わなくてはならないので、その点はかなり面倒と言えます。納品代行業者を利用する際や出品時の作業も時間がかかります。

作成したAmazon複数アカウントが既存のアカウントと関連付けられた場合

用心深くアカウントを作成したつもりでも、ちょっとしたところから既存のアカウントと関連付けられてしまう場合があります。

もしそうなった場合、アカウントにはどのような影響が出るのか解説していきます。

Amazon複数アカウント削除・閉鎖と関連付けられた場合

過去に規約違反などで削除されたアカウントと関連付けられてしまうと、新しく取得したアカウントも削除されてしまう恐れがあります。アカウントが削除されてしまうと、復旧することも不可能なため、非常に恐ろしいですね。

一応、Amazonから過去の事例と関連付けられて削除されたという通告は来るのですが、どの情報で同一人物とみなしたかという具体的な内容はないため、自己分析するしかありません。

運用中のアカウントの場合は

現在運用しているアカウントについては、登録した個人情報に関連性が見られなければそのまま複数のアカウントを運用することが可能なようです。

ちなみに、複数のアカウントを運用している際に、Amazonから複数のアカウントをあるのでどちらかにまとめていただきたいという旨の通知が来ることがあるので、この場合はAmazonに従い、どちらかのアカウントを利用するか決めた方が良いでしょう。

Amazon複数アカウントをクローラやアカウントスペシャリストのチェック

クローラはインターネット上の情報を周回してデータベース化するプログラムのことで、過去に削除されたアカウントの情報も収集している場合があります。
クローラに情報を取得されていた場合、新規でアカウントを作成する際に過去に削除されたアカウントの情報を入力すると、アカウントの作成ができなかったり、作成できてもすぐに削除されてしまうようです。

アカウントスペシャリストはAmazon出品者が適切な販売をしているかチェックしているチームのことで、悪質な販売者を取り締まるのが仕事です。
アカウントスペシャリストからの通告を無視し、行動を改めなかった場合は出品の停止もあり得ますので、目につく行動はしないよう心がけましょう。

このように、クローラとアカウントスペシャリストによる厳しいチェックが行われているため、入力情報に細心の注意を払って作成したアカウントでも、アカウントの削除や停止に追い込まれる場合があるようです。

Amazon複数アカウントが重複アカウントと判断される要因の分析

入力情報に細心の注意を払って作成したアカウントでも何らかの要因で同一人物とみなされてしまう場合があります。

どのような情報が重複アカウントと判断されてしまうのでしょう?考えられる要因をまとめてみました。

Amazon複数アカウントにおける使用しているパソコンの情報

同じパソコンを使用して複数のアカウントにログインすると、同一人物が複数のアカウントを使用していると判断されてしまいます。

ブラウザのログイン情報などを記録する「cookie」が同一人物が複数のアカウントを使用しているという判断材料になってしまっているようです。

そのため、一つのパソコンにつき一つのアカウントで利用するのが賢明でしょう。

Amazon複数アカウントのIPアドレス

IPアドレスの種類には大きく分けて「グローバルIPアドレス」と「プライベートIPアドレス」の2種類があります。

そのうち、グローバルIPアドレスは一つの契約につき一つのアドレスしかないため、同じグローバルIPアドレスで複数のアカウントにログインすると、同一人物だと判断されてしまいます。

また、固定IP契約だった場合、ルーターを再起動してもIPアドレスは変動しない上に、人が集まる場所でルーターを使用した際に意図しないAmazonへのログインが行われ、複数のアカウントを使用していると判断されてしまう場合があります。

対策としてはパソコンのとき同様、一つの契約につき一つのアカウントで利用するようにしましょう。

Amazon複数アカウントに登録している個人情報

先述したように、過去に削除されたアカウントの情報を登録すると、同一人物だとみなされアカウントを削除・停止させられてしまう恐れがあります。

前提としてアカウントを削除されないように気をつけて行動しましょう。

Amazonでアカウントを複数作成することについてのまとめ

Amazonでは基本的にアカウントを複数作成することは認められていませんが、理由があってアカウントを複数作成する場合にはチェックをした上で許可を出してくれるそうなので、家族が別々に出品したい場合など、正当な理由がある場合はしっかり申請をしましょう。

また、Amazonで購入をするだけならアカウントを複数所持する必要はないので、もし誤って使わないアカウントを作成してしまった場合はカスタマーサポートに問い合わせましょう。

規約に違反する行為は行わず、ルールをしっかり守って賢くAmazonを利用しましょう。

無料動画|アクシグ流 物販ビジネス大全
資金ゼロでネット物販を成功させる全手法


物販ビジネスで稼ぎたいけど、どうやって始めたらいいかわからない、売上が思うように伸びないなど悩んでいませんか?

本映像では実績をあげた成功者の経験をもとに、

  • 現在の収入にプラス5万円の副業収入を獲得した「不用品販売」
  • わずか25歳で年商2億円を稼いだ「eBay輸出」
  • 1日2時間弱の作業で月収70万円を突破した「Amazon輸出」
  • 本業の傍らたった半年で月100万円を達成した「中国輸出」
  • 知識ゼロから年収2000万円の仕組みを作り上げた「中古品輸入」
  • 利益率70%以上、OLが副業で月30万円を稼いだ「インスタグラム物販」
  • マレーシアに住みながら1つの商品で月商1000万円を売り上げた「中国輸入」
  • 大学生が資金・リサーチ・在庫なしで月収30万円を稼いだ「韓国輸出」
など、さまざまな物販ビジネスでの稼ぎ方を全3時間30分にわたって徹底的に解説しています。




おすすめコンテンツ


資金ゼロでネット物販を成功させる全手法を無料で公開します!


  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • Pocket
  • LINEで送る

【無料】アクシグ流 物販ビジネス大全
資金ゼロでネット物販を成功させる全手法
【無料】物販ビジネス大全
ネット物販を成功させる全手法